LPGの分子量測定の実験をしたのですが、水上置換法ではかる方法とカセットボンベの弁を開きそのまま液体を気化させた方法とで得られた分子量が30ほど違うのですがなぜなのでしょうか?

A 回答 (1件)

こんにちは。



まず第一番に目に付くのが、
◎水上置換では、水蒸気の混入が考えられます。

これの除去対策はどうだったでしょう。

直接気化との事ですがどのような収集方法だったのでしょうか?
上方置換はまずないでしょうから、下方置換でしょうか?
◎空気を十分に排気できたでしょうか。

これは袋をしぼませておいてそこに吹き込んだ場合でも同じですね。
完全に空気を絞りだすってのは結構大変です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング