地獄の黙示録っていったい何が言いたいんでしょうか?何回も見てますが、何を伝えようとしてるのかいまいち解りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

何が言いたいのかわからないのはそもそもあの映画が正に「黙示録」だから。

黙示とは黙して示す、つまり、「暗示」しているわけですね。あの映画は全て暗号で組み立てられていると言っても過言ではない。その暗号構造が極めて「芸術的」であると言えるでしょう。

芸術性実現を理由として「暗示」的な構成になっているわけですが、暗示的な構成をもつ、もうひとつの大義名分として映画が「米国批判」な内容であるという事実があります。まあ、大して目くじら立てるほどのもんじゃないんですが(何しろアメリカは言論自由の国)、そういう「言論できない」という悲劇性をあの映画は付帯させているという図式があります。つまり、まともに「ベトナム戦争はおかしい」と発言したら米国批判になるので、暗号でものを言わざるをえなかったという感じですね。目くじらたてるほどの物ではないというのは今となってはであって当時(アイデアは戦中に生まれた)はベトナム戦争批判は大変なことであった。事実この映画は米軍全面非協力のうきめにあい、ヘリコプターなどはフィリピン軍から借用せざるを得なかった。

さて、その暗号ですが、どういう暗号かというと、ジェシー・ウェストンの「儀式からロマンスへ」とフレイザーの「金枝篇」という中世伝説(アーサー王などの物語)の2冊の本を読んでいなければならないという性質のもので、この2冊は教養のある西欧人なら普通はたしなんでいるものなのだそうです。その2冊がキーだというのを示すように映画の中でカーツの机の上にこの2冊が置いてあり、意味ありげに一瞬アップになるらしい。ですので日本人にはこの時点で地獄の黙示録を深い意味で理解する基礎知識が欠けているのです。

さてその暗号「2冊の本」を使って何を言おうとしているかというと、ベトナム戦争をしているアメリカ、或いは戦争をする人間というものを「病める王と王が病めるゆえ雨が降らず荒地となっている国土を聖杯探しにより救う」という中世伝説になぞらえて解釈して救済されようという事を描いています。
たとえば「病める王」はアメリカ大統領の事で、あの映画のボートの乗組員の一人ランスが大統領を意味しています。その暗示の仕方はランスの姓がジョンソンで、受け取る郵便物で分かるのですが、ミドルネームのイニシャルがBで「L・B・ジョンソン」であり、L・B・ジョンソンといえば当時の米大統領のジョンソン大統領の名前なんだそうです。ランスはあのキルゴアに気に入られるサーファーですが、要はベトナムを何も知らないカリフォルニアのサーファー青年(=ジョンソン大統領)がベトナムに入ってゆき狂気に陥り、ベトナム戦争の決着を見、ウィラードという勇者に手をひかれて救済されるという図式です。ラストの雨は「救いの雨」であります。
又中世伝説にのっとれば、病める王は殺され、その暗殺者が新たな王となる。つまり、ウィラードが新たな王です。原住民はその図式に従い、カーツを殺したウィラードを王とあがめたが、ウィラードは最初の指令として武器を捨てる事を部下に示し、それに従い、みな武器を捨てる。つまり、救済され、ベトナム戦争を辞めようというメッセージです。

この映画はエリオットの「荒地」と言う詩集からの引用もベースになっている。これも西欧人なら普通誰でも知っているようなものらしいです。

上記は暗示の一例ですが、このようにこの映画は膨大な暗示によって構成されているのです。ただ、コッポラ自身「この映画は単なる戦争スペクタクルという見方から、深く読もうと思えばどこまでも深く読む事ができる」と語っているように何が言いたいのかは無限に議論できるようなのです。

尚、戦争スペクタクル的なものは初期の段階であっさりできあがっているが、その「深い映画」を完成させるのにコッポラは5年間も深い葛藤と戦い文字通り地獄の苦しみを味わったという事実があります。そのことからこの映画を「よくわかんねーからつまんねえ」の一言で片付けられない気持と又逆に安易に「わかる」とも言いがたい気持ちがあります。私は。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ふかいですね。こんなに深いものだと思いませんでした。

お礼日時:2003/10/19 11:49

ちょっとマニアックですがとても詳しい解説サイトがありますのでご紹介します。


http://www002.upp.so-net.ne.jp/harapeko/apocalyp …
私個人としては、一言で言ってとても美しい映画であると思っています。
その美しい映像(ナパームの赤とジャングルの緑のコントラストなど)を通じて戦争のむなしさであるとか狂気といったものを浮き彫りにしているところがあの作品の類まれな個性であると思っています。
醜いものを醜く表現するのは簡単ですから。

参考URL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/harapeko/apocalyp …
    • good
    • 0

戦争そのもののバカバカしさを表現したかったように思いますよ


真実はコッポラ監督の知る所ですが、現場の人間(兵士)とそれを動かす政治家、政治家の望む内容を実現しようと損害に構わず(現場に居ないから安易に)作戦を立案してしまう滑稽さを表現したかったのでは?
ん?ナンだか「踊る大捜査線」みたいですね(^▽^笑)

初回作の方ビデオで購入(当時は高かったですョ)して何年かに1回思い出しては観てましたが、最近公開された新しいカットを含めた作品を観ると「ウィラード大尉」がスゲー悪人に見えるんですが・・・・。(≧∇≦)/ ハハハ
    • good
    • 1

随分前に見た映画なので細かい点は忘れていますが、一言で言えば反戦映画でしょう。

この映画の製作された当時(1979年)の世界の世論、特にアメリカの世論を念頭に作られているはずなので、ベトナム戦争を知らない世代には理解しにくい映画かもしれません。ベトナム戦争は1960年代初頭から1975年4月まで ベトナムの地で繰り広げられた、南ベトナムと北ベトナムとの戦争ですが、戦争の実体は南ベトナムをアメリカが、北ベトナムをソ連と中国が支援した代理戦争でした。

戦争は人を狂気に駆り立てるといわれますが、マーロン・ブランドの演じたのが気の触れた大佐役です。戦争はまた国家が国民にウソをつく場でもあります。映画や小説はこのような戦争の特質をいろいろな手法で描いています。長引いたベトナム戦争が終わりアメリカ国民が反省期にあるときに、コッポラ監督は当時としてできるだけの反戦映画を作ろうとしたのでしょう。映画の中のひとつひとつのエピソードは物語の進行上、監督が必要と思った場面であり、エピソードそのものに深い意味はないと思います。

これを機会に私ももう一度ビデオを借りて見ようと思います。
    • good
    • 1

戦争の狂気と伝えたかったと思います。


相手の大佐?は軍人としは優秀だったはずですし、味方の攻撃の中でサーフィンのために攻撃したり。
それ以上は忘れました。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画ロレンツォのオイルの主人公についてとその後

最近ビデオで<ロレンツォのオイル>を見ました。

実話との事ですが、その後ロレンツォ君はどうなったのでしょうか。
男の子の演技が恐ろしくうまかったのですが、
本人ではないですよね?

ロレンツォ君本人とその演技をした子役の方(本人でなければ)の情報
ご存知の方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

再度観るのをためらってしまうような
とてもじゃないけど、お気軽な気持ちで観られるような作品ではないですよね

その後のロレンツォ君(もう「さん」ですね)の様子が
ミエリン・プロジェクトのHP(参考URL)に掲載されていますよ
2005年5月29日に27歳になったこと
お母さんのミケーラは2000年6月に癌で亡くなったことなどが
書かれていますね。親友のオモウリの写真も見られます

私も「その後」は気にはなっていたのですが
どうもきっかけが無いまま時間だけが経っていました
liamtohさんのご質問のお陰で、私も気になっていたことを
ようやく調べる事が出来ました。どうもありがとう

参考URL:http://www.myelin.org/aboutlorenzo.htm

Q「地獄の黙示録」のセリフ

特別版が公開されますが、、、

ラストシーンでの有名なセリフってのをご存知の方!
ぜひ教えて下さい!!

Aベストアンサー

ギルゴア中佐の「ナパームは勝利の匂い」は印象的ですが、でもそのセリフが出るのは映画の中盤でラストではないです。うろ覚えで自身がありませんが、たぶんラストにマーロン・ブランドが暗転(多分)になった画面の中で「HORROR」({恐怖}~と字幕で出てたような・・・)とつぶやくセリフの事ではないでしょうか?いい加減な答えで申し訳ない・・

Q福島の事故を起こした人たちのその後の報告

福島の人たちのその後は盛んに放送していますが、

福島の事故を起こした人たちのその後は放送がありません。

ぜひここのところに照準を当てた放送をしてもらいたいと思っています。

出来ない理由は何かあるのですか??

Aベストアンサー

時々TV報道あるいは書いた記事など見かけますよ。そういう気持ちで注目していればわかります。私が特に気付いたのは下記の三つです:

1. 東電の福島第一の社員も被害者なのだが (家が壊れた、避難している、など)、近所からは加害者として(家にビラを貼られるなど)いじめられ続けてノイローゼ状態。下請け、孫請けの労働者の大変さ。

2. 東電が刑事告発された。

3. 女川原発は福島第一よりもよほど地震の震度は大きかったが、何故か施設は壊れなかった事を日本人は注目しなかったが、海外の研究者は注目して(IAEAを含む)19人のチームで現場検証をした。結果はまだ未公表。女川にはホテルがなくて毎日2時間かけて通ったそうです。

備考:最近福島ではなく岩手などの被災地のその後についての報道を見かけます。被害は福島よりも深刻だった面もあるので注目しています。

Q地獄の黙示録の音楽

今日、「世界の車窓から」見て流れていた音楽が「地獄の黙示録」の最初に流れる音楽に似ているなぁと思ったんですが違いますか?
曲名は何ですか?
聞けるサイトはありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画の最初はドアーズの「The end」ですね。

試聴はこちら。

参考URL:http://www.listen.co.jp/artdetail.xtp?artistid=10432&artpg=track

Q登場人物のその後

こんにちは。
登場人物のその後が描かれているマンガを探しています。
少女マンガであまり古くないものがいいです。
あと、「その後」がシリーズになっているものではなく、コミック最終巻に数ページ描かれている程度のものでお願いします。

Aベストアンサー

#2さんがオススメしているニューヨーク・ニューヨークはほんとうにオススメです!
しつこいかと思ったのですが、
私もこの質問を見て真っ先にうかんだのがNYNYでした。
最終話の、主人公たちのその後がほんとうに感動しました、私は最終話を先になにかで目にして、これはぜったいに読まないといけない!
と思わされました◎
あとは、津田雅美、彼氏彼女の事情が私はスキです。
話は高校生の話ですが、ただの学園モノ以上に深いです(物語後半は。)これも最終話が主人公達のその後を書いてます。

QNHK BS2 地獄の黙示録 完全版

追加されたプレイメイトのシーンはNHKではカットされないのでしょうか。

過去にNHKの映画放送でヌードシーンが放送された事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>追加されたプレイメイトのシーンはNHKではカットされないのでしょうか。⇒完全ノーカットです。

>過去にNHKの映画放送でヌードシーンが放送された事はあるのでしょうか?⇒もちろん、ありますよ。(R-18作品は放送されませんが…。)

「地獄の黙示録 完全版」は過去にも1度放送されており、今回は2度目の放送になると思います。(ハイビジョンの方は分かりません。)前回の放送分はビデオに録画していますので、それと同じ放送でしたら、カットはありません。私も今夜、DVD-Rに録画し直す為にタイマー予約しています。

Qドカベンのキャラクターのその後を教えてください

小学生時代ドカベンを読んでいましたが、40巻目の弁慶高校に負けてから面白くなくなり、読むのをやめてしまいました。
その後プロ野球編がスタートしましたが、山田、里中、イワキ、トノマのその後の人生はどうなったのですか?どういう人と結婚したのでしょうか。簡単なその後の状況をかいつまんで教えてもらえますか。

Aベストアンサー

自分はいまだ集めてます
プロ野球編は53巻で終わり今スーパースターズ編となっております。
プロ野球編で山田は西武、岩鬼はダイエー、殿間はオリックス、里中はロッテ、坂田が近鉄、不知火が日本ハムに入りパリーグ中心にやってました。
さすがに10年近くそれでやるときついのか2,3年ほど前からスーパースターズ編になりました
スーパースターズ編はパリーグに新球団スーパースターズとアイアンドックスという2チームを作り過去の明訓メンバー山岡さんたちがと山田等プロ入りしたメンバー(微笑をふくむ)が入りアイアンドックスは過去のライバルたちが入りました。犬神や影丸たちプロメンバーもそうです。
であと何言おうとしたんだっけ・・・
そうそう高校編ででてきた星王や影丸のチームメンバーのフォアマンもスーパースターズに入りました
ス^パースターズの監督は土井垣でアイアンドックスは犬飼小次郎です。
まぁそこらへんですかね
ここ1年里中がさっちゃんに告るだとか岩鬼との3かく関係だとかもめてますが結婚はしません
ニューキャラでアイアンドックスに入った唯一の女性先週のマドンナが殿馬にもーれつアタックして殿馬もその気っぽく結婚までいくのかな?ww
ここらへんですかね^^

自分はいまだ集めてます
プロ野球編は53巻で終わり今スーパースターズ編となっております。
プロ野球編で山田は西武、岩鬼はダイエー、殿間はオリックス、里中はロッテ、坂田が近鉄、不知火が日本ハムに入りパリーグ中心にやってました。
さすがに10年近くそれでやるときついのか2,3年ほど前からスーパースターズ編になりました
スーパースターズ編はパリーグに新球団スーパースターズとアイアンドックスという2チームを作り過去の明訓メンバー山岡さんたちがと山田等プロ入りしたメンバー(微笑をふくむ)が...続きを読む

Q「地獄の黙示録」のプレイメイトの慰問訪問

コッポラの地獄の黙示録のなかに、ベトナム戦争中に兵士の慰問のためにPLAYBOY誌のグラビアモデルたちが戦地を訪問するシーンがあります

そんな慰問は実際にあったのですか?

Aベストアンサー

 実話だそうです。
http://ajihead.serio.jp/links/apocalypse_now/apocalypse.html

 他にも、フランク・シナトラやルイ・アームストロングなどが慰問に訪れています。ルイ・アームストロングに関しては、「グッド・モーニング・ベトナム」と云う映画にそのシーンがあったと思います(定かではない・・・)。

Qいじめ意地悪嫌がらせ集団無視等した加害者女性、加害者女性達のその後…

会社や、学校で一人の女性の関係無いのに恋愛に首突っ込んだり、いじめ意地悪嫌がらせ等で会社や、学校を退職退学に追い込んだ加害者女性や、加害者女性達のその後の会社内や、学校内での扱いは?

Aベストアンサー

こんにちは。
http://okwave.jp/qa4966671.html
こちらの回答も参考にしてください。
>会社や、学校で一人の女性の関係無いのに恋愛に首突っ込んだり、いじめ意地悪嫌がらせ等で会社や、学校を退職退学に追い込んだ加害者女性や、加害者女性達のその後の会社内や、学校内での扱いは?
質問の主旨がよくわかりませんが、あなたがその方たちに何かしたいということなのでしょうか。
精神的苦痛を受けたということが立証できるなら告訴してもよいと思いますが、時間と労力の無駄ということにもなりかねません。
どうしてもいうなら弁護士によくご相談ください。
冷静になり、あなたにとって何が大切であるかをよく考えてみることです。

Q『地獄の黙示録』という邦題

フランシス・フォード・コッポラが監督した映画である、原題『Apocalypse Now』に、『地獄の黙示録』という邦題をつけたのは誰なのでしょうか?
字幕を担当した方でしょうか?

由来は、原作となっている『闇の奥』の中の「地獄」から来ているかと思われますが、(この「地獄」でさえ「The horror!」の訳語として適切かどうか疑問が残ります…。)、『Apocalypse Now』という映画の内容を表すには不適切だと思われます。何か意図のようなものでもあったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。
なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に参照にしているそうです。
これを配給会社の人たちが読んだかどうかはわかりませんが、ヴェトナム戦争の実態がかなり生々しく書いているので、こんなところからも戦争=地獄のイメージが思い浮かぶのかもしれません。

ついでですが、ラストのセリフは初公開版では「地獄だ、地獄だ」でしたが評判が悪かったようで、長尺版では「地獄の恐怖だ」と改められていました。
英語と欧米の文化に詳しい人だと「the hprror=背筋が凍るような質の恐怖」ということで、地獄よりもどこか抽象的な”恐怖”というニュアンスでの字幕にしたほうがよかったと感じている人は多いようです。

この映画よりも先に公開されたヴェトナムもの「ディアハンター」(当時メジャーのひとつだったユナイト映画配給)がそのまのタイトルだったので、配給した会社(ヘラルド映画:純粋に日本の資本の配給会社です)がもっと過激なタイトルにしたかったんだと思います。
正式なタイトル決定前は映画雑誌の製作中の映画情報には「戦争の黙示録」だったか「現代の黙示録」だったか、そんな邦題で紹介されていたと思います。

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。
なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に...続きを読む


人気Q&Aランキング