『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ちょくちょく海外のサイトおよびオークションにてCDを購入しています。

最近気づいたのですが以前購入した3枚のCDについて気になることがあります。
1枚目、CDケース背面(軸のところ)にケースごと切り込みがしてあり、その上からシールド包装してありました。2枚目、このCDもシールド未開封で同じくケースの背面にキリで明けたような小さな穴が開いていました。3枚目、CDを収納する裏側ペーパー(ペーパースリーブじゃない方)のバーコードにパンチで穴が明けてありました。

国内盤ではこんな事がないのでとても気になります。これはどういう意味なのでしょうか?

因みに1.2.は共にドイツ盤(5インチシングル盤、薄いケース)でシールド未開封全くの新品にて購入。
3.は米国盤(5インチシングル盤、10ミリの厚いケース)でシールドなし新品同様の中古にて購入しましたものです。

どなたかお詳しい方よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いわゆる、カット・アウトですね。



アメリカでは、アナログ時代からあったシステムで、
過剰在庫となった商品をわざわざ傷を付けて
安値で売りさばいてしまうものです。
日本盤でも昭和35年頃までこういう売り方がありました。

コレクターにとっては、たとえジャケットに傷が付いていても
中身に問題は無いので重宝しました。

切り取り方によって、
ジャケットの角を切り取ったり、
切り込みを入れた商品を
カット・アウト(C.O)と呼び、
ドリルで穴を開けた商品をドリル・ホール(D.H)と呼びます。
他には、ペケの文字をプレスした商品もあります。

そのような商品は、コレクター向けの通販リストには、
通常、明記されています。
カット・アウトされ、更にドリル・ホールされた
散々なコンディションの商品もあります。(笑)

余談ですが、
アメリカのシングル盤などは、通常、ジャケットが無いので、
レーベル面にドリル・ホールされるのですが、
これが原因で後々、ヒビが入ってきてがっかりしたり、
何枚かをまとめてドリル・ホールする為
プラスチックのクズが再付着して
2枚ひっついて送られてきたりして
ちょっと嬉しかったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました!
う~んなるほど!『アウトレット』みたいな感じなのでしょうか?おっしゃるとおり中身は全く問題がないんです。私的にはジャケを楽しみにしていたんですけどね(笑)
>そのような商品は、コレクター向けの通販リストには、 通常、明記されています。
確かにそこのところは見ていませんでした。もしかしたら明記されていたのかもしれません。とにかく謎が解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/19 01:06

アメリカで中古CDを買ったら同じくケースに穴が開けられていました。

(ジャケットにまで及ぶ穴。)
「これは中古ですよ。」と言う意味か。と解釈しています。
海外通販でも、中古CDは穴が開けられているんですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました!
私は現地でCDを買ったことがないのですが、現地にて購入にも穴が開いているのですね。今後参考にさせていただきます。
そういえば、質問の際に言い忘れていました。『中古CD屋の新品』として購入していました。

お礼日時:2003/10/19 00:54

こんにちは


むかしきいたはなしですが、
ジャケット(CDの場合ケース)に穴あけたり角を切ったりし、不良品ということにしておいて、税金をやすくして輸入しているとのことでした。昔のLPはカットアウト板といっていました。
自信ないなあ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2003/10/19 01:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング