10年ほど前に、姉の持っていた短編集です。
 主人公の名前が、あいうえお順で、
『う』が『うたろう』で、テストで最後の回答をかこうと思った瞬間にベルがなり、「時間がとまれば」と思ったら、本当に時間が止まって最後の回答を書くことができたという話。
『ん』の主人公が『ンチャカ』という名前の宇宙人で、小学生の男の子とンチャカが友達になって、でも最後にンチャカが帰っていくという話だったかと思われます。
 姉に尋ねたのですが、覚えていないそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://www.e-net.or.jp/user/stako/M03-06.html
『一分間だけ』というショートショート集では登場する主人公の名前をアキラ、イサム……とアイウエオ順に名付け、最後の作品の主人公は「ンチャカ」で終わる。



書 名:一分間だけ(ショ-ト・ショ-ト)(秋元文庫)
出版社:秋元書房
著 者:眉村卓(まゆむら,たく)
価 格:\350
発 行:1981.09
判 型:文庫
頁 数:244p


書 名:一分間だけ(ショ-ト・ショ-ト)(角川文庫 緑-357-22)
出版社:角川書店
著 者:眉村卓
価 格:\379
発 行:1980.04.10
判 型:文庫
頁 数:264p
ISBN :4041357225
内 容:68編のショートショート



http://www.usiwakamaru.or.jp/~yamas/TANPEN.htm#39
「一分間だけ」
分身の術・箱・父の料理 ...「ンチャカ」





http://www.angel.ne.jp/~minami/blossom/index.html
http://www.angel.ne.jp/~minami/blossom/zep1.htm
絶版・品切れ本の目録
A175 一分間だけ 眉村卓 角川文庫 s56 \400 カ(ヤケ、シミ)





東京古書商業協同組合
http://www.kosho.or.jp/kosho/user/kensaku/top.asp
『一分間だけ~角川文庫』
眉村卓 角川書店  昭55  1  茨城県  常陸野 
380 【解説】 初カバー 少ヤケ
http://www08.u-page.so-net.ne.jp/gj8/ouchi/
茨城県ひたちなか市馬渡2552-28





ネット古本屋
http://www.infosakyu.ne.jp/~csi/index.html
http://www.infosakyu.ne.jp/~csi/shop/database.cg …
コード 04-135722-5
書籍名 ショートショート 一分間だけ
出版社 名角川書店
著者名 眉村卓
備 考 昭和62年8月18版・角川文庫
価 格 \400









スーパー源 氏
http://kbic.ardour.co.jp/~newgenji/oldbook/sgenj …

No.123476  一分間だけ(ショート・ショート) 帯・ヤケ少・カ
眉村卓/角川文庫/S56発行/ \500 春風書房

No.616954  SF ショートショート一分間だけ 文庫 絵:依光隆
眉村卓/秋元書房/S56年発行/ \500 文弘堂書店

No.697233  一分間だけ ショート・ショート 
眉村卓/角川文庫/発行/ \400 ひまわり書店

No.702603  SFショートショート 一分間だけ 絵・依光隆・初カ並
眉村卓/秋元文庫/1981発行/ \500 勝田文庫

No.707178  ショート・ショート 一分間だけ B'
眉村卓/角川文庫/S56.4再版発行/ \200 コミックハウス トワイライト

No.928562  一分間だけ 
眉村卓/角川文庫/初発行/ \400 古本光堂

No.978139  一分間だけ 再版カバー
眉村卓/角川文庫/発行/ \300 光国家書店

No.1046831  一分間だけ~角川文庫 初カバー 少ヤケ
眉村卓/角川書店/昭55発行/ \380 常陸野

参考URL:http://kbic.ardour.co.jp/~newgenji/oldbook/sgenj …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速探してみます。

お礼日時:2001/04/27 00:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q室井佑月の『龍神家の女』で(短編集「Piss」収録)

こんにちは。
室井佑月さんが好きで良く読むのですが、「龍神家の女」の一番最後で、「Kが話を盛り上げるために一つだけ嘘をついた」とあるのですが、この「Kがついた嘘」というのは一体何だったのでしょうか?
お分かりの方は教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私も聞きたいくらい自信が無いのですが、彼の一族の男は、龍神家の女に代々祟られている、ことじゃないかな・・・?う~ん、やっぱり自信無い。

Q『容疑者Xの献身』の主人公はだれ?

私は『容疑者Xの献身』の主人公は石神だと思っているのですが、この間主人公を湯川としているサイトさんを見つけました。

私は湯川が出てくる『予知夢』『探偵ガリレオ』を読んでいないのですが、これらの本を『容疑者X~』より前に読んでらっしゃる方は湯川が主人公と思われるのでしょうか?

明確な答えはないのかもしれませんが、気になったので質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こういったシリーズものの「主人公」というのは
定義が難しいですね。
物理学者湯川シリーズの三作目、ということを前提とすれば、
主人公は湯川になるのでしょうが、
単独で、この「容疑者Xの献身」という作品における
主人公は? となると、石神のような気がします。

「刑事コロンボ」などもそうですね。
あくまでも、主人公はコロンボだ、とする見方もありますが、
番組宣伝などでは、作品で主演を演じる俳優などを
「今回の主人公は、あの名優の○○です!」などと
いう言い方もしていました。

<湯川シリーズ三作目の「容疑者Xの献身」では
主人公が石神>
と表現するのが分かりやすいかと
思われます。

あくまで私見ですが………

Q『小公女』の主人公の父親の職業について

『小公女』の主人公の父親は原作では“Captain Crewe”となっています。

日本語訳のものでは「キャプテン・クルー」
または「クルー大尉」となっている場合が多いようなのですが、
彼は軍人(しかも陸軍)だったのでしょうか。

いずれにしても、インドにおける彼の職務内容等を
ご存知でしたら教えてください。

正解をご存知の方はもちろん、
憶測でも構いませんのでご回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

推測ですが、東インド会社の将校だったのではと思います。
当時、東インド会社では軍隊を抱えてインドの統治までを行っていたことから、
フランス人の妻と、夫婦揃ってインドに長期赴任し、セーラが生まれたのだと思います。
原作には現地で生まれた子供は小さいうちにロンドンに寄宿するのが通例だったと
いうような類の記述もあり、軍人で戦争があったら云々の記述もあるので軍人として
赴任していたのは間違いないと思います。
友人からの誘いでダイヤモンド鉱山に出資した話から、元々裕福なんでしょうが、
当時、東インド会社の将校はかなり裕福な暮らしをしていたとの話もあります。

Q小説、「グレートギャッピー」の主人公である、ギャッピーは、最後、鉄砲で

小説、「グレートギャッピー」の主人公である、ギャッピーは、最後、鉄砲で自殺?それか、お手伝いさんに射殺?それか…?
結末を教えて下さい!

Aベストアンサー

プールにいるところをウィルソンに射殺されます。
その後、ウィルソンは自殺しますね。
「こうして殺戮の輪は閉じられた」
(,and the holocaust was complete.)
という最後の一行が衝撃的でした。

Qドストエフスキーの『罪と罰』と『カラマーゾフの兄弟』

ドストエフスキーの本を読んだことが無いのですが、
これから読もうと思っております。

そこで、どちらを先に読んだ方がいいとかありますか?

また、誰の翻訳がいいとかありますか?

カラマーゾフの兄弟で、もし亀山郁夫さんの翻訳で読む場合、
5巻のエピローグのようなものも読んだ方がいいのでしょうか?

ドストエフスキーの先輩方、教えてください!!

Aベストアンサー

「罪と罰」を先に読まれることをお勧めします。

こちらのほうがプロットもシンプルで、ミステリー小説なみにぐいぐい読み進めると思います。でも、両方読んでみてどちらがより好きかと聞かれると、私の場合は「カラマーゾフの兄弟」かな。複雑で重厚なドス・ムードにどっぷり浸かれるので、お得な気分になりました。ご参考までに、ドストエフスキー・ファンのサイト(「ドストエフ好きー」を添付します。(サイトは、一冊読み終わってから読んだほうが良いかもしれませんが。)

あと、ロシア文学が難解といわれる理由のひとつに、登場人物の名前が覚えにくい(ファーストネームやらニックネームやら一人の登場人物がいろいろな呼び方で登場する)ことがあるそうです。(ロシア語の知識・コツが少しあればわかるんですが。)実は私は、さきに手塚治虫の漫画「罪と罰」を読んで登場人物はある程度把握していたので、全く楽にさくさく(というかぐいぐい)読めました。ストーリーは多少変えてありますし、漫画の評価自体も微妙なのですが、一応そういう裏技もあるということでご参考までに。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~dost/1-9.htm

「罪と罰」を先に読まれることをお勧めします。

こちらのほうがプロットもシンプルで、ミステリー小説なみにぐいぐい読み進めると思います。でも、両方読んでみてどちらがより好きかと聞かれると、私の場合は「カラマーゾフの兄弟」かな。複雑で重厚なドス・ムードにどっぷり浸かれるので、お得な気分になりました。ご参考までに、ドストエフスキー・ファンのサイト(「ドストエフ好きー」を添付します。(サイトは、一冊読み終わってから読んだほうが良いかもしれませんが。)

あと、ロシア文学が難解とい...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報