自分でライブラリファイルを作ってみたいんですが、どうやって作るんですか?(私は、Visual C++ 6.0を使っています)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Static Library(拡張子 .LIB)を作るのならば、


プロジェクトの作成時にWin32Static Libraryを
DLLを作るならWin32Dynamic-Link LibraryかMFC AppWizard(DLL)を選択すれば
作れます。

LIBを作った場合はソースファイルにヘッダファイルをインクリュードし、
リンクオプションで作ったLIBファイルをリンクするようにしなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 00:03

VC6インストールしているのであればとりあえずオンラインヘルプ見ましょう。



但し、必要性も無いのにライブラリ作ってもあまり意味が無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。これからは、もっとオンラインヘルプを活用してみようと思います。

お礼日時:2001/04/26 23:58

こんにちは、honiyonです。


 ライブラリというのは、#include <....> として使えるものの事ですか?
 それならば、以下のようにして作れます。

--- sample.h ---
void HelloPrint();

--- sample.c ---
#include <stdio.h>
#include "sample.h"
void HelloPrint(){
printf("Hello world.\n");
}

使うときは、これを作成するプログラムと同じフォルダおいて、
#include "sample.h"

void main(){
HelloPrint();
}

で使えます。

違う場所においても include出来るようにしたい場合は、「
ライブラリパス」を設定します。 これは多分 VC++のヘルプ
に載っていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/26 23:56

これだけの情報では誰も答えられないと思いますよ。



STL?ATL?DLL?OCX?色々あるので、まずは自分が
何を作りたいのか、どのようなライブラリファイルを
作りたいのかを考えてみてはどうですか?

ではでは☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分でもっと勉強します。

お礼日時:2001/04/26 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVisual Basic6.0で作ったデータをVisual C 6.0を用いて通信したい(DLLファイルを作成)

Visual C 6.0
Visual Basic 6.0
WindowsXP

掲題の件ですが、
VBで作成したデータをVCで通信したいと思い、
値を受け渡すにはDLLファイルを作って関数の戻り値にすれば良いと調べて分かり、
作成方法を知りたく質問させていただきました。

まず、
・どちらのプログラムでDLLファイルを作成したらいいか
・どのようにコードを記述して作成したら良いか(VB,VC)

VCで一度作成しようと思い、サンプルコードを調べ、ビルドしたところ
「デバック・・・実行可能ファイル・・・」
と表示されファイルを選ばなければいけない画面になりました。
これはどれを選択すれば良いのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

VBでEXE VCでDLLを作る場合、ぼくはよく以下の手順で作成デバックします。

1 VCでまずDLLを作成
2 VBでそのDLLの関数を呼び出すコードを書く
(Declareステートメントはご存知ですよね?)
3 VCで実行
このときデバッグ対象の実行ファイルを VB6.EXE
(つまりVB自体を指定)
4 VBが起動したら先ほど作った呼び出しコードを含むプロジェクトをロードして実行

って感じです。
でもこれは両方同時に開発する時で、まー普通はDLLを完成させてからでしょうかね。

QVisual C++ 6.0とVisual C++ 2005 についてですが・・・

Visual C++ 6.0でワークスペースと呼ばれていた物がVisual C++ 2005になるとソリューションと言う名前になったと聞きました。
また、Visual C++ 6.0で製作したファイルはVisual C++ 2005でも開けるけどVisual C++ 2005製作したファイルはVisual C++ 6.0では開けないと聞いたのですがVisual C++ 2005製作したファイルをVisual C++ 6.0でも開ける様に互換性を持たせる方法はありませんか?
学校と家で使っている環境が違うので互換性がもてれば両方で使えてとても便利になります。
御存知の方がいましたら御伝授お願いします。

Aベストアンサー

ソースファイルやヘッダファイル(拡張子CPP/C/H/HPPなど)はVisual C++ 6.0と2005で共用できるので、6.0用のプロジェクトファイル&ワークスペースと、2005用のプロジェクトファイル&ソリューションファイルを用意すれば両方の環境で開発を進めることができるでしょう。

但し、以下の点にご注意下さい。
・ソースファイルの追加や削除は両方のプロジェクトに対して行うこと。
・Visual C++6.0ではManaged C++が使えないのでManaged C++は使わないこと。
・MFCの仕様がだいぶ違うので、MFCも避けること。MFCを知り尽くしているのでしたらチャレンジはご自由に。
・C++コンパイラとしても若干仕様が違うので(for文内で定義された変数のスコープなど)、常に両方の環境でコンパイルできるか考えながら開発する必要があること。

QVisual C++ 6.0で作成したプログラムをVisual C++

Visual C++ 6.0で作成したプログラムをVisual C++ 2008で実行することはできるのでしょうか?

ビルドしてみるのですが、afxwin.hがないと表示されてしまいます。
自分でも検索してみたのですが、ダウンロードできる状況なのかも良く分かりませんでした。

2週間後にプレゼンがあるのですが、手持ちのパソコンにはVisual C++2008しかないため、6.0をインストール、と考えたのですがそれもできないようなので・・・

もし、実行できるのであればその方法をお手数ですが分かりやすく教えてくださるとうれしいです。

Aベストアンサー

ひょっとして Visual C++ Express Edition を使っているのでしょうか。

afxwin.h は MFC のヘッダーで、MFC は Visual C++ Express Edition では利用できません。
Visual Studio の Standard Edition 以上を購入するか、Visual C++ 6.0のプログラムをもとに .NET で作り直すかのどちらかですが、……前者は結構な出費となりますし、後者は 2 週間ではかなり難しいと思います。

QVisual C++ と Visual C++ Express Edition

の違いについて教えてください。
ExpressでもMDIを作成できるのでしょうか?

Aベストアンサー

「Express Edition」には、大雑把にリソースエディタとMFCが付いていません。あとインストーラ作成機能が無かったかな?細かな違いはだいぶありますけど。
WindowsAPIやC++/CLIを使う分には、ほぼ同等にプログラムを作る事ができます。
MDIももちろん作れますよ。

「猫でもわかるプログラミング」
http://www.kumei.ne.jp/c_lang/
のようにリソースエディタやクラスウィザードを使わない作り方をする分には、ほぼ差が無いと思います。

Qvc++6.0とVisual C++ 2010

遊び程度ですが、VC++をいじったことがあります。
もう何年も触っていませんが。

lVisual C++ 2010 Expressについて調べていたら、

   private: System::Void button1_Click(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
           label1->Text=L"はじめてのC++";
        }
というコードがありました。

vc++6.0に ”label1->Text=~”こんな1行で文字が表示できる方法ってありましたっけ。

次のサイトのような書き方だったと思いますが、コードの書き方が変わったのでしょうか?
http://t-recipe.com/vc/string.html

お分かりの方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

リンク先のはMFCですね。VC++有料版に搭載されているC++のフレームワークでWindowsAPIをラップしたものです。
それに対してlabel1->Text=L"はじめてのC++";はC++/CLI言語の.NET FrameWorkを使ったプログラムです。こちらはネイティブではなくC#やVBと共通のCLRとして動く言語です。

ちなみに、VisualStudio2012ではC++/CLI言語のCLRフォームはメニュー上は消えたので、マイクロソフトは終了させることを狙っていると思われます。
CLRフォームはC#かVBを使ってくれと言うことでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報