タイトルのとおり、大・大・大至急お返事下さい!

選挙活動では未成年者の活動は原則禁止(単純作業を除いて)されていますが、政治活動・後援会活動としての活動は可能でしょうか?

例えば、イベント広報のアナウンスとか、広報紙の配布であるとか・・・。

詳しい方!お願いします!!!

A 回答 (2件)

まず、政治活動と選挙運動を明確に区別してください。



日本国憲法は、思想及び良心の自由(19条)や結社、言論、出版の自由(21条)を保障しています。これらの自由は、年齢・性別を問わず、万人に認められるものなので、政治活動はだれでも自由に行うことができます。

制限されているのは選挙運動です。選挙運動は、「特定の選挙において」有利な地位を獲得するための具体的な行動です。例えば、街頭演説(の補助)、ビラ配り、選挙事務所での事務連絡などは禁止されています(湯茶の差出しや宛て名書きなどの単純作業は禁止されていないことは既出の回答にあるとおりです)。

要するに、来るべき特定の選挙(現時点でいえば、次の総選挙は当然含まれる)のための活動は、名目の如何を問わず、禁止されています。イベントのアナウンスや広報誌の配布は、明らかに単純作業の範囲を越えているので、未成年に行わせれば公職選挙法違反の罪責を問われるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね。

それでは、選挙とは関係無く政治団体(後援会や政党)の通常活動における未成年者の活動は規制されない・・・と解釈できるんですよね・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/19 13:36

>大・大・大至急お返事下さい!



それはあなたの都合であって、読んでる人に
とっては別に至急でもなんでもないよ。
急ぐ理由も見当たらないし。

【注】未成年党員について
未成年党員の「政治活動」は自由であるが、公職選挙法第137条の2(未成年者の選挙運動の禁止)で、20歳未満の者の「選挙運動」は一切できないこと、また何人も20歳末満の者を使用して選挙運動をすることができないとしているので、この点に充分留意されたい。ただし、選挙事務所における湯茶の接待や、葉書の宛名書きのような単純かつ機械的な労務に使用することはできる。(自治省選挙部見解)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね・・・こちらの都合は皆様には関係ないですものね・・・すみませんでした。

つまり、選挙運動に限って未成年者の活動は規制されると解釈でき、その他の後援会活動に関しては特に制限は無いということ・・・なんでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/19 13:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【公職選挙法】 個別の家へのビラ投函

公職選挙法において、戸別訪問は禁止されているかと思いますが、
ビラの投函のみであれば問題ないのでしょうか

Aベストアンサー

選挙期間以外のビラの配布や投函は禁止されていません。選挙期間以外であれば問題ありません。

一方で選挙期間中ば、誤解を恐れずに言えば、ビラの配布・投函は禁止されているといえます。例外的に、公正取引委員会から配られた証書を貼ったビラだけは配布が許されています。

端的に言うと
選挙期間以外は自由に無制限に配れる
選挙期間中は自由には配れない、証紙を貼ったビラだけは配れる
といえます。

ただし、ビラ配布を拒否している建物に許可せず侵入してビラを配布した場合には、住居侵入罪だと騒がれる可能性はありえます。そして有罪になったケースもあります。しかしこれは選挙期間中かどうかは関係ありませんし、公職選挙法も関係ありません。マンション販売や水漏れ修理のビラでも同じで有罪になりえることです。

Q政党のチラシのポスティングは違反にならないのか?

友人が、ある政党のチラシのポスティングのアルバイトをしており、誘われています。
それで、確認しておきたいのですが、チラシのポスティングは、選挙違反にはならないのでしょうか?
友人の話では、選挙運動ではなく、政治活動になるから、大丈夫だと言います。
でも、ポスティングしようとした時に、その家の人が中から出て来ても、
決して手渡ししてはいけない、と注意されているそうです。
ポスティングが良くて、手渡しがいけないのは、何が違うのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

補足を受けて回答したい

>政党チラシを手渡しすると戸別訪問になるので違法、
というのが、いまひとつ、よく分かりません。

小生も正直理解していない
単純にそう解釈されうるから・・という程度の話らしい

ちなみに、判例を総合的に勘案するに

戸別訪問とは

選挙に関し、投票を得る目的、投票を得させる目的または投票をさせない目的で、計画的に連続して戸別に選挙人の居宅を訪問すること
ちなみに、邸宅のみならず、事業所も戸別に該当する

実は、ポスティングでも、選挙活動であれば、戸別訪問に該当しえる解釈もある。判例はないがw
で、一日1回(一戸)はOK。
チラシ次第という回答も当然ありえるわけだが・・・

なお、立候補者・・・はNGで、予定者は、OKという怪しさもあるw


れっきとした、「依頼」になるからですか?

公職選挙法138条は以下の通り
第百三十八条  何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。
2  いかなる方法をもつてするを問わず、選挙運動のため、戸別に、演説会の開催若しくは演説を行うことについて告知をする行為又は特定の候補者の氏名若しくは政党その他の政治団体の名称を言いあるく行為は、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。

結局、人に会えば、”選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的”を達成できてしまう。
しかし、投函であれば、その書面が読まれる保障がないわけで、目的が達し得る保障もないから・・・という話もあるらしい
というか、訪問という言葉の意味で思慮すれば、逢えないなら訪問じゃなくね?というレベルの話もあるように思うが、厳然とした判例もないので、明確なことは言えない

>そもそも、戸別訪問が違法なのは、何故なのでしょうか?

最高裁判例から違法とする理由は以下のように指摘できるだろう
引用元:http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/77-3.html#shubun

(原文まま)
 戸別訪問の禁止は、(訪問者の)意見表明そのものの制約を目的とするものではなく、意見表明の手段方法のもたらす弊害、すなわち、戸別訪問が買収、利害誘導等の温床になり易く、選挙人の生活の平穏を害するほか、これが放任されれば、候補者側も訪問回数等を競う煩に耐えられなくなるうえに多額の出費を余儀なくされ、投票も情実に支配され易くなるなどの弊害を防止し、もつて選挙の自由と公正を確保することを目的としている

ちなみに、問われていないが、小生は、戸別訪問は解禁するべき!という立場である
実は、戸別訪問に関しては選挙学会や憲法学学会などでも解禁派が多数を占めている

現行ではOECD諸国で選挙の戸別訪問を禁止している国は日本だけではある。


以上、甚だ簡単だが

補足を受けて回答したい

>政党チラシを手渡しすると戸別訪問になるので違法、
というのが、いまひとつ、よく分かりません。

小生も正直理解していない
単純にそう解釈されうるから・・という程度の話らしい

ちなみに、判例を総合的に勘案するに

戸別訪問とは

選挙に関し、投票を得る目的、投票を得させる目的または投票をさせない目的で、計画的に連続して戸別に選挙人の居宅を訪問すること
ちなみに、邸宅のみならず、事業所も戸別に該当する

実は、ポスティングでも、選挙活動であれば、戸別訪問に該当し...続きを読む

Q政治団体とは何なのですか?

政治団体についていくつかわからないことがあります。

1、政党と政治団体のちがいはなんですか?
2、政治団体について調べていて疑問に思ったのですが、「その他の政治団体」というものは、主になにをしているところなのですか?
3、政治団体と呼ばれる組織の収入源は、国会議員と同じように国から支給されているのですか?

調べれば調べるほど、混乱してしまいました。
おそらく、政党と政治団体が頭の中で混乱しているのだと思います。
面倒な質問ですいません。
ご教授、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1、政党と政治団体のちがいはなんですか?

法的定義が違う。

>2、政治団体について調べていて疑問に思ったのですが、「その他の政治団体」というものは、主になにをしているところなのですか?

なにをしているのか?それが不明なものが多い
幸福の科学の”幸福実現党”のような政党を標榜する政治団体もあるし、朝鮮総連も政治団体でもある
主にと言える回答とすれば、政治団体の政治信念の実現を推進すること・・という抽象的回答になる
もっとも、設立理念を逸脱している政治団体がかなり多いw

>3、政治団体と呼ばれる組織の収入源は、国会議員と同じように国から支給されているのですか?

政党も政治団体ではあるわけだが・・まぁ、基本的には、政党以外の政治団体は、国庫から特殊な政治活動のための収入があるわけではない
ただし、政治活動以外での収入を得ている事例はある。政治団体が社会的活動の過程でその行動が助成されるべき活動であれば、国庫から収入を得れるので


基本的には、法的定義を除けは、政党も政治団体である
政治団体という概念は、”何をもって政治活動とするか?”の問題があるので回答が難しいが、政党と区分する必要性は存在しない
要は、法的定義において政党は優遇される政治団体である・・・というだけの理解で十分である

なお、政党と政治団体は別物であるわけではない。あくまでも法的地位が別であるだけで実質的には「政党も政治団体」である

>1、政党と政治団体のちがいはなんですか?

法的定義が違う。

>2、政治団体について調べていて疑問に思ったのですが、「その他の政治団体」というものは、主になにをしているところなのですか?

なにをしているのか?それが不明なものが多い
幸福の科学の”幸福実現党”のような政党を標榜する政治団体もあるし、朝鮮総連も政治団体でもある
主にと言える回答とすれば、政治団体の政治信念の実現を推進すること・・という抽象的回答になる
もっとも、設立理念を逸脱している政治団体がかなり多いw

>3、政治団...続きを読む

Q立候補表明し、各団体への挨拶回りと公職選挙法

通常、告示(公示)よりもずいぶん前に立候補表明し、各団体への挨拶回りとか、いろんな団体の催しの際に、「○○立候補予定者からあいさつがあります」と付け加えるようにして、立候補者の出馬表明をよく、新聞記事とかで目にしますが?
 これは、事前運動にはならないのですか?
事例を掲載したホームページとか、参考になるサイトとかあれば、教えてください。
 

Aベストアンサー

結論から申し上げると、ならない、とされています。

総務省によると、事前運動とは、自己への投票勧誘または他者に投票しないことを勧誘すること(言葉そのままではありませんが)であって、要するに「○○に投票してください」と言わなければ事前運動には該当しません。その辺は、国政選挙や統一地方選のたびに発行されているマニュアルに書かれています。

ですので、「○○立候補予定者」として紹介され、単にあいさつする分には、事前運動にはなりません。

とはいっても、選挙違反の有無を最終的に判断するのは警察ですので、これで100%OKかというとそういうわけでもありません。外形的に投票(または不投票)の勧誘が行われていると警察が判断すればそれは事前運動にあたり、摘発の対象になるのでその点はご留意を。

Q公示と告示のちがいは?

「公示」と「告示」の違いが国語事典で調べても今ひとつわかりません。どなたかにわかりやすく教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

衆参両院の通常選挙は公示。その他の選挙(地方自治体の議会、首長及び衆参両院の補欠選挙)は告示といいます。

 「公示」とは憲法七条で定められる天皇の国事行為で、全国一斉に行われる国政選挙の期日(投票日)を公的に告知するもの。一方、「告示」は、衆参両院の国政選挙の補欠選挙と、地方の首長選や市区町村議会選挙などについて行われ、選挙事務を担当する各選挙管理委員会が行うもの。

参考URL:http://www.sankei.co.jp/databox/shuin/html/0603pol036.htm

Q当選祝賀会は違法じゃないの

選挙の時期ですが当選後の祝賀会とやらで樽酒を振舞ったり酒やビールを飲んでることがありますが、それって違法じゃないの、それとも何か抜け道でもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

第178条 何人も、選挙の期日(第100条第1項から第4項までの規定により投票を行わないこととなつたときは、同条第5項の規定による告示の日)後において、当選又は落選に関し、選挙人にあいあつする目的をもつて次に掲げる行為をすることができない。
1.選挙人に対して戸別訪問をすること。
2.自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること。
3.新聞紙又は雑誌を利用すること。
4.第151条の5に掲げる放送設備を利用して放送すること。
5.当選祝賀会その他の集会を開催すること。
6.自動車を連ね又は隊を組んで往来する等によつて気勢を張る行為をすること。
7.当選に関する答礼のため当選人の氏名又は政党その他の政治団体の名称を言い歩くこと。
によれば、当選、落選に関わらず選挙後の祝賀会については禁止されています。

Q地方の選挙における事前運動の境界線について

 近いうちに地元で市議会議員選挙が行われるのですがこれについての事前運動について質問させて頂きます。

 地元の選管に電話とメールで質問したところ事前運動とは公示日以前の選挙期間中以外で自身や特定の人物の立候補や特定の人物への投票の呼びかけを指すとの事で政治活動とは別との事でした。

 「立候補の意思表明」「投票の呼びかけ」は公職選挙法違反だが、直接的な言葉が無くても内容によっては違反になるが個々に判断するから明確な基準を説明できないといわれました。ですが任期が終わる直前の議員が折り込み広告を出し議会報告やこれからの市政について語るなど明らかに選挙を意識しているとしか思えませんが前の選挙で同じようなことがあっても罰せられた話は聞きませんでした。


 現職議員なら議会報告の形で公示日以前に広告とネットを使った実質的な選挙活動に近いことが出来ますが

 (1)例えば新人で立候補予定の人物が特定の選挙、自身などへの投票は一切触れず市の問題点やこれからの市政についての新聞折込広告やブログは公職選挙法違反になるでしょうか?

 
 (2)広告、ブログで直接的な言葉を避けても警察や選管に違反と判断された場合、公示日前なら立候補受付拒否、選挙期間中なら取り消しのような処分になるのでしょうか?それとも警告があって問題の部分を削除したらいいのでしょうか? 

  http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/senkyo/html.file/senkyoundo_top.htm
↑を見ていると Q.インターネットを使って選挙運動はできるの? Q.政治活動はできるの?で「純粋な政治活動用の文書図画であっても、現職の政治家や立候補予定者および後援団体の政治活動のために「掲示」するものについては、公職選挙法の規制を受けます。」とありブログをもっていいのかどうか分かりません。

 答えて頂ける物だけで結構ですので回答よろしくお願いします。

 近いうちに地元で市議会議員選挙が行われるのですがこれについての事前運動について質問させて頂きます。

 地元の選管に電話とメールで質問したところ事前運動とは公示日以前の選挙期間中以外で自身や特定の人物の立候補や特定の人物への投票の呼びかけを指すとの事で政治活動とは別との事でした。

 「立候補の意思表明」「投票の呼びかけ」は公職選挙法違反だが、直接的な言葉が無くても内容によっては違反になるが個々に判断するから明確な基準を説明できないといわれました。ですが任期が終わる直前...続きを読む

Aベストアンサー

現職の議会議員です。
前回の統一地方選で初当選しましたが、選挙戦はすべて自分一人で事務手続きをしました。
チラシ作成、HP作成では使ってはいけない言葉があるので慎重になりました。チラシは配付の方法や配付時の発言によっては公選法に抵触しますので、あくまでも「立候補を検討中である」旨を伝えて歩きました。HPのURLをチラシに記載するのでけっこう見てもらえます。
チラシ、HPともに自己アピール、政策的なものも大事ですが、有権者との共通点となるべきものを羅列することが良かったと思います。
私の場合、障害者イベントを主催している、スポーツの指導をしている、医療制度に詳しい、等々をさりげなくアピールしました。これらは当選後に声をかけてくれる有権者から「共感を持ったよ」と言われました。

「選挙で投票して」と書かなくても「大好きな○○市のために役に立ちたい」とか書いてあれば誰でも分かりますから、じゃんじゃんアピールしましょう。

選挙カーについては選挙期間前に見えちゃったりすると問題になります。私は警察からの電話でちゃんと隠すよう言われました。

現職の議会議員です。
前回の統一地方選で初当選しましたが、選挙戦はすべて自分一人で事務手続きをしました。
チラシ作成、HP作成では使ってはいけない言葉があるので慎重になりました。チラシは配付の方法や配付時の発言によっては公選法に抵触しますので、あくまでも「立候補を検討中である」旨を伝えて歩きました。HPのURLをチラシに記載するのでけっこう見てもらえます。
チラシ、HPともに自己アピール、政策的なものも大事ですが、有権者との共通点となるべきものを羅列することが良かったと思...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qゆうちょ銀行の口座が二つ欲しい

ゆうちょ銀行の口座がもう一つ欲しいです。
理由は口座を親が管理していて、自由に使えず、バイトの給与振込ができないからです。

過去の質問を参考に「口座管理を別にしたい」とか「親に知られたくない」と言って郵便局に行ったのですが、「原則一つしか持てない」「本人しか口座は使えない」と言われ断られました。

何とかバイトを始めたいので、郵便局でOKが出る「特別な事情」を教えてください。
お願いいたします。



ちなみに親の説得は不可です。一度決めたら誰が何を言おうと、どんな説得をしようと聞きませんので。

Aベストアンサー

 すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。それに対して文句は言えません)。
 幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。
 なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。
 ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。
 知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。頑張ってください。

Q18歳未満への政治活動は違法?

姪が某施設に入所してます。
去年、夏頃某代議士さんの奥様が慰問に
見えられたそうです。その折、当時、まだ
17歳だった姪や他数名に、「○○○○の妻です。
次の選挙お願いしますね。」と名刺を渡されだ
そうです。
最近、あれって違法なんだねと帰省した際に
話題に上がりましたが18歳で選挙権が出来たり
したので問題ないんじゃない?って軽く話した
のですが、実際どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

選挙は、告示するまでは選挙活動が禁止されていますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報