歯医者さんで、先日奥歯の治療を受けました。
麻酔を打ってもらい、「じゃあうがいしてください」
といわれて起きあがろうとしたら、手に力が入らずふ
るえがきました。ちょうど狂牛病の牛(あそこまでひ
どくないですが)みたいな感じです。何とか起きあ
がってうがいしようとしても、コップに伸ばした手が
ぶるぶる震えて、コップをつかむのが大変でした。10
分ほどするとおさまりました。(その時先生は他の患
者さんのところに行ってしまったので何も言わなかっ
たのですが)

その歯医者さんには半年ほど毎週通っており、こんな
症状になったのはこの半年で2回目です。どちらも麻
酔の直後に起きています。
これは、麻酔の効きすぎとか体調とかで普通に起きる
ようなことなのでしょうか?歯医者さんに言った方が
いいですか?アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、基本的には麻酔をうった後、1分間位は患者さんのそばを離れずに、


顔色や様子を確認しています。その際には必ず患者さんに声をかけて、
反応も確認します。(私の場合)
その後麻酔が完全に効くまで間(4~5分間)は患者さんのそばを離れることもありますが、
その際には必ずアシスタントに目を離さないように指示をしておきます。
ですから、必ずこのような状態に陥ったら、すぐに呼んでください。
特にひどくなれば意識消失し、その結果窒息なんてこともおこらないとは限りませんから。

歯科で一般的に使われる麻酔薬は「キシロカイン」と呼ばれるもので、
主成分は塩酸リドカインです。
それ以外にも「シタネスト」という麻酔薬もあり、これの主成分は塩酸プロピトカインになります。
ですからキシロカインでそのような症状が起こるようであれば、
シタネストに変えた方がいいかもしれません。
下記ページを参考にされてください。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/fumi/dental/symptom/anest …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうですね、ちゃんと言わなきゃダメですよね。取り返しのつかないことになったらコワイですもん。麻酔の量を減らされると怖いなあと思っていたのですが、種類が色々あるなら違うのに変えるという手もありますよね。ちょっと安心しました。ありがとうございました!

お礼日時:2003/10/21 17:10

こんにちは。

                    私も、麻酔アレルギーです。             キシロカインで、震え、手足が冷たくなっていく、気分が悪くなる。症状がでます。              その症状がでたら、すぐに医者に報告しないと、大変な事になりますよ。                   その症状は、1回目よりも、2回目、2回目よりも3回目と、、だんだんひどくなっていくそうなので、死ぬ場合もあると言われました。                病院にかかる時も歯科でキシロカインを使ったら、こういう症状がでます。 と言う事をきちんと伝えています。 で、私はシタネストという麻酔で治療をしてもらっていますが、,,,..歯科によっては、嫌がられたりもして、(あなただけの為に、その麻酔薬を注文しなければいけないからーなどと、嫌そうに言われた事もあります)     今は、理解ある、いい歯医者さんに巡りあえて安心してますが。(当時は、自分だけやっかいな体質だなあ?って悲観した事もありました。)                                        いつもと、ちょっとでも違うな?と思ったら,すぐに医師に伝えるようにしたほうが良いですよ。   
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ええっ、死んじゃうこともあるんですか?!・・軽く考えすぎてました。今度は医者に行ったらちゃんといわなくちゃですね。麻酔アレルギーなのは自分のせいじゃないのに、嫌がるお医者さんもいるんですね。もし言って嫌がられたら、次から別のところに行きます。だってそのお医者さんは「ハズレ」ですもんね。ちょっとドキドキしますが、いってきます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/22 17:54

こんにちは。



まず、私は医療関係者ではありませんので、あくまで私の個人的な経験と患者側に出来そうな自衛策というポイントでお話ししてみます。

私は歯科ではなく「整形外科」の手術で似たような経験をしました。

しつこいようですが、「麻酔による異常」という現象が似ているというだけで、今回のご質問と直結する医学的根拠はありません。(専門家の方、追加・訂正情報があれば書き込み願います。)

私の場合、同じ病院で受けた2回の手術ともに同じ症状が出ました。

2回の手術はいずれも「足首の靭帯と骨」に関するもので、麻酔は、2回とも「下半身麻酔(脊髄注射)」でした。

まずは、1回目の手術での出来事(症状)から。

脊髄に麻酔注射をした直後に、「寒気」「震え」「吐き気」「目まい・視野のせばまり」という、”貧血症状”に似たものが現われました。(子供のころ貧血で倒れたときの感覚に似ています。)

明らかに感じた異常を訴えると、血圧上昇のための処置がとられた様子で、数分で回復しました。(親族に医師が多いので、一応このへんのウラはとってあります。)

聞くところによると、体質によってこのような症状が出ることは珍しくないそうで、麻酔の前にそのことを告げておけば、何らかの対策をとることは出来るようです。

私の場合、この先に”不幸”が待っていました。

1回目の手術でこのような「苦しみ」にあったので、2回目の手術前の「麻酔医の聞き取り調査」の時にその旨を訴えました。

しかし、このときの麻酔医が「いかにもダメダメな人」と言ったカンジで、正直不安でした。(のちに不安が的中します。)

いよいよ2回目の手術が始まると、そのダメダメ麻酔医が私の脊髄に麻酔注射を始めました。

でも様子が変なのです。

横に「明らかに先輩の麻酔医」が居て、なにやらその場で説明をしながら作業が進んでいくのです。

脊髄注射を経験された方ならお分かりかと思いますが、「ものすごーく痛い」ですし、半身麻酔による手術では、ずっと意識があり「生中継」状態なだけに「ウルトラ怖いし、不安」です。

という状態の中でダメダメ君の脊髄注射は一発で決まらず、何度もやり直しになりました。

ついには、シビれを切らした先輩麻酔医が注射することになり、今度は一発で「脊髄にビーンッ!」と来て無事麻酔終了となる予定が…。

なんと、例のダメダメ君が「私の体質」についての悲痛な訴えを報告していなかったのです!

というわけで、あっさり私の血圧は急降下し、再び辛い症状に襲われました。

朦朧とする意識の中で私が「前回もこんなことが…」と告げると、先輩麻酔医はカルテのようなものを見て、そのダメダメ君を叱っています。(わたしからすれば、「お前もちゃんと確認しとけよ!」と言いたいところなのですが…。)

結局、前回と同じような処置がとられ、無事手術も成功しました。

私の経験談(ほとんど愚痴)を長々と書いてしまいましたが、世の中には麻酔に対して特殊な反応が出やすい人が居るということなのでしょう。

患者側に出来ることと言えば、麻酔を打つ必要がある場合、事前にこのような情報をなるべく具体的に医師に報告して、対応してもらうことくらいでしょうね。

十分な説明や話し合いをしてくれなかったり、何かあったら席をハズしてやり過ごすような医者は”お医者さん失格”だと、個人的には思います。

以上、参考情報でした。

それでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうゴザイマス。Jzamraiさんはダメダメ君に当たってしまったんですね・・・。ハズレのお医者さんに当たるとがっかりしますよね。今治療してもらってるお医者さんは「当たり」と思っていたのですが、確かに麻酔をしてすぐ席を外しちゃうなんてダメダメ、とはいわなくても「ダ・・」くらいは当てはまるのかも・・。麻酔をしてもいつもなるわけではないので、先生も油断したのかもしれません。今度言った時はちゃんと報告しようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2003/10/21 17:07

私も歯医者で抜歯する時に麻酔で具合が悪くなったことがありました。

ふるえはしませんでしたが、頭がボーっとして変な汗とかいて10分くらい寝ていたらなおりました。その先生も言ってたのですが、まれにそういう人もいるようです。私の場合、麻酔を打たれる度毎回ではありませんでした。その時生理だったのできっと体調にも関係あるんだな~と勝手に思ってました☆

でも先生には必ず言ったほうがいいですよ。
それ以上に具合が悪くなることもありうるので。

歯医者ってイヤですよね、、
早く治療がおわるといいですね☆
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そうですか、endiyさんみたいに具合が悪くなっちゃう人もいるんですね。私も何度もそこの歯医者では麻酔を打っているんですが、震えが来たのは2回だけでした。やはり体調も関係あるのでしょうね。
あともうちょっとで治療も終わるので頑張って行って来ます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/21 17:01

こんにちは。



私も以前、同じような事がありました。
体調がよくなかったのではないですか?
私の場合、そのまま貧血を起こして倒れ、歯医者さんに時々起きるケースと聞きました。

そして去年、子供を産んだとき、麻酔か陣痛促進剤(たぶん麻酔)の点滴で、全身が振るえ、けいれんのようになり、寒くてガタガタ歯がなるぐらいでした。

これもまた時々起きるケースらしいです・・・

なんの回答にもなってませんが、お医者さん的には「あ~時々、そういう人もいるよ~」と笑って言える程度みたいです。

そういう症状が起きた本人はとんでもなく不安なんですけどね。

次に行ったとき、一応、言っておいたほうがいいのではないでしょうか。
でも下手に麻酔を減らされたら治療が痛いかもしれないですけど・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうゴザイマス!
私は寒くはならなかったんですが、そうですか~、時々起こるんですね。bluemoon-2さんがおっしゃるようにお医者さんに言って麻酔の量を減らされたら困ると思って、言えずじまいでした。でも、何かあったら困るので一応言っておいたほうがいいですよね。ありがとうございました!

お礼日時:2003/10/21 16:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全身麻酔の原理を教えて下さい。

全身麻酔の原理を教えて下さい。

Aベストアンサー

一口に全身麻酔といっても、使われる薬によってどの部位に作用するかが違いますし、副作用の有無も含めてまだまだ研究中の部分が多いです。
なので短く説明するのは難しいのですが、今のところ解明している部分だけ申し上げますと
1.静脈麻酔薬は抑制性シナプス(シグナル伝達などの神経活動に関わる接合部位とその構造)伝達に選択的に作用。特にニューロトランスミッター(シナプスで情報伝達を介在する物質)に作用して、その抑制作用を促進する。
と言われています。つまり細胞体そのものに作用するのではなく、細胞体に刺激を伝達する部分を抑制することにより、電気シグナルを送らせないようにするということです。

2.吸入麻酔薬は、興奮性シナプス伝達の抑制と抑制性シナプス伝達の促進の両方の作用がある。
と言われています。つまり、静脈麻酔と吸入麻酔では中枢神経作用に違いがあるということです。

Q歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。 歯医者に電話したら

歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。
歯医者に電話したら、麻酔したせいかもしれないからと、様子見るようにと言われました。
で歯肉炎にもなっていて痛いのかなって思ったりもします。
前回も虫歯治療してしみるから、麻酔打って麻酔きれてから歯茎が痛かったです。
麻酔打ったせいですか?

Aベストアンサー

おそらくそうだと思います。
痛み止めは処方されていませんか?
今晩は様子をみて、明日になっても痛みが引かない場合はもう一度受診しましょう。

お大事に

Q麻酔ってどういう原理で…

麻酔ってどういう原理で痛覚がなくなったり、意識がなくなったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

神経を麻痺させる。って回答でいいかな?

局部ならその周りの神経系、全身なら中枢神経。

Q歯医者で行う注射針ではない麻酔(麻酔用の麻酔?)

奥歯が痛み治療を必要としていますが、注射で歯茎に針を突き刺す麻酔がとても嫌いです。ところが数年前に以前住んでいた地で歯科医にかかった際、ほとんど痛みを伴わない麻酔がありました。微小な針の様なもので歯茎に触れた後、脱脂綿のようなもので擦るだけだと記憶しておりますが、そのようなものをご存知の方は教えてください。出来れば正式な名称を教えていただき、導入されている歯科医にかかりたいと思います。よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

以前、歯科医院で働いていた者です。

直接歯茎に注射をする方法は、今は珍しいと思います!!
まず、歯茎に脱脂綿で表面麻酔のお薬を塗ります。
これは、無痛ですので麻酔をされている感じではないと思います。
そして、歯茎の神経を麻痺させてから
注射をうつので、あまり痛みを感じなかったのでは
ないでしょうか???

私も歯医者さん大嫌いで、未だに怖いですが
麻酔は怖がらなくても大丈夫と思います♪
放置しておくほうが、後々痛い目にあうと思うので
頑張って下さい!!

心配なら、歯科医院の先生に
『麻酔の前に、表面麻酔して下さい』
と言えば、してくれると思います!!!

Q意識不明の患者でも、やはり全身麻酔はするの?

ふと、疑問に思ったのですが、意識不明の患者さんを手術する場合、やっぱり全身麻酔はするのでしょうか?
 意識がないのだから、麻酔をする必要性はないと思われるのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

全く同じ質問がありました。
http://narkome.exblog.jp/1127161

Q歯医者で歯の掃除中に歯を割られてしまいました。当初歯医者は黙っていまし

歯医者で歯の掃除中に歯を割られてしまいました。当初歯医者は黙っていましたが、私が不審に思い問い合わせると誤って割ってしまったとの事。不誠実な対応に腹立たしい限りですが、こちらはどのような対応を要求出来ますか?

Aベストアンサー

割られた歯、これからの治療(内容にもよりますが)は無料に出来ると思いますよ。

割られた歯は自前ですか?だったら相当責めていいと思います。
どうしてくれるか、とことん話し合う姿勢で接しないとなあなあにされちゃうかもしれませんから。
偽歯でしたら、その歯を治してもらうだけになるかもしれませんね。
それ+頂きモノ(お菓子とか)さしだしてこない歯医者さんならあまり良い歯医者ではありませんね。

私の場合、大学病院でしたが、担当の医師は平謝りな上、治療費もなしでお菓子も頂きました。

とりあえず弁償もなく、開き直ってきたら、消費者センターに報告へ、上司やオーナーが居れば一筆書いて送ったりするのは手でしょう。

はじめは優しく相手の出方をみて話し合い、なっとくいかなければ自分の思う意見を言ってみれば相手の正体はつかめると思いますよ。

Q外斜視の手術と、その麻酔について。

私は今、高校1年生です。

中学2年生頃左目が外斜視になってきました。
重度ではなく、ぼーっとしてる時にずれたりして、左目で近く物が見にくい状態です。

眼鏡も考えましたが、やはり手術に至りました。
そこで、麻酔についてなのですが…
小さい子などは暴れたりするため、全身麻酔の様ですが、
私くらいの歳だと局所麻酔が多いと言われました。どちらにしようか迷っています…
私にとって初めての手術ですし、
全身麻酔は、リスクと体への負担が大きいらしく、
局所麻酔は、お腹とかではなく“目”だからこそ怖いというのがあります。(子供っぽいですが;)

不明な事が多く…正直怖いです。

経験者、又は医療に詳しい方に以下の事をお聞きします。
(1)局所麻酔の場合、目の(痛みとかじゃない)感覚はありますか?
また、局所麻酔が失敗して痛みを感じる確率はありますか(どれくらいですか)?
(2)外斜視手術の場合、局所麻酔は何処に打つ(?)のでしょうか?
(3)手術は、どれくらいの時間がかかりますか?
(4)難しい手術なのでしょうか?また、失敗する場合はありますか?
(5)全身麻酔をする場合は、手術2日前に入院するそうなのですが、その間どのような事をするのでしょうか?


以上の事を知った上で、
全身麻酔にするか、局所麻酔にするかを考えたいと思います。

よろしくお願いします。
質問について不明な点は、なんでもお聞きください。

私は今、高校1年生です。

中学2年生頃左目が外斜視になってきました。
重度ではなく、ぼーっとしてる時にずれたりして、左目で近く物が見にくい状態です。

眼鏡も考えましたが、やはり手術に至りました。
そこで、麻酔についてなのですが…
小さい子などは暴れたりするため、全身麻酔の様ですが、
私くらいの歳だと局所麻酔が多いと言われました。どちらにしようか迷っています…
私にとって初めての手術ですし、
全身麻酔は、リスクと体への負担が大きいらしく、
局所麻酔は、お腹とかではなく“目”...続きを読む

Aベストアンサー

 麻酔科医です。
 全身麻酔の方が局所麻酔より体に対する負担が大きいというのは事実ですが、もし私自身が目の手術を受けるのであれば絶対全身麻酔(ただし、ちゃんとした麻酔科の先生の)を希望します。眼内レンズ挿入とかのように数十分で終わるようなものならともかく、時に一時間くらいかかる手術ですし、その間寝返りもうてずにじっとしているのは結構辛いと思うのです(これが手足の手術のように首から上を自由に動かして良いのであれば別ですが、・・・。一般的な局所麻酔の禁忌(局所麻酔を行ってはいけない条件)のひとつとして、「患者さんが拒否したとき」というものはどの麻酔の教科書にも必ず記載されておりますし、選択の余地があるのであれば全身麻酔の方がよろしいかと・・・。
 今の全身麻酔は、昔と比べて麻酔薬も進歩しておりますし、麻酔中のモニタリングも進歩しております。もちろん、他の全ての医療行為と同様『絶対安全』とは言えませんが、生命の安全に関しては交通事故に遭うよりも少ない確率だと思います。また、「点滴路を確保して、心電図や血圧計、パルスオキシメータ(血液中の酸素の量が皮膚の上から判る器械~これのおかげで全身麻酔の死亡率が一気に減りました)を付けて、気管に人工呼吸の管を入れ人工換気をしながら~」という全身麻酔の方法は、言ってみれば「局所麻酔薬中毒でショックになって、蘇生を行う時にやっている事をあらかじめ行っている」とも言えますし・・・。
 全身麻酔のリスクとして、致命的なものの他に「気管に管を入れる事に関連するリスク」があります。歯の損傷や術後の喉の痛み、声のかすれなどです。これは、10年選手の一番脂の乗っている(上手な)麻酔科医が丁寧にやっても起きてしまうことですので(逆に下手くそが乱暴にやってもならない人もいる)、それが嫌なら(たとえば、政治家さんや声の仕事の方など)局所麻酔の方が良いかも知れません。
 入院期間は、特に最近は極力減らしたい(どうしても長く入院しなくてはいけない患者さんが居ますので、病院全体としての入院期間を短くするためには他の患者さんの入院期間をできるだけ短縮したい)方向にありますので、2日前入院はむしろ長いかな?という印象を受けます。何をするかは病院によって違いますので、先生や看護師さんにお話を伺う事をお勧めします(まあ、入院翌朝(=術前日)に採血、日中にレントゲン検査や心電図、呼吸機能の検査、午後に麻酔科の診察と説明、といったあたりでしょうか???)。

 いずれ、不安を抱えての手術は患者さんだけでなく医療従事者側にとっても良くありませんので、納得行くまでじっくりと説明を受けられる事をお勧めいたします。

 麻酔科医です。
 全身麻酔の方が局所麻酔より体に対する負担が大きいというのは事実ですが、もし私自身が目の手術を受けるのであれば絶対全身麻酔(ただし、ちゃんとした麻酔科の先生の)を希望します。眼内レンズ挿入とかのように数十分で終わるようなものならともかく、時に一時間くらいかかる手術ですし、その間寝返りもうてずにじっとしているのは結構辛いと思うのです(これが手足の手術のように首から上を自由に動かして良いのであれば別ですが、・・・。一般的な局所麻酔の禁忌(局所麻酔を行ってはい...続きを読む

Qこの歯医者さんは良い歯医者?悪い歯医者?

先日詰め物が取れて歯医者に行きました。そしたらその歯科医に

「詰め物を詰めた間と歯にまた虫歯が出来てしまっている。この虫歯を削ると殆ど歯が残らないので詰め物をする事は殆ど不可能でしょう。抜くしかありませんね」

っと言われました。

小さい頃から母親に
「すぐ歯を抜きたがる歯医者は絶対ダメよ」

っと言われていた事もあり、まさか抜くなんて事を考えて歯医者には行かなかったのでビックリしてます。(母はどんな根拠を元にこんな事を言っていたのか分かりませんが・・・)

そこで質問です。やはり私のような歯の状態では抜くしかないのでしょうか?

状態は以前虫歯だった所を削られ、結構削ったので詰め物は歯の形に似たものでした。(銀歯の色が白いものです。)その詰め物が外れ、歯医者に行った所その詰め物と残っていた歯の間に虫歯が出来ている。
この虫歯を削ると歯が殆ど残らない為、抜くしかないだろう。

との事でした。私としては出来るだけ歯を抜くのは避けたいです。歯科医曰く、また同じように銀歯の色が白いものをつめる事は不可能ではないが、取れやすいなどといわれました。

この状態ではやはり抜くのが賢明なのでしょうか?

その歯医者さんがヤブだとも思わないのですが、なんせ無知なもので・・・インフォームドコンセプトじゃないですが、私にもしっかり歯の絵などを見せながら説明などはとてもしっかりしてくれました。

アドバイスお願い致します!!

先日詰め物が取れて歯医者に行きました。そしたらその歯科医に

「詰め物を詰めた間と歯にまた虫歯が出来てしまっている。この虫歯を削ると殆ど歯が残らないので詰め物をする事は殆ど不可能でしょう。抜くしかありませんね」

っと言われました。

小さい頃から母親に
「すぐ歯を抜きたがる歯医者は絶対ダメよ」

っと言われていた事もあり、まさか抜くなんて事を考えて歯医者には行かなかったのでビックリしてます。(母はどんな根拠を元にこんな事を言っていたのか分かりませんが・・・)

そこで質問...続きを読む

Aベストアンサー

歯学部生です。
oscar_oscarさんの歯がどのような状態かわかりませんが、歯の形の詰め物(おそらくクラウン)をしているということから、実際の歯はあまり残ってないのではないでしょうか?
詰め物をすると、正常の歯と詰め物との間にはどうしても虫歯ができてしまいます。というのも、その間にはどうしても食べ物の残りカスがつまりやすく、そこに虫歯の原因となるミュータンス菌が歯垢をつくり、歯をとかしてしまうからです。

現在の歯科医療において、できるだけ歯を削らない・抜かないというのは常識になりつつあります。歯医者としても、優先順位の高いものから順に考え、その結果が抜歯だったということですから、本当に歯の根元までしかないのではないかと思います。

歯の根元しかない状態ということは、歯髄(いわゆる神経ですね)がむき出しに近い状況になっているわけです。それを無理に歯肉内部に残すと、それこそ口腔内細菌のすみかになってしまい、歯周炎の原因になりますし、また、神経が化膿したりするととてつもない激痛を伴うようにもなります。
ですから、私もoscar_oscarさんがどのような状態にあるかは質問文から読み取ることしか出来ませんが、歯根部しか残っていないような歯であれば、抜歯することをすすめるかもしれません。

つまり、歯根しか残っていないような歯は、咬合(咬み合わせ)にも直接関与しないし、むしろ細菌の巣となり、周囲の健康な歯に悪影響を及ぼすことがあるので、抜く、ということですね。ここまで症状がすすんでいるならば、お母様のいう「すぐ」歯を抜きたがるとはわけが違うのではないかと思います。「すぐ抜く」というのは、「症状が軽いのに抜く」という意味だと思いますから。

歯学部生です。
oscar_oscarさんの歯がどのような状態かわかりませんが、歯の形の詰め物(おそらくクラウン)をしているということから、実際の歯はあまり残ってないのではないでしょうか?
詰め物をすると、正常の歯と詰め物との間にはどうしても虫歯ができてしまいます。というのも、その間にはどうしても食べ物の残りカスがつまりやすく、そこに虫歯の原因となるミュータンス菌が歯垢をつくり、歯をとかしてしまうからです。

現在の歯科医療において、できるだけ歯を削らない・抜かないというのは常識にな...続きを読む

Q麻酔器の構造について

(1)カニスタとソーダライムの意義はなんなのでしょうか?
(2)閉鎖回路と半閉鎖回路の特徴
(3)気化器の原理

自分で考えた内容
(1)ソーダライムは二酸化炭素や炭酸ガスなどを吸着する
   カニスタ二酸化炭素吸収装置
(2)まったくわかりません
(3)揮発性麻酔薬の正確な濃度を規定するためのもの

上の1~3のことについて教えてください
参考URLなどあれば教えてください

Aベストアンサー

(3) の回答は、気化器の「機能」あるいは「目的」になってしまっています。「原理」を聞かれているので、どういう仕組みで、揮発性麻酔薬の濃度を調整するのかを考える必要があります。

学校の課題のような感じですが、できれば気化器の実物を見て、あるいは、図書館や研究室にある本で調べてみるのが良いと思います。Googleでちょっと検索してもいろいろ出てくるようですよ。

Q歯医者の麻酔注射器と処置具・歯のクリーニング処置具について

タイトルのままなのですが、歯医者の麻酔注射器や処置具、歯のクリーニング処置具について質問です。

まず注射器ですが、これはやはり国内どこでも使い捨てなのでしょうか?
よく血液検査で使うようなおもちゃのようなものを袋から
取り出してではなく、なんだか仰々しい金属フレームがついた
注射器で注射してるような気がするのですが・・・

1・この注射器は使い捨てなのでしょうか?ちなみに医院は新しいクリニックで、先生も若いです。人気もあるクリニックです。
2・また歯のクリーニング機材など衛生士が行う処置具で感染はありうるのでしょうか?
3・同時に歯科医の処置で感染する可能性のあるものもあるのでしょうか?あれだけ回転して患者が来るのにいつ削ったりする処置具はいつ消毒してるんだろう??と疑問です。

全てのものを消毒はしてないわけですよね?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ!
私が以前勤めていたところでは。。
針だけ使い捨てです!注射器はアルコールを 
染み込ませたガーゼで消毒してました。
器具などは超音波にかけて滅菌消毒です!
歯を削るバーも、何セットかあり
消毒したやつを使ってました!
感染は、ほとんどないです。
ちゃんとしていれば!
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報