草取をしたらむしった跡が直径30cm程ぽっかり芝生がなくなってしまいました。
まわりには青々と芝生が生えているのですが・・・
草取りをサボったせいなのは明らかなのですが、何とか再生できないでしょうか。
芝生の種をまいて穴を埋めるなんてことができるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは



基本的には下の方々と同じです。
しかし、芝は、30cm×20cmくらいが、10枚ほど束ねられたのが、1束として売られていますね(全国的に同じだと思いますが)。これを買ってきては、余ってしまいます。ですから、今張られている芝の端のほうの目立たないところを少しずつ剥いで、穴を埋められてはいかがでしょうか。
それから裏技ですが…。ホームセンターなんかの場合、園芸コーナー担当の方がなれていないと、束の一番上なんかは、茶色く芽が出ていないと、枯れていると勘違いして他の束のものと交換して捨ててしまいます。これをもらってくるのです。芝は強いので、枯れているように見えても、案外生きています。
補足でもうひとつ、穴にあった雑草の根はきちんと取り去ってください。残っていると、カタバミなどは、すぐに再生してしまいますよ。

早く穴が無くなればいいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
雑草の根をきちんと取るのは気が重いですがこれも自分のまいた種。
連休にすることがなかったので、時間つぶしになりそうです。

お礼日時:2001/04/30 23:07

再生出来ます。


芝生がなくなっている部分に目土を入れ(芝生との段差をなくして下さい)ればOKです。裸地の部分が30cm程度でしたら、7月頃には覆いつくします。
また、「芝生の種をまいて...」との事ですが、洋芝なのでしょうか?
いずれにしても(洋芝、高麗芝)上記の方法で手入れして下さい。
尚、こまめに雑草を抜くこと(穴が空けば目土を入れる)、肥料を施し、刈り込み、全体に薄く目土を入れ、平にすれば見違えるようになりますよ!
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
連休にすることがなかったので、時間つぶしになりそうです。
それにしてもOK WEBに参加している人って親切な方ばかりだなーとつくづく感じました。

お礼日時:2001/04/30 23:08

そうですねー時間は確かにかかりますねー。


他で飼ってくるよりは端の方の目立たないところの物を移植するという手もあります。

これだと違う品種になることはあり得ませんので。
違う品種の物を植えてしまうとそこだけのび型が変わって結構みっともないです。

全部を埋めなくても穴の中央の所を中心に移植すればより早く生えてきますし移植の量も少なくて済みます。

もし高麗芝なら、今がいい時期です。移植した場合、目土を芝生がかくれない程度に被覆します。

これからの時期水まきさえ気を付ければ結構生えるのは早いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
連休にすることがなかったので、時間つぶしになりそうです。

お礼日時:2001/04/30 23:05

ガーデニングにはまってあるみたいですね。


たのしいですよね!
確かに盛り土をすれば回りの芝がせってきて埋まるとおもいます。
欠点は時間がかかること。
種をまいて埋める手もあるとおもいますが、よく店でみる芝の種って洋芝の種で今植え付けている芝とたぶん種類が違うでしょうから、30cmくらいなら芝を買って穴の形に切って、はりつけたらどうでしょう。これが手っ取り早いと思いますが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
連休にすることがなかったので、時間つぶしになりそうです。

お礼日時:2001/04/30 23:04

穴の空いているところに盛り土をし、なるべく土が硬くならないようにして余り土が乾きすぎないように水をやってください。



芝生の根が段々に伸びてきて穴が埋まっていくはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
連休にすることがなかったので、時間つぶしになりそうです。

お礼日時:2001/04/30 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中絶後の炎症について

中絶後に、運悪く炎症をおこすとしたら子宮→卵管→卵巣の順ですか?
子宮に炎症おこらなければ卵管や卵巣に炎症おこりませんか?子宮に炎症おこらずに卵管あるいは、卵巣に炎症おこることはあるのですか?
子宮や卵巣は炎症おこってないけど卵管だけ炎症おこることはありえるのですか?
中絶後の炎症とは、クラミジアその他の性病でしか炎症がおこらないのですか?
性病以外で軽い炎症は、おこるのですか?その炎症は自然に治癒するのですか??

Aベストアンサー

#2です。

>卵管に炎症が(腫れ)があるということは、子宮も子宮内膜症だということでしょうか?
経膣では、炎症は見えるのですか?

経膣=経膣エコーの意? であれば「腫れ」は見えますが炎症は見えません。炎症が起こった結果として「腫れ」ているのです。卵管炎か卵管炎が終息した後に卵管溜水腫に至っている可能性があります。
「子宮内膜症」は感染症とは関係のない全く別の疾患です。関係あるとすれば「子宮内膜炎」で、感染症がまず子宮頚管に起こり→子宮内膜→卵管へと上行感染するのが普通です。ってか、これ言うのも何度目ですか、私。

>経膣で子宮や卵巣の腫れなど見当たらず大丈夫といわれた場合は、中絶後の炎症はないでしょうか?

中絶手術に起因する感染症はその数日以内に発症します。手術後の診察で問題なければ炎症はなかったということです。

>中絶の後に炎症などを疑う症状はどんな症状ですか??

えぇ、だから。ダラダラ続く出血と下腹部痛、発熱など。 ...何度書かせるんですかね、もう(^_^;)

>経膣で子宮頚びらんの場合、妊娠に問題ですか?

経膣?内診??「子宮頚部びらん」とは、 子宮頸部の細胞がエストロゲンの作用で増殖し、膣のほうにはみ出して一見「びらん(ただれ)」のように見えるものです。エストロゲン分泌の盛んな頃=性成熟期の女性の多くに見られるもので、病的なものではありません。妊娠の支障にもなりません。オリモノが多くて不快だったり不正出血の原因になるような場合にのみ治療対象となります。

#2です。

>卵管に炎症が(腫れ)があるということは、子宮も子宮内膜症だということでしょうか?
経膣では、炎症は見えるのですか?

経膣=経膣エコーの意? であれば「腫れ」は見えますが炎症は見えません。炎症が起こった結果として「腫れ」ているのです。卵管炎か卵管炎が終息した後に卵管溜水腫に至っている可能性があります。
「子宮内膜症」は感染症とは関係のない全く別の疾患です。関係あるとすれば「子宮内膜炎」で、感染症がまず子宮頚管に起こり→子宮内膜→卵管へと上行感染するのが普通です。...続きを読む

Q一年中、青々とした芝生は無理ですか?

昨年家を購入し、そろそろ庭を造りたいと思っているのですが、先立つものがないので、自分達でやろうと思っています。
取り敢えずは芝生を・・・と思っているのですが、一般的には、和芝と言われる物が出回っているらしいのですが、冬は枯れるため、良い方法はないかな?と思い、質問させてもらいました。

主人曰く、和芝と洋芝を混ぜたらどうかな?と言っているのですが、どうなんでしょう?
競馬場等は、一年中芝の緑がキレイですが、どうなっているのでしょうか?

全くの素人夫婦なので、良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

出来ましたらお住いの地域と庭の広さを教えて頂ければ、適切なアドバイスが出来ると思います。
初めに芝は水が嫌いですので雨が降った後、水溜りが出来ないように地盤改良・表面排水を考えて改良を行いましょう(地下水が高い場合は地下排水溝を設ける)
>和芝と洋芝を混ぜたらどうかな?
洋芝には夏芝と冬芝が有りますので
理想は寒さに弱い多年性夏芝に秋口に暑さに弱い一年性冬芝を蒔くのがベストだと思います。
それでは、頑張ってください。

Q炎症に詳しい方!!

慢性炎症(膠原病ではない)において、炎症の原因が除去されているにも関わらず炎症が治らないことはあるのでしょうか?

慢性炎症はTリンパ球とマクロファージが相互に刺激しあい、炎症物質を放出しているようですが、炎症の原因が除去されれば炎症病巣におけるマクロファージの集積が止まり、マクロファージの活性もだんだん低くなり、マクロファージの寿命である数ヶ月が経てば炎症病巣からマクロファージが消えて慢性炎症が終了するのかなと考えています。

慢性炎症が炎症の原因が除去されているにも関わらず治らないということはマクロファージの集積、および活性が変わらないということになるのでしょうが、そのような体質、状態は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

>慢性炎症(膠原病ではない)において、炎症の原因が除去されているにも関わらず炎症が治らないことはあるのでしょうか?

ありえないと思います。「炎症の原因が除去されている」とは治癒を示すと思いますが、どうでしょうか。

ただし、単に一時的に炎症が抑えられているということなら話は別です。原因が治ってないわけですから。

ご存知だと思いますが、生体の炎症反応は治癒反応です。炎症を起こして壊れた組織を修復してるわけですが、その中心となるのがマクロファージです。異物の認識、MHCを使って抗原提示、さらにはサイトカインの放出、リンパ球の活性化を促して免疫反応を強め、最終処理までを行います。

>慢性炎症が炎症の原因が除去されているにも関わらず治らないということはマクロファージの集積、および活性が変わらないということになるのでしょうが、そのような体質、状態は存在するのでしょうか?

マクロファージは異物の認識(原因)があって初めて働くわけです。原因の治癒に至れば、こんなことは考えられません。

Q芝生の上に茶色い直径5ミリ位の玉が沢山。これは何?

私の家の庭の芝生の上に茶色い直径5ミリ位の玉が沢山あります。一ヶ所にだいたい単一乾電池位の塊が出来ます。

始めは野良猫の糞かと思っていましたが、どうもちがうようです。
1日見ないでいると3~4箇所に出来る事もあります。

ミミズの糞にしては多すぎるような・・・。
もしかしてもぐらの糞でしょうか?

何かわかりませんが、きみがわるいし、片付けるのも大変です。

芝生の玉の正体と対策をご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

直径5ミリは大き過ぎる感じですが、やはりミミズの糞ではないでしょうか?
それも相当大型のミミズでは?
このところよく雨が降るので、ミミズの穴も浸水して大変ではないでしょうか?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1301/mimizu/mimizu.htm
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1301/mimizu/mimizu02-08.htm

Qpower point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。

power point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。


power pointでは、mpegやaviといった動画を再生することが可能です。
学会発表などで、きれいな動画を見せている人を見て、私も動画再生をしてみたくなりました。
しかしながら、自分のPCで作成したファイルを、会場のPCで再生しようとして
うまく動画を再生出来ず、辛い思いをしている人をたまに見かけます。
この原因として、
・コーデックが入っていない
・リンクがうまくいっていない
といったことが考えられると思います。
そのため、もっとも汎用的なコーデックであるmpeg1を使い、
動画をリンクではなく、pptファイルに埋め込んでしまえば、こういったリスクは避けられるのではないかと思っております。
まず、一つ目の質問でこれは正しいでしょうか?


それと2つめの質問、mpgファイルをpptファイルに埋め込みたいのですが、
どうやれば良いか分かりません。
検索してみると、それらしい解説ページは多少見つかるのですが、
具体的に書かれているページが見つからず、どうやれば良いか分からずに困っております。

どなたかアドバイス頂けますでしょうか?

power point上での動画再生に関してアドバイスを下さい。


power pointでは、mpegやaviといった動画を再生することが可能です。
学会発表などで、きれいな動画を見せている人を見て、私も動画再生をしてみたくなりました。
しかしながら、自分のPCで作成したファイルを、会場のPCで再生しようとして
うまく動画を再生出来ず、辛い思いをしている人をたまに見かけます。
この原因として、
・コーデックが入っていない
・リンクがうまくいっていない
といったことが考えられると思います。
そのため、もっとも汎用...続きを読む

Aベストアンサー

仕事で多くのプレゼン用のパワーポイントを作成し、
また、講演のお世話などで、多くの講師の方の
パワーポイントファイルをあずかってきました。

その観点からです。

まず、1つめですが、そうとも言えない・・・ということですね。
mpgなら大丈夫とか、リンクが・・・ということも、言えません。

もっとも一般的なという意味ではAVIファイルですね。
ファイルサイズが小さい場合は、こちらの方が確実です。
スライド内に窓のようにして動画を埋め込むのでしたら
MPEG1でも大丈夫なのですが、
結局、何を映しているのかわからないということで、
全画面表示することが多くなっています。
そうなると、MPEG2またはWMVあたりでないと、プロジェクターに
投影した時に、粗さが目立ってしまいます。

また、埋め込みよりもリンクの方が安定します。
パワーポイントファイルは、サイズが大きくなると、ページ替えが遅く
なったり、途中で落ちたり・・・問題が多発します。
(これも経験則です)

リンクを指定する場合、ファイル名、ディレクトリを指定するわけですが、
ここで普通に行うと、絶対パスで保存されてしまいます。
(c:\Document****\douga.mpgのような)
ここでディレクトリを消去して、ファイル名だけで保存することがポイントです。
結果、同じディレクトリに動画ファイルを入れておくだけでリンクずれは起こりません。

さらに言うと、一層のこと、スライドにはボタンだけおいてクリックすると、
メディアプレイヤーから動画再生したほうが、さらに安定的です
スライド開始前にメディアプレイヤーを起動させておくことがポイントですが・・・

やはり、埋め込みはスライド全体で考えた場合、
リスクは大きいですね。

2つめですが、
ANo1の方も書いてあるとおり、簡単に挿入できます。

いずれにしても、会場のPCがどういうものなのか・・・
などというのは、全くわかりません。
ですので、何をやっても上手くいかないときは上手くいかない
ということです(経験からの実感です)

ですので、一番いいのは、動作確認した自分のノートPCを持ち込むこと。
あとは、前もってCDーRを送り、動作確認を行ってもらう・・・
CD-Rデータはプレゼンテーションパックにした方がいいですね。

といったことが重要だと思います

長文になりました

仕事で多くのプレゼン用のパワーポイントを作成し、
また、講演のお世話などで、多くの講師の方の
パワーポイントファイルをあずかってきました。

その観点からです。

まず、1つめですが、そうとも言えない・・・ということですね。
mpgなら大丈夫とか、リンクが・・・ということも、言えません。

もっとも一般的なという意味ではAVIファイルですね。
ファイルサイズが小さい場合は、こちらの方が確実です。
スライド内に窓のようにして動画を埋め込むのでしたら
MPEG1でも大丈夫なのですが、
結局、何を映し...続きを読む

Q枯れた芝生は埋めても大丈夫ですか

全面枯れてしまったので、芝生を今剥いでいます。剥いだ芝生は土に混ぜても肥料になるのでしょうか
ゴミとしてすてるより再利用できないか考えています

Aベストアンサー

お住まいの場所が不明ですが高麗芝ならもう少し待った方が・・・。私は大阪ですが、暖かい割りに芝の芽の動きが良くないなぁと今年感じています。

さて質問の件ですが、私は全て捨てています。理由としては下記の二つです。

1.再び芝を植えるのだったら、病気が移る可能性があるから。(枯れた理由がはっきりしているのなら心配しなくていいのですが、素人なんで自信が無いので捨ててます)

2.他の物を植えるのなら芝の根は成長の邪魔になるから。(例えば畑だったら石や根っこは除きますよね。特に芝の根は結構強力ですので中々分解してくれません)

全面剥がすとけっこう後の処理は大変ですね。私が住んでいるところは剪定ゴミは一回2袋までと決められているのでチマチマと2袋分づつ剥がしてます。

Q炎症、マクロファージについて詳しい方!!

慢性炎症、マクロファージについていくつか疑問があります

まず慢性炎症時においてマクロファージとTリンパ球が相互に刺激しあって炎症を継続させています。この慢性炎症に対してステロイドを投与するとマクロファージが分泌するサイトカインTNF-α,IL-1を抑制します。これはあくまで抑制なので、ステロイドの量を増やしたりしても慢性炎症は完全には消えないと思っているのですかどうでしょう?

また慢性炎症においてステロイドを投与し、さらに炎症の原因を取り除いたときに炎症の活動性はかなり低下するでしょう。
しかし慢性炎症の場合、発火・腫脹が収まるには相当な時間を要するはずです。
これは炎症の原因が取り除かれていてもしばらくTリンパ球との相互作用が続いているためだと思うのですが、この一見必要ない炎症はどの程度続くものなのでしょうか?

また慢性炎症はマクロファージが病巣から消失して初めて完治となるのでしょうか?それならばTリンパ球との相互作用が終了しても、病巣からマクロファージが死滅するまでは刺激を与えてはならないのでしょうか?

最後に慢性炎症病巣におけるマクロファージの寿命を教えてください。在住型マクロファージの場合は数ヶ月となっていますが具体的にはどの程度なのでしょう?

慢性炎症、マクロファージについていくつか疑問があります

まず慢性炎症時においてマクロファージとTリンパ球が相互に刺激しあって炎症を継続させています。この慢性炎症に対してステロイドを投与するとマクロファージが分泌するサイトカインTNF-α,IL-1を抑制します。これはあくまで抑制なので、ステロイドの量を増やしたりしても慢性炎症は完全には消えないと思っているのですかどうでしょう?

また慢性炎症においてステロイドを投与し、さらに炎症の原因を取り除いたときに炎症の活動性はかなり低下する...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1です。

慢性化した炎症が続いてさぞお辛いことと思います。なにか治すものはないか、色々ご自分で調べられてるご様子、心中お察しいたします。

有体に言えば、慢性疾患は対症療法でしか対応できない病院では治せません。遺伝的な疾患や、火傷、傷害、感染症など急性疾患は別ですよ。

長期にわたって通院しては薬を貰う、どこかで患者さんもこれで根本的に治るのか疑問に思わないといけないでしょう。もちろん医者も患者も治療はあくまで症状を抑えるだけのもの、原因を治療してるのではないというお互いの了解があれば別です。

極端ですが、基本的には慢性炎症は治癒のための炎症に任せて何もしないのが治療です。自分でしか治すことは出来ません。

例えは違いますが、どこか体を打撲したとします。すぐに治癒のための炎症反応が始まり腫れたり痛みが出てきますね。そのまま我慢していれば、そのうち自然に治癒していきます。切り傷も自然に修復します。

もちろん急性期に痛みが我慢できないほどあまりにも強ければ、一時的に痛み止めの服用や冷却して凌ぐことはあるでしょう。

体を治癒に導くのは全て生体の持つ自然治癒力です。

ストレスを減らし、免疫力をあげて治癒反応である炎症を押し進めるのが治癒への近道です。ストレスが減ると顆粒球は減り、その分リンパ球が増えますが。リンパ球と顆粒球は拮抗関係にあるからです。

質問者さんの声帯の炎症ですが、炎症が始まった時点から治癒反応が始まったということです。体は自ら炎症を起こすことによって宿主に使い過ぎて壊れた組織を修復してることを自覚させ、しばらく使うのを控えて下さい、と訴えてると思うことです。これが病気の本質です。そうするとそれに抗うことは出きるだけ避けないといけませんね。

ストレスには色々ありますが、体の使い過ぎ、過重労働まど身体的なストレス、不安や怒り、焦り、イライラなどの感情、また、感情を自ら抑圧してしまうことも大変なストレスです。それと繰り返し言っていますが、薬物です。

例えばステロイドですが、長期にいつまでも使っていると、治らないどころか、切れると炎症が酷くなっていきます。その炎症を抑えるためにさらにステロイドを増量せざるを得なくなり、それでも効果が少ないとなると次は免疫抑制剤。体内のホルモンはごく微量で生体の維持を行っていますが、ホルモン剤で外から投入すると自然の分泌量を超えていきます。ホルモンはコレステロール骨格を持っていますので、コレステロールのように多過ぎると体外への排出が困難になり次第に組織に沈着していくようになります。これが顆粒球の増多に繋がってかえって組織破壊を進めることになるのです。

慢性炎症は急性の状態から始まっていますが、その時の処置さえ間違えねばそれほど長期に続くことはないのです。慢性化させた原因の一つに薬の使い方があったわけです。

ですから、残念ながら、薬の投与期間が長いほどリンパ球による免疫反応が抑えられ、治癒は遅れます。これはいたしかたないでしょう。
また、ステロイドは長期に使うほど急に切ることはできません。リバウンドの炎症反応が強く出ることがあるからです。医師と相談しながら徐々に減らして下さい。もし、ステロイドに拘る医師でしたら、私なら考えます。

活性酸素はなくてはならないものですが、処理できないほどになると問題になります。そこで、おっしゃるように活性酸素を吸着する抗酸化物質を摂ればいいじゃないかという話になりますが、サプリメントで過剰に摂り過ぎると排泄が出来なくなり酸化物として体内にいつまでも残存するようになります。ご存知のように酸化物は老化を促進したり、発ガンにも関係する調査もあるくらい悪い影響を及ぼします。こういう脂溶性のビタミン類はを摂るならば、自然の食物からだと、不要なものは自然に排出され心配はありません。

言ったようなことが原因でストレスが溜まると、必ず血管が収縮して体温が下がり気味になってきます。心のストレスでもそれが起こるということですね。心と体は一つです。体の調子が悪くなれば、心も晴れません。心が晴れないと体調も悪くなります。

炎症の消失には時間がかかると思いますが、体全体は言うまでもありませんが、喉、首回りなどじっくり温め血流を良くしておいて下さい。これも免疫力強化に繋がりますし、体が温まると心にも余裕が出てきます。あれこれ悩むことを減らすことにもなるでしょう。

痛みなど不快な反応に苦しんでおられますが、「治癒反応だから、できるだけ我慢してください」と体が声を発しています。体を傷める治療は止めて体を労わって下さい。お大事に。

NO.1です。

慢性化した炎症が続いてさぞお辛いことと思います。なにか治すものはないか、色々ご自分で調べられてるご様子、心中お察しいたします。

有体に言えば、慢性疾患は対症療法でしか対応できない病院では治せません。遺伝的な疾患や、火傷、傷害、感染症など急性疾患は別ですよ。

長期にわたって通院しては薬を貰う、どこかで患者さんもこれで根本的に治るのか疑問に思わないといけないでしょう。もちろん医者も患者も治療はあくまで症状を抑えるだけのもの、原因を治療してるのではないとい...続きを読む

Q芝生に生えたハマスゲ

以前に「芝生に生えた雑草の抜き方」で質問しましたが、うちに生えている雑草の名前がどうも「ハマスゲ」という名前らしいことが判りました。これは芝生に生えやすい雑草のようですが、みなさんはやはり専用の雑草抜きとか小さいスコップで抜いていますか? 私は泣く泣く小さいスコップで掘り起こして抜きましたが、かなり根が深くて、これは全部やってると穴だらけになってしまうと思ったので、いまは根本で切れてしまいますが、手で抜いています。芝生には影響なくてハマスゲによく効くオススメの除草剤はありますでしょうか? あと、最近ヒョロッとしたキノコがチョコチョコ生えてきます。 これは水はけの悪さからくるものでしょうか? これは水やりを控えればそのうちなくなってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

出来る限り手で抜き取りたいところですがハマスゲ等は特に手間のかかる雑草ですね。

除草剤ですがMCPPをお薦めします。実際にはちょっとは芝生にも影響しますが希釈を守れば問題ない程度です。

しかし本格的に群生してしまうと少々の除草剤では防除は難しいかもしれません。
来年の春の為に秋になったらバナフィンなどの土壌処理剤を使うと効果的です。

キノコについては確かに水はけ、風通しの良い状態であれば生えてきません。まずはそういった環境を整えましょう。
殺菌剤で防除する方法もありますが、芝生が枯れるほどの被害はなさそうですし、そこまで大げさに考えなくても良いと思います。

Qパワーポイントでの動画再生

学会発表でパワーポイントを用いて発表するのですが、その中で動画があるのですが、再生されません。これはサイズが大きすぎるせいでしょうか。確かにパワーポイント自体は5MBほどなのに、動画ファイル(aviファイル)は350MBもあります。なにか容量を小さくしてくれる良いソフトはないでしょうか。自分のPCでは問題なく動くのですが、他の人のPCに移して使わなければならず、そのPCだと動かないのです。ファイルの場所も同じにしてあります。スペックも問題ないです。原因がわかりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

再生出来ないのは画面が真っ黒に表示されてると言う事でしょうか?PowerPoint2003の利用でしょうか?
真っ黒な状態になるようでしたら下記の操作でどうでしょう?

該当するファイルを開き、再生できない画像ファイルを削除。
[挿入]-[オブジェクト]から[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが表示。
[ファイルから]を選択し、【参照】ボタンをクリックして、再生したい画像ファイルを選択し【OK】ボタンをクリック。
(5) ファイルを保存。

Qまるむし(ダンゴむし)は野菜や植栽にとって、益虫・無害(両面あり)・害

まるむし(ダンゴむし)は野菜や植栽にとって、益虫・無害(両面あり)・害虫?
害虫なら退治するには、見つけ次第の捕殺と蟻の巣ころりを予定しております。
ぜひ、お教えの程、お願い申し上げます。


<質問の背景>
アジサイや野菜のナメクジ対策に苦労していますが、ナメクジの退治後に増加しているのが、マルムシ(ダンゴむし)です。
一見、ミミズと同じく、土壌改良効果orウイルスやダニ等の微小生物を処理してくれるのか?
それとも、根や葉・茎を食害する害虫なのか?
現在、我が家&野菜にとって、敵か味方か迷っております。



http://www.insects.jp/kon-warajiokadango.htm

Aベストアンサー

形を良く見て下さい。触って丸くなるのがダンゴムシで、丸くならないのが
ワラジムシです。何れの虫も見た目が気持ち悪いため、不快な印象を与える
害虫(不快害虫)に分類されています。

ダンゴムシは多少湿気がある場所に生息し、植物の茎葉や根を食害します。
作物に被害を与えるので、ダンゴムシは害虫で間違いありません。
有効な薬剤はデナポン5%ベイト、不快害虫液、不快害虫W粉剤、アリアト
ールS(スプレー式)、グリーンベイトなどです。
この中で不快害虫液、不快害虫W粉剤、アリアトールSは植物に触れさせな
いように使用して下さい。薬害を起こして植物が枯れます。

ワラジムシはダンゴムシのように植物を食害せず、落葉等を食べて生息しま
す。生息場所は落葉が積もった所に多く見られます。食害をしませんから、
ミミズと同様に益虫と考えられて構わないです。ただ見た目が気持ち悪いの
で、気になるなら不快害虫液、不快害虫W粉剤、アリアトールSを使用して
駆除されて下さい。

ナメクジは雨降りの日に多く出没し、夜間に花弁や若葉を食害します。
ブロック塀に居る事を見かけるはずですが、これはコンクリートを食べてい
るとも言われています。塩をかける事は良く知られていますが、植物がある
場所で塩を使用すると塩害により作物が枯れますから、駆除が出来るからと
やたらに塩をかける事は避けて下さい。ナメクジも不快害虫と同じです。
薬剤は不快害虫液、不快害虫W粉剤、グリーンベイト、ナメトックス、ナメ
トックス液、ナメクジスプレー等を使用して下さい。

ミミズは土壌改良のプロですが、ミミズがウイルスやダニ等を処理する事は
ありません。また微小生物を処理する事もありません。微小生物は悪い生物
ではなく土壌を活性化させる効果がありますから、微小生物が土壌に居なく
なった時点で土壌は死んだと思って下さい。微小生物により土壌が作られて
いると考えて下さい。ワラジムシは改良の手助けをしますが、ダンゴムシや
ナメクジは改良の手助けにはならず悪さをするだけの害虫です。
ウイルスを媒介する虫は多いのですが、ウイルスの処理してくれる虫なんて
この世には存在しません。

形を良く見て下さい。触って丸くなるのがダンゴムシで、丸くならないのが
ワラジムシです。何れの虫も見た目が気持ち悪いため、不快な印象を与える
害虫(不快害虫)に分類されています。

ダンゴムシは多少湿気がある場所に生息し、植物の茎葉や根を食害します。
作物に被害を与えるので、ダンゴムシは害虫で間違いありません。
有効な薬剤はデナポン5%ベイト、不快害虫液、不快害虫W粉剤、アリアト
ールS(スプレー式)、グリーンベイトなどです。
この中で不快害虫液、不快害虫W粉剤、アリアトールSは植...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング