みりんって何に使うのでしょうか?
アミノ酸は旨みを出す成分だそうですが、
何に使ってもおいしくなるのでしょか?
みりんを使った料理方法にはどんなものが
あるのでしょうか?
調理実習でしかみりんなんて使ったことの
ない料理音痴です。
おおざっぱでもいいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

正月に飲む「おとそ」に日本酒の代わりにいれる場合もあります。

アルコール分が低いので子供でも飲める甘い味になります。

また参考URLに料理のレシピ集がありますがこれを見るといかにみりんが使われているかが分かりますよ


前の方もかかれていますがめんつゆ、そば・うどんなどのつゆにはかけ汁でも付け汁でも普通みりんを入れます。

参考URL:http://www.japan-net.ne.jp/~kokonoe/resipi/resip …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もどうもありがとうございます。
みりんの使い道がだいぶわかってきました。
今後の料理に役立てていきます。

お礼日時:2001/04/26 16:47

お味噌汁にはいれませんが、めんつゆにはいれます。


ウチの場合は、水2:薄口醤油1:みりん1(大雑把ですが、大体これくらいだったかな?)と煮干を鍋に入れて、ぐらぐら煮出します。
おそうめんのおつゆにしたり、刻みねぎをのせた冷奴にかけて食べます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冷奴にもいいんですか!?
実は私は冷奴が大好物なのです。
さっさく今夜試してみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/26 15:03

>味噌汁には使えるのでしょうか?



あまりみそ汁には使わないですねー(地域や家によっては使うところもあるかも)

魚などを焼くときに付ける付け汁にみりんを入れるとやはり艶が出て綺麗に美味しく仕上がりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびどうもすみません。
味だけでなく見栄えも良くなるのですね。

お礼日時:2001/04/26 13:43

NHKのためしてガッテンで、みりんの活用法が放送されていました。

その時の内容がホームページに記載されています。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/1997q2/19970 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがためしてガッテン。庶民の味方ですね。
どうもありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2001/04/26 13:42

煮魚で使うと、つやもでるし


煮崩れも防ぐときいたことあります。
砂糖を使うより、カロリーも押さえられるようです。
和食の甘味には基本的に何に使っても失敗ないと思いますよ。

ただ、みりんにはアルコールが含まれているので、
口に入る前に加熱してアルコール分を飛ばすのが基本です。
(それがめんどくさくて、つい「みりん風調味料」を
 買ってしまうわたし....安いしね....)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みりんのキーワードは甘味なのですね。
どうもありがとうございます。
調味料にもいろいろあるのですね。
私は家庭科でならった”さしすせそ”
しか知りませんでした。

お礼日時:2001/04/26 13:05

煮物などを作るときに自然な甘みと独特の風味つけれます。


また煮上がったときにつやが出るようにするためにも使われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
なるほど煮物につかうのですか。
和食向けということなのですかね?
味噌汁には使えるのでしょうか?

お礼日時:2001/04/26 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旨み成分の種類

旨み成分は自分はいのしん酸グルタミン酸グアニルサンを知っています。これ以外に旨み成分はありますか?さらにあるとしたらそれは味の相乗効果 味の相互効果などの現象を起こせる物質化など各論を述べてもらうとありがたいです。もしですけど、もしこれら以外にあまりはっきりとした旨み成分がないとしたら旨みが少ないにも関わらず肉に塩をかけるとまるで塩を昆布にかけたときのように飛躍的に旨みがグーンと増幅するのはどうしてですか?

後もう一つ質問ありますじゃがいもの旨み成分は何ですか?

Aベストアンサー

他には、乳酸、大豆タンパクの分解したの、糀菌で分解したアミノ酸、納豆の糸のアミノ酸、等々、沢山有ります。
乳酸発酵で旨味が増すのに、糠漬け。
大豆タンパクが糀菌で分解して出来たアミノ酸を旨味の基としているのが味噌、醤油。日本人が洋食にでも何でも醤油をかけるのは、知らず知らずに旨味成分を足しているのであって、塩分を足しているのでは無い。
糀菌は今だと塩糀で浸けた物のタンパク質を分解して旨味成分のアミノ酸を作る。
納豆はアミノ酸の塊。特にあの糸はアミノ酸そのもので、糸が出ていなくてもアミノ酸量は変わらない。

残念ながら、私の頭では一つ一つのアミノ酸の名前はわからない。

おまけで、旨味調味料、今は、サトウキビから砂糖を搾った残りから、アルコールを作り、その残りから旨味調味料を作る。
テレビコマーシャルで言うサトウキビから○○○○○は、嘘ではないが、正しい表現でもない。

Q肉より旨み成分が多い食品はたくさんあるのに・・・・

グアニルサン グルタミン酸 いのしん酸といった主要な旨み成分の含まれた量のグラフを見ると、肉より旨み成分の多い食品としてはヒラメ タイ コンブ(圧倒的に多い) 鰹節(これも圧倒的に多い)干しえび といった感じでした

ヒラメやタイより圧倒的に肉の方が旨みがあるようなきがしますけど何故ですか

塩をかけると旨み成分が含まれている証拠である旨みの増幅もみまられます

肉は旨み成分が一種類だけでなく2種類入ってるから味の相乗効果があるとはいえど他の食品も旨み成分はふたつはいっていたりします

ワガママですが一般人の知らないような理由や肉がうまいと感じる理由を全部答えて頂けるとありがたいです
すいません。

Aベストアンサー

自由研究なのかな。
わがままはいいのだがそのデータを出されないと。遊離したアミノ酸の量ですか。
それこそ貴方が思っているだけになりますよ。
肉というのは生肉なわけ。焼いたり茹でたりすると違いますよね。それでも魚の方が味が濃いような気もします。質問者自身が肉好きで言われているだけの話にもなります。
あと肉汁という要素がありますね。
成分よりも性状になります。
極論すれば肉と魚をパウダー状にしてどうか。鰹節と肉節のどちらが美味いかなど。
謎の理由の前に、あることと感じるに至ることを考えないと。
干物の差は大きい気がしますが。死んだばかりの生の場合は熟成分解されていませんよね。熟成過程は異なります。その差を調べる事です。

Q肉は旨み成分が少ないのに何故おいしいのか?

肉は旨み成分が少ないですよね?それなのに旨みがあるし、塩をかけると旨み成分が入ってる証拠である旨みの増幅が見られます。

肉はなんでおいしいのでしょうか

Aベストアンサー

肉には旨み成分が少ないというのは大きな間違いです。

具体的な成分は、

風味としての旨み成分=アルギニン
甘味としての旨み成分=アラニン・グリシン
代表的な旨み成分  =グルタミン酸・アスパラギン酸

などが豊富に含まれ、熟成度が増すにしたがってこの成分数値も増えていきます。

旨み成分があるからこそ、うまいと感じるのですから、なければおいしくない物になってしまいます。

Q料理酒みりんの違い

男性です、たまに料理をしますが、スーパーなどで売っている、料理酒 みりんどちらが良いですか(価格)料理酒が安い みりんが高い 料理で使い分けするのですか。?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

料理酒には
・肉や魚の臭みを取る
・料理にコクを出す
・風味を良く仕上げる
・素材を柔らかくしたり味を染みこませる
というような役割があります。

みりんは、蒸したもち米に米麩と焼酎(アルコール)を加えて醸造発酵させたものでアルコール分が14%前後、糖分が47~48%前後です。

みりん風調味料はみりんに似た風味を持つ類似品で、アルコール分0・5~0・8%、糖分は51~75%であり、水あめ・アミノ酢・有機酸・香料などで作られてます。

みりんの中にはアルコールは含まれていますが、
みりんと料理酒は異なるものだと思います。

みりんと料理酒両方使うほうが美味しくできるかと思いますし、煮物だけにとどまらず、両方使うことが多いので、どちらか・・・と比べるのは違う気がします。

一番安いのはみりん風調味料だと思います。
私も使ってましたが、みりんを使うようになってからはみりん風調味料では物足りなくなってきました。

http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/qa/seasoning.html#1-1

↑は『みりんとみりん風調味料』の違いが載っています。
良かったら参考にしてくださいね。

参考URL:http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/qa/seasoning.html#1-1

こんにちは。

料理酒には
・肉や魚の臭みを取る
・料理にコクを出す
・風味を良く仕上げる
・素材を柔らかくしたり味を染みこませる
というような役割があります。

みりんは、蒸したもち米に米麩と焼酎(アルコール)を加えて醸造発酵させたものでアルコール分が14%前後、糖分が47~48%前後です。

みりん風調味料はみりんに似た風味を持つ類似品で、アルコール分0・5~0・8%、糖分は51~75%であり、水あめ・アミノ酢・有機酸・香料などで作られてます。

みりんの中にはアルコ...続きを読む

Qみりん風と本みりん

みりんには、みりん風と本みりんとありますよね?
このみりん風とはなんなんでしょうか?
本みりんの方が値段が高いようですが、やはり調理すると味が違うもんなんでしょうか?
分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

どっちでも同じです。

みりん風はお酒を販売出来ない店が扱えるようにと出来たもので本当のみりんではありません。

本みりんも商品名であり本当のみりんということではありません。
原料のところを見ればわかりますが醸造用アルコールで本来のお酒と同じようにつくられるもとは違うと言ってようでしょう。
むかしみりんを使ってえられたようなうまみは出てこないのは同じです。

酒屋でも売っていないので結構割高でも調べて取り寄せるくらいはしないと手に入らない調味量になってしまいました。

ついでにお酒のことについてもどうも良いお酒を造ることに闘志を燃やしている製造メーカーのお酒は賞は取れないことになっているようです。
お酒で金賞を取ったとかというのは財務省が販売している酵母を使ったものだけが対象でよりよいものをもとめて他から酵母を調達しているところは賞をもらうことが出来ないという面白い構成になっているようです。
金賞を取ったものが良いものと思い込んでいたものの金賞が付いているものはみんな醸造用アルコールが材料に書いてありおかしいと思っていたのですがこうゆうからくりだと知れば納得ができたりします。
賞を役所が与えるというのは単なる税金の無駄づかいだと思うのは私だけでしょうか?

どっちでも同じです。

みりん風はお酒を販売出来ない店が扱えるようにと出来たもので本当のみりんではありません。

本みりんも商品名であり本当のみりんということではありません。
原料のところを見ればわかりますが醸造用アルコールで本来のお酒と同じようにつくられるもとは違うと言ってようでしょう。
むかしみりんを使ってえられたようなうまみは出てこないのは同じです。

酒屋でも売っていないので結構割高でも調べて取り寄せるくらいはしないと手に入らない調味量になってしまいました。

つ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報