プロが教えるわが家の防犯対策術!

前期にあげる必要のない仕訳  11,000 給与/預り金(健保) 11,000  を誤ってあげて決算を終えてしまって、今期に訂正したい場合どのように仕訳すればいいのか悩んでいます。

この健保料を預った社員は会社をやめてしまっていて、翌月に支払う為に健保料を給与と預り金で
計上しました。
その後決算を終えて、翌月社保からの請求書をみるとこの元社員の分は請求額に計上されていませんでした。
それで訂正をしたいのですがどうすればいいのかわからなくて・・・。

11,000 預り金/給与 11,000 での修正でないほうがいいのですが。

11,000 預り金/雑収入 11,000 という修正はありえるのでしょうか。

どなたか教えて頂けないでしょうか。

A 回答 (7件)

No.1の回答は、不充分でしたので書き直します。



>前期にあげる必要のない仕訳  11,000 給与/預り金(健保) 11,000  を誤ってあげて決算を終えてしまって、今期に訂正したい場合どのように仕訳すればいいのか悩んでいます。
この健保料を預った社員は会社をやめてしまっていて、翌月に支払う為に健保料を給与と預り金で
計上しました。
その後決算を終えて、翌月社保からの請求書をみるとこの元社員の分は請求額に計上されていませんでした。


前期に退職した社員について、あなたは前期において
11,000 給与/預り金(健保) 11,000………仕訳◎
の仕訳計上しましたが、今期になって社保から来た請求書を見て、健保料の預り金は計上する必要がなかったことが判明した、という訳ですね。それならば、次の二つのケースが考えられます。

◆1:前期に退職した社員の最後の給与について、前期に計上した給与金額が正しい場合は、仕訳◎の貸方だけが間違っていることになります。つまり、退職した社員から健保料を預ったことが間違いですから、
〔借方〕預り金11,000/〔貸方〕現金11,000
と仕訳して修正を行い、本人に11,000円を返済しなくてはなりません。

◆2:前期に退職した社員の最後の給与について、前期に計上した給与金額が11,000円だけ多過ぎた場合は、仕訳◎の借方、貸方の双方が間違っていることになります。ですから、
〔借方〕預り金11,000/〔貸方〕前期損益修正益11,000………雑収入でも良い。
と仕訳して修正を行い、前期に過大計上した費用と相殺するために利益(前期損益修正益)を計上しなくてはなりません。ただしこの場合は、本人に11,000円を返済する必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません。
何度もすみません。わかりやすくて助かりました。
今回は完全に2のパターンで、必要のない仕訳を会計ソフトに入力してしまっていました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 11:03

不十分てか、そゆことは最初に確認せないかんのと違うかなあ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 11:05

いちお確認な。



辞めるときに支払った給与は、諸々を控除する前の給与の月額を日割りしたものから出発して、そこから控除するぶんを控除した金額かね?ほいで、そのときに控除したぶんの中には健保が入ってなかったいうことかね?

そうでなく、そのときに控除したぶんの中にはすでに健保が入っていたいうことかね?

前者なら、最初の回答さんが結果として正解。後者なら、次の回答さんが正解。次の回答さんのお礼読むと前者みたいやけど、どうなん?

もしも前者なら、その金額やったら雑収入でもええし、給与の戻しでも構へんよ。給与の戻しやと給与台帳とかとのつながりがややこしくなるかもしれへん、雑収入のが無難かもしれへんけどな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません。
前者のパターンです。ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 10:59

すみません。

NO3回答誤っていました。
前期に計上した給与金額は適正な計上ですから(給与の一部は現金で、他の給与の一部は社保として預かった。niyayamadaさんはこのうち預かった部分の仕訳が誤っていたと言いますが、誤っていませんよ。)当期に修正損益(前期修正損益)をたてる必要ありません。

ただし預り金(健保) 11,000を辞めた従業員に将来現金で返さなければなりませんから
預り金(健保) 11,000   未払金  11,000
とだけすれば大丈夫です。

通常社会保険料の請求が来たら
社会保険料(会社) ××   未払金(現金) ××
預り金(健保)    11,000 
とする複合仕訳を切りますが、請求が来ていない以上この仕訳もありえません。

間違えてごめんなさい。NO3回答は忘れてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もすみません。ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 10:55

NO.1の回答で大丈夫です。


NO.1さんは会計を勉強されていますね。

税法的なニュアンスで説明すれば前期誤りにせよ (借方)給与 ×× /(貸方)預り金(健保) ××
といった費用(税法では損金という。)を立てて、利益を少なくしてその結果、法人税が安くなったのだから、

逆に当期は利益(税法では益金という。)を立てて前期不足の税金分を当期に修正するため
                                (借方) 預り金(健保) ×× /(貸方)前期損益修正益 ××
をたててあげなければなりません。

雑収入でもかまいません。
また預り金(健保)は逆仕訳で相殺消去されるのはいうまでもありません。
結果
11,000 預り金/雑収入 11,000 という修正で問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/26 10:53

給与から控除する必要のなかった健康保険料ではないのですか。



だとすると、その分を元社員に支払う必要があります。

会社の雑収入にするのは疑問があります


給与から余分に控除した預り金を元社員に支払ったとき


  預り金 11,000  現金預金 11,000


(元社員への、帳簿の給与額 と 社員へ渡した源泉徴収票の「給与支払額」が一致しているか
 
 も注意してください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
元社員へ最後に支払った額は7万少々で、最初は健康保険を預っていなくて、後になって請求が来るかもしれないと思い、給与の日割計算をオーバーしてしまいますが、本人に連絡後預り金に計上しました。
そして決算が終わってしまい、今期になって健康保険の請求がこなかったので、困ってしまいました。
源泉徴収票はその都度、本人に説明して発行しました。

お礼日時:2011/06/24 19:31

>11,000 預り金/雑収入 11,000 という修正はありえるのでしょうか。



ありえます。

厳密に言えば
11,000 預り金/前期損益修正益 11,000
ですが、

金額が11,000と小さいので、雑収入で良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お返事が早かったのですごく助かります。
「前期損益修正益」という科目が勉強になりました。
やっと訂正して預り金の残高がすっきりできます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/06/24 17:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前年度の預り金

 前年度から繰越するはずの保険料の預り金を前年度で処理し繰越をしていないことが判明しました。
 保険料は預かった月の翌月末に支払うものなので、決算時には決算月に預かった預り金が残っているはずなのですが…。
 例えば12月預かったものを12月末支払うというように預かった月に支払っている処理をしていたようです。
 本当の処理は12月に預かったものは1月末支払ですよね?
 このやり方を正しいものに直したいのですがどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

社会保険加入時から間違っていたのか、あるいはこれまでのどこかの年度で13回預り金決済をしてしまっている、と考えられますね。
つまり、過年度において法定福利費となるはずの部分が、1回分預り金決済になってしまっている、つまり、経費が過小になっていると思われます。

本年度で強引に修正するなら、
(前期損益修正損)/(預り金)
で、預り金を発生させるしかないと思います。
ただ、前期損益修正損は本来ならばこの年度の経費ではありませんので、税務調査の際に否認される要素も含んではいます。

Q源泉所得税・預かり金処理について

いつもお世話になっております。

源泉所得税の件で質問があります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

給与136,800円に対して、
源泉所得税が3,990円だったため、
従業員には132,810円を支払ました。
納付はそのまま3,990円を所得税として支払ました。

そこで誤って、仕訳を

給与 132,810円 /現金 132,810円

としてしまいました。
誤りに気づいたので、

給与 136,800円 /現金 132,810円
         預り金  3,990円

と仕訳を修正したのですが、

預かり金で処理をしていなかったため、
(納付もそのまま従業員の給与から引いた分を
仕訳せずに納付していました。)

預り金の残高が異なってきてしまいました。

どこを修正すればよいのか
頭が混乱してよく分からなくなってしまいました。

誤った処理としては、
仕訳を通さず、給与から所得税分をひいて、
そのまま納付したという点だと思います。

分かりにくい説明ですが、
よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。

源泉所得税の件で質問があります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

給与136,800円に対して、
源泉所得税が3,990円だったため、
従業員には132,810円を支払ました。
納付はそのまま3,990円を所得税として支払ました。

そこで誤って、仕訳を

給与 132,810円 /現金 132,810円

としてしまいました。
誤りに気づいたので、

給与 136,800円 /現金 132,810円
         預り金  3,990円

と仕訳を修正したのですが、

預かり金で処理...続きを読む

Aベストアンサー

No1です。

まず、小口現金でも現金でも構いません。

>小口金を通していなかった場合・・、

結果的に、「給与」の額が源泉を引く前の数字になれば良いのです。

>いったん、役員が預かり(帳簿なし)そのまま納付した。というかたちです。

形がどうであれ、現実の金額のプラスマイナスは合っているのですから、帳簿上、預かった形にして、そこから支払った事にすれば良いのです。

過ったまま、締めや記帳を行っていなければ、パソコン会計なら最初から入力データを取り消すか変更すれば良いのでは無いでしょうか。その場合は私のNo1の回答で合っています。
もし、過ったままなら、No2、3さんの回答を参考にされれば良いと思います。私も同様の回答になります。

ご質問の時点での処理がどこまでかが不明なのと、補足で、初回の質問時よりご質問そのものが難しくなったような気がします・・。私が難しく考え過ぎているのでしょうか?とんちんかんなアドバイスになったかも知れませんがご容赦下さい。

Q前年度の記入間違いに気付きました

前年度より、青色申告をしています。

今年度の準備を始めるにあたり、前年度の仕訳帳を確認していたら、計上金額が間違っていたり、開業日前の計上すべきでない金額が計上されていたり・・・に気付いてしまいました。(金額は一万円ほどです。)
年度途中からの開業・記帳でして、記帳を初めてから開業日の変更があったり、初めての記帳で不慣れでのチェック漏れが原因で、悪意があっての事ではありません。

勘定科目は<未払金>です。
期首残高に計上したいのですが、前年度が間違っているために今年度末も合わなくなってしまいます。
このような場合、処理はどのようにしたらよいのでしょうか?
一応、簿記の資格はありますが、何十年も前に取得したものですのでハッキリと覚えていません。

どなたか、お教え下さいませ。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実務上と理論上で違います。

先に実務上の処理をお答えします。
「当期に逆仕訳をきる」
です。
(消耗品費)/(未払金)
であれば
(未払金)/(消耗品費)
*もちろん、消耗品費勘定がマイナスにならないことが前提。
*勘定科目は正確には「前期損益修正損」です。

過失による修正で1万円くらいなら、税務署も恐らく何も言いません。


次に、理論上です。
個人事業者なら「修正申告」です。
前年度分を正しく修正して申告しなおします。この場合、差引税額と延滞税と過少申告加算税が掛かります。(1万円くらいなら、差引税額だけだと思いますが)
また、法人の場合、税務申告が「"確定した"決算」が前提であるため、修正ができません。もし、仕訳を修正するのであれば、申告は「修正申告」ではなく「確定申告」の出し直しです。つまり期限後申告になります。

Q源泉所得税の納付 訂正方法を教えてください。

学童保育の会計をしています。人事・総務系のことは素人なのですが…今回、初めて源泉所得税の納付をしたのですが、金額を間違えて記入及び納付てしまいました。訂正方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続きにより、その後納付する税額に充当します。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_23.htm)からDLできます。


正規の税額(本来納付すべきだった税額)より少なく納付した場合。


税額欄だけを間違えたのであれば、「人員」、「支給額」の欄は空欄とし、税額欄に不足分の税額を記載して、摘要欄に「**年**月不足分(あるいは納付漏れ分)」と記載して速やかに納付します。(税額にもよりますが延滞税の対象税額の場合、納付が遅れるとその日数分延滞税が増えますので早めに納付したほうが良いです)

「人員」や「支給額」欄等も間違えた場合は、それぞれ不足分の人数や支給額及び税額を記載して摘要欄には上記のように記載して納付します。
 

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続き...続きを読む

Q預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

社長に役員報酬を払う際に、国保と年金の納付書を渡されて払っておくように言われています。(社会保険の話はここではおいといてください。)

月末締めの翌月末払いなのですが、通常は例えば

6/30 役員報酬 10万 / 未払費用10万 6月分
7/31 未払費用 10万 / 現金   9万 6月分役員報酬 
   旅費交通費 1万 /        通勤定期代
            預り金 1.5万 年金
            預り金 0.5万 国保

   -------------------
7/31  預り金 2万 / 現金  2万  社長国保・年金

というように仕訳をしています。

ある月、売上があがらず、社長への役員報酬が支払えなかったことがありました。が、年金と国保は納付期限が決められているので、その分だけ出金(預り金2万/現金2万)しました。期末に預り金を集計したところ、当たり前ですがこの2万円の分がマイナスで出てきてしまいました。期末に前月分の役員報酬を払う際に精算してしまえばよかったのですが、うっかり忘れてしまいました。これを翌期に持ち越すのはまずいですよね?支払えなかった月の分と期末の月の分が未払費用でありますが、このあたりでうまく調整することは可能でしょうか。また、「預り金」として出金しましたが、役員報酬を払えなかったので預ったわけでなく、立て替えて払ったということでこのときだけは「立替金」にしたほうがいいのでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

社長に役員報酬を払う際に、国保と年金の納付書を渡されて払っておくように言われています。(社会保険の話はここではおいといてください。)

月末締めの翌月末払いなのですが、通常は例えば

6/30 役員報酬 10万 / 未払費用10万 6月分
7/31 未払費用 10万 / 現金   9万 6月分役員報酬 
   旅費交通費 1万 /        通勤定期代
            預り金 1.5万 年金
            預り金 0.5万 国保

   -...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!記帳代行のKSKです。
どうもすみません^^; 文章が雑でご迷惑をおかけしています^^;

>結局は未払費用の額を、支払った国保・年金分2万分減らせばいいということでしょうか。そのための仕訳が「未払費用/預り金 2万円」で、振替伝票に書く、ということなのでしょうか。

◇その通りです。

(確認されるのは、ここまででいいかも。以下は見なくてもいいです^^;




>預り金が消える形になるので・・・

◇預り金はゼロ(消えるカタチ)で良いです。

>この「現金で支払う分は起票しないで」の部分ですが、国保・年金は現金で支払っています。それが出金伝票に相当するのですが・・・

◇その通りです。しかし、この時点では国保・年金分の預かり処理をしていないため、これに相当する分の預り金を未払費用に振り替える仕訳を起こすのです。

月末に起票する役員報酬の発生仕訳、相手勘定:未払費用ですが、この未払費用は社長にまだ払っていない(あとから払いますよの)事を意味していますよね。

通常素直に考えれば、未払費用のその全額を社長に現金で支払います。

でも、実際には社長に現金で8万円を支払い(1)、2万円は会社で預かります(2)。

預かった2万円は社長個人の国保・年金分ですから、社長に代わって会社が支払っています。

今回(1)の支払はあとに延びたので未処理です

(2)は起票しなければ預り金がマイナスになってしまうことや当初から社長の給与から預かって支払うという取り決めになっている事なので 未払費用/預り金 を起票します。



私は、どうしてもプロセスも知って貰いたいので長々となってしまいます。
性分なのでご容赦を^^

会ったこともなく顔も性格も知らない方に文章で説明するのは、とても難しいですね。
自分の文章力の無さに痛感します。

今回で解決できれば幸いですが、補足でも、別件でもなにかあったらお気軽にどうぞ!

こんにちは!記帳代行のKSKです。
どうもすみません^^; 文章が雑でご迷惑をおかけしています^^;

>結局は未払費用の額を、支払った国保・年金分2万分減らせばいいということでしょうか。そのための仕訳が「未払費用/預り金 2万円」で、振替伝票に書く、ということなのでしょうか。

◇その通りです。

(確認されるのは、ここまででいいかも。以下は見なくてもいいです^^;




>預り金が消える形になるので・・・

◇預り金はゼロ(消えるカタチ)で良いです。

>この「現金で支払う分は起票しないで」の部分...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q預り金を消しこみたい場合

個人事業を始めて数年経ちます。
初めの頃は、みようみまねで経理を始めたので、
わからないまま使用していた預り金の科目が消せない
状態になっています。
さかのぼって調べましたが、内容は不明です。
消しこむ方法はありませんか?

Aベストアンサー

確認ですが、「売上」は、一人分と言うか、正確に計上されているわけですよね。

一番良い処理は、親御さんへ返金したと言うことで、(1)の処理が良いのでしょうね。

この場合、金額が多くないのであれば、(3)の処理でも問題ないと思われます。
まずこんな状況も起きないでしょうが、何かの拍子に突っ込まれた場合、基本的に110万円を超えているならば、「贈与」と認定される可能性がなくはないと言うところですが。
もしそのような場合でしたら、「借入金」に振り替えて、証拠を残しながら、返済する必要があります。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q社会保険料の決算仕訳

経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,000
               / 当座預金         \1,300,000

と仕訳して、末日に

預り金(健康保険)   \50,000
法定福利費       \50,000
預り金(厚生年金)   \150,000
法定福利費       \150,000
法定福利費(児童手当) \5,000
                     / 当座預金  \405,000

と仕訳しています。

決算を向かうに当たって未払処理をしたいのですが、どう仕訳したら良いのか教えていただきたいです。

法定福利費 / 未払金

で良いのでしょうか?
また、上記の決算仕訳をしたときに、次期はどのように仕訳したら良いのかも教えてください。



宜しくお願いします。

経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,0...続きを読む

Aベストアンサー

社会保険料は「翌月徴収」で、決算月もお示しの数字と同額という前提です。

1.決算時の未払金計上の仕訳
法定福利費(健康保険) \50,000
法定福利費(厚生年金) \150,000
法定福利費(児童手当)  \5,000
                    / 未払金  \205,000
2.翌期初月納付時の仕訳
預り金(健康保険)  \50,000
未払金         \50,000
預り金(厚生年金)  \150,000
未払金         \150,000
未払金(児童手当)   \5,000
                    / 当座預金  \405,000

以上のとおりです。

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング