先日ソロモン流で、切り絵作家の蒼山日菜さんが紹介されました。番組では、フランスのミニチュア博物館に展示されている「星の王子様の一文」を切り絵にした蒼山さんの作品が紹介され、その一文は日本語訳でも紹介されました。
星の王子様の数ある名言の中で、蒼山さんが作品にされた一文は初めて知った一文でした。
しかし録画していなかったので、はっきりと思い出せません。
どなたかご存知の方がいらっしゃれば、是非教えていただきたいと思います。
できれば、原文と、日本語訳が教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私もこの番組を見ていました。


確かに、ちらっとだけ「星の王子様」の一文の作品が紹介されていましたね。

「星の王子様」は私の大好きな本で、
原文を何度も何度も読みましたが、
あいにく私も質問者さん同様「あれっ?」と思ったほうで、
記憶に残っていません。

ここは一旦テレビ局に直接電話して、
聞くのが一番手っ取り早い解決策だと思いますよ。

私も番組で流れたBGMなどを知りたくて、
直接テレビ局に電話をかけて、いろいろ教えてもらった経験があります。

日本語訳がわかれば、おのずと原文もわかるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20世紀少年「ともだち」の正体について質問です。

20世紀少年「ともだち」の正体について質問です。


映画ではともだちの正体は「勝俣くん」でした。
漫画・原作でもともだちの正体は、勝俣くんなのでしょうか?

私の知人は、「漫画ではともだちの正体は、さだきよ」だと言います。

どなたか詳細を教えて下さい><

Aベストアンサー

質問者さんは漫画読んでないのですか?

原作では暗殺された一人目と暗殺されたあとの2代目がいて
一人目が服部(フクベエ)です
二人目は服部の顔に整形されてて正体不明のような書き方してますが
後の表現でカツマタ君を想像させるセリフがあります

サダキヨはUFOに体当たりして死にます(ちょっと違うかも)

http://manganokokoro.blog73.fc2.com/blog-entry-411.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/20%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

http://ja.wikipedia.org/wiki/20%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%B0%91%E5%B9%B4

http://okwave.jp/qa/q3514215.html

Q織田義郎さんの絵で欲しい絵があるのです

病院の待合室に飾ってある絵をとても気に入ってずっと同じものを探しておりました。多分素人ながら、自分なりに調べた結果、織田義郎さんの絵だと思います。ですが、ネットでも同じものを売っているショップが見つかりません・・・。絵は小高い丘の斜面に家がびっしり建っていて丘の上に教会らしき建物が見える絵です。病院の先生は、高島屋で買ったらしいのですが見つけられませんでした。どなたかここで売ってる!と知っている方おられませんか?ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「同じものを」と仰っているので、エッチングの作品だったのでしょうか?

http://www.art-frame-seikosha.co.jp/oda/picture.html

この中の「ヨーロッパ」シリーズの中とかには見当たりませんか?

>絵は小高い丘の斜面に家がびっしり建っていて丘の上に教会らしき建物が見える絵です。

このイメージで僕なりに見当をつけたものは

http://www.forumkaya.co.jp/artist/sakuhin/AR-OD01/index.html

の中の、「ハルシュタット(オーストリア)」か「ハルシュタットII (オーストリア)」ではないかなと思いました。
これは本来「一作もの」ですが、特別に注文を受けて同じテーマで3作まで制作可能とのことですよ。

Q○○作家の定義

将来のことを考えていたときにふと思った疑問です。

例えば、放送作家。たとえば、織物作家。絵本作家、人形作家。
~作家、とつくものは色々とあるとおもうのですが、その定義はなんなのでしょうか。
本人が勝手に名乗るもの何か違うような気もします。
商業活動を行えるレベルに達したら、という事でしょうか?

また、実際に○○作家と名乗っていらっしゃる方かおりましたら、いつからそう名乗るようになったのかの経緯みたいなものを教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

マスコミがそう言うかどうか、本人がそう言うかどうか、ではないですか?

知り合いに愛知県瀬戸市の陶工の方とか、豊田市(旧小原村)の小原和紙の職人さんとか、岡崎の和蝋燭の職人さんとかいますが、みなさん自分のことは「職人」と言っています。
それぞれ著名な方々ですが、自分から「○○作家」は名乗っていません。

QKAGAYAさんの絵と同時に公開されていた絵がありました

KAGAYAさんの絵と同時に公開されていた絵の画家さんの名前を
知りたいです。

1、2年くらい前、新潟県のジャスコ上越店に
KAGAYAさんの絵が実際に公開されていて、
同時にその絵を販売してた事がありました。
(私は1回だけこれを見ました。)

その時にKAGAYAさんを知ったのですが、
KAGAYAさんの絵と同時に公開されていた絵があって、
その絵もKAGAYAさんと同じくらい綺麗でした。
(KAGAYAさんは結構華やかな色遣いですが、
 その画家さんは落ち着いた感じで、
 空とか緑が多かったような気がします)

その画家さんの名前は漢字で男性だったような気がします。
龍の絵が多かったです。

記憶が曖昧なのですが、ご存じの方がいましたら
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ARCHの展示即売会かな。
内尾和正あたりかと。

http://www.arch-club.net/common/artist/uchio/index.html

Q漫才師のネタは自前?放送作家作?

漫才はのネタはどこまでが自分で作り、どのような場合は放送作家か構成作家が作るんでしょうか。
NHKを見る限り、作家が作ったと思われる物が多い気がします。
番組によっては全て作家作の場合もあるんでしょか。

Aベストアンサー

どちらもありだと思います
漫才作家という職業の人がいて 台本を書いて それを演じる人が 肉付けをする場合もあるでしょうし
http://www014.upp.so-net.ne.jp/t-kita/shougei0024.html

チュートリアルは自前だそうです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB_%28%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%29

Q絵を描いていて色々な悩みが有りますが、絵を描いている人で良ければ絵に関しての悩みを教えてください。

絵を描いていて色々な悩みが有りますが、絵を描いている人で良ければ絵に関しての悩みを教えてください。

Aベストアンサー

理解してもらおう
ほめてもらおう
わかってもらおうとして描いていること

Q現代の偉大な作家(純文学)

海外・日本国内を問わないので、過去の偉大な作家に匹敵するくらいの現代の作家を教えてください。

文学の偉大な作家は思いつくだけでも数々あります。

■海外
ドストエフスキー、トルストイ、ゴールディング、ジット、カミュ、カフカ、ヘッセ、トーマスマン、ヘミングウェイ、スコットフィッツジェラルド・・・。

これらの作家はだいたい読んだんですが、それ以降の作家、すなわち最近20~30年以内の作家でこれらに名を連ねるに値するほどの作家がいれば教えてください。ガブリエル・ガルシア=マルケスに最近深い感銘を受けたので、現代の作家の本も読んでみたいと思いました。

■日本
三島由紀夫、安部公房、大江健三郎・・・。

以降で彼らに匹敵する、国際的に認められているような大作家がいれば教えてください。村上春樹がその候補の一人でしょうが。それ以外でお願いします。あまり小説の事情に詳しくないもので。

Aベストアンサー

プラハ3大文豪のカフカがいますが、あとのふたり、

カレル・チャペック
ヤロスラブリ・ハシェク

は、おすすめできるとおもいます。ハシェクは風刺作家で、かつ売文というか仕事を選ばなかったため、まとまった著作は「兵士シュヴェイクの冒険」しかありませんが、幸い岩波文庫の4巻揃いは、非常に名訳、かつ原著挿絵も全て網羅という良書なのでおすすめです。あとは短編集「不埒な人々」が平凡社からでています。
チャペックは邦訳も多く、絵本からエッセイ、伝記、まで多作です。過去の人ですが。

今日の人では、ウンベルト・エーコはどうでしょう。私は好きです。
あと、読破したとはとてもいえませんが、トマス・ピンチョン、それと、ジョージ・オーウェルもかなりいいとおもいます。新訳の「一九八四年」のあとがきが、ピンチョンだったので、新訳を買ったようなものです。

日本人では、川端康成はどうでしょうか。文章のうまさでは、志賀直哉もいいとおもいます。

Q気持ちが癒されるような絵の作家さん

気持ちが癒されるような絵の作家さん

こんにちは。
今、部屋に小さい絵を飾りたいと思っていて、素敵な絵を描かれる
作家さんを探しています。

作風は、和風でない方が良いです。

パステル調な、太田朋さんみたいな感じとか好きなのですが
絵とかポストカード、販売されていないようで・・・
あとは、堀川波さん、葉祥明さんなんかも好きな感じです。

優しい言葉とか添えられているものもいいなぁと思うのですが
(絵だけでもOKです)
おすすめの作家さんがいらしたら、教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

安らぎのクレヨン画家の安海 (やすうみ)さんが好きです。
とてもシンプルなクレヨン画ですが、とてもあたたかで優しい気持ちになれます。
http://www.yasu-crayon.com/index.html
http://plaza.rakuten.co.jp/crayon72/

私も絵を描くのですが、スランプ中や病んでいるときに見てとても安らぎました。


けれど、昨年からブログの更新が止まっているので、まだ活動なされているのか不明です。

Q作家と自殺

過去の質問を見ました。
私も単純に、作家で自殺した人は多いと思っていました。それを不思議にも思っていました。
でも過去の、作家と自殺の関係を尋ねる質問では、回答された方はみんなその意見に批判的で、有名な作家が結構自殺している(芥川龍之介とか太宰治とか)から、作家と自殺を結びつけるのかもしれないが、実際は数多くいる作家の中で自殺したのはほとんどいないとか、作家が自殺するんじゃなくて、自殺する原因のある人が物を書くとか、そんなことが回答されてました。
なるほど~とも思ったのですが、私はまだ作家で自殺する人が多いと思ってしまいます。
それが不思議なんです。
そのことをつい先日、文学部に通ってる友達に話したところ、その友達はこう言ってました。
「その作家たちは、こうあるべきだと自分の中で思い描いてる世界(?)があって、その世界と現実とのギャップに悩んで、どうしようもなくなって死ぬんじゃないか」と。
なるほど!とまた思ったのですが、じゃあその作家が思い描く世界って?とも思ってしまうのです。
その作家が理想とする世界とはどのようなものなのでしょう?
それとも死にたくなる理由が他にあるのでしょうか?
それ以前に、やはり私の、作家で自殺する人が多いという考えは間違っているのでしょうか?
批判的な意見でもなんでも構いませんので、みなさんが作家と自殺との関係で思うことがあったら教えてくれませんか?

過去の質問を見ました。
私も単純に、作家で自殺した人は多いと思っていました。それを不思議にも思っていました。
でも過去の、作家と自殺の関係を尋ねる質問では、回答された方はみんなその意見に批判的で、有名な作家が結構自殺している(芥川龍之介とか太宰治とか)から、作家と自殺を結びつけるのかもしれないが、実際は数多くいる作家の中で自殺したのはほとんどいないとか、作家が自殺するんじゃなくて、自殺する原因のある人が物を書くとか、そんなことが回答されてました。
なるほど~とも思ったので...続きを読む

Aベストアンサー

 すくなくとも高度経済成長期以降、自殺する作家はずいぶん減ったと思います。むかしの作家は貧乏だった。スランプが来てかけなくなると食うのがたいへんだった。あまり高尚ではありませんが、おなかがすくと人間悲観するものです。
 それから、自殺した作家というのはなかなか英雄的である。話題とするに足る。そのせいで特にそういう人ばかり持上げられすぎているきらいがあると思います。たとえば太宰の自殺はあきらかに衝動的な心中で(作品上のゆきづまりはあまり感じられない)、しかしそれにもかかわらず芥川とか川端の自殺とおなじ範疇でくくられる。「作家だから(芸術上の悩みで)自殺した」という人と、「作家がたまたま(生活上の悩みで)自殺した」という人がごちゃごちゃになりすぎているような気もします。
 きちんとした統計をとったら、絶対に自殺しなかった文学者のほうが圧倒的に多くなると思いますよ。日本にかぎっても、大伴家持、紀貫之、藤原定価、紫式部、清少納言、式子内親王、世阿弥、井原西鶴、近松門左衛門、芭蕉、一茶、蕪村、太田南畝(蜀山人)、為永春水、十返舎一九、馬琴、幸田露伴、尾崎紅葉、正岡子規、夏目漱石、森鴎外、谷崎潤一郎、志賀直哉、みんなふつうの死にかたです。ただ、明治以降になると急に自殺する人が増えますよね。これはたしかに注目に値すると思う。
 明治の気風として「理想と現実がズレたらそれをなおさなければならない」という理想主義的な部分があるように思います(たとえば維新もそうだけど)。江戸時代のような「本音と建前ちがってていいじゃない」という気軽な生きかたが廃れてしまったことが、作家にかぎらず、明治の人々を追いつめた原因ではないでしょうか。

 すくなくとも高度経済成長期以降、自殺する作家はずいぶん減ったと思います。むかしの作家は貧乏だった。スランプが来てかけなくなると食うのがたいへんだった。あまり高尚ではありませんが、おなかがすくと人間悲観するものです。
 それから、自殺した作家というのはなかなか英雄的である。話題とするに足る。そのせいで特にそういう人ばかり持上げられすぎているきらいがあると思います。たとえば太宰の自殺はあきらかに衝動的な心中で(作品上のゆきづまりはあまり感じられない)、しかしそれにもかかわら...続きを読む

Qへたうまな絵本作家さんを教えてください

漫画家の中にはへたうまの絵を描く人がいます。
絵本作家の中にもいますか?

Aベストアンサー

荒井良二さんの絵本はどうでしょう?
「へたうま」の範疇に入るのではないでしょうか?

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%8D%92%E4%BA%95%E8%89%AF%E4%BA%8C+%E7%B5%B5%E6%9C%AC

切なくて、色彩が綺麗で私はとても好きです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報