ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

毒まんじゅうってなんのことですか?

A 回答 (3件)

政界用語で「毒まんじゅうをくらう」といえば、おいしいものに、つられて、てな付けられたということです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/19 21:20

講談ですとか歌舞伎での用語が出典だと思います。



徳川家康が、豊臣秀頼を暗殺しようと二条城で毒まんじゅうを食わそうとするが、それを察知した加藤清正がむしゃむしゃと食べ、腹痛を起こし熊本に帰って死んでしまう(講談・真田十勇士)。
二木弾正が、世継ぎに出した毒まんじゅうを政岡の子供が食べて殺される(歌舞伎・伽藍先代萩)

毒まんじゅうを食べた人を野中氏は非難したけれど、本来は毒まんじゅうを食わせた人を非難するのが、正しい用法だと思います。

参考URL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/sei0720/kabuki/sd …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

元の事件はわからないけど
歌舞伎用語だとわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/19 21:23

支持する見返りとして「大臣の椅子(地位)」なんかの地位や権利を保証する事。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/19 21:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加藤清正の人気の根源

昔読んだ本に
江戸時代、芝居小屋で
客入りが悪くなった時に

【次回!加藤清正登場】

・・と、書き
次回、清正の格好をした役者が

【特に用事はないけど、清正登場】と叫ぶ

・・と、言った一瞬登場の内容でも、江戸庶民から、笑いと、拍手があったと読みました

さて、そこで本題なのですが
私の知ってる、加藤清正は・・

朝鮮で、小西行長と暴走、軍略争い
朝鮮王子を確保、その後、手厚くもてなす、またその後、朝鮮王子に神として崇められる

・・後、細々とした、軍略話、位しか知らないのですが

加藤清正は、なぜ、こうも人気があるのですが?
私の愛好するゲーム【信長の野望】でも能力高いし

上記の内容から、どうやら江戸期には、すでに人気が確立されていたみたいなのですが

人気の、根源を、お教えください、ぜひ!

Aベストアンサー

熊本では今でも「せいしょこさん」(「清正公さん」公にさんまでつける)と呼ばれて、親しまれ、尊敬されている人気者です。

その一番の理由は西南戦争で西郷隆盛に攻められても陥落しなかった天下の名城熊本城を作り、白川、緑川、菊池川などの度々被害をもたらした河川の治水に尽力したからです。(国土交通省の「河川伝統技術データベース」(堤防)にも加藤清正が行ったものが5件、加藤家家臣の加藤正方のものが1件記載されています)

熊本人に今も語り継がれている伝説の一つが「二重の堤」。

ある時大雨が降って、昔に清正公さんが作った川の堤防も危うくなりました。とうとう川の水に耐えきれず堤が壊れ始め、みな「もうダメだ」と思ったその時、なんと流された堤の下から清正公さんが作っておいてくれた、もう一つの堤の石垣が姿を表し、何とか大雨に持ちこたえました。このあと肥後の人たちが「さすがは清正公さんだ」とその用意周到さに敬愛の念を増したことはいうまでもありません。

加藤家のあと肥後を治めた細川家も、人気があった清正公を尊重する姿勢をとったこともあり、熊本では「せいしょこさん」は絶大な人気を維持してきました。こうした地元の人気ぶりが全国的にも広がっていったのではないでしょうか。

熊本では今でも「せいしょこさん」(「清正公さん」公にさんまでつける)と呼ばれて、親しまれ、尊敬されている人気者です。

その一番の理由は西南戦争で西郷隆盛に攻められても陥落しなかった天下の名城熊本城を作り、白川、緑川、菊池川などの度々被害をもたらした河川の治水に尽力したからです。(国土交通省の「河川伝統技術データベース」(堤防)にも加藤清正が行ったものが5件、加藤家家臣の加藤正方のものが1件記載されています)

熊本人に今も語り継がれている伝説の一つが「二重の堤」。

ある時大...続きを読む

Qニートって、どういう人のことですか?

出来るだけ詳しく知りたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方々が回答されている通りですが、詳しくは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88
で説明されています(URL文字化けしていますがこのまま貼り付ければ良いはずです)。

面白いことに、もともと英国での報告書の中に書かれている内容の頭文字をとったものらしいですが、欧米では NEET という言葉は使われていないらしいですね。むしろ日本の特殊事情として取り扱っているようです。

連想ゲームではないですがお終いにはとんでもない解釈がなされているようです。それは上記のURL自身でもその中で「中年層のニート」という表題が使われている(ただし、中身であらためてニートを正確に定義されておられます)ぐらいですから、ニートってどういうこと?という疑問が当然起きてくるでしょうね。

正しく理解された上で、ご自身はこのような言葉は余り使われない方が良いと思います。その陰でどれだけの青少年が傷つき、人生に希望を見出せなくなっているかを考えるなら、是非ともご自身の心の中で封印していただきたいと思います。

とかく人は他人にレッテルを貼りたがるものです。当初の労働白書はそのような目的でこの言葉を使ったのではないと思いますが、現実に人生に希望を見出せなくなっている青少年がいる以上、結果的には国家自らが「いじめ」を行ってきたことになる、というような暴論(?)も成り立ちうるわけです。

言葉は大事なものです。自らが使う言葉が他に及ぼす影響というものを考えた場合、自ずと慎重にならざるを得ないはずなのですが、プロフェッショナルな方面ですら、余り考えていないのではないだろうかという思いがするときがあります。お互い気をつけたいものですね。

他の方々が回答されている通りですが、詳しくは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%88
で説明されています(URL文字化けしていますがこのまま貼り付ければ良いはずです)。

面白いことに、もともと英国での報告書の中に書かれている内容の頭文字をとったものらしいですが、欧米では NEET という言葉は使われていないらしいですね。むしろ日本の特殊事情として取り扱っているようです。

連想ゲームではないですがお終いにはとんでもない解釈がなされているようです。それは上記のUR...続きを読む

Q熊本では、加藤清正に比べて、甲斐宗運、相良義陽、相良家臣団、細川忠興、小西行長等が人気ないのは何故で

熊本では、加藤清正に比べて、甲斐宗運、相良義陽、相良家臣団、細川忠興、小西行長等が人気ないのは何故ですか?

加藤清正は熊本を発展させたかもしれませんが、それは北肥後だけでしょう。
しかも元々はよそ者です。

小西行長は南肥後を支配したので、南肥後の人はむしろ彼を慕うべきな気がします。

細川忠興はよそ者ですが、熊本全土を治めたのに不人気です。

甲斐爺、相良義陽、相良家臣団に至っては各地域の出身・土着なのに人気がありません。何故ですか?

Aベストアンサー

加藤清正の熊本築城から100年ぐらいの間に堤防か新田開発とか干拓とかインフラの開発が行われました。
 その時の技術は熊本城の築城の技術が基礎です、また具体的に実行したのも清正の家臣団です。
 200年後には通閏橋も作られますが、その技術も築城の技術が発展したものです。
 今でもそんな堤防などが現役で使われていますので、熊本の人たちは清正公はえらかったと語り継いでいます。
 細川さんは人気がありますよ、なんと言っても平成の時代に総理大臣まで出しております。それだけ、現在でも立派な家臣団がいると言うことだと思います。熊本の中心街のほとんどの不動産はその家臣団(元家老、家臣)が持っております。ですから熊本の街はきわめて計画的に開発されていったのです。

Q日の丸君が代問題ってどういうことですか?

よく「日の丸君が代問題」という問題を聞きます。具体的にどういうことなのでしょうか?なるべく簡単に教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単に言えば戦争を象徴しているからです。

Q加藤清正の築城技術

加藤清正は築城の天才と言われていますが、細部まで設計したり、建築作業を実際にしたわけではないと思います。
加藤清正は城を作る場所と規模と建築物のイメージを大工に伝えただけの発注者にすぎないと思うのですが(すぎないといっても構想力は天才と思います)、じっさいのところどうだったのでしょうか?
つまり、たとえていえば、加藤清正が森ビルのオーナー、大工が竹中工務店みたいな感じではないかと。

Aベストアンサー

城作りでは大きく分けて「縄張」「作事」の二つの要素があります。
縄張は城のグランドデザインで要塞としての防御デザインを決定するものと言えます。その上になる櫓や塀などは作事に属して、主に宮大工などの技術を持った職人の仕事になります。
要塞としての城作りの肝はやはり縄張の方でしょう。

どこに(城の立地)
どう言う防御構造物をおいて(濠や塁を組み合わせて)
効率よく敵の攻撃を分断し
あるいは効率よく反撃できる「形」を作ること
これが名城としての基本です。

縄張はやはり戦闘経験のある体験を元にしてくみ上げられるもので
清正が単にイメージを伝えるだけでは成り立たないでしょう。

例えば熊本城は西南戦争で政府軍が篭城したときに
木造の建物は燃えてしまいましたが(確か政府軍がコントロールできない火災によって混乱するのを防ぐために自ら火をかけたと思います)濠、石垣の防御デザインの優秀さによって見事落城を防いでいます。

Qナチスって民主党のことですか?

SPEEDIを隠蔽して避難すらさせずに子供を被爆させた大量殺人は民主党の行ったことです。
これってホロコーストですよね

Aベストアンサー

当時、福島の件で数ヶ月間は状況に興味をもって遠くからニュースを継続しており原発および周辺のモニタリングサイトなどにも逐次注目していました者です。原発被災後、ベントをしないと爆発の危険の発表後結局ベントしないで爆発しましたよね。ベント発表後24時間以上何の進展も無かったのは菅氏がボクはゲンパツには詳しいんだと福島に出向いて見せ混乱を招いていたためと知り非常に腹立たしい思いがしました。”SPEEDIの情報を、米軍には提供したものの国民には提供せず。”も菅内閣の案だとおもいます。

避難のための情報を開示しないというやり方は、中国など共産圏では情報開示しないので一般的かもしれないですが、日本ではありえない失策です。なお、韓国軍初の日本上陸も民主党主導によるもので、結果はご存知の通り韓国人は1人も救出されませんでした。

民主の失策は尖閣の仙石官房中国船の件など、思想的にはナチスではなく小中華だとおもいます。菅氏の場合は拉致実行犯の釈放を求めたりするの自称市民団体関係で最低ですよね。鳩山氏も小沢氏も日本をかきまわすだけで牛詐欺の人とかその他何もかも無理な人たちの集まりだとおもいます。日本人は反日マスゴミに対して甘過ぎるとおもいます。

当時、福島の件で数ヶ月間は状況に興味をもって遠くからニュースを継続しており原発および周辺のモニタリングサイトなどにも逐次注目していました者です。原発被災後、ベントをしないと爆発の危険の発表後結局ベントしないで爆発しましたよね。ベント発表後24時間以上何の進展も無かったのは菅氏がボクはゲンパツには詳しいんだと福島に出向いて見せ混乱を招いていたためと知り非常に腹立たしい思いがしました。”SPEEDIの情報を、米軍には提供したものの国民には提供せず。”も菅内閣の案だとおもいます。

避難...続きを読む

Q加藤清正の築城技術

加藤清正は築城の名手と言われていますが これは元々の才能でしょうか?
それとも築城の天才と言われた豊臣秀吉の側にいる時に色々学んで得意になったものでしょうか?

熊本城は元々清正のものなのに加藤家改易のあと細川家が我が物顔で使っていた事に
加藤家家臣はご立腹だったとか☆

Aベストアンサー

家康の命じた名古屋城の天下普請の築城で、清正も
諸大名とともに参加を命じられましたが石垣の巨石を運ぶ
際に、石の上に乗り音頭を取りながら指図したとのことで、
築城に関心が強かったことは確かです。

秀吉の大坂城の築城時の資料は残っていないようですが
清正はそのような時に勉強し、また穴太衆などの技術者
集団と知己を得たのでしょう。
このような技術者を大事にして役立たせました。

Qこの10年で世間の常識が変わったことって何ですか?

この10年で世間の常識が変わったことって何ですか?

友人と先週飲んでましたら、
飲みながら友人は私に「世間の常識なんて10年で変わる」と言いました。

確かに様々な社会状況が変わったように思います。

経済、風俗、人々の考え方などなど・・。

皆様が感じるここ数年、10年、15年・・・で変わった常識って何だと思いますか?

実体験、実感でご意見を頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ここ10年で変わったと思う常識はインターネットが急速に拡大した事です。
携帯電話やパソコンから簡単にインターネットを利用して物品売買等が出来るようになりました。
我が家の息子もインターネットで物品売買をしてますが、個人売買はトラブルになりやすいようですね。
ですから、私にとってはインターネット取り引きは常識とは思ってませんが、インターネットでの情報収集は常識になりました。

Q加藤清正公のお墓について

加藤清正公のお墓は熊本市の本妙寺にありますが、山形県鶴岡市の天澤寺で、昭和24年に清正公の御骨が発見されたという事を知りました。ということは、本妙寺のお墓には御骨はないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

推測でしかありませんが‥
本妙寺の浄池廟に埋葬されたのは事実のようなので、その後息子の忠廣が肥後から出羽に配流となった
際に、清正の遺骨をどうしたのか、という点に集約されますね。
伝説では遺骨の移動が秘匿されていたようですし、
http://www.tsuruokakanko.com/kushibiki/maruoka/kiyo.html
一般に、国替えで墓地を改葬することはあっても、配流地に一族の墓地を改葬するということは今まで
聞いたこともないし、今回の場合も他の清正の近親者などの遺骨を改葬したという記録もなさそう
なので、本妙寺の浄池廟から遺骨の一部を分骨して出羽に持っていったと見るのが無難だと思います。

ちなみに蛇足ながら、江戸時代は参勤交代の制度などの関係から、江戸と国許の両方に大名家の墓地が
ある例がほとんどで、一人の殿様の墓が両方にある例もあります。その場合、どちらか一方は本来なら
供養塔とすべきですが、分骨して本墓と同じ扱いで祭祀をしていた例などもあるようですね。
なお、東京都大田区の池上本門寺に清正の供養塔があるようです。

推測でしかありませんが‥
本妙寺の浄池廟に埋葬されたのは事実のようなので、その後息子の忠廣が肥後から出羽に配流となった
際に、清正の遺骨をどうしたのか、という点に集約されますね。
伝説では遺骨の移動が秘匿されていたようですし、
http://www.tsuruokakanko.com/kushibiki/maruoka/kiyo.html
一般に、国替えで墓地を改葬することはあっても、配流地に一族の墓地を改葬するということは今まで
聞いたこともないし、今回の場合も他の清正の近親者などの遺骨を改葬したという記録もなさそう
なので、...続きを読む

Q小刀で鉛筆を削ることができない奴って、生きてる価値あるのですか?

小刀で鉛筆を削ることができない奴って、生きてる価値あるのですか?

Aベストアンサー

小刀で鉛筆を【綺麗に】削れない奴が何か言ってる(´・ω・`)
反論あるのであれば、綺麗に削った鉛筆の写真を添付してください♪

・・・
という返答を期待しているように思えましたので、ちょっと煽ってみました。(本気にしなくてOK)


・・・本題・・・
鉛筆をナイフで削るスキルは必要ない。
必要なら練習して習得すればよい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報