ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

20年以上MT車に乗ってきて、ATに乗り換えました。

AT車の場合、ブレーキは左足で踏むものなのでしょうか?
教習所では、AT限定免許にはどのように指導しているんでしょうかね。

テレビ番組で知ったのですが、パドルシフトのレーシングカーでは、ブレーキは左足のようで、プロのレーサーですら、両足を使うなら、素人なら尚更、使い分けた方が良いのかと思った次第です。

将来、またMT車に乗りたいので、変なクセは着けたくなく、今はアクセル、ブレーキ共に右足で操作しています。

余談ですが、乗っている車は、クラッチの位置にサイドブレーキがあり、MTから乗り換えた直後は、走行中にサイドブレーキを踏みそうになり、怖かったです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

10年以上AT車に乗っていますが基本は右足ブレーキと思います、私が左足ブレーキを使うのはバックでの車庫入れなど低速で微妙な操作をするときぐらいです。



若いころはMT車しかなくその当時のほうが左脚ブレーキを多用しました、今思えば粋がってコーナーに突っ込み右足はアクセルを踏んだまま左脚でブレーキング、重心移動でドリフトまがいをやっていたころなのでまともな操作ではなかったですね(^^ゞ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一晩で、こんなに多くの回答を頂き、ありがとうございます。
本来なら、個別にお礼をするべきところですが、最後の方のお礼の欄で、まとめさせて頂きます。

また、どれも貴重な内容でしたので、あえてベストアンサーは選ばずに質問は終了に致します。

皆さん、ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/24 10:48

そうですね・・・



仕事柄大型トラックや軽トラ運転した5分後にはAT車乗って左足ブレーキで運転てますので気にもした事なかったですが、ご自身が難しいと感じるならヤメた方が事故防止につながります

独身時代はMT車に強化クラッチ入れてましたが日頃の左足ブレーキのおかげか(微調整しないとカックンブレーキになりますよね)アイドリングで発進できましたよ
1BOXはステアリングシャフトの右側にブレーキペダルがあるのでそういう車種は右足ブレーキですよ

私の運転する車の助手席に初めて乗った人は足元を見て驚かれますね
駐車したりする時に車道との段差で引っかかったりした時でもアクセル踏んでたハズなのに乗り越えた瞬間にブレーキかけてサクッて止まれるので皆さん不思議がります

バイクもMTがメインですがタマ~にスクーター乗ってもカックンブレーキにはならないですので、気持ちの切り替え次第かと思います

免許歴もうすぐ30年になりますが嫁に合わせてAT車に換えましたが、ATよりMTの方が好きだったりします
五体満足に生んでもらったので遊ばせとくのはもったいないと感じてますし、軽自動車は「左足ブレーキを使え」といわんばかりのペダル配置だったりします

今のところ左足ブレーキが原因で事故した事はないです
しなければならいものではなく違和感無くできるなら好きにすれば良いかと思います
    • good
    • 1

 いっぱい回答出てますね。



 そもそもブレーキペダルって、ATは幅広とはいえ右足寄りじゃありませんか?

 また、サーキットなどでスポーツ走行するわけでもないのに、左足ブレーキのメリットがありません。坂道発進はサイドブレーキがあるし、アクセルとブレーキの踏み間違いは、そもそもかかとをつけたままずぼらな踏み変えをしているような人が起こす過ちであって、踏み間違えない人は一生踏み間違えません。

 また、アクセルとブレーキを同時に踏める方が私は危ないと思いますけどね。技術的にブレーキ系統を優先させる仕組みは簡単だと思いますが、それだと危険運転を助長しているようなものですよ。

 この議論は左足ブレーキが想定された車両開発がなされなければ意味のない議論です。だって現行車両はすべて右足ブレーキを想定していますからね。また、右足ブレーキを推奨することは「MT乗り!お前らいらない!」って間接的に言っているようなものです。

 何にしても質問者様がMTを想定しておられるのですから少なくとも質問者様自身は左足ブレーキはしないほうがいいでしょう。
    • good
    • 1

とっさの時に踏み間違えたくなければ、普段から両方右足で踏んでください。



 右足でアクセルを煽りながら左足でブレーキングするのは、マスターバッグが無いレーシングカー用のテクニックです。
    • good
    • 1

設計時に、右足で踏みやすい位置になっているので、左足だとやや無理な体勢になります。

左足で踏むのはF1などのレーシングカーで、当然左足で踏みやすい位置にブレーキがあります。レースをするならまだしも、一般道で左足でブレーキを踏む必要がありません。クラッチと足踏み式サイドブレーキと間違えることはよくわかりますが、クラッチよりもかなり上部に付いているので、普通の運転姿勢でクラッチを踏む感覚では踏めないはずです。MTから乗り換えた際は、意識すれば問題ないでしょう。
    • good
    • 3

こんにちは。



私は,普段は右足ですが,左足で踏む時もあります。(例えば,登りのカーブを,減速しながらシフトダウンでエンジン回転を上げて,スムーズに抜けたい時など・・・。普通走行でも左足で踏む時もあります。常にどちらの足でも踏めるようにしておくためです。)

車庫入れや大石を乗り越える時などは,ブレーキをクラッチと思って操作すると,微妙な速度加減が可能です。
    • good
    • 0

>プロのレーサーですら、両足を使うなら


レースだからこそのテクニックです。
踏み換える時間すら惜しいから。

一般車両・一般人・一般道でそこまでミリミリしたペダル操作は必要がないです。

どの足で踏む物だというのは決められません。
ご自身で判断してください。

こうするべきだと書いて、後で事故を起こされてもたまりませんので。

私がATに乗り出した頃は、左足を右足の後ろに回していました。
靴を脱いであぐらをかくようにしたり。
2~3日で慣れますよ。
今では両方乗りますが、特に意識せず乗れます。
    • good
    • 1

回答を拝見して右足ブレーキ派が大勢のようですね。


でも、AT免許が主流の時代では、左足ブレーキもありかと思います。

ブレーキとアクセルの踏み間違いでコンビニに突っ込んだり立体駐車場から落下したりする事故は後を絶ちません。
もともとはクラッチの操作がないのでそういうことになると思うのですが、アクセルとブレーキを別々の足で踏む習慣にするだけでも事故の確率は減るものと思います。

私自身MT車の免許を持っていますが、MT車の操作がどうだからと言って、それに合わせる必要はどこにもありません。
    • good
    • 1

長年 左足で踏んでいる者です。

踏むべき!と言うより、貴方のドラテクに必要ならば、左足で踏む事を薦めます。AT車のスポーツ走行テクニックの1つとして在ります。右足で行う場合、A→B・B→Aでタイムロスが生じますが、左足ではロスは0です。M/Tでのヒール&トーの様な感じの走行にも成ります。あと、加えてシフトもL・2・3・Dの各レンジも使いこなす事がAT車のスポーツ走行です。練習方法は、取り敢えず交通量の無い場所で…、クラッチを踏む感覚で踏むと衝撃が有るので(1・2度体験しておくのも良い)、先ず停止状態(N)で、左足でブレーキを踏み~Dに入れる、アクセルは踏まず左足を徐々に放す~(ゆっくり前進)~ソフトにブレーキング…その動作を繰り返し、(速度の変化も取り入れ)踏み具合の強弱・効き具合等を左足で覚える。個人差は有るでしょうが、大して難しく無いですよ。因みに、(余談ですが)このテクニックを、ある程度マスターすれば、M/Tより速いです。…それに慣れたのちM/Tに乗っても違和感は有りませんよ。
    • good
    • 3

足踏み式パーキングブレーキ車なら尚更、右足ブレーキの方が安全だと思いますよ。


私も仕事で様々な車種に乗るのでミスを防ぐために左足はフットレストに置くか、膝を曲げています

そもそも足踏み式パーキングブレーキがあると、左足でブレーキ踏むのキツくありませんか?
車種によっても違いますが、パーキングブレーキのスペースを稼ぐ為にブレーキがアクセル側に追いやられている事が多いような気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QATの左足ブレーキは危険なのですか?

私はATでは左足ブレーキを使うべきとの話を聞いたことがありますし、個人的にも左足ブレーキを使うことに賛成です。

でも、左足ブレーキは危険と考える人もいるようですが、何が危険なのですか?

たとえば、AT限定免許では、教習所ではどう教えているのでしょうか?

決して反論したいのではなく、何が危険なのか知りたいだけですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#30です。
長文で申し訳ありませんが、以降の議論と参考URLを読んで再度投稿します。また「左足ブレーキのコーナー」の素晴らしい議論も参考にして頂きたいのですが、キャッシュ経由ですのでアクセスできなかったらすみません。http://66.102.7.104/search?q=cache:bGBKfPqUwMIJ:www2.gol.com/users/miyazaw2/hidariashi.html+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E4%BD%93%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B7%A6%E8%B6%B3&hl=ja
たしかに左足ブレーキにも合理性はあり、私もゲームでは(笑)左足ブレーキ派です。踏み換えがない左足のほうがブレーキ操作は確実に速くなります。
しかし左足ブレーキの問題点は、
(1)フットレストに置いた左足には体を支える機能がありブレーキに使うべきではない:
減速Gがかかった際には無意識に左足をふんばり、また右カーブで強い左Gがかかった場合は、バケットシートで無い場合必然的に左すねをセンターコンソールに当てて自然に体を支えます。スポーツ走行しない方でも、危険回避等でそのような状況にはなり得ます。しかし、ブレーキを踏み始める時点ではそれほど減速Gはかかっておらず必ずしも体を支える必要がないとか、左ハンドル車の場合やフットレストの装備率の低さを考えると左足で体を支えることを意図して車が設計されているわけではないという反論も成り立ちます。
(2)左足ブレーキは馴れないとできない:
利き足の右足は微妙なコントロールの必要なアクセル・ブレーキに使い、不器用な左足はガツンと踏むクラッチに使うように(ATの場合は左足を使わないことを)教わりますので、左足ブレーキには慣れが必要です。しかし私は左利きですが逆に左足では微妙なブレーキコントロールが出来ませんので、これは利き足の問題ではなく、慣れの問題と思います。
(3)車は左足ブレーキを想定して設計されていない:
左足ブレーキの場合、考えてみるとフットレストで休ませていたら速く踏めるメリットが無いので、おそらく常に左足をブレーキ上で浮かせておくのだと思いますが、アクセルと違ってブレーキは通常そのように設計されていませんし、アクセルはほぼ常時踏んでおり足を乗せた状態ですがブレーキには乗せられません。左足ブレーキを常用されている方、実際のところ長時間の運転で左足は疲れないものでしょうか?また参考URLで指摘されているように、車によってはペダルの位置に問題があって左足の位置、角度自体がつらい場合もあるでしょう。足踏みパーキングブレーキも邪魔になります。
(4)パニック時の左足ブレーキ常用者の行動:
上記「左足ブレーキのコーナー」には、利点に触れつつも左足ブレーキ使用者がパニック時に両方のペダルを踏んでしまう傾向を指摘した意見が載っています。これはシミュレーションでは再現しないそうで、やはり(2)に関連して、実際に体にGがかかった危機に直面して無意識に両足を踏ん張り体を支えようとするためでしょうか?あくまで傾向ですので、きちんと踏める人の方が多いのでしょうね。残念ながら詳細は書かれておりませんので推測です。
余談ですが、サーキット走行ではエアコンなしのクソ暑い中でも少なくともドライバー側の窓は閉なければならないという規則が一般的なのですが、聞いた話によると、理由のひとつとしてプロドライバーであっても横転したときに体を支えようと、無意識に窓の外に手を出して怪我をする場合があるらしく、物理的に手を出せないよう窓を閉めるそうです。よってパニック時に無意識に両足を踏ん張ってしまうというのもなんとなく理解できます。

私自身左足ブレーキは少ししか試したことが無く、またとっさの危険回避時の科学的な有用性・弊害については判りませんが、左足ブレーキにも説得力のある利点があり、十分慣れた人であればよいのではと思います。しかし新たに左足ブレーキに挑戦してみようかなという方は、上記について意識しておいた方がいいのでは、と思っています。特に(4)が気になる点です。

参考URL:http://www.auto-g.jp/column/ura_trade/ura15/

#30です。
長文で申し訳ありませんが、以降の議論と参考URLを読んで再度投稿します。また「左足ブレーキのコーナー」の素晴らしい議論も参考にして頂きたいのですが、キャッシュ経由ですのでアクセスできなかったらすみません。http://66.102.7.104/search?q=cache:bGBKfPqUwMIJ:www2.gol.com/users/miyazaw2/hidariashi.html+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E4%BD%93%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%80%E5%B7%A6%E8%B6%B3&hl=ja
たしかに左足ブレーキにも合理性...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q車のサイドブレーキ、「手で引く」のと「足で踏む」のでは、どちらがいいですか?

車のサイドブレーキです。
最近の車は、サイドブレーキが足で踏めるように小さなペダルがありますが、私はずっと、手で運転席横のレバーをギーッと引くタイプに乗っていたため、足踏み式のサイドブレーキにはすごく違和感があります。

皆さんは、どちらがいいですか?
そんなこと気にしていませんか?

Aベストアンサー

仕事柄、MT車からAT車、それこそどんなタイプの車にも乗ります。
フロアシフトだのコラムシフトだのインパネシフトだの、
パーキングブレーキは足踏みだのハンドブレーキだの、
種類が多すぎて、車に乗る度に、左手と左足がウロウロしてます。
さらに、ハンドブレーキは通常、左手で引きますが、
ごく稀に、右手で引くタイプがあったり・・・。
なんでもいいから、統一してくれ~~~っ!!
と、切に願って止みません。

話が脱線気味ですね。失礼しました。
個人的には、手で引く方が好きです。
自分の車がそうなので。

QAT車を左足でブレーキ操作することについて

AT車(国産の大衆車)を左足でブレーキングすることに関する是非をコメントして頂けると幸いです。今更ながら何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

AT乗り始めて1年後からですから、かれこれ20年左足ブレーキです。

私個人としては、慣れてしまえば利点の方が多いと思っています。
・左右の足の役割が決まっているので、ブレーキとアクセルを踏み間違えることがない。
 →一度、広い場所でアクセルとブレーキをわざと同時に踏んでみましたが、ブレーキが勝ちました(つまり停止した)
・路地等で左足をブレーキに乗せておけるので、踏みかえのタイムラグがない等

ただ、だからと言って「人に勧めるか?」と言われると、素直に「イエス」とも言えません。
というのは、左足で踏むのは、
・体が完全に覚えるまでは微調整がやりにくいので危険
 →特に、マニュアルから乗り換えた人は要注意(クラッチのつもりで踏んだら…)
  (ただし、マニュアルから乗り換えの人は、真剣に練習すれば慣れるのも早いと思います(私がそうでした)
  マニュアル乗りの左足は、ペダルを踏んだり離したりの微妙な加減をすることに慣れていますし。)
・正しい運転姿勢でないとまともなブレーキ操作ができない
と、よほど運転が好きでないと、練習で嫌になるでしょう。

私は、マニュアルから乗り換えたとき「左半身が暇だな…」と思ったので、ATでもシフトは頻繁に操作しますし、左足に仕事を与えるためにブレーキ操作を覚えた次第。
つまり、運転が大好きだからやっているのがメインで、上記の利点はあとから気づいただけです。

というわけで、私の回答は、完全にマスターできるまで真剣に練習する気があるならアリですが、少しでも「面倒くさい」と思うなら、やめておいた方が良い、です。

AT乗り始めて1年後からですから、かれこれ20年左足ブレーキです。

私個人としては、慣れてしまえば利点の方が多いと思っています。
・左右の足の役割が決まっているので、ブレーキとアクセルを踏み間違えることがない。
 →一度、広い場所でアクセルとブレーキをわざと同時に踏んでみましたが、ブレーキが勝ちました(つまり停止した)
・路地等で左足をブレーキに乗せておけるので、踏みかえのタイムラグがない等

ただ、だからと言って「人に勧めるか?」と言われると、素直に「イエス」とも言えません。
とい...続きを読む

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q自動車学校で適性検査の結果のことで呼び出されました

今通っている自動車学校で、適性検査の結果のことで呼び出しを受けました
今日学校に到着すると、原簿(生徒個人の進度などを記録するための帳簿)に
「お聞きしたいことがあります。△△」
という判子付きのメモ書きが取り付けられており、受付に尋ねると、一人の職員が私の方へ険しい顔つきで近づいてきました
「□□さんですね。こちらへどうぞ。」と言われ、言われるがままに後をついていきました
半個室のような場所へ通され、「どうぞおかけください。」と言われたので席に着きました
相手は席に着くなり「まあこれはお手元にどうぞ。」と言って一枚の紙切れを私に投げ渡しました
怪しむような表情で、「先日の適性検査の結果なんですが、”いつも誰かが私を陥れようとしている”というところに○がついていたのですが」と切り出され
入校式当日に受けた適性検査のことだと思いました。適性検査を決して悪ふざけで書き込んだわけではありませんが、私はその検査にそんな項目があったことすら覚えていませんでした
「そんなところに私、○つけましたっけ?」と言うと
「たしかについてました。あなたは常日頃こういうことを思っているんですか?」と言い返されました
「別にそんなことはないですけど。」と答えると
「それではこれは書き間違えということですね。もう結構ですよ、確認は取れましたので。」
とだけ言い残して相手はまだ席についていましたが、不愉快だなと思いながら私はその場を立ち去りました

しかし今更になって不安というか、どういうこと?と疑問がわいてきて
インターネットで検索してみると、自動車学校の適性検査で落ちました、という質問もあり
まさか?思っています
今回の適性検査は入校式当日に行い、たくさんの種類の検査をしました。おそらく今回問題の性格面での検査は、職員が「順番に次々と読み上げていきますので深く考えずに印をつけていってください」と言っていました
この言葉を鵜呑みにしてバカ正直に答えた私が悪かったですか?
また、「この適性検査は都道府県によって作成されたものです。」とも言っていました

また、学校側はどういうつもりなのでしょうか?
都道府県が作成したということは都道府県が採点するんですよね?
都道府県から学校側に注意がいって、といったところでしょうか?
自動車学校と都道府県はどういう関係で、どんなことがあって、今回のようなことになったのですか?
学校には次は明後日に行く予定です。これからも安心して学校に通うためには、私は何かするべきことはありますか?いつも通りの態度でいいですか?
こんなことを不安に思っているとそれこそ本当に私がいつも誰かが私を陥れようとしていると思っている人みたいで嫌なんですけど、かといって今は安心できる材料もありません。一生懸命工面したお金です、万が一のことがあったら耐えられません。下手に動きたくないし、同じ自動車学校に知り合いもおらず、身近に相談できる人もいないので相談させて頂きます。よろしくお願いします。
投げ渡された紙切れには結果のみが記してあり、問題用紙および解答用紙は返ってきていません。判子つきのメモ書きも相手が持っていきました。

できる限り詳細に書きましたが、一般的にこの状況で入校を取り消されたりすることはありますか?

今通っている自動車学校で、適性検査の結果のことで呼び出しを受けました
今日学校に到着すると、原簿(生徒個人の進度などを記録するための帳簿)に
「お聞きしたいことがあります。△△」
という判子付きのメモ書きが取り付けられており、受付に尋ねると、一人の職員が私の方へ険しい顔つきで近づいてきました
「□□さんですね。こちらへどうぞ。」と言われ、言われるがままに後をついていきました
半個室のような場所へ通され、「どうぞおかけください。」と言われたので席に着きました
相手は席に着くなり「まあこ...続きを読む

Aベストアンサー

適性検査とは運転の適性があるかどうかを見る検査なので、思った通りを答えるのが正しいのです。

で、ほとんどの人は自分は普通の人間だと思ってます。たいていは普通の判断力を持っている、普通の人です。

でも中には普通でないけど、自分だけ普通と思い込んでいる人もいるわけです。だから、「おかしい」人を見つけ出すために検査しているわけです。

差別するわけではないですが、正しい判断力がないと思われる人に、場合によっては何人も殺傷できる車を運転させることは、社会として排除しなければ、多くの人の迷惑となるわけです。善良な市民が何の理由もなく車で殺傷されて良い訳はありません。自動車免許を取りたいという個人の要望ももっともですが、社会の安全を守るということも大事なことです。ひとたび免許を取得すれば、車は凶器になりうるので、資格取得に際しての適格か否かが問われているのです。

その第一関門がこの適性検査で、普通は「落ちる」ことはありません。自分が気が付いていない自分の傾向を客観的にとらえ、運転上で気を付けるべき点を喚起するための検査です。

心理学などを踏まえて、きちんと根拠のある検査ですし、車を運転すると「人が変わる」という人も多いので、何度も似たような質問が続きその人の日頃の考える傾向がわかるようにはなっています。

ただ、ご指摘のような項目に○がついていると脅迫概念とか、被害妄想の疑いをもたれるとは思います。直接本人と会って確認するのは自動車学校の務めですし、別に悪気があってやっているわけではありません。都道府県というか、自動車免許自体が公的なもので、各都道府県の公安委員会の管轄の元発行される自動車運転に関しての許可証です。その発行許可の一端を担っているのが公認自動車学校ですから、当然厳正なる適格審査をしているわけです。少しでも怪しい人は免許取得から排除しなければなりません。

後日卒業生が卒業後1年以内に重大な事故を起こした場合は、公安委員会から自動車学校に対しての指導もあり得ます。当然運転技能に対して習熟させたかどうかが問われるわけですし、運転適性なども適格であったかどうかの記録は自動車学校に残っています。

本当に書き間違えなら特に問題もありませんが、設問をよく理解して答えるという点からすれば注意力散漫で運転時には注意が必要だと思います。また、逆に本当に常日頃から「いつも誰かが私を陥れようとしている」と考えているのなら、自動車運転はなさらないほうが良いかと思いますが。些細な追い越しや車線変更のトラブルから重大な事故につながりかねません。
どちらが真実なんでしょうか。

適性検査とは運転の適性があるかどうかを見る検査なので、思った通りを答えるのが正しいのです。

で、ほとんどの人は自分は普通の人間だと思ってます。たいていは普通の判断力を持っている、普通の人です。

でも中には普通でないけど、自分だけ普通と思い込んでいる人もいるわけです。だから、「おかしい」人を見つけ出すために検査しているわけです。

差別するわけではないですが、正しい判断力がないと思われる人に、場合によっては何人も殺傷できる車を運転させることは、社会として排除しなければ、多くの...続きを読む

QATでヒールアンドトゥのような運転してもいいの?

ATでヒールアンドトゥのようにアクセルとブレーキを両方踏んで、減速しても問題ないですか?
右足だけでのヒールアンドトゥというイメージで運転してみたいです。実際にそんなことしてる人いますか?

Aベストアンサー

MT車でヒールアンドトゥを行う意味(意義)をご存知ですか?
ブレーキで減速させながら、シフトダウンさせたギアを繋ぐ時に、適切なエンジン回転数に
合わせる為にアクセルを踏むのです。

で、AT車では、車が自動的に(勝手に)ギアを選ぶので、アクセルとブレーキを両方踏んでも
ブレーキ性能(制動力)を維持しつつ適切なギアを選ぶ事は出来ません。
#できる自動車があるなら是非紹介してください。

>右足だけでのヒールアンドトゥというイメージ

左足を使った、ヒールアンドトゥはあり得ません。
#左足は、クラッチ操作をするので
#FF車などでのコーンリングテクニックに、アクセルとブレーキを同時に踏むテクニックは
 ありますが、ヒールアンドトゥではありません。

>実際にそんなことしてる人いますか?

行動ではいないと思いますが、いたとすると、お馬鹿な人。
レースなどではあり得るかもしれませんが、超高度なテクニック。
そして、現代のレースカーではそんな操作は、殆どの場合無意味なように出来ています。

Q車の運転、アクセルの踏み方って、、、。

娘が最近運転免許を取りました。

娘の運転の助手席に乗ったら、
かかとをつけずにアクセルを踏んでいるんです。
びっくりして、
「それじゃ、安定しないでしょ。
 かかとをつけてみて。」
と言ったら、
「ほんとだ、この方が楽だぁ。」
って言うんです。

後日、友人に話したら、
「最近は、自動車学校で、アクセルはかかとを離して踏むように指導してるんだよ。
その方がブレーキペダルに踏み変えやすいから。」
とのこと。
びっくりしてしまいました。

そうなんですか?

Aベストアンサー

元、指導員です。思いがけないご質問に驚きました。

確かに法律で決まっている訳ではありませんし、何らかの(目先の)都合で、そのように指導している教習所があっても不思議ではありませんが、あくまで基本は

「かかとを支点にアクセル」です。

やむを得ない事情で、かかとを浮かすこと(人)も例外的にはあります。
しかし、多少足が小さいとは言っても、通常はかかとを着けてのアクセル操作が十分可能です。
(本ご質問では足のサイズは関係ないようですね)

教習所の設備として、模擬運転装置を有する教習所であれば、実車での教習の前に「模擬運転教習」があり、その中の映像教材でも「かかとを着けてアクセル」との説明が繰り返し出て来ます。

模擬運転装置を有する教習所では、技能教習の1時限目に組み込まれているため、必ず体験することになります。
その時点で、プロ意識のある指導員(←ここが重要)ならば、アクセルを踏む際のかかとの位置や、足のウラのどの部分でアクセルを踏むのかなど、明らかに理解出来ていない場合には、ひとりひとりの足(+体格)に合わせて、実際に靴(足)を掴んで基本フォームを教えます。

ただし、模擬運転装置(高額です)の設置は義務ではないため、各教習所の方針(台所事情)によっては、1時限目から実車という所も少なくありません。

しかし、模擬運転教習の有る無しにかかわらず、本来なら早い段階でアクセルペダルの踏み方を指導員が確認すべき問題です。
(残念ながら、こだわらない指導員が多いのは事実でしょう…)

私の経験では、靴のサイズが20cm程度であれば、問題なくかかとを着けたアクセル操作が十分に可能ですが、上手く操作出来ないとすれば、座席の位置と運転姿勢にも問題があり、足のサイズだけでは片付けられません。

◆アクセルペダルの踏み方 (基本的な参考例)

◇(女性は初めのうち抵抗があるかも知れませんが)
右ヒザをある程度開きます。当然、つま先も右に傾きます。
アクセルペダルの(上下の)真ん中かもっと下を、親指で踏むような意識を持ちましょう。踏むポイントが上すぎると小刻みな調節が難しくなります。
必然的に小指側はペダルの右にはみ出し、斜めにペダルを踏む格好ですがそれでOKです。

◇右足が内股になって、つま先が左に傾き、小指側でアクセルペダルを踏むと操作しにくいと思われます。

その理由は、人体の構造(筋肉や関節)からも、内股で小指側での微妙なアクセルコントロールは、かなり難しい作業になるからです。
とっさの時に、ブレーキペダルに足を移しにくい原因にもなります。
(ただし、極端に内股の方は無理に矯正しない方が良いこともあります)

車外からは見えない訳ですから、女性でもヒザ(股)を開いて運転すると、滑らかなアクセルコントロールと素早いブレーキペダルへの移行が可能です。

※かかとをアクセルペダルの内側に置き、親指で踏むスタイルの方が脚の長さを有効に使えて、ドライビングポジションにほんの少し余裕が生まれます。

疑念を持たれた方は実際に試してみて下さい。

これもまた参考までに。
◆オートマチック車(AT車)のブレーキペダルの踏み方です。

◇速い速度からのブレーキングでは、かかとを着けずにブレーキペダルを踏みます。
(皆さんのおっしゃる通りです)

◇微速(超低速)~低速時、すなわち渋滞中や、狭路、車庫入れなど、止まることを目的としたブレーキングではなく、クリープ現象を抑えゆっくりとした速度作りの場合には、かかとを床に着けてブレーキペダルを踏んで構いません。
その方がコントロールしやすいはずです。
(勿論、かかとを着けなくともOKです)

つまり、使い分けをして良いということですね。

◆ワンポイントアドバイスです。

◇いつもより強めの制動力が必要な場合には、軽くハンドルを押しながらブレーキを踏んで下さい。

上体が安定すると、しっかりブレーキを踏むことができ、いつもより短い距離で止まれます。
(ハンドルが壊れるほど強く押す必要はありません)


ご質問の指導内容が現実に行われているとすれば、誤った教習だと思いますが、No.2さんの回答を拝見すると、残念ながら現実のようですね。

情報源は伏せて、全国指定自動車教習所連合会へ問い合わせてみようと思います。

長々と失礼いたしました。

元、指導員です。思いがけないご質問に驚きました。

確かに法律で決まっている訳ではありませんし、何らかの(目先の)都合で、そのように指導している教習所があっても不思議ではありませんが、あくまで基本は

「かかとを支点にアクセル」です。

やむを得ない事情で、かかとを浮かすこと(人)も例外的にはあります。
しかし、多少足が小さいとは言っても、通常はかかとを着けてのアクセル操作が十分可能です。
(本ご質問では足のサイズは関係ないようですね)

教習所の設備として、模擬運転装置を有す...続きを読む

QATでのギアチェンジのテクニック

MTでのギアチェンジじゃなくてATでのギアチェンジ?と思われるかもしれませんが、ATでのギアチェンジについてです。
また、ATでの走行はDに入れとけば、問題ないと言うのは十分に承知していますし、いちいちギアチェンジするのは無駄で、トルコンにも悪いと言うことは承知した上での質問です。

まず、一つ目の質問です。
私の車は4速ATなのですが、「Dに入れて4速で60km/hで走行中、前方の信号が赤になったので、アクセルから足を離し、エンジンブレーキを効かせて約40km/hぐらいまで、速度が落ち、フットブレーキを使用して停止。」
この仮定だと、アクセルを離してから車が停止するまで、ずっと4速に入っているのですか?

本題の質問です。
先程の1つ目の質問について、少なくともアクセルから足を離してからフットブレーキを踏むまでは、4速(3速かも)だと思います。と言うのは、アクセルから足を離してギアを2速に入れるとエンジンブレーキの効きが全然違うからです。
燃費の節約にもなりますし、カックンブレーキになり難いですし、何となくエンジンブレーキを使って停まる方が好きなので、最近は2速に落として、エンジンブレーキを活用しています。また、右左折などで曲がる時も2速に落としたり、加速が欲しい時も3速や2速に落としたりと、最近は、よくギアチェンジをしています。しかし、この時に、かなりショックが出ます(あまりショックが出ない時も、たまにありますが、ショックが大きい時と小さい時の条件は分かりません)。このショックをどうにか軽減させたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

シフトアップの時も、1速→2速→D(O/Dオフ)→D(O/Dオン)として、ギアチェンジしているのですが、ギアチェンジをする理由として、クラッチは無いものの、自分のタイミングでギアを変えると少しでもMTの気分になれると言うのもあります。
購入する時は初の車でMTだと不安と言う事もありましたし、中古車だったので圧倒的にATの方が豊富だったので、ATを購入したのですが、今となっては、MTに乗りたくてしょうがない気持ちでいっぱいです。
ただ、新しく車を買うための、お金も無いですし、何と言っても愛着もあるので、現在お金を貯めていて、いつか(この調子でいけば約1年後)ATからMTに載せ換えようと思ってます。

MTでのギアチェンジじゃなくてATでのギアチェンジ?と思われるかもしれませんが、ATでのギアチェンジについてです。
また、ATでの走行はDに入れとけば、問題ないと言うのは十分に承知していますし、いちいちギアチェンジするのは無駄で、トルコンにも悪いと言うことは承知した上での質問です。

まず、一つ目の質問です。
私の車は4速ATなのですが、「Dに入れて4速で60km/hで走行中、前方の信号が赤になったので、アクセルから足を離し、エンジンブレーキを効かせて約40km/hぐらいまで、速度が落ち、フット...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.6 と ANo.11 です。


>ところで、他の回答者の方の回答を読んだりしていて、疑問に思ったのですが、AT車でシフトを動かした瞬間(ギアが変わっている最中)は、ニュートラルの状態なのですか?



 マニュアル車の場合、べつにニュートラル走行でどんなにガンガン走ったって、何の問題も全く起こりません。
  例(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11
    (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3041116.html)の ANo.9


しかししかし、

オートマチック車の場合、走行時には決してニュートラルにしてはいけません。と一般的に言われています。
また、当方も、これまでに、オートマチック車では走行中に[N]にすることをお勧めしたことは一度もありませんし、ことあるごとに「オートマチック車は走行中にニュートラルに決してしてはいけません」と書いてきています。

ではなぜ、(私も含め)皆が、「オートマチック車は走行中に決してニュートラルにしてはいけない」といことを言うかといいますと、

オートマチック車の場合、ニュートラルにしますと、オートマチックトランスミッション(AT)内を循環するオイル(ATフルード)の循環流量が少なくなってしまうのです。


つまり、高速走行 惰性走行中に数十秒に亘ってガンガンニュートラルで走るようなことをしますと、トランスミッション内部ではそれなりの回転数に達しているのに 循環するオイルの量が相対的に少なくなってしまい、稀に、オイル切れによる焼き付きなどの故障に至る可能性があるのです。

原理は、オートマチックトランスミッション内にあるオイルポンプ(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-pump1.jpg)は、エンジン直後の、オートマチックトランスミッション本体手前のトルコン(http://static.howstuffworks.com/gif/torque-intro.jpg)の直後に付いているのです。
つまり、AT内のオイルポンプのインナーギアーは、エンジンの回転数と同じなのです。
これをもし惰性走行中(アクセルを放した走行時)にニュートラルにしてしまいますと、エンジン回転数は完全にアイドリング回転数にまで落ちてしまいますので、それに伴ってAT内のオイルポンプ回転数も落ちてしまいます。

これにより、もしニュートラルにしなかった時(正常時)との比で、オイルポンプの回転数は例えば半分から1/3回転にまで落ちてしまいます。

AT内のオイルの循環量は、このオイルポンプの回転数に比例しますので、単純に、オイル循環量も半分から1/3程度少なくなってしまうと考えることができます。

これだけオイルの循環量が減ってしまいますと、充分な熱循環(クーリング)もできなくなり、ある部分が急激に熱くなってしまったり、またはオイル切れを起こしたりして、それが故障へとつながったりしてしまうようです。


ただし、この現象は、走行中(車が動いている最中)に、ニュートラル状態を数十秒続けたりして起きる現象ですので、しかも、通常の[D]で走行中のギアーチェンジ時に一瞬ニュートラル状態になったとしましても、エンジン回転数はアイドリング回転数よりもはるかに高回転状態ですし、トルコンを介して直結状態のAT内オイルポンプも、高回転できていますので、この、オートマチック自体が自動でギアーチェンジする瞬間の1~2秒もないニュートラル状態については、心配する必要はありません。




なお、一応記しておきますが、

「それではやはり、走行中は常にAT内のオイルポンプの回転数を高回転に保たせるために、減速中はシフトダウンして常にエンジン回転数を高回転にしたほうがさらに良いのでは?」 とお考えになることもあるかと思いますが、

その必要もありません。

上記にも記しましたが、惰性走行や減速走行中、ニュートラルにせずに、[D]にさえなっていれば、AT内オイルポンプは少なくとも2~3倍以上の回転数で回ってくれていますので、ATを制御するコンピューターなどがすでに故障していない限り、「オイルの循環量が、必要量を下回る。」 などということは決して起きません。
([D]で走れば大丈夫なように設計&制御されています。)

よって、下記 ANo.6 にも書きましたが、

アクセルを放してスロットルバタフライを閉じれば、同じギアーでも(それまで入っていた定速用ギアーでも)エンジンブレーキはかかっています。これが正しいエンジンブレーキ力です。これ以上のブレーキ力が必要でしたら、それはフットブレーキを使うべきです。

ということで、ご安心下さい。




オートマチックトランスミッションって、内部構造は非常に複雑で、例えばマニュアルトランスミッションと比べても全くの別物の構造体になっています。

例えば、マニュアルトランスミッションの内部は、(http://www.howstuffworks.com/transmission.htm)内の動画のように、まだパッと見でも理解可能な機械的構造をしていますが、

比べてオートマチックトランスミッションって、内部は(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-model.jpg)(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-pistons.jpg)のように、まるで精密機器です。もし、AT内部を分解しないと直らないような不具合が出たら、それを開けて修理する気にもなりません。

マニュアル車との違いは、オートマチック車は、マニュアル車ではクラッチがある場所には、トルクコンバータ(トルコン)(http://www.howstuffworks.com/torque-converter.htm)というものが付きます。
(トルコン自体も、流体クラッチです。)
クラッチは、オートマチックトランスミッション内部にも複数のクラッチ機構が複雑に付き、その各クラッチを繋いだり放したりすることでギアーチェンジをしています。
(マニュアル車も厳密に言えばシンクロやドグクラッチも“クラッチ”ですので、各ギアーにそれぞれクラッチが付いている訳ですが。)


トルコン自体も、近年のもののほとんどは“ロックアップ機構”というものが付き、トルコンを完全にロックさせることもできます。これをトルクコンバーターの「ロックアップクラッチ」といいます。



オートマチックトランスミッションは、この複雑な機構をコンピューターが“計画性”で数秒先のことを計画しながらギアーチェンジを行なっています。特にごく最近の車では、スロットルバタフライも含めた制御を行なっています。
そこに突然、人間が手でガチャッとシフトレバーを動かしてしまいますと、コンピューターとオートマチックトランスミッションにしてみれば まさに“寝耳に水”、不意を突かれたシフトタイミングに慌てて従わなくてはならなくなり、それに間に合う場合は短時間で、間に合わない場合はタイムラグと共にギアーチェンジをするわけですので、非常にぎこちない、ショックを伴なうギアーチェンジになってしまうのです。

オートマチックトランスミッションは、
「この先、この位のアクセル量を踏み込まれたらこのタイミングでどのギアーにチェンジしよう。」という計画性を立てて事前に備えておりますが、
そこに突然ガチャッとシフトレバーを動かされることは、全くの想定外なことなのです。

ある程度は想定内にしたものが、いわゆる「マニュアルモード付きオートマチック」ですね。しかしこれも、現在の市販車用の技術では、使えるレベルに達したものは全くありません。



オートマチックトランスミッションの名誉のために記しておきますが、

近年のオートマチックは、[D]のみで走っている限り、性能面でもマニュアル車をトータルでは越えています。

たしかに、オートマチックはぶっ壊れやすいですし、もしぶっ壊れたら修理も現実的ではないという、ブラックボックス化していますが、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2064078.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2811395.html)の ANo.3

ぶっ壊れるまでは、とても完璧な機構です。

加速でマニュアル車を越えることはありませんが(同一エンジン搭載の同一ボディーで比べて)、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

燃費性能もマニュアル車と遜色ないですし、
トータル性能で見て、公道を普通に便利に楽に移動する道具としては、マニュアル車を完全に越える性能を持っています。



オートマチックトランスミッションについて
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission1.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission2.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission3.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission4.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission5.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission6.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission7.htm)


トルクコンバーターについて
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter.htm)
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter1.htm)
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter2.htm)
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter3.htm)
↓をクリックして真っ白画面をしばらく待っていますと、トルコンについての3分の動画説明を見れます。
(http://static.howstuffworks.com/mpeg/torque.mpg)
トルコンの取り付け位置は、この写真(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-model.jpg)の左に見える部分です。


マニュアルトランスミッションについて(マニュアル車)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission1.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission2.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission3.htm)

ANo.6 と ANo.11 です。


>ところで、他の回答者の方の回答を読んだりしていて、疑問に思ったのですが、AT車でシフトを動かした瞬間(ギアが変わっている最中)は、ニュートラルの状態なのですか?



 マニュアル車の場合、べつにニュートラル走行でどんなにガンガン走ったって、何の問題も全く起こりません。
  例(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11
    (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3041116.html)の ANo.9


しかししかし、

オートマチック車の場合、走...続きを読む

Q運転が下手すぎて免許取れない人っていますか?

こんにちわ。

たまに映画とかであまりにも運転が下手すぎて逆走したり店につっこんだり信号無視して周りの車を大事故に招いたりってシーンがあったりしますが、
そこまでとはいかなくても運転が下手すぎて免許が取れなかった、もしくは諦めた人っていますか?

自分でなくても、もし知り合いにいたりしても結構です。何かエピソードなどあれば教えてください。

なお、身体的、精神的にハンディキャップを背負っているためなどの理由の方は申し訳ございませんが結構です。

どしどしお待ちしています!

Aベストアンサー

いましたね。

私が免許を取ったのはもうおおかた20年くらい前になりますが、
「ちょっとスピードを出してカーブを曲がる」「急ブレーキを踏んでみる」という教習課程があり、私と同じ時期に通っていたおばちゃんが「スピードを出してカーブを曲がる」課程に挑戦することに…

見た目たいしてスピードは出ていなかったのですが、カーブにさしかかるや否やパニック状態になったおばちゃんは、あろうことか「カーブと逆に急ハンドル」を切ってしまい、あわれ教習車は柵をぶち破って敷地外の田んぼに転落…。

車から這い出てきた教官の蒼白な顔色が今でも忘れられません。

ちなみに後日、件の教官に同乗してもらうことになり、詳しく話を聞いたところ、「おばちゃんは悲鳴をあげて完全に目を瞑っていた」そうで、教官側の補助ブレーキを踏む暇もなかったそうです。本来ならば教官もそれなりの処分を受けるような事件だったのですが、所長の「あれはしょうがないな…」の一言でお咎めなし。ですが、おばちゃんは「説得してあきらめてもらった」そうです。

おばちゃんはその課程に来るまではそれなりに課程をこなしていたそうで、ちょっと気の毒な気もしますが、技術以前の問題な気もします。

ご参考までに。

いましたね。

私が免許を取ったのはもうおおかた20年くらい前になりますが、
「ちょっとスピードを出してカーブを曲がる」「急ブレーキを踏んでみる」という教習課程があり、私と同じ時期に通っていたおばちゃんが「スピードを出してカーブを曲がる」課程に挑戦することに…

見た目たいしてスピードは出ていなかったのですが、カーブにさしかかるや否やパニック状態になったおばちゃんは、あろうことか「カーブと逆に急ハンドル」を切ってしまい、あわれ教習車は柵をぶち破って敷地外の田んぼに転落…。

...続きを読む


人気Q&Aランキング