原発事故が起きて今自然エネルギーが注目されてるけど
自然エネルギーにシフトして脱原発するのは可能なのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

短期的には原発は必要です。

特に、これからの数年は、福島と女川さらに浜岡の発電力を失っているので、他の原子力発電を使っても、よほど節電につとめないと供給不足のために大停電が起きて、市民生活と経済が大きく損なわれかねません。

しかしながら10年20年という目で見ると不要になります。長期的には日本のエネルギー需要は減少するからです。

原子力発電が必要と思い込んでいる人たちは、日本の経済はずっと右肩上がりの成長を続け、人口は増加し続け、エネルギーがますます必要になるという幻想に惑わされています。しかしながら、実際は思ったほどは成長もしないしエネルギー需要も伸びません。

総合資源エネルギー調査会が平成17年に作成した「2030 年のエネルギー需給展望」というレポートがあります。  http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g5032 …

この123ページに高成長ケース、低成長ケースの最終エネルギー消費予測のグラフがあり、2030 年度までに頭打ちとコメントがあります。ところがエネルギー庁の速報 http://www.meti.go.jp/press/20101109001/20101109 … を見る限り2009年の時点で実際のエネルギー消費は1994年のレベル以下に落ち込んでいます。日本のエネルギー需要は予想より遥かに早く減少しているのです。

むろんリーマンショック不況の影響もありますが、減少は2004年からの継続的なものであり、2030年ころには日本のエネルギー需要はピーク時の80%以下になるでしょう。2000年代に入ってからの原子力発電が国内のエネルギー供給に占める割合は10%程度ですから、2030年ころには原子力発電によるエネルギー供給なしでも、国内需要は充足できます。
    • good
    • 0

短期的に、今すぐ自然エネルギーにシフトして早々に原発を止めるというのは全く不可能。


「再生可能エネルギー促進法」とか言っているが法律を作れば解決するような段階ではない。
自然エネルギーはどれも技術的課題が山積みで経済対策だけで即解決できるものではない。

長期的に、10年、20年後までに段階的に自然エネルギー利用を増やして原発を止めるというのなら不可能と断じることはできない。
自然エネルギーの各技術課題を解決して行き、蓄電や負荷制御を併用して頑張れば将来的には全部自然エネルギーということも可能になるかもしれない。
現状だと絵に描いた餅どころか絵も描けないけど、それは将来にわたって絶対不可能ということでもないから。
ただし道は険しく、行き着くには思いつきのポピュリズムではなく綿密な計算と信念に基づいた実行計画が必要です。
    • good
    • 0

こんばんは。



現時点で可能か不可能かは、重要な問題ではありません。


脱原発という大きな目標に挑戦するかしないかという問題だと思います。


進めば、道を切り拓くこともできるかもしれませんが、

進まねば、答えさえ知ることもないでしょう。


結果の重大性を考えると、我々は明らかに大きな間違い犯しました。

次世代の事を考えれば、早めに決断し、挑戦すべきだと思います。

たとえ、それが、とても困難で不可能であるように思えても、挑戦しない者に未来はないかと思います。

ご参考までに。
    • good
    • 0

 現状では不可能です。

将来的には可能かも知れません、ただし、それが何時になるかの見通しは全く立っていません。候補となる技術は幾つかありますが、まだ実験段階に過ぎないのです。
 風力も太陽光も補助電力にしかならない。地熱は安定電力になれますが、試算によるとその潜在力は原発20基分、現在ある原発51基の半分以下。しかも潜在力を全て電力に出来る訳ではなく、実際にはその半分程度と考えた方がいいでしょう。

 人口1億3千万人の工業先進国である日本の必要電力を、例えその3割と言えども自然エネルギーで、と言うのは簡単な事ではないのです。
    • good
    • 0

恐らく電力事情から無理でしょうね。

 安定供給に疑問が生じます。

電力を大量消費する東京都は、態度を小電力に傾けません。
オリンピック招致に余った予算四千億円ありますと言ったものの、血税です。

今後発電は、「核分裂」から「核融合」に置き換わると説明された番組がありました。
では、誰が核融合を発案し、どの企業が製作担当するのでしょうね。

さ~っ、困った、大変だ。 脱原発だ。 増税だ。
    • good
    • 0

>自然エネルギーにシフトして脱原発するのは可能なのかな?



日本の社会の仕組みが180度変わることがなければ、すぐに原発を完全停止することはできません。
脱原発するには、原発に変わるメインの発電システムの開発と国をあげての政策が必要不可欠です。

現時点での再生利用可能エネルギー(太陽光・水力・風力・地熱、等)に力を入れたとしても、数年で原発分の電力を補うことは難しいでしょう。
    • good
    • 0

それは県外・国外に移転というのと同じです。


googleマップで検索しても県外というところや国外という国はなく、ない以上移転はできませんでした。

自然エネルギーてなんですか、三井物産で自然エネルギーて買えないですよ。
三菱重工に自然エネルギーの発電所作れって言っても作れませんよ。
具体的に言えばいいじゃん、風力とか太陽とか。
具体名を言った瞬間にインチキてことがバレてしまうので自然エネルギーとか再生可能エネルギーていう
用語を使っているんだけど。
    • good
    • 0

自然エネルギーって何ですか?


水力、地熱、風力、ソーラー、天然ガス、石油もそうですよね。

水力、地熱、風力、ソーラーは日本には向いていませんし、
それでは賄えません。

仮にそれらに投資するなら原発の安全対策に其の費用を使った
方が合理的です。

小さな国土に多くの世帯や工場が有るので自然エネルギーでは
電力が絶対的に不足します。
    • good
    • 0

ANo.3です。



前のMP3で発言されていた民主党の川内博史氏が「節電の嘘」について詳しく調べています。
自然エネルギーや脱原発についても述べられています。
http://vimeo.com/25585603
    • good
    • 0

自然エネルギーが、国民的注目を集めるようになったのは確かに原発事故がきっかけであったかも知れません。

しかし国は30年以上前から自然エネルギーに注目しています。その証拠に、新エネルギー総合開発機構が設立されたのは1980年のことです。それは2度に渡るオイル・ショックが契機になっています。エネルギー資源として石油に依存することが危険であることが認識されたからです。その後、地球温暖化問題が世界規模の課題となって国は様々な助成政策で自然エネルギーの普及に注力し続けている。その一つの成果として風力発電所はいまや日本各地に50箇所もあります。これは原子力発電所以上に普及が進んだといえないこともない状況なのです。福島県にも風力発電所はあります。とはいいながら総発電量に占める風力発電のシェアは必ずしも大きくない。その理由は原発利権勢力が妨害しただのという荒唐無稽な妄想的理由でもありませんし、石油依存の危険性がなくなったわけでもないし、地球温暖化問題がどうでも良くなったからでもありません。
それは風力発電そのものに原因があります。風力発電には多くの問題があります。近隣住民に健康被害を与えてしまう。コストがかかり採算に乗らない。鳥を巻き込んでしまう。台風・暴風に弱い。発電能力が小さい。好適な場所が少ない。景観を阻害してしまう。需要に無関係に発電量が変動する。
もちろん自然エネルギーは風力発電だけではありませんが、どの自然エネルギーも似たり寄ったりの問題を数多く抱えていて、代替エネルギーと呼べる状況からは程遠いのです。
原発事故がきっかけで注目が集まったところで、それで解決できる問題は何一つもありません。原発事故が起きたから、台風が来なくなった。なんてことは全くない。
イタリアは唯一の脱原発国と呼べる国ですが、そのイタリアでも風力発電のシェアはたかだか4%に過ぎないのです。こういう事実一つとっても、原発利権勢力が自然エネルギー普及を妨害しているというのは何も根拠が無い妄説であることが分かりませす。
日本は火力発電所を代替させるために自然エネルギー開発に乗り出して、はや30年経過しました。にもかかわらず、火力発電のシェアはいまだに60%前後あります。
2年前に鳩山総理は2020年までに温室効果ガス25%削減という途方も無い国際公約を国連で演説しました。しかし、この国の民は、そんなことをすっかり忘れ去ってしまったかのようです。
菅総理は原発事故が起きたので、あの話は無かったことにしてくださいと国連で演説したのでしょうか。
反原発ヒステリー集団は、原発を打倒すれば自然エネルギーが普及する筈だという馬鹿げた妄想に耽っているようですが、それは間違いです。
自然エネルギーが普及するには、多くの課題があります。それは議論で解決できる問題ではない。時が解決する問題でもない。何はともあれ、ひとつひとつ地道に解決の道筋を見つける努力が必要だという以外にないのです。

国民ひとりひとりも無責任な言説に惑わされずに、複雑に絡み合った諸問題を的確に理解する努力が必要だろうと思います。日本人はハーメルンの笛吹き男の後についていってはならない。そう強く望むものである。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「脱原発」は、中国の罠

ある本に書いてましたが、日本のマスコミや、左翼が煽(あお)っている「脱原発」は、中国の戦略(工作)だそうですね?

日本が、「脱原発」をすると、日本の原発技術者は、仕事を失います。
失業が予想される日本の原発技術者を、中国が、大量に取り込めば、日本の原発技術は、世界一なので、中国が、世界の原発建設市場を席巻(せっけん)できます。

また、一時の感情にまかせて、「脱原発」をした日本が、近い将来、エネルギー不足に陥り、再び、原発に依存せざるを得なくなった場合、中国が、原発技術の供給元となることができ、日本のエネルギー政策を牛耳れる。

原発なしでやっていけるはずがないのに、マスコミや左翼が、無責任に「脱原発」を煽っていたのは、中国の工作活動だったんですね?
中国政府は、「将来的には、中国製原子炉を、日本も含めた世界の市場へ売り込む」と公言していますしね?

Aベストアンサー

中国の戦略はともかく、その可能性は高いですね。アメリカはスリーマイル事故以来、新しい原発を1基も作っていません。原子炉メーカーのGEなども東芝や日立に原子炉部門を売却し、撤退しています。技術者もいなくなり、商用炉の技術が継承されていません。世界で新しい高性能原発を作ろうと思ったら、日本に頼るしかないのです。韓国なども、原発を受注したら真っ先に東芝日立に注文を入れます。

左がかった政治家やマスコミが脱原発を言うのは、かなり政治的バイアスがかかっているのでしょうね。中国の影響なしとは言えません。大いにありでしょう。中国の取ってはまさに棚ぼたですから。アメリカが日本の脱原発政策に反対なのは、それを計算に入れているからでしょう。サムスンに電子技術を奪われたように、原子力技術が中国に奪われたら、東アジアの均衡は一気に崩れます。テレビやケイタイはご愛敬としても、原発技術を奪われるのは大問題です。何とか食い止めなくてはいけません。それには原発再稼働しかありません。早く日本人に目を覚ましてもらいたいです。

Q原発即廃炉にしたら核何発?

今 日本のすべての原発を即廃炉にし 余った核燃料(プルトニウムとか)を核ミサイルに転用すると
核何発分ぐらいの量になるのでしょうか?

中国を滅ぼせるぐらいですか?
それとも世界の覇権を握れるぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

別に原発を廃炉にしなくとも、日本にはプルトニウムが33トンあります。
それを全て核兵器にすれば、5000発以上を作ることができます。

中国や北朝鮮からの核の脅しが近づきつつあると思えるので、日本は、核爆弾の原料は不自由しないので、即座に核兵器を作れるように早く準備することが必要です。

Q脱原発のタレント議員の政策とは?

何か、政策らしいものは唱えているのでしょうか?

また、エネルギー問題で、諸悪の根源は原発だけと言うことなのでしょうか?

化石燃料を大量に消費する今のエネルギー問題は、大きな問題では無いのでしょうか?

今の流行りでしょうか、注目している問題を、定義して、ほかの問題をぼやかしてしまう事になると思います。
また、日本は原子力を輸出しようと考えているのであれば、他国には原子力を推奨して、自国では原子力を全廃する様に考えるなど、他国から見れば何を考えているかわからない卑怯者のする事と思います。

日本は、原子力についてのトップレベルの技術と、知識を持って、事故に立ち向かい、原子力を制御する事を持って、始めて他国に原子力を輸出出来るのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

>何か、政策らしいものは唱えているのでしょうか?

おそらく、山本太郎さんの事だと思いますが、それならば、
「被爆させない、TPPに入らない、飢えさせない」
という事に関する基本政策を謳っています。

>また、エネルギー問題で、諸悪の根源は原発だけと言うことなのでしょうか?

「エネルギー問題」だけで言うと、現段階ではどれをとってもメリット・デメリットはあるはずです。
その中で、どこをどの様に問題点とするか、という事になります。

>化石燃料を大量に消費する今のエネルギー問題は、大きな問題では無いのでしょうか?

前の文でも言った様に、「どこをどの様に問題点とするか」なので、
化石燃料の消費に伴う問題点に目を向ければ、そこにも様々な問題点が現れてきます。

>注目している問題を、定義して、ほかの問題をぼやかしてしまう事になると思います。

全てに関して同じ様な事が言えるというのが実情です。
福島の事故以前は、「放射性廃棄物レベル」として扱われていた数値・基準値が、
事故以降は、「問題ない数値」という変更が加えられている現実もその1つです。

数十年前、原子力発電所を作ろうという動きで盛んだった地域周辺では、
原子力発電は絶対安全な物で、二十三重の様々な対策がなされているので、
放射能が大量に漏れ出すことなど絶対あり得ない!
大地震が来ても安全だし、飛行機が突っ込んでも安全!と言って、安全性を誇張していたものです。

それが蓋を開けたらどうでしょう?

地震対策は完璧!と言われていたものがあっさり覆され、大きな放射能漏出事故を起こしてしまいました。
出てきた言葉は「想定を超えた・・・」などという昭和的な言い訳です。

これではもう安全性は無いと見た方が良いとしか言えません。

話が逸れた様なので元に戻します・・・

>日本は原子力を輸出しようと考えているのであれば、他国には原子力を推奨して、自国では原子力を全廃する様に考えるなど、他国から見れば何を考えているかわからない卑怯者のする事と思います。

そういう見方も出来ると思います。
ただ、1つだけ言えることは、「どんなに頑張っても人が動かす以上完璧な物は出来無い」という事だと思います。

したがって、万が一事故が起きた場合を想定して、
被災者が最小限に出来る地域・環境下で原子力を活用する事が重要!とも言えるはずです。

東京という大きな電力を消費する場所に原子力発電所を作らない理由はそこですよね。

なので、日本の様な人口の多い地域&土地の狭い場所よりは、
半径数十キロは人が住んでいない地域にポツンと原子力発電所がった方が、
より安全で原子力を有効利用出来るとも言えると思うので、
日本よりは海外の方が原子力を活用するのにふさわしいとも言えると思います。

要は「適材適所」の観点です。

>日本は、原子力についてのトップレベルの技術と、知識を持って、事故に立ち向かい、原子力を制御する事を持って、始めて他国に原子力を輸出出来るのではないのでしょうか?

原子力を制御する事は出来ても、自然の力は制御出来ない、
そして、自然の力の大きさには太刀打ちできない、
という事を学ばせたのが、今回の福島の事故だと個人的には考えています。

それでもめげずに人の力で制御できる!と考える人と、
人の力では制御できない!として撤退を考える人の違い、とでも言うのでしょうかね。

ただ1つだけ言えることは、漏れ出した放射能&放射性物質は、
人の手でコントロール出来ない物だという事だけは確かな事なので、
我々には漏れ出さない様にする努力しか出来る事はない、という事です。

「完全に漏れ出さない方法」は、「原子力を活用しない事」だというのも絶対的な答えの1つなのです。

原子力発電所は絶対安全!大量の放射能漏出事故はありえない!といって、
原子力発電所を導入した時の事を知っている人からすれば、
今言っている安全神話&原子力のコントロール技術、は「ガキの戯言」の様に感じる次第です。

「原子力についてのトップレベルの技術と、知識を持って、事故に立ち向かい、原子力を制御する事を持って」
などという事が現実的に可能だと言えるのかどうかを各自見極める必要がある問題だと思います。

少なくとも私は、原子力発電所の安全性と安全神話を信じていた一人ですが、
福島の事故で裏切られたというか、そんな物は無かった、と考えを改めさせられた一人です。

>何か、政策らしいものは唱えているのでしょうか?

おそらく、山本太郎さんの事だと思いますが、それならば、
「被爆させない、TPPに入らない、飢えさせない」
という事に関する基本政策を謳っています。

>また、エネルギー問題で、諸悪の根源は原発だけと言うことなのでしょうか?

「エネルギー問題」だけで言うと、現段階ではどれをとってもメリット・デメリットはあるはずです。
その中で、どこをどの様に問題点とするか、という事になります。

>化石燃料を大量に消費する今のエネルギー問題は、大きな...続きを読む

Q近日中に最大級の余震が起きて、原発は復旧不可能に

なるような気がしてならないんだけど
そんなふうに考えるのは俺だけかな?
もし今追い打ちの大地震が来たらいったいどうなるのかな?

Aベストアンサー

先日の最大余震のときに、女川原発は3つの電源系統のうち2つが使用不可となるスリル溢れる状況になりました。
おっしゃるように、元がM9というほとんどこれ以上がないというレベルの震災ですから、余震といっても通常の本震クラスの余震はあり得ますし、また今回の震災で震源地近辺のストレスが急激に解放されたことにより他の部分にストレスがかかり他の地震が誘発される可能性も否定はできません。その場合は、余震というより本震になるわけです。

現状の対策はその場しのぎであることは事実ですが、しかし抜本的な対策が取れないのも事実です。
福島第一原発では、放射能が極めて高いところがあって近づけません。どのくらい高いのかというと、ガイガーカウンターの針が振り切れて計測できないほどです。もしかしたら行けば数秒で倒れて帰らぬ人になるかもしれません。
また女川原発などでは、今はとりあえず冷やし続けるしかありません。他に手立てはないのです。そうすればそのうち熱が収まって最後は取り出しても大丈夫なほど冷えます。しかしそうなるにはまだ長い時間がかかるのです。

ちなみに復旧不可能になることを指している原発が福島第一原発なら、もう復旧不可能です。第二原発も運転再開の見込みはまったくありません。女川原発もそうですが、女川は東北電力の管轄なので、どうなるかは分かりません。

先日の最大余震のときに、女川原発は3つの電源系統のうち2つが使用不可となるスリル溢れる状況になりました。
おっしゃるように、元がM9というほとんどこれ以上がないというレベルの震災ですから、余震といっても通常の本震クラスの余震はあり得ますし、また今回の震災で震源地近辺のストレスが急激に解放されたことにより他の部分にストレスがかかり他の地震が誘発される可能性も否定はできません。その場合は、余震というより本震になるわけです。

現状の対策はその場しのぎであることは事実ですが、しかし抜本...続きを読む

Qアジアで興味・注目のある国

今、アジアで一番興味や注目している国はどこですか??理由もお願いします。

Aベストアンサー

はなはだ漠然としたご質問ですが、小生の得意とする政治経済面でいけば、中国でしょう。オリンピックを控えてイケイケなのはわかりますが、祭りの後に残る諸問題(環境問題・人権問題・チベット・台湾問題など)を一体どう解決するつもりなのか全く想像つきません。バブルも恐らく3~4年のうちに破綻すると思います。破綻すれば失業者がシャレにならないほど国内を埋め尽くすでしょうし、諸問題の処理方法しだいでは今世紀中には共産政権も瓦解するだろうと思います。
なにより日本の隣国ですので、半分「国内問題」として気になる存在です。

二番手はインド。
中国ほど思考がヒステリック(対パキスタン以外)でなく、イギリス植民地を経ているのでヨーロッパ風の気質も理解できている。大変勤勉な方々も多いので、今後の成長が楽しみです。しかしもともとのインフラ面が貧弱なため、水準を上げるためには益々の努力が必要でしょう。

三番はベトナムとネパール
ベトナムも中国と同様に共産国ですが、いつまでも続くとは思えません。そのうち緩やかに変化すると思います。観光資源も工業資源も豊富なので成長の要素は多分にあります。

ネパールは今後王制がどうなるのか注目しています。せっかく長い歴史を経てきた王族を絶やしてしまうのは勿体無いと思うのですが、どうもカリスマが足りないらしく、中国共産主義に共鳴している「マオイスト」というゲリラ軍に押されています。ベトナムと対照的に貧弱な土地の国家なので、挙国一致的に頑張らないと成長は難しいので内輪もめしている暇はないと思うのですが。。。

はなはだ漠然としたご質問ですが、小生の得意とする政治経済面でいけば、中国でしょう。オリンピックを控えてイケイケなのはわかりますが、祭りの後に残る諸問題(環境問題・人権問題・チベット・台湾問題など)を一体どう解決するつもりなのか全く想像つきません。バブルも恐らく3~4年のうちに破綻すると思います。破綻すれば失業者がシャレにならないほど国内を埋め尽くすでしょうし、諸問題の処理方法しだいでは今世紀中には共産政権も瓦解するだろうと思います。
なにより日本の隣国ですので、半分「国内問...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報