原宿で、犬の服を売っている店を探しています。
できればそんなに高くなくて可愛い物が置いてあるところがいいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

原宿で10年以上、犬服を販売しているアロアロさんです。


オーナーが独自視点で、デザインからやっている犬服オリジナルブランド。
あむろちゃんを始めとる、芸能人にも人気だそうです。

通販もはっているようなので、
一度サイトもみてみてください。
http://www.aloalodog.com/

参考URL:http://www.aloalodog.com/
    • good
    • 0

原宿でしたら「アニマルミュージアム」が私は好きです。


とても可愛い&機能的なお洋服がありますよ。
お店自体はそんなに大きくないですが、やはりおしゃれで好きです^^

参考URL:http://www.animal-museum.com/
    • good
    • 0

こんにちは。


こちらはどうでしょうか
「原宿マザーガーデン」
犬の服やかわいい雑貨をあつかっています。
お値段もそんなに高くなくって可愛いですよ。
参考URLからお店一覧をどうぞ。

こちらもどうぞ
http://www.rakuten.co.jp/mg-mail/index.html
こちらでは通販できます。

参考URL:http://www.creativeyoko.co.jp/
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q避妊手術は本当にするべきなのでしょうか?

避妊手術は基本的にした方がいいのでしょうか?避妊手術をしなかったことでかかる病気が子宮蓄膿症を始め多々あるのは知っているのですが、逆に手術をしたことで現れるアレルギー等の問題もありますよね。中には避妊手術をして子宮を縛っていた糸がとれ化膿性肉芽腫という病気にかかったという実例を耳にしたこともあります。現在、避妊手術を考えているのですが(ミニチュアダックス)このような意見をみていると、果たしてどちらが良い選択なのか迷ってしまいます。ご意見、聞かせてください。

Aベストアンサー

私は避妊手術はしたほうがいい派です。

長年、愛犬家をしていますが、私の周りで避妊手術をしていなかったメスで子宮蓄膿症や乳腺腫瘍を発症した子の多いこと多いこと。
避妊手術でのトラブル等に比較しても、手術しない子の発病のほうが圧倒的に多いかと思います。
歳を取り、子宮蓄膿症などになって体力も低下しているところでの全身麻酔・・・考えただけでも恐ろしいです。
ましてや小型犬となれば、年齢とともに心臓病のリスクも高まります。
私の知人の愛犬は、7歳になって子宮蓄膿症を発症し、弱り切ったところで心臓も悪かったため手術ができませんでした。
そのような状況になった話もよく聞いていたので、若くて元気で、一度も生理を迎えないうちに避妊手術をする!というのが我が家のモットーとなっています。

No.3の方の愛犬も、手術なしで結局乳腺腫瘍になってしまっているんですよね?
乳腺腫瘍だって、生理を一度も迎えずに避妊手術していれば防げる病気です。
元気なうちに子宮摘出する手術より、病魔に侵されてからの手術は、愛犬にとっても辛いものだと思います。

そして、発情期のストレスは寿命を縮めるとさえいいます。
人間だって生理中は嫌な気分です。
犬だって、それはそれはストレスを感じるし、疑似妊娠などしてぬいぐるみを子供に見立てて大事にし、周囲に気が立つなど・・・本当に子供を産むわけでもないのにそんな思いをさせるのはとても不憫です。
私は初めて飼った犬がオスだったので去勢をしないでいたら、発情期は見ていられないほど可哀想でした。
夜も眠れないほど興奮してヒーヒー鳴き、室内をひたすらウロウロし、こんなにストレスがかかるなら何故手術してあげなかったんだろうと後悔し、すぐに去勢手術しました。
その子は結局6歳で心臓病を発症し、以後は心臓のケアをしながら10歳で寿命を全うするまで手術などできる状態ではなかったので、結果的にあのとき去勢しておいて良かったと心底思ったものです。

避妊のリスクと将来の病気のリスクなら、後者の方がずっと大きいと私は考えます。
ぜひご検討されてください。

私は避妊手術はしたほうがいい派です。

長年、愛犬家をしていますが、私の周りで避妊手術をしていなかったメスで子宮蓄膿症や乳腺腫瘍を発症した子の多いこと多いこと。
避妊手術でのトラブル等に比較しても、手術しない子の発病のほうが圧倒的に多いかと思います。
歳を取り、子宮蓄膿症などになって体力も低下しているところでの全身麻酔・・・考えただけでも恐ろしいです。
ましてや小型犬となれば、年齢とともに心臓病のリスクも高まります。
私の知人の愛犬は、7歳になって子宮蓄膿症を発症し、弱り切ったと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報