夜空の星は
●小さな隕石が太陽の光を反射して光っている。
というのと
●実際に燃えている。
という記述を見たのですが、
ぱっと見上げた時に見える星は、どちらの方が多いのでしょうか?
また、流れ星は前者でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

流れ星隕石」に関するQ&A: 流れ星?隕石?

A 回答 (5件)

> ぱっと見上げた時に見える星は、どちらの方が多いのでしょうか?



そうですね。
自ら光っている「恒星」が圧倒的に多いです。

ただ,地球上で物が燃えるのとは違って,
「核融合」という反応で光っています。

それから,
隕石は地上に落ちてきて始めて隕石と呼ばれます。
太陽の光を反射して光っているのは「惑星」「衛星」「小惑星」です。

流れ星は,宇宙のちりが地球に落ちてくるときに,
地球の大気との摩擦で熱くなって光って見えるものです。
燃え尽きずに地上に達すると隕石になります。
    • good
    • 0

質問自体に直接関係はないのですが


流星が発光するのは、大気との摩擦によって加熱するよりも
塵が高速で大気中を進むことによる
圧力上昇で加熱する方が主原因です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様どうもありがとうございました!
おかげさまですっきりしました!

お礼日時:2003/10/20 21:24

こんばんは。


#1さん#2さんが殆ど詳しい解説をなさってられます。

○夜空の星の大多数は、太陽と同じ「恒星」です。
何故、細かく(暗く)光っているかと言うと、太陽よりも、何十万倍も何百万倍も離れているから、暗いく小さく見えるんですよ。
燃料は水素が水爆と同様に「核融合反応」して、さらに重いヘリウム等に燃え変わっているからです。※太陽自体が巨大な水爆のようなものです。(信じがたいですが)

○流れ星は、砂利や砂粒くらいの鉱物(石や鉄のかけら)が、大気圏での摩擦で、溶けて蒸発したり、実際、熱で燃えたりして光るわけですよ。小さくても、地上から何百キロとかで光っているから見えるんです・・・大きいと隕石になりますね。

例えが悪いかもしれませんが、参考になれば。
    • good
    • 0

ちなみに,肉眼で見える星の中で,


「太陽の光を反射して光っている」のは,
月,水星,金星,火星,木星,土星
ぐらいです。

あと,時々やってくる「~彗星」。
さっき書き忘れてました。^^;
    • good
    • 0

夜空に見えている星のほとんどは恒星です。


つまり
●実際に燃えている。
ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどんな確証があって星の成分を認識しているのでしょう?

詳しくは知らないんですが
図鑑などを見ると木星は~できているとか
水星は~%が~だ等その星の成分?を記載していますが
今地球から確認できるのは望遠鏡・人工衛星等から
その星を観察するくらいしかできないと思うのですが
それでそんなに詳しくわかるものなんですか?
知識不足な為どこか間違っていたらご指摘ください

Aベストアンサー

光(可視光線)の他,目に見えない赤外線や紫外線,電波領域など,
広い範囲の電磁波を観測することで,いろいろな情報が求まります.

#1さまおっしゃるような離散的なスペクトル線の他,
連続波長の様子なども使えます.(プランクの放射公式に従う分布など.)
これらから,星の成分,その割合,温度,どのようなエネルギー分布になっているか,などなど.
太陽くらい明るいと,磁場の分布とかも分かります.

このような手法を「分光」と言います.(電波領域も含めて.)
分光は,遠方にあっても,見えさせすれば(可視光に限らず),
いろいろな情報が得られます.もちろん,宇宙のかなたにあるクエーサーも,
分光で観測することが出来ます.

と言いますか,宇宙の観測は全て「分光」ですね.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報