1555年に今川方の三河松平勢が海路から尾張の蟹江城を攻めて落城させていますが、落とした後に城主となったのは誰だったのでしょうか?
あとこの蟹江城はいつごろ織田信長に奪還されたのでしょうか?
ご存知の方お教えください。

A 回答 (2件)

一応、信長公記の様な一次史料や勢州軍記など見ましたが



信長公記の首巻には蟹江の名が散見されず
勢州軍記には武略忠勤に励んだ滝川一益に蟹江城を賜ったとあります

織田信長という人物は極めて成果主義的なところがあります
単に媚びを売るような人物に城址を任せるような人間ではありません
従って蟹江城は滝川一益が単独で武略ないしは調略で落としたか
若しくは蟹江城攻めの織田軍中で抜群の功を立てたと推察できます

推測ですが
滝川一益は蟹江城主になって北伊勢諸郡を調略や武略により順調に支配を拡大しますが
滝川一益が城主になったとしても配下の動員兵力は限られます
どうしてもかなりの兵がいる場合、信長に出陣を求めます
そんな信長が北伊勢に初出陣したのが永禄十年、1567年ですから
滝川が蟹江城主になり北伊勢攻略を始めるのはそれ以前

信長が尾張を平定し今川義元を討ち家康と同盟して東方の憂いを無くすまでは安易に動けないと察すると
1562~66年に織田方が蟹江城を陥れたのではないでしょうか

推測ですみませんが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/03 18:32

これは解釈が非常に難しいですが、一般的には1555年の合戦後、「蟹江城」は長島城の『服部友貞』の支城として、織田氏に対する今川氏の拠点として機能しています。

ですから城主は『服部友貞』であります。今風に言うと、服部友貞は長島城本社の社長であり、蟹江城が支社という事になります。普通は支社長、支店長を置くものですが、実際は織田勢との対抗手段として、要塞としての機能しか果たしていなかったので、長島社長としては、別に支店長はいらんだろう、という事になったわけです。

>あとこの蟹江城はいつごろ織田信長に奪還されたのでしょうか?

=織田信長の没年は1582年です。一方、蟹江城合戦が発生したのは1584年です。ですから織田信長が奪還したというのは誤りです。1583年(天正11年)、滝川一益は賤ヶ岳の戦いの後に羽柴秀吉に敗れ、織田信雄の家臣、佐久間正勝が蟹江城城主となります。ですから織田家に奪還されたのは、織田信雄の家臣である佐久間正勝が城主になった1583年という事になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「無料で使ってもいい素材(ロゴとかイラスト)」を集めたサイトがあれば教えてください

具体的には、
めちゃイケとかバラエティでよく出てくる
「!」とか「?」のマーク、あと
ひらめいたときの豆球のイラストなんかを探しています。

他にも面白くて無料で使えるフリー素材があれば教えてください

Aベストアンサー

http://www.printout.jp/clipart/clipart_d/19_arrow/01_decoration/clipart2.html
↑こちらが使えれば・・・?
他にも下のトップページに有りますので、探して下さい。

Q武田信玄が今川より先に三河、尾張に侵攻したら

武田信玄は今川義元が桶狭間で敗死したあと、弱体した今川領に攻め込みました。そのとき反対した長男義信を廃嫡し自殺させます。歴史上のifですが、このとき義信の意見を取り入れ、今川勢と共に義元の仇を討つという名目で三河、尾張に侵攻したとします。
家康は三河の統一、信長は美濃との対立で動きが取れないので、今川(1万8千)、武田の軍勢(1万3千)で攻め込めみ、各個撃破すれば意外と簡単に両国を攻め滅ぼすことができたと思います。このとき、家康は臣下することで命は助かりますが、信長は氏真に八つ裂きにされるでしょう。
信長、家康が歴史の舞台から退場し、歴史が大いに変わると思います。
皆さんどう思いますか。
  

Aベストアンサー

上杉謙信によってそれまでの北進政策を事実上頓挫させられた信玄は美濃に目を向けます。そして織田勢と交戦状態となりますが、斎藤氏との戦いで精いっぱいの信長が頭を下げたので甲尾同盟が成立します。
次に信玄は三河に目をむけて氏真に義元の弔い合戦の助力とその条件としての東三河の割譲を提案しますが、氏真は東三河を武田に渡せば遠江まで取られるとして提案を拒否します。さらに信長と縁戚となった武田は敵半分とまで言っています。氏真は甲尾同盟の成立と妹婿で親今川派の筆頭である義信が死んだことで武田との同盟は遠からず崩壊すると判断して上杉との同盟を模索して、それを知った信玄が駿河侵攻を決断したそうです。
仮に甲尾同盟がなくて義信の地位が安泰だったとします。それでもすぐには三河侵攻にはなりません。三河以外にも遠江で遠州忩劇と呼ばれる今川家への反乱が相次いでいて氏真はそれを鎮圧することができませんでした。まず、遠江を鎮圧して、それから三河ということになると思いますが、その過程で両家の関係は同等から武田家優位となるでしょう。そういう状態では今川家は親武田とそうじゃない派に分裂する可能性もあり、もし後者が優勢となれば武田と手を切るってこともありうると思います。
仮に両家が良好な関係を維持して家康を屈服させて尾張に侵攻しても、信長は謙信に援助を求めるでしょう。それで謙信が動けば信玄は兵を返すしかないでしょう。今川家単独では信長の敵ではありません。
でも、信長・家康の滅亡も十分にあり得ると思うので、歴史が大きく変わるかもしれません。しかし、それで武田・今川が京都を制圧しても、それを維持するのは大内義興と同じ理由で無理だと思います。つまり、甲斐と駿河から京都までは遠いんですよね。

上杉謙信によってそれまでの北進政策を事実上頓挫させられた信玄は美濃に目を向けます。そして織田勢と交戦状態となりますが、斎藤氏との戦いで精いっぱいの信長が頭を下げたので甲尾同盟が成立します。
次に信玄は三河に目をむけて氏真に義元の弔い合戦の助力とその条件としての東三河の割譲を提案しますが、氏真は東三河を武田に渡せば遠江まで取られるとして提案を拒否します。さらに信長と縁戚となった武田は敵半分とまで言っています。氏真は甲尾同盟の成立と妹婿で親今川派の筆頭である義信が死んだことで...続きを読む

Q無料のイラスト素材

腕時計やお金(500円や1000円等)のイラストを探しているのですが、どこかこのようなイラストを扱っている素材サイト
を知りませんか?
探してみたのですが、年賀状や季節のイラスト等はよくあるのですが、なかなか見つかりません。

ご存知の方、お願いします

Aベストアンサー

MicrosoftOfficeをご利用なさっているのなら、クリップアートをダウンロードすることで豊富なイラスト群をダウンロードできますよ。時計のイラストもお金のイラストも豊富に用意されています。

参考URL:http://office.microsoft.com/clipart/results.aspx?lc=ja-jp&CategoryID=CM790019061041&Scope=MC,MM,MP,MS&CTT=4&Origin=CM790

Q今川義元の松平元康(家康)への待遇はどんな感じ?

全体的に見ると家康個人には厚遇していると思えました(元服式で烏帽子親になるなど)が、一方で三河衆(徳川一門や家臣団)に農作業をやらせたり、織田軍に突撃させるなどの冷遇もあったと聞いてます。
実際はどんな感じだったんでしょうか?

Aベストアンサー

>全体的に見ると家康個人には厚遇していると思えました

資料を見ると、家康は高待遇です。
人質とは、到底思う事が出来ません。
義元としては、実子・跡継ぎとして考えていたフシがあります。

>一方で三河衆(徳川一門や家臣団)に農作業をやらせたり、織田軍に突撃させるなどの冷遇

家康と三河衆は、個別に考えた方が良いです。
三河衆は、家康でなく松平(徳川)家の家臣ですよね。
あくまで、頭として家康を見ているに過ぎません。
※三河衆は、家康が頭としての技量が無いと判断すれば追放若しくは殺害します。
※文部科学省非公認の歴史では、幕府を開いた家康と人質時代の家康は別人との古文書もあります。
ですから、義元としても家康と三河衆は別物と考えていました。
簡単に言うと、三河衆を信用していなかった訳ですね。
が、三河衆としては「頑張れば、家康の評価になる」と必死だった訳です。
義元としては、強力な戦闘軍団であり且つ彼らが何人死傷しても痛くも痒くもない都合の良い軍隊でした。

Q無料のイラスト素材

パワーポイントで会社の資料を作成中です。工場で働いている人や作業着を着た人、ヘルメットを着用したイラスト素材を探しています。(様々な表情や手の動きがあれば非常にありがたいです)
どなたかご存知でしたらお知らせください。

Aベストアンサー

仕事で使うのに無料でないとだめなのですか?

有料ですが、満タンWeb
http://www.dex.ne.jp/mantan/index.html
で「作業員」「ヘルメット」検索すれば、ご希望にかなうイラストが多数ヒットすると思います。

Q十四家松平・十八家松平

 江戸(徳川)時代が特に好きでHPや図書館を利用して参考文献を調べています!しかし十四家松平・十八家松平家は親藩ではなくて譜代の分類に入ります。家康公の故郷で近親や従兄弟といった感じなのに・・
 なぜなんでしょうか?十四家松平・十八家松平家に詳しい情報を教えて下さい!

Aベストアンサー

 十四家松平といったり、十八家松平といったりしますが、すべて、松平親氏の子孫になります。
 松平氏も何代にもわたるとそれぞれの家が独自に家を形成していきます。その中には安城松平氏(家康の家)に従うものもいますが、敵対するものもいました。
 家康の代になるとどんどん同族や近隣の豪族を従え、徳川家の家臣団を形成していきました。そういう意味で、同族といっても各松平家はほかの譜代の家と違いはないわけです。
 それに対して、親藩とは家康の男系の子や孫から分かれた分家、異父兄弟である久松松平家などであり家康の近親者であります。
 ちなみに、松平(奥平)家は家康の外孫ですが、家康の養子になっております。
 唯一の例外が松平(鷹司)家ですが、この家は家光の正室に由来しています。また、紀伊徳川家と婚姻を結び、かなり初期に紀州系の養子を迎えています。

Qお勧めの無料イラスト素材

保育園の文章などをワード・エクセルで作ることになりました。
そこに、かわいいイラストなどを挿入したいのですが、オフィスサイトにも、ネットでそうとう数探しても、白黒画像でかわいいイラストって意外と少ないと言うか、あまり見つけられませんでした(カラーではたくさんありましたが)。
オフィスの機能でカラーを白黒にしても、あまりうまくキレイに表示(印刷)できないので最初から白黒かグレースケールのイラストでかわいい園児や動植物などがたくさん出ているサイトをご存知の方、お勧めサイトなど、教えてください。

Aベストアンサー

下記のサイトなどはどうでしょう
「モノクロ イラスト集」などで検索すると色々出てきますよ

参考URL:http://www.fumira.jp/

Q松平定知は松山藩松平家の子孫か

NHK松平定知アナウンサーは松山藩松平家の子孫だといわれています。しかし松山藩松平家は明治維新後、旧苗字の久松に戻しています。殿様知事といわれた愛媛県知事も久松定武です。この久松松平家は大名で4家あり松山、今治、多古が久松にもどし、桑名が松平のままです。桑名松平の子孫でしょうか。

Aベストアンサー

愛媛松山の者です。

たしかに徳川家康の異父弟・松平定勝を祖とする伊予松山藩の久松松平家の出身だと思いますが、松山武鑑などには400石の旗本である松平家があります。

個人的に地元・松山なれど自信はありませんが、まず桑名松平家は上記の定勝の流れなれど、元は久松でした。

故に明治維新を期に本姓である久松に戻したと聞きます。
松平定知アナウンサーは、久松傍系の旗本子孫ゆえに松平姓のまま今日に至ったと思われます。

Q■無料イラスト素材を探してます!■

校内新聞を作成しているのですが、
海賊の宝地図みたいなものか、忍者の巻物っぽいイラストを探してます。
少し急いでますので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記URLは、キーワードを入力して素材が検索できるサイトです。
いろいろなサイトからの素材が一度に検索されます。

海賊の宝地図や忍者の巻物はむずかしいかもしれませんが、
「海賊」「地図」「忍者」「巻物」なら出てくると思います。

掲載素材の多さではかなりだと思います。
ご希望のものが見つかるといいですね。

参考URL:http://www.ran.co.jp/

Q越前松平家と会津松平家

越前松平家と会津松平家では、どちらが家格が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

 難しい質問です。他の方も仰っていますが一概には言えません。
 
 両家とも徳川家の家門大名として扱われていますが、家康との血縁の近さでは、No.2の方が指摘されているように、越前松平家が上と考えるべきです。
 
 極位極官(例外もありますが、その藩の藩主がもらえる最高官位)では、会津越前家は「正四位下近衛中将」越前松平家は「従四位下近衛少将」ですので、会津松平家が上とも考えられます。
 
 また、江戸城に登城した際に控える部屋「伺候席」で考えると、越前松平家は「大廊下下の間」(ちなみに上の間は御三家、下の間には加賀前田家)です。会津松平家は「黒書院溜間」(この部屋の定席大名彦根井伊家、会津松平家、高松松平家)です。
 「伺候席」は、将軍家との親疎の差、武家官位、石高などで決められ、多分に名誉的なものでした。将軍家との親疎の差で考えれば「大廊下」が最高格式とも考えられますが、一方、「黒書院溜間」は特別な存在でした。「黒書院溜間」大名は、
・将軍や老中の諮問を受け直接幕政に参与する。
・将軍家の名代として、天皇や上皇に拝謁する。
・将軍家の名代として、紅葉山霊廟や日光東照宮へ参拝。
・将軍家代替後の武家諸法度発布の際に、御三家に続き将軍家から直接頒布される。
・月次御礼の拝謁は御三家とともに黒書院でした。(他の大名は白書院)
と、特権が与えられています。これらの点から考えると、「黒書院溜間」の格式の方が高かったとも考えられます。

 以上から考えると、家康との血縁の近さから考えると越前松平家とも考えられますが、実際の待遇を考えると会津松平家の格式が上とも考えられます。
 私の私見としては、実際の待遇を手厚く受けていた会津松平家を上と考えたいところですが…

 難しい質問です。他の方も仰っていますが一概には言えません。
 
 両家とも徳川家の家門大名として扱われていますが、家康との血縁の近さでは、No.2の方が指摘されているように、越前松平家が上と考えるべきです。
 
 極位極官(例外もありますが、その藩の藩主がもらえる最高官位)では、会津越前家は「正四位下近衛中将」越前松平家は「従四位下近衛少将」ですので、会津松平家が上とも考えられます。
 
 また、江戸城に登城した際に控える部屋「伺候席」で考えると、越前松平家は「大廊下下の間...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報