ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

糖分が存在するか、確認する為に
当分と反応して発色するような
試薬を探しているのですが、
何か良いものありませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>糖分が存在するか


糖と言ってもどのような糖を想定されているのでしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

MiJun様、回答ありがとうございます。
想定している糖分は、
ブドウ糖になります。

何か良いものがありましたら、御助言をお願いいたします。

補足日時:2003/10/21 20:01
    • good
    • 0

MiJunです。



ブドウ糖以外の糖は含まれていないのでしょうか・・・?
⇒他の還元糖等の存在がある場合は・・・?
単にブドウ糖濃度(濃度にもよりますが)のみを測定しるのであれば簡易な測定器があります。

以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で紹介した成書あるいは糖の分析に関しては、さらに少し古いですが「学会出版センター」から「生物化学実験法」のシリーズが出版されてますので参考にされてはいかがでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=91374
    • good
    • 0

よくはわからないのですが、糖(還元糖)に反応するといえば、ベネジクト液とかフェーリング液とかでしょうか?


どちらも澱粉にアミラーゼを加えて、酵素の働きで澱粉が分解されて糖ができると色が変化するという薬品です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q試薬調合における濃度の計算方法について

試薬Aは、使用量に応じて5つの薬品を調合してつくる必要があるとします。
5つの薬品の「原液の濃度」と「試薬A中での濃度」が与えられている場合、この試薬Aを作るために必要な各薬品の量を求めるのにはどんな計算をすればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

薬品1(液体):原液の濃度100g/l   試薬A中での濃度10g/l
薬品2(液体):原液の濃度20mg/l   試薬A中での濃度50mg/l
薬品3(粉末):                 試薬A中での濃度3g/l
薬品4(粉末):                 試薬A中での濃度100g/l
薬品5(液体):原液の濃度500mg/l   試薬A中での濃度100mg/l

です。

Aベストアンサー

>薬品1(液体):原液の濃度100g/l   試薬A中での濃度10g/l

原液濃度100 g/lを終濃度10 g/lにするためには10倍希釈、
つまり終体積の1/10体積の原液を使う。

>薬品5(液体):原液の濃度500mg/l   試薬A中での濃度100mg/l

原液濃度 500 g/lを終濃度100 g/lにするためには5倍希釈、
つまり終体積の1/5体積の原液を使う。

>薬品2(液体):原液の濃度20mg/l   試薬A中での濃度50mg/l

これは終濃度が50 mg/lが、原液濃度20 mg/lより濃くなっていますから無理。数字か単位が間違っている?

終体積1 リッターの試薬Aを作るなら
薬品1を100 ml (1 リッターの1/10体積)
(薬品2は設問がヘンなので省略)
薬品3を3 g
薬品4を100 g
薬品5を200 ml (1 リッターの1/5体積)
をまぜて、水で全量を1リッターに調整する。

QTLC発色試薬  塩化マンガン(II)溶液について

TLCにて、脂質、ステロイド類のスポットを発色させるのに、 塩化マンガン(II)溶液があります。作り方をみると、塩化マンガン(II)・2水和物を使っています。塩化マンガン(II)・4水和物でも代用できますでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には使えます。
式量による対応量を取って調製します。

Qジェネリック薬品について

ジェネリック薬品について

私は先月まで頂いてた薬にジェネリックがあると知り、処方薬をジェネリックにしてもらいました。
ここで、私の疑問なのですが、ジェネリック薬品と正規の薬品を一緒に飲んで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

ジェネリック薬品だからといって即問題は生じないと思いますが、
ジェネリック薬品は副作用の臨床試験がされていないのでその分リスクが高くなります。
継続して服用しているものであれば、通院時に主治医に判断してもらえるのでリスクを抑えられるでしょう。

Q有機反応の反応試薬について

2-methyl-1-cyclohexeneの3位置にOH基がついてる化合物のOH基をCH2COOH基に替えたい場合の反応試薬として 1)マロン酸エステル 2)NaOH aq で反応させる方法でいいのか教えてください。
1)の試薬がわからなくて困ってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それでは目的の変換はできません。
マロン酸エステル合成を利用するのであれば、OHを脱離しやすい基(ハロゲン、スルホン酸エステル等)に変換した後に、マロン酸ジエチル+塩基(C2H5ONa、NaHなど)と処理し、その後、教科書的な方法としては酸処理して、加水分解+脱炭酸ということになります。

ただし、先ほどの質問にもありましたように、CH3C(OCH3)3を使う方法(参考URL:ジョンソンークライゼン転位)が正解ではないでしょうか。

pukuchiさんのおっしゃる通り「将来役に立」ってますね。私の役にも立ちましたが(笑)。
一般的なクライゼン転位のバリエーションととらえればさらに有用かもしれませんね。

蛇足ですが、二重結合の移動も起こるでしょうが、分子の対称性を考えれば移動してもしなくても生成物は同じですね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317629

Qマグミット錠について

マグミット錠について

私は便秘になった時や
切れ痔になった時によく
このマグミット錠を服用しています。
効果が高くとても助かっているのですが
そろそろ薬が無くなりそうなんです。

元々私が持っているマグミット錠は
祖母がわざわざ医者に行って
貰ってきてくれたものなので
無くなったらどうしようかと
今大変困っております。

因みにマグミット錠(250mg)です。
薬局や楽天でも買えるみたいですが
250mgというものはあるのでしょうか?
また、市販で売ってる
マグミット錠(酸化マグネシウム系)の
薬があれば是非教えて下さい…!

また、250mgや300mg?など
数字が違うのがありますが
これらは何が違うのでしょうか…?
教えて下さい!

Aベストアンサー

ミルマグは、
http://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601003408_01_03
をお読みください。

アストルベンは
http://www.info.pmda.go.jp/ogo/J0601003118_01_02
をお読みください。

ともに瀉下薬(下剤)です

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q試薬の濃度計算

10×と書かれた濃い試薬を希釈して試薬を調整したい。最終的な試薬を500ml調整する場合、使用する濃い試薬と滅菌水の体積を求めよ。

と言う問題なのですがいまいちわからないので、わかりやすい解説お願いしたいです。

Aベストアンサー

薄めた後の試薬の量が、もとの濃い試薬の量と比べて10倍になっていれば、10倍に希釈したことになります。

最終的な試薬の量を500mlにしたいのであれば、もとの濃い試薬の量は50mlあれば良いことになりますね。
残りの450mlは滅菌水ということになります。

Q化学反応の反応速度を記述する際、反応成分の係数を濃度のべき乗にしますよ

化学反応の反応速度を記述する際、反応成分の係数を濃度のべき乗にしますよね?あれは何故なのでしょうか?経験則からべき乗になることが分かっているからなのでしょうか?詳しい方回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「詳しい方」ではありませんが、コメントします。

質問者さんが尋ねておられるのは、一般にべき乗になる理由ではなくて、「反応成分の係数を濃度のべき乗に」することの意味ではないでしょうか。

それは、ある種の単純な反応に対する近似であると思います。例えば、
A + B + C + ・・・ → P + ・・・
という反応は A, B, C・・・ がある非常に狭い空間(v)内でほぼ同時に出会う(衝突する)ことによって起こると仮定します。A の密度分布が一様であれば、じゅうぶん小さな体積の空間 v 内に A が1個存在する確率はその濃度 [A] に比例します。B, C・・・についても同様に、確率は [B], [C]・・・に比例します。いまの場合、v 内に A, B, C・・・がそれぞれ1個存在することは独立事象ですから、全体の確率は
[A]*[B]*[C]・・・ (1)
に比例します。反応速度はこの確率に比例します。

ここで、A, B, C・・・はすべて別種のものである必要はありません。A が n 個必要な場合には、先ほどの反応は
n A + B + C + ・・・ → P + ・・・ 
となりますが、A の密度分布に相関がないという仮定の下では、(1)式の確率の中に [A] が n 個存在することになり、(1)式は
[A]^n[B][C]・・・ 
となります。

当然ですが、この単純なモデルは、元の仮定が成り立たない反応には適用できません(↓参照)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E9%80%9F%E5%BA%A6%E8%AB%96

「詳しい方」ではありませんが、コメントします。

質問者さんが尋ねておられるのは、一般にべき乗になる理由ではなくて、「反応成分の係数を濃度のべき乗に」することの意味ではないでしょうか。

それは、ある種の単純な反応に対する近似であると思います。例えば、
A + B + C + ・・・ → P + ・・・
という反応は A, B, C・・・ がある非常に狭い空間(v)内でほぼ同時に出会う(衝突する)ことによって起こると仮定します。A の密度分布が一様であれば、じゅうぶん小さな体積の空間 v 内に A が1個存在する...続きを読む

Q「マロノニトリル」と言う薬品について教えていただきたいのですが、この薬

「マロノニトリル」と言う薬品について教えていただきたいのですが、この薬品を輸送する際に重量は何グラムから輸送可能なのか、もし、輸送するなら標識は必要なのか、必要ならどの様な標識なのか、そしてこの薬品が劇物となっているのですが、この薬品が劇物としての細目(劇物としての内容か細目)を教えて欲しいです。

Aベストアンサー

他の回答を見て、大体の危険性は判りました。
一番の問題は、この危険物扱いの薬品を輸送してくれる、運送会社とコンタクトを取って下さい。
私の会社は、常時、危険物の輸送してるので、運送会社の手配は楽ですが、
初めてのお客の場合、運送会社に危険性データーを見せて、問い合わせ下さい。見積もりも必要です。

東京化成で、25g入り8000円で販売してるのを閲覧しました。
危険性のラベルの準備出来ますか? 完全密封して、ビニル袋に入れて、クッション材を入れてダンボールで
輸送は可能です。   少量でも、郵送は不可能だよ。

参考までに、何処から何へ送るのでしょうか?  化学会社や薬品問屋に勤めているなら、こんな質問は
来ない筈です???  いざの場合、薬品問屋から、直接相手先に送ってもらうほうが楽だと思う。
海外に送るのは、また話が、違ってきますのでね。

一般人が、扱う薬品では無いので、 貴方もシロウトでは無いですよね。簡単には入手出来ない薬品だと思う

理解度と、 どんな立場の人間か教えて下さい。

超危険な薬品の場合、自分で車に載せて、運ぶ事も有りますが、電車バスは持ち込み禁止だよ。

他の回答を見て、大体の危険性は判りました。
一番の問題は、この危険物扱いの薬品を輸送してくれる、運送会社とコンタクトを取って下さい。
私の会社は、常時、危険物の輸送してるので、運送会社の手配は楽ですが、
初めてのお客の場合、運送会社に危険性データーを見せて、問い合わせ下さい。見積もりも必要です。

東京化成で、25g入り8000円で販売してるのを閲覧しました。
危険性のラベルの準備出来ますか? 完全密封して、ビニル袋に入れて、クッション材を入れてダンボールで
輸送は可能です。  ...続きを読む

QGrignard試薬の反応性について

Grignard試薬は、ケトンやアルデヒド、カルボン酸塩、カルボン酸などのカルボニル炭素と反応しますが、反応性の高さは、どうなのでしょうか? 

カルボン酸は、あまり反応しないと思うのですが、どうしてなのかわかりません。ケトンとアルデヒドの反応性もアルデヒドの方が反応しやすい気がするのですが、理由がわかりません。

お願いします。

Aベストアンサー

Grignard試薬をR-MgXで表すものとします。
カルボン酸との反応では、最初の1当量が下記の反応によって消費されてしまいます。
R'-COOH + R-MgX → R'-COOMgX + R-H

アルデヒドはケトンよりも反応性が高く、その理由は、1つにはアルデヒドの方がカルボニル炭素の周辺の立体障害が少ないことが挙げられます。
もう1つは、ケトンの場合には電子供与性のアルキル基が2個、カルボニル炭素に結合していることによって、その電子密度が大きくなり、求核性のGrignard試薬の攻撃を受けにくくなります。

カルボン酸塩はあまり反応性が高くないように思います。


人気Q&Aランキング