ちょっと変わったマニアな作品が集結

最近会社が海外から輸入してドルで支払う取引を始めました。
ドルも買ってあります。

私は初心者で良く分からないのですが、1ドル=100円でドルを買っておいて、
1ドルの買い物をした場合、支払時のレートが1ドル=101円だったら購入
した商品の仕入れ単価は
(1)100円(+差益1円)
(2)101円
どちらなのでしょう。仕入れに10%乗せて売ろうとした時の売価は110円?111.1円?
教えて頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ええと、仕入とか費用計上するのに換算するんは、品物を手に入れたときで、つまりは納品のときな。



そのときに同額で買掛金なり未払金なりを計上。支払うときに為替レートが動いて円換算の金額が変わったなら、差額を為替差損益に計上。

定期的に取引しとるとかなら支払うときに仕入とか費用計上してもさほど問題にならへんけど、会社やったら基本は、後払いなら納品のときに買掛金とかを使うことになるで。
    • good
    • 0

購入て品物を手に入れたときね。

発注やなく。品物の支配権を手に入れたときいう言い方のがええかな。そのときに換算するんよ。せやから、現金払いなら品物を手に入れたときがイコール支払ったときで、そのときに換算。

ドルの安いときにドル手に入れておいて決済に使うと、確かにその分だけお金が浮くわね。ただ、お金の動きと利益の動きはイコールではないもの。しっくりこない気持ちはよう分かるけど、お金と損益とはイコールでないのを意識するとええよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

納品翌月に現金払いしていますので、支払った時に換算するという事でいいでしょうか。

意識を変えていかないといけないですね。
私だけではなく会社全体が…。

お礼日時:2011/06/23 13:06

手持ちのドルの換算と購入商品の換算とは、分けて考えないかんで。



手持ちのドルは期末レートで評価する。購入商品は商品購入時に評価する。せやから、その事例なら商品を買ったときのレートで仕入単価が決まることになるで。(1)のドルを買ったときでも、(2)の支払ったときでもないんよ。

移動平均とかは、その次の話やろね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

と言う事は発注した時点のレートで仕入単価が決まるということですか。
国内円取引と同じで本来仕入れはそういうものですよね。

事前にドルを買っておくのも支払時のレートを気にするのも会計上損益を計算する
時の話で普段の売り買いは国内と同じように考えればいいと言う事でしょうか。
とてもやりやすいですが、何か釈然としない感じもします。
慣れていないからですかね。

お礼日時:2011/06/22 10:50

>取得時換算法の場合、1ドル=100円で買ったドル預金に101円で買ったドルを足した時は平均価格でいいのでしょうか?



これは先入れ先出し法や移動平均法など一定の方法を決めておきます。
先入れ先出し法ならばまず先に取得した外貨を砂金使ったものと考えて、演歌に換算します。ととえば100円で購入の外貨が90ドル、102円のものが50ドルあって、100ドルん支払いをする場合は、まず90ドルは100円で、残りの10ドルは102円で換算というようにです。

移動平均法ならば、100*100と102*50の平均値100.66円で換算ということです。

要は常に同じ換算方法を継続することです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく分かりました。

お礼日時:2011/06/21 17:05

これは手持ちの外貨のレートとは関係なく貴社の換算基準を決めておきます。


基本は取得時換算法か、期末時換算法です。
でも期末時換算法では期末にならないと金額が決まりません。それは困るので実務上はたとえば前月の平均レートなど一定の基準のレートを決めてそれで仕入れ計上し、支払時のレートとの差額は為替差損益で調整をします。
そして期末に残った買掛金、売掛金、などを、期末時換算法ならばその期末のレートと比較して差額を為替差損益に挙げます。

つまり 為替差損  999/買掛金  999
などのしわけをします。

結果的にはBSの外貨建て債権債務は期末時レートで評価されることになります。
取得時換算法の場合は期末にはそのままで何もしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても参考になります。

取得時換算法ですと質問の例でいうと仕入単価100、為替差益1とその都度仕訳しておく
ということでしょうか。
また、とても初歩的で申し訳ないですが、取得時換算法の場合、1ドル=100円で買った
ドル預金に101円で買ったドルを足した時は平均価格でいいのでしょうか?

お礼日時:2011/06/21 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸入品の仕入原価に含まれるものは?

期末の棚卸資産の評価のときに、商品数×仕入原価で金額を算出しますが、この時に用いる仕入原価について質問します。海外から輸入した商品については
(1)相手会社に払う商品代金(FOBとして)
(2)乙中に払う海上貨物等の運賃
(3)海上貨物等にかけている保険料
(4)港から自社までの国内運賃  の四つの合計して、それを商品個数で割算したものが1個当たりの仕入原価でしょうか?  

Aベストアンサー

会計教科書的に言いますと
基本的に、当社の倉庫に入るまでにかかった費用はすべて、資産計上です。運賃、保険費用、通関費用すべてです。後は、低価法で再度資産評価します。棚卸し資産の計算方法ですが、先入先出し、後入れ先出し、移動平均法、総平均法又、期末棚卸しをやる場合と継続記録法などもあります。
しかし、本題の回答としては、自社倉庫に入るまでにかかった当社負担費用は、資産計上です。売れたら、売上原価として費用化が基本です。

Q外貨預金の期末評価について

期末換算法を採用している場合の決算時評価についてお伺いします。

期中の換算レートは取引時のレートを適用、期末に期末時レートにて評価替えして評価差損益(為替差損益)を計上、翌期首に期末に計上した評価差損益を戻す(洗い替え)するものを理解しております。
まずは、この理解で正しいでしょうか?

次に、前述の通りである場合、以下のような仕訳でよいのでしょうか?
決算期間は1/1~12/31とします。

・・・第1期
4/1 外貨預金開設と同時に、外貨売上10ドル入金、レート@100
(外貨預金)1,000 (売上)1,000

6/1 外貨売上10ドル入金、レート@90
(外貨預金)900 (売上)900

この時点で、外貨預金残高は1,900、ドル建て残高20ドル、平均単価@95

12/31 決算評価替え、レート@85
(為替差損)200 (外貨預金)200

・・・第2期
1/1 前期末に計上した為替差損を、期首に為替差益として戻す(洗替)。
(外貨預金)200 (為替差益)200

この時点でレートは前期末の評価替え前のレートに戻る(@95)。

12/31 期中の外貨預金取引はなし。ドル残高20ドル、期末レート@100
(外貨預金)100 (為替差益)100


・・・第3期
1/1 前期末計上の差益を戻す(洗替)。前期末の評価替え前のレートに戻る。
(為替差損)100 (外貨預金)100



洗替の効果がよく理解できないのです。
期末のレートで換算し、差損益を出す理屈は分かるのですが、なぜ戻すのか。
その仕訳にどういう意味があるのかについても解説を頂きたくお願い申し上げます。

期末換算法を採用している場合の決算時評価についてお伺いします。

期中の換算レートは取引時のレートを適用、期末に期末時レートにて評価替えして評価差損益(為替差損益)を計上、翌期首に期末に計上した評価差損益を戻す(洗い替え)するものを理解しております。
まずは、この理解で正しいでしょうか?

次に、前述の通りである場合、以下のような仕訳でよいのでしょうか?
決算期間は1/1~12/31とします。

・・・第1期
4/1 外貨預金開設と同時に、外貨売上10ドル入金、レート@100
(外貨預金)1...続きを読む

Aベストアンサー

全て合ってます。ただし、
期首洗替処理はしなくとも、期末に再度時価換算すれば問題ないです。
期末外貨換算の意味は、【期末日では日本円でいくらなのか明らかにする】という、広い意味での時価会計の一部です。
従って、上記第2期1/1の仕訳は必須ではなく、12/31に【20ドルを@100円で換算する】だけでOKです。帳簿価額との差額が為替差損益となります。

Q外貨建て取引の仕訳について教えてください

輸入関係の青色個人事業主です。
海外からの仕入と国内の販売でドル決済で行っている取引があります。
売掛金入金は入金時においては円換算もしないので、仕入代の支払い時のレートで処理するものと考えてよろしいでしょうか?
仕入代をドルで支払う場合に円⇒ドルと通常はしていますが、ドルでの売掛金入金が多い場合には、他の仕入代とあわせてそのドルを使用してドル建てのまま仕入代を支払うこともあります。その場合、ドルで受け取った売掛金をすべて仕入代に充てた場合には、為替差益損が出ないように思えるのですが、どのように仕訳をしてよいのか分からず困っています。どうぞお知恵をいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

No.1です。

ご存じの通り、会計では、外貨建て債権(預金を含む)、債務の計上は、その日の円換算額(その日の為替レート(=交換レート)で時価評価した円貨)で行います。ただ、この際の「その日の為替レート」は、取引銀行が建てている売買レートの仲値でなくてはなりません。つまり、TTBとTTSの中間値を「その日の為替レート」とするのが原則です。
 

>①6/3

ですから6/3は、TTBレート $1=100円ではなく、TTBレートとTTSレートの仲値を適用して前受金を計上します。


>②6/13に仕入代金$1000のうち前払金$500を支払い・・・

手持ちの円で銀行からドルを買って、それを支払いました。ということは銀行は、その日のTTSレートを適用してドルをあなたに売ったはずですから、「※\105 6/13 TTBレート」は誤りです。「※\xxx 6/13 TTSレート」でなくてはなりません。


>③6/20に仕入れのうち、納期確約の為残額を支払い・・・

この日の支払いも、「TTSレート」が適用されます。


④6/25に商品を納入したので、売上計上
(借方)前受金 $2,000(\180,000) /(貸方)外貨普通 $2,000(\180,000)
(借方)為替差損 \20,000      
※\90 6/20付TTBレート

1000ドルで仕入れた商品を6/25に2000ドルで売ったのだから、売上高は6/25の為替レート(TTBとTTSの仲値)で換算した円貨を計上することになります。

No.1です。

ご存じの通り、会計では、外貨建て債権(預金を含む)、債務の計上は、その日の円換算額(その日の為替レート(=交換レート)で時価評価した円貨)で行います。ただ、この際の「その日の為替レート」は、取引銀行が建てている売買レートの仲値でなくてはなりません。つまり、TTBとTTSの中間値を「その日の為替レート」とするのが原則です。
 

>①6/3

ですから6/3は、TTBレート $1=100円ではなく、TTBレートとTTSレートの仲値を適用して前受金を計上します。


>②6/13に仕入代金$1000のう...続きを読む

Q一般収集資料せん…提出しなかったら?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…と感じました。

そこで、国税局のHPやフリーソフトなどでパソコンを使って簡単に作れる方法を模索してみたのですが、ありません。
グーグルで検索してみたところ、名古屋国税局などでは入力フォームがあったのですが、東京国税局管内の為、便利な入力フォームなどはないとのこと…。

正直言って、一枚一枚手書きで作成するのはイヤです。
所轄税務署に問い合わせたところ、これはあくまで出来る範囲でご協力いただくものですので…と曖昧な感じでしたが、要は出さなくてもいいものなんでしょうか?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…...続きを読む

Aベストアンサー

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった、という話も聞きます。
ですから、それからすると、数枚でも提出さえすればその税務署の提出実績にカウントされますので、それ以上何も言われる事はありませんが、ただ、適正な課税のためには極力協力した方が良いとは思います。

フリーソフトについては、下記サイトで公開していますので掲げておきます。
(この中の、メニューから「オリジナルフリーソフトウェア」をクリックして、その中から選んでダウンロードされて下さい。)

参考URL:http://www7.ocn.ne.jp/~yukisaki/Homepage/mitu.html

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった...続きを読む

Q外貨預金 毎月末に為替評価するのですか

質問ですが、
外貨預金にて、日々の入出金がありますが、
社内レートで日々記帳となり、月末に社内レートが更新されるのですが
この場合、月中のレートと月末のレートが変わるため、為替評価損益が発生します。
毎月、月末のレート×ドル残高が合うように、為替評価損益を計上しなければいけないでしょうか?


年度末(年次決算)だけではだめでしょうか?
また、年次決算も社内レートで決算書を作成して問題ないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>財務諸表を外部にも出しています。
>月中のレートは前月末のレートを使用です。
>為替評価や、為替差損は、月末にその月のレートに洗いがえるので起こります。

月次の財務諸表を外部に公表しているのであれば、会計上認められるレートを使うのが望ましいところ、前月末日レートを月中レートで用いることは会計上認められるものと考えられているので、問題ない。

月末の洗替は、月末時の外貨建債権債務等を換算し直すということであれば、これも会計上問題なく、むしろその月の末日レートに換算するのだろうから望ましい。

Q為替差益

仕入コストを安定化させるために導入している為替予約によって生じた為替差益を営業外収益ではなく、原価に織り込むことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

出来ない、とお考えいただいたほうがよろしいかと思います。

まず、会計面では、基本的にはNo.2さんお書きの考え方が妥当するのですが、合理性の判断に際しては原則処理の背景理由を考慮する必要があります。

為替差損益を営業外収益・費用へ計上するのは、それが会社の事業活動から生じる収益・費用ではなく、専ら外部的要因から生じる収益・費用であるからです。そうであれば、為替差損益を事業活動から生じる収益・費用を計上する売上原価区分や販管費区分へ計上するのは、よろしくないこととなります。

ただし、例外的に、有価証券の時価評価に伴う為替差損益については、金融商品会計の定めがありますから、これに従うこととなります。逆にいえば、これ以外に例外的処理が認められるのは、上記の背景理由と異なるケースに限られるといえます。

そこで為替予約について見れば、為替予約そのものは、会社の事業活動に含まれます。他方、為替予約をした後に為替差損益が発生することはありませんから、為替予約により生じる為替差損益は予約をする前の為替変動が原因となっているものといえます。この変動は、会社の事業活動から生じたものではありません。
とすれば、為替予約自体は会社の事業活動の一部であるものの、それにより生じた為替差損益は会社の事業活動と無関係な外部的要因によるものですから、原価に織り込むことはふさわしくない、といえます。

また、それでもなお敢えて原価へ計上したとすれば、商品や仕掛品などの棚卸資産を通じて次期以降へ繰り越される分が生じます。これは、営業外収益・費用に計上したときと比べて経常損益の額が異なり得ますから、決算書数値を歪め得るものと評価することが出来ます。
ここからも、原価計上は好ましくないといえるように思います。

この棚卸資産を通じての収益・費用の歪みは、税務上特に法人税法上も、益金・損金を歪ませることとなりますから、好ましくないものと思います。

出来ない、とお考えいただいたほうがよろしいかと思います。

まず、会計面では、基本的にはNo.2さんお書きの考え方が妥当するのですが、合理性の判断に際しては原則処理の背景理由を考慮する必要があります。

為替差損益を営業外収益・費用へ計上するのは、それが会社の事業活動から生じる収益・費用ではなく、専ら外部的要因から生じる収益・費用であるからです。そうであれば、為替差損益を事業活動から生じる収益・費用を計上する売上原価区分や販管費区分へ計上するのは、よろしくないこととなります。
...続きを読む

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q外貨預金の会計入力について

いつもお世話になっております。

今回、弊社で
外貨預金の口座を開設しました。

入金もあるのですが、
弥生会計での入力はどのようにすればよいのでしょうか?

$貯金になっています。

いつも質問ばかりで申し訳ないのですが、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。遅くなりまして申し訳ありません。

>税務署に届けを提出しなくても、ご説明いただいた
>方法で処理すれば問題ないという事でしょうか?
はい。届け出をしなければ、長期性預金→発生時換算法、短期性預金→期末時換算法が強制されることになるので、質問者様がそれで良いと仰るのであれば税務署に届け出る必要はありません。


>通常は、発生時(取得時)換算法と期末時換算法
>どちらを選択するケースが多いでしょうか?
申し訳ないですが、実態までは存じ上げませんm(_ _)m
ちなみに、
発生時換算法…期末換算という決算整理が不要となり経理事務が楽。
期末時換算法…円高基調の時は為替差損が認識され所得を圧縮できる。
というメリットがそれぞれにあります。一方のメリットが他方のデメリットではありますが…。

ただ、現行の「外貨建取引等会計処理基準」が外貨預金は長期・短期にかかわらず期末時換算法によることとしていますから、これに準拠している法人が増えてきているかも知れません(税務署への届け出は必要です)。実務上は、確定申告書の作成がなるべく簡単に済むように経理するというのも一つの考え方ですから、税務署へ届け出をされないのであれば「処理基準」に依らず法人税法に従って経理しておくということも考えられます。

<蛇足>
従来、外貨建取引等会計処理基準も法人税法も外貨建金銭債権債務(外貨預金を含みます)については、長期→発生時換算法・短期→期末時換算法でしたが、外貨建取引等会計処理基準が上記のように改正されたことに伴い、法人税法においても税務署へ届け出ることを要件として換算方法を自由に選択(実質的には処理基準に準拠)できるように改正されました。

外貨建取引等会計処理基準については↓のサイトをご参照ください。

参考URL:http://gaap.edisc.jp/

#1です。遅くなりまして申し訳ありません。

>税務署に届けを提出しなくても、ご説明いただいた
>方法で処理すれば問題ないという事でしょうか?
はい。届け出をしなければ、長期性預金→発生時換算法、短期性預金→期末時換算法が強制されることになるので、質問者様がそれで良いと仰るのであれば税務署に届け出る必要はありません。


>通常は、発生時(取得時)換算法と期末時換算法
>どちらを選択するケースが多いでしょうか?
申し訳ないですが、実態までは存じ上げませんm(_ _)m
ちなみに、
...続きを読む

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Q役員でも交通費は支給できるのですか?

有限会社(家族のみ)です、私が代表取締役・妻が取締役ですが、交通費の支給は役員でも支給していいのでしょうか。以前役員には役員報酬だけと聞いたので、教えてください。

Aベストアンサー

役員への交通費支給は、交通費の支給規定があり、通常の通勤経路で、他の従業員と比較して特別に優遇されているとかそういったことがなければ認められます。どこの会社でも役員、従業員わけ隔てなく交通費は支給しています。当然、役員車を所有する会社で役員の送り迎えをする車の経費も認められます。ガソリン代や運転手さんの給与が経費で認められないことはありません。特に役員を優遇することをせず、社内規定を設けておけば役員にかかる費用が全て役員報酬になるということではありませんから大丈夫です。でも、規定を作る際に税務上の留意点を確認しておくことをお勧めします。


人気Q&Aランキング