あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

人脈について

「人脈」について質問です。私は社内外で現在ネットワーク(人脈)を広げようと業種関わらず名刺交換をさせていただく機会を増やしております。人脈については「人」ということもあって非常に重要なことだと私は思っていますが・・・なかなかビジネスに繋がっていないのが現状です。人脈をビジネスに繋げるポイントは何でしょうか??また役員からは「その人脈をどう会社で活かすのか?」ということを聞かれます。私はただ「人脈」を広げてるだけ・・・になってしまってます。どう活かすのか?の質問に回答できず・・・

何かアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ポジションと能力です。



ビジネス上の人脈はギブアンドテイクが期待できる物です。
例えばある会社の若手社員と名刺交換をしても私は彼とビジネス上の人間関係が出来たとは考えません。
会社の社長であったり中間管理職以上だと考えます。
何かお願いした時に決裁権を持っているないしは決裁権を持っている人に影響を与えうる
物で無い限り無意味でしょう。
つまり相互にそういう関係で無い場合には名刺を配り歩く行為は人脈の効果を発現
させるか否かという点だけで判断すると無意味です。

能力があれば決裁権など無くてもいいでしょう。
情報量が多かったり法務や税務等の知識が豊富で知識を与えることができない限り
相手は貴方を重宝しません。

上記の二つに共通するのは、まずは貴方に周囲に重宝がられる何かがあるかということです。

若い時異業種交流会で知り合った同士が20年経ってお互い偉くなって
ビジネス上有効な人脈を形成する場合もありますが、それまではただの
飲み友達でしかなく人脈という言葉を使うのもおこがましいレベルです。

ひょっとしたら役員さんは暗に「他にやるべきことがあるだろう」と言ってるのかもしれませんよ。
    • good
    • 0

知り合っただけでは、人脈とは言いがたいですね。


ただ、知り合ってからまめに連絡を取るなどすることで人脈になると考えています。

一番良いのは、お互いにメリットがある関係が良いとは思いますが、相手にメリットを感じさせておくことだけでも重要だと思いますね。
会社名と一社員の名前などというだけでなく、その会社がどのような業務を行っており、あなたの会社との関係・関連性を把握することですね。

業務内での人脈は会社のものかもしれませんが、自分の人脈になることも多いでしょう。
売り込みをする相手という考えであれば、定期的にに連絡を取ったり、訪問することも大切でしょうね。
あなたが人脈と思っていても、相手があなたのことを忘れていれば意味がありませんしね。

私は、税理士事務所で補助者経験のある零細企業の役員です。事務方の役員として、トラブル回避の知識を学ぶことに注意していますが、実際のトラブルなどとなったり、専門性の高い手続きとなった際に、一見での専門家への依頼をしないため、あらゆる専門家との人脈の確保を重要視していますね。
弁護士であっても、刑事事件が得意だのといろいろありますから、一覧にして、どのような経緯の人脈なのか、どのような話題で親交を深めたのかを把握し、その専門化の得意分野などの把握するための聞き取りなどもするようにしていますね。そして、依頼まで行かなかった相談などであっても、お中元やお歳暮などでのお礼を忘れないようにしていますね。
    • good
    • 0

人脈って


仕事の中から苦境を共有してがんばったとか
その人(会社)の為に骨身を惜しまず努力したとか
というようなことから生まれる会社の枠を超えた絆です。
名詞交換したぐらいでは人脈ともいえません。
貴方はその人達の顔をすべて覚えていますか?
そんな人の為に骨を折ってやる気にはとてもなれません。
単なる伝手でありきっかけにしかならないでしょう。
人脈というのはそういう仕事上の固い信頼関係から
共通の人を通して紹介してもらって
生まれるものだと思います。
取引や交流のある信頼置ける人に問題を相談したら
その人がよく知っている問題が解決できるかもしれない人を紹介されるというようなことです。
自分の仕事をがんばって実績や信用を勝ち得ていないと
そういうことは生まれません。
実績も信頼関係も無い人を自分が信頼している人には紹介できません。
    • good
    • 0

人脈と言うのは、ギブアンドテイクです。

名刺を交換しただけでは人脈が出来たとは言いません。
貴方は、貴方の人脈と言える人にどの様な情報を提供できますか。こちらから情報を提供できなければ、相手からももらえません。
情報がオープンになった時点ではすでに遅すぎます。だから情報を中心とする人脈と言われるグループが存在するのです。一般のサラリーマンには縁がない世界です。
精々、大学の先輩後輩・スポーツの指導者と仲間この位が関の山です。会社に貢献できる情報の把握などサラリーマンには所詮無理な話です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング