小泉さんが、憲法9条改正について言及したことで、
ふと思ったんですが、
日本はなぜ永世中立国にならないんですか?

永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
(気のせいだったらゴメンなさい)
ということは、自衛隊は、海外に行かなければ、いいんですよね。

多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?

それから、永世中立国になると、経済的、政治的に不利になるのでしょうか。
スイスとかオーストリアは、あまり発言力がないですよね。
なにも輸出入まで制限されるわけじゃないから、
少なくとも、経済的に発言力があってもよさそうです。

これだけ「平和」を叫びつづける日本のくせに、
なぜ先頭を切って永世中立国の宣言をしないのか、
不思議でなりません。

明確な回答は存在しないかもしれませんが、
みなさんのご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。



> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要となります。
軍事力に金をつぎ込むぐらいならば、外交で国を守る方が遥かに安上がりで現実的です。
(過去のODAの様に安易に金をばらまくのが国を守る外交だとは言いませんが)

> 多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
> 日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
> これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?
たぶん、これが一番難しいと思いますよ。
9条を改正して自衛隊を合法化するよりも、(あるいは9条に従い自衛隊という名の軍事力を廃するよりも)日米安保を破棄することの方が難しいんじゃないかな?
元々、日米安保自体、国民多数の反対を押し切って結ばれ、今や完全に依存してますからね。
日米安保を破棄すれば、今までのようにアジア諸国の感情を無視した自己中心的で無神経な政治は出来なくなります。(内政・外交問わず)
アメリカという強引で凶暴な大国が日本のバックに付いているために身を引き裂かれるほどの屈辱に耐えている人々はアジア全体では少なくありません。
正しい歴史教育を受けていない無知な政治家の不用意な発言が即深刻な国際問題になってしまうでしょう。
近隣諸国とあまり仲が良くないことにさほどの危機感を感じない日本が日米安保を破棄するのは極めて危険です。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

強い軍事力を用意して、日米安保を破棄する…
確かに危険ですね。近隣諸国から攻撃されそうです。
(政治的、経済的だけでなく、軍事的にも)
その時はおそらく永世中立国っていう肩書き自体無意味ですし、
その前に、永世中立国になれないですね。

そうなると、例えば将来的に近隣諸国が経済的発展を遂げ、
日本やアメリカと同等の発言力を持ったとすれば、
日米安保自体にはあまり意味がなくなるし、
日本のその「近隣諸国の感情を無視した」政治なども、
出来なくなる、っていうことですよね。
よくよく考えれば、日本って危険な位置にあるんですよね。(^^;

最近は、韓国や中国も日本に対して強気の発言を出来るように
なってきているから、そろそろ日本人も考え方を改めなければ
いけませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 08:48

>多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。


>日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
>これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?

そんなアッサリ言ってのけられたら、日本の戦後50年の歴史が泣きますよ。
安保条約の破棄は、全く不可能とは言いませんが、かなりの政治的コストをかけることは確実です。
自衛力増強、国際政治の発言力云々の前に、まずこの問題をクリアせねばなりません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

他の人にも書いたのですが、
安保条約がある限り、日本はアメリカ以下
っていう現実がイヤなんです。
経済的能力というのは、日本はかなりのものを持っていると思います。
ただ、それを十分に発揮できないのは、やはり安保条約ですよね。
もちろん、直接的には関係はないのですが、
安保条約によって、日本はアメリカに守られている、
っていう前提が出来ていますから…。

何千年・何万年経ってからでもいい、
安保条約がなくなって、世界の国と対等に渡り合える、
そんな国になってほしいですね。

お礼日時:2001/04/27 09:05

まず、国民皆兵精度により、全国民が兵役をこなし、全ての家庭にはライフル・短銃・機関銃などを装備しましょう。

それに違反すると罰せられます。
そして、世界中のいわゆる汚れた金をきれいにするマネーロンダリングを国家レベルで行いましょう。
最後に各大都市の中心地に核地雷を埋めておき、万が一侵略者に敗れることがあれば、敵を道連れに国全体を滅ぼし、二度と誰も使えないような土地にする工夫を施しましょう。
そうすると、スイスと条件がおなじになり、永世中立国としての道を歩める可能性もでてきます。
これは皮肉ではなく、現実のことなのです。
近世になって、他の国が永世中立を断念した中でスイスの中立が保たれているのは上記の理由によるものです。
侵略者は徹底的にやっつける。自分の身は自分で守る。世界のどの国もが手を出せないような経済的な強みがある。いざとなったら、敵との心中も辞さない。
これらのことは永世中立を保つのに必須のことです。
現在の日本にそれほどの力はありませんネ。
まずはアジア一の軍備増強を行う必要がありますしネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 8
この回答へのお礼

心中はしたくないです;;
軍事力自体を根本から嫌う現在の日本国民ですから、
かなり非現実的なものになってしまいますね。
永世中立国に要求されるものは、自衛のための軍隊、
ただそれだけだと思っていたのですが、
その軍隊もそれほどのものとは…
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 09:01

先の一文について訂正させてください。


スイスはウェストファリア条約で国際社会から独立国家として認められましたが、
永世中立国として承認されたのは19世紀のウィーン条約でした。
中立主義を国是としながらも、それまでにナポレオンの干渉を受けたりしてます。
失礼いたしました。世界史の勉強なんて受験以来だからなぁ(言い訳)。
    • good
    • 3

スイスがなぜ今永世中立国かというと、単に自分で宣言しただけではなく17世紀のウェストファリア条約で当時の欧州世界全部からそれを承認されたからです。

日本が永世中立国になるなら、やはり原理的には全ての国の承認を受ける必要があるのでしょうね。
また実際の国際法の問題としては、中立国には紛争時に他国からの干渉を実力で排除する”義務”があります。どちらの味方もしなくて良いのではなく、どちらの味方をしてもいかんということです。たとえ武力で脅されても何らかの協力をした時点で中立国ではなくなります。結構厳しいんですよね。
この理屈から言うと、国連を脱退しないといけないかもしれませんね。
国連は不当な侵略行為には全加盟国が協力して自衛戦争を行うことを定めています。半ば忘れられた条文ですが、これは究極の集団安全保障です。

この点スイスは他国の干渉は実力で排除するというスタンスを堅持しています。
NATOはもちろん、国連にも加盟していません。
替わりにGNPの数%を防衛のためにつぎ込む、重武装中立国家です。
他国の干渉を受けた場合は全ての男子国民が動員されて自衛戦争を行います。
核攻撃への自衛はもちろん、自国の核武装を検討したことさえあるそうです。
そこまでしてでも他国との防衛協力は絶対にしないという決意な訳です。
私はスイスが追求しているのは「平和」というより「独立」と理解しています。

私は永世中立という考えは一つの見識であり、長期的には決して非現実的とは思ってはいませんが、日本の求めるべき平和主義とは少し方向性が違うというのが私の意見です。
私の知る範囲では「国連軍ができれば自国の軍隊は要らない」というのが本来の戦後日本の平和主義の理念だったはずで(非武装中立論はむしろ亜流?)、
この原点に現実を近づける方向で地道に他国との協力関係を広げていく方が、一見危険なようでもむしろ望ましいかもしれないと考えています。

何だか歯切れの悪い回答になってしまいましたが、
できるだけ特定の思想からは距離を置いたつもりです(そうでもないかな)。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

確かに国連は平和解決集団というよりも、
軍事同盟的なところはありますよね。
もちろん、すぐに武力行使をするわけじゃないけど、
結局最後には国連の名のもとに、攻撃しているわけですから。

スイスとは違うんですね。
日本の場合は、いかなる場合も武力を使わない、という姿勢ですから、
自衛のための軍隊なんていうのも、実際のところ、
国民から嫌がられるでしょうね。
そうなると、やっぱり自衛隊も今のままで、
アメリカに支えてもらう?ほうがいいのかもしれませんね。

でも、アメリカには永遠に勝てない気もする。(^^;
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 08:57

永世中立国であるためには、国際法上「他国によってその安全が保障されていること」が条件です。


つまり日米安保を破棄してしまうと、この条件が成り立ちません。

また、他国への軍を出しては行けないので、国連から抜ける必要があります。
何か有ったとき国連軍として軍を出さねばならないからです。
これは人的、兵器だけでなく経済的にもです。
しかし国連にとって「金づる」である日本を抜けさせてくれるかというと、
他国から猛烈な圧力がかかってきて無理でしょうね。

さらに永世中立とは「他人に何が有っても知らん顔」ということです。
たとえ韓国や台湾などが他国によって侵略されても「知らん顔」していなければなりません。
「遺憾に感じる」とすら言えません。
それでもいいですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
そうなるとある意味で鎖国的状況ですね。

「他国によってその安全が保障されている」というのは、
スイス・オーストリアの場合はどうなのでしょう、
これは、世界的に認められた、ってことですよね、
どこかの国が助けているわけではないと思うのですが。
そうなると、日米安保自体は関係ないかと…。

もし、「世界の国々に認められた」状況であれば、
国連に入っていても、軍を出さないことを認められるようにも
思えるのですが…。

お礼日時:2001/04/27 08:40

私も世界の全ての国が永世中立国になってくれることを切望しています。


が、現実は、厳しいです。
以下のような理想と現実の違いではないでしょうか?(日本の方が現実的)

国レベルでは、
理想:すべての人が武器を持たない。
現実:犯罪抑止のため警官が、武器を持つ。

世界レベルでは、
理想:武力解決反対。永世中立国。
現実:紛争抑止のため国連等の加盟諸国が、軍事力を持つ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「力は力で抑える」的な考え方がある限り、
やはり理想でしかないんですね。
そういう点では、スイス・オーストリアはすごいのかな?
もちろん、国内の軍隊はあるようですが。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/27 08:36

私は専門家ではないので間違っているかもしれません。


永世中立国であるためには、例えば他国間で争い事があった場合にもどちらにも加担しないという事ですよね。どちらが正当だ、とかについて自己主張しない、という事ですね。国際社会といっても小学校の学級に例える事もできると思うのですが、みんなの和をみだす者に対して注意もしない、イジメられている者を助けようともしない、というスタンスをとるという事と同じではないでしょうか。
日本は幸か不幸か経済力があり、国際政治の舞台では発言力があります。こういう力のある者が傍観者である事を他者は許さないのでしょう。力のない国も強い国も味方につけたいと考えていると思います。ですから、味方にならないと判った時にはそれなりによそよそしくなるのは当然でしょう。外国相手の商売で豊かになった日本としては、よいお客さんにはゴマスリしたいくらいのものですから、お客さんの機嫌を損ねてしまうと政治的、経済的に不利益は大きいと思います。
力のある国の一つとして、いろんな案件に対してどう考えているのか立場を明確にすることを求められるのは仕方のない事だと思います。考えを示せば、国際紛争などの場合では特定国を非難する事と同義となります。なにもせずに非難だけしているという事も許されないでしょう。なんらかの実行行為が求められます。中立は非常に難しい事だと思います。

平和主義、武力行使の否定、というのは立派な主張だと思いますが、平和憲法は力のない、実質アメリカの属国であった当時の日本であればこそ明文化できた物だと思います。
クラスの暴れん坊を体罰なしに早急におとなしくさせる事が難しいというのと同じ問題を含んでいると感じます。先生に言い付けられても構わないとする子は先生の力を恐れていないからでしょう。腕力で対抗してこられたら困るけど、先生は絶対殴らないから大丈夫、いや先生とならケンカしても勝てる、とナメられている状況をどうしたらいいのでしょう。
平和の番人としては、武力行使を否定しながらも、自らが丸裸では強制力の実効性に問題がある、というところなのではないでしょうか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

分かりやすい例を挙げていただいて、ありがとうございます。
一時期問題になったPKOへの自衛隊の派遣についても、
やっぱり断るに断りきれない部分がありましたね。
「永世中立だと発言力がなくなる」というよりは、
「発言力があるから、永世中立国になれない」というほうが、
現実かもしれませんね。

お礼日時:2001/04/27 08:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q永世中立国になるには?

スイスのような永世中立国になるにはどうすればいいんでしょうか?
過去の歴史を振り返るに、ベルギーのように永世中立国であるにもかかわらず侵略された国もありますが、
現在のスイスの発展を見るに最強の選択に思えます。
国連に申し出ればいいのでしょうか?
もっとも日本は領土問題や、台湾問題により不可能でしょうが・・・

Aベストアンサー

永世中立を保つ場合、他国から喧嘩を売られても受けて立つだけの力が必要です。
つまり軍備増強が必要です。
スイスなどは、そのために核兵器所有も検討されました。
常備軍を持ち、一定の兵力と質を保つ必要があるため、徴兵は必須でしょう。
それだけの軍を養う予算も必要です。
それがゆえに、スイスは税金がすんごく高いです。

また中立ですから、どこかに紛争があっても、隣の国が占領されても何一つ発言は出来ません。「遺憾だ」すらも。
中国VS亜米利加の戦争が起きても、どちらの味方もできません。
PKOやPKFへの参加もできません。
つまり戦争がおきても、しらんぷりしてなければなりません。
国連の要請があると軍を出す必要があるので、国連からも脱退が必要ですね。
2003年までスイスは国連に加盟していませんでした。

こうなると貿易相手が居なくなる可能性もありますので、エネルギー、資源、食糧自給の手段も考えておく必要があります。

さらに「日本が中立を保ってくれないと困る」状況を成立させる必要があります。
スイスの場合は銀行が役目を果たしてくれました。
現在の日本にはそういうものがありません。

簡単に言えば永世中立というのは「どこにも誰も味方が居ない」状況になるのです。

永世中立を保つ場合、他国から喧嘩を売られても受けて立つだけの力が必要です。
つまり軍備増強が必要です。
スイスなどは、そのために核兵器所有も検討されました。
常備軍を持ち、一定の兵力と質を保つ必要があるため、徴兵は必須でしょう。
それだけの軍を養う予算も必要です。
それがゆえに、スイスは税金がすんごく高いです。

また中立ですから、どこかに紛争があっても、隣の国が占領されても何一つ発言は出来ません。「遺憾だ」すらも。
中国VS亜米利加の戦争が起きても、どちらの味方もできま...続きを読む

Q永世中立国の果たす国際的な役割って?

スイスは永世中立国と言われていますが、国際社会の中でスイスはどのような
役割を果たしているのでしょうか?

中立ということは、A国がB国に対してトンでもない国際法無視の侵略をして、世界が
B国を守らなければならない情况にあっても、中立国はそれをだまって見ている事しか
出来ないわけですよね?

もし世界でそういう情况が起こったとき、スイスはどのような政策をとるのでしょうか。
そういう情况が解決したときに、スイスはA国、B国の復興に対して同等の支援をするのでしょうか?

また、なぜスイスは国際社会の中で「永世中立」を貫き通せるのでしょうか。
スイスの食料自給率や、エネルギー自給率は世界に比べて高いのでしょうか。

スイスには徴兵制があり、軍事力も世界有数と聞いた事があります。

これについても詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

 大体のことは先の人が述べていますので、私は少し補足させていただきます。まず中立に関してですが、中立というのは敵の他国への侵略に関して無関心でなければならない他、多くの人が忘れていることですが、戦争当事国の自国の利用も阻止しなくてはなりません。ですから、もしA国がB国に対して、国際法を無視して侵略したら、中立国は基本的に何もすることはできません。ただし、A国が自国(中立国)を利用しようとしたら、具体的には自国の領海内、領空内を通過するとかしたら、それを阻止するために行動しなければなりません。これは中立国としての地位を守るために必要な措置であり、また中立国としての義務です。また当然のことながらA国やB国に対して、軍事力はもちろん、軍事力以外の物資、つまり食料や武器などを援助することもできません。自国の民間会社がA国やB国の武器を製造していた場合はどうなるかはちょっと分かりませんが、やはり敵にしてみれば利敵行為であるので中立とは言えないと思います。よって政府は中立を守るためにその会社に対してA,B両国に対し禁輸措置を取るだろうと思います。それと紛争解決後の支援ですが、これは中立だろうと参戦国であろうと別に関係ないと思います。A国は侵略国だから援助しては駄目だ、という規則はありません。
 よって中立国としての地位を守る為にはどうしても軍事力が必要になります。理論的には「非武装中立」というのは有り得ません。自国は他国を侵略しなくても、軍事力がなければ他国の利用を阻止することができないからです。もちろん卓越した外交力がその国にあればいいのかもしれませんが・・・ ですからあくまでも非武装中立は厳しい言い方ですが、「運頼み」の中立政策と言えます。あくまでも非武装中立を通そうとしたら、現実的には他国に自国の安全保障の代行を依頼するしかないと思います。この場合も自国で軍事力を持たないだけで、軍事力に守られていることには変わりありません。
 さてスイスが第二次世界大戦中も永世中立を守り得たか、という点ですが、スイス自体が山岳国家で天然の要害であったこと、強力な軍事力を保有していたことがあげられると思いますが、厳密な意味でスイスが中立を守っていたか、と言われると甚だ疑問が残ります。というのもスイスはナチスドイツと取引があったのではないか、と疑われるからです。もちろんこれは中立の「当事国に自国を利用させない」という定義に引っかかりますから、このようなことがあれば本来は「中立」とは言えなくなります。で、疑わしい点というのはナチスドイツが被占領地から収奪した莫大な資産がスイス連邦銀行に預けられていた、ということです。これは公に認められていることですが、当時のスイス政府が「ナチスの資産を保管する代わりにスイスを侵略しない」という約束をナチスと結んでいた可能性があります。
 スイス以外にも第二次世界大戦で中立を宣言し、最後まで中立を守りきった国はわずかながらあります。しかし本当の厳密な意味で中立を守りきった国はあっても一カ国、あるいはないかもしれません。北欧のスウェーデンにしてもここには大きなボールベアリング工場がありました。ここが製造するボールベアリングはほとんどがナチスドイツに輸出され、彼らの機動力の素であり、当初の快進撃を支えた戦車に使われました。スペインも中立を守りきった国のひとつですが、当時のフランコ独裁政権は内戦で枢軸国の支援を受けた経緯があり、ヒトラーはフランコに対し、参戦するようにたびたび働きかけていました。ですからフランコの参戦を得るためにたまたま枢軸国が侵略しなかっただけで、ほとんど枢軸国側とみなして構いませんでした。たさ参戦はしていませんし、連合国も敢えて敵を増やすようなことはしたくなかったので、攻撃はしませんでした。そういうことでスペインはどちらの攻撃を受けることもなく中立を守りきったわけです。皮肉なことに第二次世界大戦で一番中立を守りえたのはスペインかもしれません。

 大体のことは先の人が述べていますので、私は少し補足させていただきます。まず中立に関してですが、中立というのは敵の他国への侵略に関して無関心でなければならない他、多くの人が忘れていることですが、戦争当事国の自国の利用も阻止しなくてはなりません。ですから、もしA国がB国に対して、国際法を無視して侵略したら、中立国は基本的に何もすることはできません。ただし、A国が自国(中立国)を利用しようとしたら、具体的には自国の領海内、領空内を通過するとかしたら、それを阻止するために行動しなけ...続きを読む

Q永世中立国は自国に軍隊もってないんですか?

スイスのような永世中立国は自国に軍隊もってないんですか?

Aベストアンサー

「永世」に「中立」ってことは、「永久」に「誰とも組まない」、つまり、永久に誰と組まなくても独立を保ている、すなわち、「永久に一人で最強」でいるってことですよ。

例えば、あなたはボブ・サップとケンカしようと思いますか?
つまり、強い人は自ら動かなければずっと平和でいられるんです。
では、あなたに仲間が10人いたら、あるいは、あなたが銃を持っていたら?今度はボブ・サップの方がケンカしようとは思いませんね。
ですから、永世中立国とは永久に一人で誰よりも強くならなければなりません。

ただ、何も国防には軍事だけでもないんです。例えば、スイスは税金が安いです。そして有名なスイス銀行がありますよね。こうすることで、世界中の金持ちがスイスに財産を移します。そのスイスが侵略されて銀行などが凍結したら、世界中の金持ちが困ります。そこで、世界中の金持ちがスイスとは戦争しないように圧力をかけるかもしれません。
では、日本もそうすればいいと思うかもしれませんが、なかなか単純にそうはいかないようです。

Qスイスの国連加盟と永世中立について

自分は高校3年生です。今度、学校で「スイスの国連加盟は国民の国際化に対する意識のどのような変化から生じたものか」ということについてプレゼンテーションをしようと思っているのですが、なかなかいいサイトが見つからず、非常に困っています。なにかお勧めのサイトがありましたら、教えてください。また、意見のようなものを言ってくださっても、大歓迎です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考になるかわかりませんが、次のサイトを見つけましたので。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/switzerland/un.html

外務省のサイトの中にありました。

Q憲法9条・自衛隊の存在・日米安保について考える

憲法9条・自衛隊の存在・日米安保の是非については度々議論される問題です。

是とする考えには他国からの軍事的な侵略があった時、国民の生命・財産の保護のための
防衛手段だと言うのが根拠として言われています。しかし理由がどうであれ一度戦争が
始まってしまえば、戦場で命を落とす兵士が必ずいるでしょう。

1.その兵士の命の重みをどう考えれば良いでしょうか?

また戦争の相手国の兵士・一般市民の命も同時に奪う事になるでしょうが、

2.戦争によってそれらの人々の命を簡単に奪う事は仕方のない事なのでしょうか?

3.我々一般市民に国家のために戦争によって命を捧げる覚悟があるでしょうか?

そのように考えると、いくら我が国に非がなく一方的に侵略を受けたとしてもいざ戦争になれば
両国には多大な被害が出て、我が国は多くの国民の生命・財産・尊厳を失うのは必死です。

4.例えば一切の抵抗もせず降伏し、甘んじて侵略され多くの国民の生命・財産・尊厳を奪われた
としたら、等しく不幸になる前者との違いはどこにあるのでしょうか?

もし軍隊らしき物も一切保持せず、第三国の軍事的支援も一切受けず、

5.全ての戦争・侵略を悉く放棄する旨を憲法で制定する国家があるとしたら、国家として成立させる事は難しいでしょうか?

例えばアメリカのような、

6.国家に対する忠誠心を持った国民性やそのような思想・教育・社会性のない日本では、
諸外国をまねて軍隊を持つ事に意味があるでしょうか?

私の浅はかな疑問にお答え頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

憲法9条・自衛隊の存在・日米安保の是非については度々議論される問題です。

是とする考えには他国からの軍事的な侵略があった時、国民の生命・財産の保護のための
防衛手段だと言うのが根拠として言われています。しかし理由がどうであれ一度戦争が
始まってしまえば、戦場で命を落とす兵士が必ずいるでしょう。

1.その兵士の命の重みをどう考えれば良いでしょうか?

また戦争の相手国の兵士・一般市民の命も同時に奪う事になるでしょうが、

2.戦争によってそれらの人々の命を簡単に奪う事は仕方...続きを読む

Aベストアンサー

1~4.ここまでを考える段階に日本人は達していないと思います。

平和と戦争の対立軸のみしかない日本人はそれらに達していない。

なぜなら善悪の基準というのは流されやすいものだからです。
もし北朝鮮からミサイルが発射されれば一晩で善悪は逆転します。
恐怖とは本能に強く働きかけるので簡単に操られます。

単純(安易)と緻密(熟慮)の対立軸が必要です。

・単純な平和支持
・単純な戦争支持
・緻密な平和支持
・緻密な戦争支持

緻密な平和支持のみが平和を維持し
緻密な戦争支持のみが戦争を成功に導けます。

>5.全ての戦争・侵略を悉く放棄する旨を憲法で制定する国家があるとしたら、国家として成立させる事は難しいでしょうか?

戦争をするように緻密に考え、同時に実行の誘惑に耐える必要があります。無理でしょうね。

>6.国家に対する忠誠心を持った国民性やそのような思想・教育・社会性のない日本では、外国をまねて軍隊を持つ事に意味があるでしょうか?

軍隊というか戦略性を持つことに意味があると思います。
まず国連軍で経験を積むのが一番迷惑にならないような気がします。それでもいろいろ騒動が起きると思いますが。

1~4.ここまでを考える段階に日本人は達していないと思います。

平和と戦争の対立軸のみしかない日本人はそれらに達していない。

なぜなら善悪の基準というのは流されやすいものだからです。
もし北朝鮮からミサイルが発射されれば一晩で善悪は逆転します。
恐怖とは本能に強く働きかけるので簡単に操られます。

単純(安易)と緻密(熟慮)の対立軸が必要です。

・単純な平和支持
・単純な戦争支持
・緻密な平和支持
・緻密な戦争支持

緻密な平和支持のみが平和を維持し
緻密な戦争支持のみ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報