お世話になります。
平成9年式ハイエースレジアスの2700ガソリンに乗っています。(エンジン:3RZ-FE)
先日、アーシングをホーンやエンジンヘッドにアーシングを施しました。(エンジンヘッドは純正と共締め)
でも、肝心のオルタネーターの区別がつかず困っています。
エンジンの左右それぞれに似たような形のものがあって、ベルトが張ってあります。
細い金属製のパイプ(エアコンガスのパイプ)が通っている方が、コンプレッサーだと分かるんですが、両方
とも近くにパイプが通っているので、区別がつきません。
ボンネットから覗いて、下でパイプが繋がっているかもしれないので、さらに区別がつきません。
下から覗くにしても、ローダウンしていて頭が入らない+アンダーカバーで見えにくいです。
さすがに車載ジャッキじゃもぐるのは危険すぎるし…。
クルマの取説書を見ても、ベルトのたわみ量しか書いてなくて、肝心の図が書いてありません。
 (1)オルタネーターの区別の仕方
 (2)オルタネーターのマイナス端子の見つけ方
上記2点、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オルタネーターの見分け方は#1の方のお答えで区別できるでしょう。

ちなみにオルタネーターにはちょっと太目の配線(通常は白白です。これがB端子)とそれよりやや細い配線(これがアースで、通常は黒または白色に黒のストライプ)と樹脂製のコネクターで接続される配線が来ているはずですので、これも目安になります。

オルタネーターのアース端子にはEの刻印がありますので判別できます。また、オルタネーターのケース全体がアースに接続されていますので、特にアース端子にこだわらなくても取り付けボルトでも同様です。ただし間違ってもB端子(BまたはBATの刻印あり樹脂またはゴム製の絶縁カバーあり)には接続しないでください。接続するといきなりショートしてメインヒューズ(ALT)が溶断します。それから、作業は必ずバッテリーのマイナス端子を外して行ってください。オルタネーターのB端子やスターターモーターのB端子にはキースイッチとは無関係にいつでも電気が来ています。誤ってショートさせると、メインヒューズの溶断や配線の焼損などの危険があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらにもご回答頂きありがとうございます!
アース端子にこだわらなくても大丈夫なんですね!適当な穴がないか探してみます!
マイナス端子を外す=電装をイジる時の基本中の基本ですね!今後も怠らないように
したいと思います!オルタネーターとバッテリーは、電装の心臓部ですからね。

お礼日時:2003/10/21 10:13

その2つはエアコンコンプレーサーとパワステのポンプじゃないのでしょうか?



ほかにもう一個どっかにあるとか?
オルタネーターは発電器ですのでモーターみたいに、銅線がぐるぐる巻きにされた物が中に入っています、本体の隙間から見えると思いますが。

エアコンは冷房を入れるとそのプーリーが回り始めると思います。(普段は空転)あと水滴がつきやすい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
コンプレッサーとパワステポンプですか!なるほど。
モーターみたいに銅線がぐるぐる巻きに…、やっぱりそちらですか!
マイナス端子の特徴というか、見分け方があれば教えて下さい!

お礼日時:2003/10/20 14:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング