痔になりやすい生活習慣とは?

ちょうど良いレベルの参考書が無いので教えて下さい。

ネットなどを読んで、
IPv4からの変更点やメリットはなんとなくイメージできましたが、
では具体的に、
WEBサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバ、DNSなどを保持して
サービスを提供している側としては、一般論として何をする事になるのでしょうか?

どのような作業が必要になるのでしょうか?

この本↓が理解出来ればいいのですが。。ちょっと難しかったですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4897978300

何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これらは設計の段階で全て確認するんですが、



1.回線がIPv6対応になる必要があります。
通常提供側(ISPとして)の網内はIPv4/IPv6デュアルスタックで構築しています。
 外部ともBGP4+でIPv6ルーティングをしています。
 よって提供側のサーバのある場所とは、デュアルスタックで接続できる状態になっています。

2.OSレベルでIPv6対応にする必要があります。
最近のOSはIPv6対応ですが、IPv6モジュールを無効にしている場合もありますので有効にしましょう。

3. サーバのネットワークインターフェースのIPv6対応です。
IPv6ネットワーク網との接続方法として、デュアルスタック、トンネリング、ネイティブや
teredoなどの方法がありますが、提供する側であればほぼ100%デュアルスタックでしょう。
 設定も一番簡単です。

4. サーバ上に乗っかるアプリケーションは、アプリの種類や用途によって対応は異なります。
データベースやwebなどでは、プログラミングの中でIPv6が使える関数を使っているか、変数をIPv4固定に
していないかなどの確認が必要です。
古いものであれば、そもそもIPv6対応かどうかの確認も必要です。
DNSであればIPv6対応で再コンパイル、インストールが必要でしょう。

ここまでの項目を満たせば通常はIPv6としてサービス提供できています。

あとは、保守の立場から、IPv6に関するログや監視等の取り扱いの問題があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答まことにありがとうございます。感激です。

>1.回線がIPv6対応になる必要があります。
こちらは本文を拝見しますと、サービス提供者としては特にやることは無さそうですね。

>2.OSレベルでIPv6対応にする必要があります。
これは、有効になっているか再チェック、というところですね。

>3. サーバのネットワークインターフェースのIPv6対応です。
とりあえず“デュアルスタック”に設定せよ、といった感じでしょうか。

>4. サーバ上に乗っかるアプリケーションは、アプリの種類や用途によって対応は異なります。

本文拝見しますと、ここが一番面倒なことが多そうですね。。
IPv6で使えない関数があるだなんて、、、
既に無数に配信しているプログラムから探し出すのは、考えただけでもぞっとします。
DNSも再インストールが必要とは、、事故りそうです。。

ご回答頂いた中からキーワードを拾ってまた調べていってみようと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/28 23:40

具体性に欠ける回答なので、ご参考までにどうぞ。



直近では特にすることはありませんが、近い将来、IPv6だけでアクセスしてくる利用者が出てくることになります。サービス提供者側がIPv6に対応していない場合、この利用者はサービスを利用することができません。機会損失を防ぐためにも、サービス提供者としては、この「IPv6だけでアクセスしてくる利用者に対応する」のが重要な作業になります。

そのために、インターネット回線のキャリアの対応サービス(デュアルスタックなど)を利用しつつ、自前のネットワーク機器やサーバーをIPv6に対応させます。負荷分散装置やトランスレーターを利用することで、サーバー自体はIPv4のままで運用できる方法もあるようです。

私も悩んでいますが、ちまたの情報は一般論が多く、実際のケースに合わせた対応事例が少ないと感じています。おそらく、IPv6への取り組みが遅い日本ならではの現象と思われます。書籍よりも情報の鮮度がよい雑誌(日経ネットワークなど)の方が具体的な事例を扱っているケースがありますので、私の場合は雑誌を中心に情報を収集しているところです。

余談ですが、IPv6パケットの視点で考える(クライアントPCを出発したIPv6パケットがサーバーとやりとりするまでの道のりと出来事を考える)と、結構わかりやすいです。案内係のDNSに「そんな(IPv6)アドレスなんて知らないよ」とそっけなくされて路頭に迷う、といった感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

>ちまたの情報は一般論が多く、実際のケースに合わせた対応事例が少ないと感じています。

まったく同感です。。。
私はそもそもIPv4の知識も薄いので、
現場で役に立たない研究本を読むのはしんどいです。

また、“余談”もどうもありがとうございます。
ぐっとイメージがわきました。

お礼日時:2011/06/28 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング