『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

明日最終回を迎える、ドラマ仁。
タイムスリップ。
幼児型の腫瘍。
坂本龍馬や野風。
はどのような関係があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ネタバレでいいってことですよね?



仁の胎児の腫瘍の正体は坂本龍馬です。以前、仁が龍馬が切られて、血液を眼球に浴びたことや手術の際に脳脊髄液を浴びたことにより、龍馬の神経や伝達物質が眼球を通して仁の体内に入り込み、仁の脳に龍馬の記憶や人格が転移してその塊が集中してできたのが、脳内の胎児。
タイムスリップの原因は仁の体内に入り込んだ龍馬という奇跡が引き起こしたもの。
野風は現代まで子孫が続いており、現代に戻った仁と再会します。

ちなみに原作には未来さんは登場しませんので、最後はどうなるかはそこまでわかりませんね。。


最後に、仁は江戸と現代に生きる二人の仁がいるということになります。

わかりにくかったらすみません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJIN-胎児性腫瘍って何?

こんにちは。私はこないだまでJINの再放送を4話目くらいから録画して見てたのですが、最初から見てなかったのでちょっと知りたいことがあります。

みなかた先生の頭の中に出来た胎児性腫瘍ってものが不思議でなりません。

ネットで調べても、胚がガンになったもの。とか、胎児の形をしている腫瘍。だの書いてありましたが

どうゆうことですか?

胚細胞って受精卵ってことですよね??

え?あかちゃんが頭の中にいるの???どうゆうこと???


まったく意味が分かりません。

本当にモヤモヤしてます!誰か教えてください!!!

Aベストアンサー

医学に関しては詳しくありませんが、あのドラマに関しては詳しいです。

結論から言うと、胎児の形をした腫瘍だということがわかっていれば、あとは何も知らなくても、あのドラマを見るうえで何の支障もありません。

頭が痛くて手術を受けた。中から胎児の形をした腫瘍が出てきて、その腫瘍はホルマリン漬けにされた。みなかたは、それを「まれに見る胎児性腫瘍」だと、一応、思っている。そういう流れです。

ところが、どうもそうではないんじゃないか。そう、みなかたは考えるようになります。そして、視聴者にとっては、毎回、あの腫瘍(?)が目を見開いたりするのを見られます。

そこだけわかっていれば、あの腫瘍(?)に関しては、最初の3話は見逃していてもオッケーです。視聴者はシリーズのあいだずっと、あの腫瘍(?)が何なのか考え続けるという仕組みです。赤ちゃんなのか、だとしたらその赤ちゃんは誰なのか。また、どういう時に目を見開くのか。そもそも目を見開くのは現実なのか、それとも、みなかたが見ている幻影なのか。

そんなモヤモヤを引きずってください。

以下は、ややネタバレです。


白黒はっきりした結末は期待しないでください。でも非常にいいドラマです。

医学に関しては詳しくありませんが、あのドラマに関しては詳しいです。

結論から言うと、胎児の形をした腫瘍だということがわかっていれば、あとは何も知らなくても、あのドラマを見るうえで何の支障もありません。

頭が痛くて手術を受けた。中から胎児の形をした腫瘍が出てきて、その腫瘍はホルマリン漬けにされた。みなかたは、それを「まれに見る胎児性腫瘍」だと、一応、思っている。そういう流れです。

ところが、どうもそうではないんじゃないか。そう、みなかたは考えるようになります。そして、視聴者...続きを読む

QドラマJIN-仁- 胎児型腫瘍とは 

現在日曜ドラマで放送されているJIN-仁-に出てきた腫瘍についてです。
胎児型の腫瘍が患者の脳からでてきました。
ドラマ中では「珍しい」との表現はありましたが、「ありえない」との表現はありませんでした。
実際にこのようなことが起こりえるのでしょうか。
また、取り除いた腫瘍を医師が本人や家族に相談なしでホルマリン漬けにして保管してよいのでしょうか。とりあえず保管して後日報告なら分かるのですが。

Aベストアンサー

Wikipediaの脳腫瘍の項の分類にも胎児型の神経外胚葉性腫瘍が記載されています

手術で摘出された組織や細胞を患者本人の医療目的の検査のために保存することは合目的で、それをしない方が不自然です
医療の目的が終了した段階では希望があれば返還されることもあるでしょうが、実際にはその後の処理に困るため引き取る方はほとんどいらっしゃらないと思います
医療機関では一定期間の後、保存の必要がなくなった場合は火葬されます
また、それを匿名化した状態で基礎医学などの研究に供することはごく一般に行われてきており、これらについては、公序良俗に沿った取り扱いとして社会一般に容認されてきた歴史があります

参考URL:http://www.yamagiku.co.jp/byori/6-second-opinion.html


人気Q&Aランキング