出産前後の痔にはご注意!

工場に発電機を導入する予定です。
地域の条例で4種工業専用地域は夜間の騒音を60db以下(敷地境界線にて)に押える必要があります。
そこで騒音の計算方法を教えていただきたいのですが。
発電機の仕様は500KVAで屋外型(防音仕様)になっており、屋外に置く予定です。
カタログでは7m離れたところの騒音値が80dbになっています。
発電機の設置場所は工場敷地の中心付近に置き、一番近い敷地境界線は50mくらい離れています。
なので50m離れたところの騒音値を計算で出したいのですが。
また10m、20m、30m、40mと離れたときの騒音値も計算で出したいです。
発電機の周りはほどんどさえぎるものはありません。(障害物なしで計算したい)

ネットで調べては見たのですが、よく分からず質問いたしました。
どなたかお分かりになる方のご回答をお待ちしております。
宜しく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

騒音レベルの距離減衰は、点音源の場合もふつう次の式で計算します。



L1-L2=20log(10)(r2/r1)
L2=L1-20log(10)(r2/r1)

L1:距離r1のところでの騒音レベル
L2:距離r2のところでの騒音レベル

です。

質問の場合は、発電機の大きさ(発電機を見込む横方向の長さ)の3倍以上程度離れた地点なら、点音源としていいでしょう。

r1=7[m]で、L1=80[dB]

だから、

r2=10[m]~50[m]入れればそれぞれの地点での騒音レベルが計算できます。


10[m]    76.9 [dB]
20      70.9
30      67.4
40      64.9
50      62.9
60      61.3
70      60.0
80      58.8
90      57.8
100     56.9

要するに、距離が2倍になれば、6[dB]減るということです。
計算上は上記のようですが、いろいろな変動(風向きとか)もあるので、
予測では、計算の減衰の80%程度に考えることもあります。それで考えると、50[m]地点で、66.3[dB]になってしまいますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

騒音レベルの計算式有難う御座います。
また計算までして頂き助かります。
計算方法も理解することが出来ました。

親切にご回答いただき有難う御座いました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/06/21 08:27

騒音は音ですから距離の2乗に比例して減少します。


デシベルは20違うと10倍違います。これで計算してください。
ですので、7メートルの距離で80dbの発生源で60dbに減少するには3倍ちょっとの距離ですから約22メートルです。つまり22メートル離れていれば60dbになります。
ただ、7メートルで80dbはカタログ値ですよね。現実には使ってるうちにより大きな騒音を出します。適当なところに遮蔽物を置いてあげれば騒音はかなりさえぎられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
音は距離の2乗に比例するのですね。
遮蔽物も検討したいと思います。
迅速にご回答いただき有難う御座いました。

お礼日時:2011/06/21 08:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音の合成について教えて下さい。 【同じ2つの音を合成した時のdB値の和は約3dB増加する】 らしいの

音の合成について教えて下さい。
【同じ2つの音を合成した時のdB値の和は約3dB増加する】
らしいのですが、下記の様にとらえて良いのでしょうか?
1dB+1dB=5dB
10dB+10dB=23dB
なんか、間違っている気がします。

Aベストアンサー

音の強さのレベルILは音の強さの基準値をIoとすると、相対強度
Ir=I/Io 、または dB 単位でIL=10*log(I/Io) (dB)で表されます。
対数の底は10です。

音Ir1と音Ir2の合成騒音レベルIL3(dB)は:

IL3=10*Log(Ir1+Ir2)となります。

ここでIr1=Ir2なら、
IL3 =10*Log(2Ir1) = 10*Log(Ir1) + 10*Log2
= 10*Log(Ir1) + 3.010
= IL1 + 3 (dB)

Ir1=Ir2=1 (dB) なら IL3= 5dB
Ir1=Ir2=10(dB) なら IL3=13dB となります。

http://www.architype-lab.com/arch_lab.data/web_09/aja_13/aja_1st_env_13_original_03.pdf#search='%EF%BC%92%E3%81%A4%E3%81%AE%E9%9F%B3%E3%82%92%E5%90%88%E6%88%90%E3%81%97%E3%81%9F%E6%99%82%E3%81%AEdB%E5%80%A4%E3%81%AE%E5%92%8C%E3%81%AF%E7%B4%84%EF%BC%93dB%E5%A2%97%E5%8A%A0'

音の強さのレベルILは音の強さの基準値をIoとすると、相対強度
Ir=I/Io 、または dB 単位でIL=10*log(I/Io) (dB)で表されます。
対数の底は10です。

音Ir1と音Ir2の合成騒音レベルIL3(dB)は:

IL3=10*Log(Ir1+Ir2)となります。

ここでIr1=Ir2なら、
IL3 =10*Log(2Ir1) = 10*Log(Ir1) + 10*Log2
= 10*Log(Ir1) + 3.010
= IL1 + 3 (dB)

Ir1=Ir2=1 (dB) なら IL3= 5dB
Ir1=Ir2=10(dB) なら IL3=13dB となります。

http://www.architype-lab.com/arch_lab.data/web_09/a...続きを読む

Q騒音の距離減衰とは何ですか?

騒音の距離減衰とは何ですか?
定性的な定義を教えてください。

Aベストアンサー

 騒音源から発生した音波が距離によって減衰することを距離減衰といっております。音源の周囲に何もないときには、距離減衰は、主として、音源から離れるに従い音波が広がりエネルギが拡散すること及び空気中の水蒸気と酸素の相互作用によって音波が吸収されることによっておこります。
 エネルギの拡散は、煙突から出ている黒い煙が、距離が離れるにつれてだんだん薄くなり、ついには見えなくなるのと同じようなものです。また音波の吸収は、音波が空気分子を振動させるときにエネルギが消耗されるためと考えればよいでしょう。

Q騒音値について

騒音値の計算方法について、教えてください。
騒音値を算出しなければならないのですが、計算方法がわかりません。
内容としては、ある部屋にモーターが3台あり2台は同じモーターで1台は違うモータで騒音値db(A)の値が異なります。
この部屋から10m離れたときの騒音値が知りたいのですが、
わかりやすいサイトかよきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容だけでは、騒音計算に必要な条件が不足します。必要条件をあげます。
・部屋の寸法(幅×奥行×高さ)
・部屋内の壁面の仕上げ状態(壁の吸音率)
・モータ騒音値の内容→周波数分析されているか。
(例.125Hz 250Hz 500Hz…)
・10m離れた位置は、屋外か、屋内か。
屋外の場合は壁の透過損失データが必要。

計算位置を屋外と考えて、簡単に計算の手順を説明します。まず平均室内騒音レベルを計算します。
モータ騒音値(騒音レベル)=モータの騒音パワーレベルと考えて

Lr=Lw+10*log(4/α/S)

Lr:部屋内平均騒音レベル dB(A)
Lw:モータパワーレベル dB(A)
α:部屋内平均吸音率
S:部屋内表面積 m^2

計算は、周波数分析された各周波数毎に行います。これを各モータ騒音値(2種類)にて行います。
これで周波数分析された部屋内平均騒音レベル(2種類)が、計算できました。

次に3つの平均騒音レベルを合成(和)します。
デシベル計算(デシベルの和)については、下記サイトを参考してください。
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/newreport/noise/souon_10.htm
計算は、各周波数ごとに行うことに注意してください。
これで室内平均騒音レベルの合計値が計算できました。

続いて屋外の騒音値を計算します。

L=Lr-TL+10*log(Sw/Aa)-20*logr-8

L:屋外騒音レベル dB(A)
TL:壁の透過損失 db
Sw:透過面積(壁面積) m^2
Aa:部屋の吸音力 m^2 (Aa=α*S)
r:壁から受音場所までの距離 m

こうして求めた各周波数ごとの屋外騒音レベルを、デシベルの和にて合成して求める騒音値とします。

引用文献 「公害防止の技術と法規 騒音編」
社団法人 産業環境管理協会 発行
http://www.jemai.or.jp/publications/books/6-1a.html
基本的な部分から、計算例まで詳しく載っている参考書です。

質問の内容だけでは、騒音計算に必要な条件が不足します。必要条件をあげます。
・部屋の寸法(幅×奥行×高さ)
・部屋内の壁面の仕上げ状態(壁の吸音率)
・モータ騒音値の内容→周波数分析されているか。
(例.125Hz 250Hz 500Hz…)
・10m離れた位置は、屋外か、屋内か。
屋外の場合は壁の透過損失データが必要。

計算位置を屋外と考えて、簡単に計算の手順を説明します。まず平均室内騒音レベルを計算します。
モータ騒音値(騒音レベル)=モータの騒音パワーレベルと考えて

...続きを読む

Q空調で14kWと表記されている場合の馬力は何馬力?

業務用エアコンの冷却能力について、室外機には14kWと表記されています。この表記は馬力(HP?PS?)でいうと何馬力の表記となるのでしょうか?

Aベストアンサー

● 室外機14kwの表記はエアコンの能力です。

● 8畳相当の部屋を冷やす能力が昔から1馬力と呼ばれ、2.8kwが1馬力です。特段理論式はありません、単なる呼び馬力です。

● 従って エアコンでの能力14kwは 5馬力と呼びますです。

● モーターなどの動力では 1馬力は概ね0.75kw(1kwは1.35馬力)で、エアコンでの馬力と全く異なります。(概ねと書いたのは英馬力と仏馬力で若干異なります、最近の表記はkwに統一されています)

まとめ エアコン能力の14kwは 5馬力相当です。

QAUTOCADで全体を尺度変更を行うとき、寸法矢印や文字も尺度変更され

AUTOCADで全体を尺度変更を行うとき、寸法矢印や文字も尺度変更されてしまい不都合が生じます。ブロック定義を行うといいのですが、解除すると同様な現象となります。レイヤーごと個別に修正するしかないのでしょうか。

Aベストアンサー

AutoCADのバージョンは何をお使いですか?
2008以降であれば、「異尺度対応」という機能があります。
例えば、「文字の高さを印刷した時に3.5mmにしたい」と設定すれば
A3で印刷してもA1で印刷しても、S=1:10で印刷してもS=1:500で印刷しても
文字高さは、3.5mmになっています。寸法矢印等も同様の設定が出来ます。
AutoCAD 異尺度対応 で検索すると色々HITします。

参考URL:http://images.autodesk.com/apac_japan_main/files/autocad_2010_isyakudo.pdf

Q音圧レベル[dBSPL]の求め方を教えて下さい

例えば、基準音圧P。=20[μPa]とし、
音圧が274047[μPa]の時の音圧レベルを求め方を、式を含めて教えていただきたく質問しました。

Aベストアンサー

 空気中では、音圧レベル Lp は次式で定義されます。
 
 音圧レベルの記号はLp、単位はdBと定められています
 
  Lp=20log(P/Po)=10log(I/Io) dB

    P::音圧実効値 Pa   I :音の強さ W/m2  Io :基準値10^(-12) W/m2

  従って音圧実効値を P=274047μPa とすると

Lp=20log(274047/20)≒83dB となります。

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

QdBの足し算

考え方が整理できてません。
教えてください。

例えば60dbの機械を2台同時に動かすと、
その音は何dbになるのでしょうか??

Aベストアンサー

二つの雑音が全く同じ音で、
その波形が完全に合っている場合 -> +66dB
(音圧そのものが2倍になるため +6dB)

二つの雑音が全く同じ音で
波形が完全に逆位相で合っている場合 -> -無限大
(音が消えるため。真数でゼロ、dBだとマイナス無限大)

二つの雑音に相関関係が
全く無い場合    -> +63dB
(音のエネルギーが2倍になるため、+3dB
 波形そのものは増強するときもうち消すときもある)

と言うわけですが、
普通、同じ機械を動かしたからと言って
全く同じ騒音が生じるわけではありませんから
+3dBと考えるのが妥当でしょう

Q騒音計の数値(dB)から周波数値(Hz)の計算はできますか?

ピアノの音が自宅の部屋の中でどれくらい響いているのかを騒音計で調べてみました。

数値はdBで出てくるのですが、これをHzに直す計算式はあるのでしょうか?
単純に考えて、真ん中のラの音を弾けば440Hzが出るんじゃないのかと思うのですが、騒音問題の本を読んでいると、違う計算を通してHzを出しているような数値が出ていました。
どのような公式になるのでしょうか?

教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

騒音値(デシベル)から周波数を換算するような公式はありません。

騒音計の中には周波数分析(オクターブバンド分析)機能があるものがあります。
最も利用されているリオン社製品でしたらNAという記号で始まるタイプのものです(この機能のないものはNLという型番です)。
この機械でしたら計るときにオクターブまたは1/3オクターブバンドの周波数を測定できます。
これらから求まる周波数は音楽で使用する周波数とは異なり、440Hzの音が出ているとおそらく400Hzの音が出ているという表示になると思います。
この表示する周波数は、特定の周波数範囲にある音を代表して示しているもので、JIS(日本工業規格)で決まっています。これについては騒音の本に必ず書いてありますので、調べてみてください。

楽器のように特定の周波数だけが鋭く卓越する周波数が出るものに対しては、オクターブバンド分析機能のない騒音計で測る場合は、周波数補正機能を用いれば、ある程度推定できることができます。
一般に騒音はA特性という周波数補正を用いて測定します(LAという表示)。このほかにC特性または平坦特性という周波数補正方法があり、同じ大きさの音をこの周波数補正を切り替えて測定して、その差を求めると、周波数補正による差が求まり、この差は周波数ごとに決まっていますので、差から周波数は推定できます。この周波数の補正量の差もJISで決まっています。なお、実際は楽器といえども単一の周波数だけか出ているのではなく、また他の音源の音も拾ってしまいますので、この方法はあくまで卓越振動数の概算だけです。

このほかアナログ出力のある騒音計でしたら、電圧出力をして、パソコンやFFTアナライザーのような機械に取り込んで、FFT(フーリエ解析)をするソフトで解析すれば求まります。本当に周波数を知りたい場合、この方法ですね。

騒音値(デシベル)から周波数を換算するような公式はありません。

騒音計の中には周波数分析(オクターブバンド分析)機能があるものがあります。
最も利用されているリオン社製品でしたらNAという記号で始まるタイプのものです(この機能のないものはNLという型番です)。
この機械でしたら計るときにオクターブまたは1/3オクターブバンドの周波数を測定できます。
これらから求まる周波数は音楽で使用する周波数とは異なり、440Hzの音が出ているとおそらく400Hzの音が出ているという表...続きを読む

Qオクターブバンドの周波数帯の考え方

例えば、
●中心周波数500Hzで1オクターブバンドだと
周波数の領域は
500*2^(-1/2)~500~500*2^(1/2)

●中心周波数500Hzで1/3オクターブバンドだと
周波数の領域は
500*2^(-1/6)~500~500*2^(1/6)

●中心周波数1500Hzで1/2オクターブバンドだと
周波数の領域は
1500*2^(-1/4)~1500~1500*2^(1/4)

というふうになる気がするのですが、
合っているでしょうか?

どなたか答えあわせをお願いします。

Aベストアンサー

中心周波数をfとすると、nオクターブバンドの周波数の領域は、

2^(-n/2)*f~2^(n/2)*f

となりますので、合っています。


人気Q&Aランキング