ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

よく「毛深いのは男性ホルモンが多いから」とか「女性ホルモンが多いと胸が大きい」とかいいますよね?

恥ずかしながら、私は腋や脛、Yゾーン、Iゾーンが毛深くて(腕はそこまでひどくないと思います)困っています。
だけど、胸も大きいです。普通の下着店では一種類か二種類くらいしか品揃えがないようなカップです。アンダーが75とか80とかある訳じゃないから、なおさら。

私は女性ホルモン、男性ホルモンともに多いんですか?なんなんでしょう?
病気になりやすかったりするんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 表題から判断し、環境ホルモンの関係の話かなぁと思って拝見しました。

拝「毛」んついでに書かせて頂きます。

 けっこういろいろな本を読んでいますが、一般的に毛深い女性は、ふつうよりはいくぶん男性ホルモンが多い、というのは事実のようですよ。

 (胸の大きさと女性ホルモンの関係は調べたことがないのでパスさせて頂きます)

 もちろん、どんな女性だって、女性ホルモンのほかに男性ホルモンも出しています。男性も、男性ホルモンのほかに女性ホルモンを分泌しています。

 そういう仕組みのなかで、人類の体はできあがっていますんで、多少量が多くても少なくても心配なさることはありません(想定外の環境ホルモンのようなものが、体内に入り込むと女性化や男性化などが引き起こされて危険ですが)。

 実際問題として、イタリア人女性などに目立つのですが、欧米系女性では鼻の下にヒゲをはやした女性、けっこういます。男性ホルモンが多いせいだと言われています。ヨーロッパには頭が禿げている男性が多いです。

 彼女たちは、ちっとも不自然なことじゃない(よくあることだ)と認識しているので、あまり剃りませんね。で、我々の目に触れます。イタリア人女性は威勢がいいですが病気がち、なんて聞いたことはないでしょ?

 これは冗談ですが、「アメリカ人女性の体内を流れる男性ホルモンの量は、日本人男性の体内を流れる男性ホルモンの量よりも多い」とか、「ゆえに、アメリカ人女性のほうが日本人男性よりも男らしい」などと言われたりしてます。
(^_^;\(^O^ )ペチッ!


 ホルモンが作用するには、それを受け取って反応するレセプター(受容体?)が必要みたいで、それを欠くせいで、男性ホルモンはたっぷり流れているのに、まるで女性のようになる男性の病気もあります。

 つまり、すべすべ肌の女性だからと言って男性ホルモンが少ないとは言えないのです。逆もまた真なりと言えるのではないでしょうか。

 また、それとはべつに男性ホルモンにちょっと強く反応する場所と女性ホルモンに反応する場所というのがあります。

 例えば、頭頂部の毛は女性ホルモンの影響が強いそうです。ですから、男性は額から頭頂部へと禿げます。頭の横と後ろは男性ホルモンの影響が出る(中性的だそうです)ので、最後まで残ることが多いですね。

 いわゆるYゾーンは男性ホルモンの影響が強く出る場所のようです。 

 まあ、そんなふうに両方のホルモンには得手不得手があるので気になさらないほうがいいと思います。


 ただ、質問者さんは若いかたと拝察します。

 もしそうなら、妊娠したかなと思ったら飲む薬には気を付けてください。薬の種類と飲むタイミング次第では、働くべき男性ホルモンや女性ホルモンが働かず、男の子のような女の子が生まれたり、女の子のような男の子が生まれたりしますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて下さってありがとうございました。
助かりました。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2011/07/09 12:01

ホルモンと毛は、何の関連もありません。

もし男性ホルモンが多いことで毛深いなら、男性の薄毛はいないはずです。また女性ホルモンが多いことで胸が大きくなるなら、貧乳で悩む人はいないはずです。

だから気にしなくても大丈夫でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くてすみません。

お礼日時:2011/07/09 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性のむだ毛と胸の大きさと女性ホルモンについて

女性のむだ毛と胸の大きさと女性ホルモンについて質問です

胸が大きくなるのは女性ホルモンが影響するために
胸が大きい人はこの女性ホルモンの分泌が多いんでしょうね。

対して、男性ホルモンは毛に影響するとき聞きます。
と言うわけで、「すね」や「腕」のむだ毛が濃い女性は
男性ホルモンが多く胸が小さいということなのでしょうか?

経験上、胸が大きい女性はむだ毛が濃いイメージがなく
あっても細い毛で目立たない程度だと思います。
単にうまく処理してあるだけで分からないと
突っ込みが入るかもしれません(笑)

むだ毛が濃くても胸が大きい人はいるんでしょうか?
最近そんなことを考えてしまいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です
コメントありがとうございました。

>スムーズにエッチになる率も高いということですかね。
>その分エッチな子が多かったりするんですかね?

「胸が大きい女性は皆エッチ好きだ」
というのは男性が陥りがちな勘違いです。
実際はそういう女性とそうでない女性と極端に分かれてます。
若い頃から自分の身体を武器にする女性もいますが
(風俗の女性はそういうタイプでしょうね)
大きな胸がコンプレックスで内向的な女性も相当数います。
私の周りの巨乳女性は殆どそうですね。真面目で清楚です。
そういうタイプの子たちは多くの勘違い男に迫られて
嫌な思いをした結果、身体目当てに近寄られることに対して
非常に過敏ですし極端に嫌がります。
なので、「胸が大きい女性はエッチ好き」というのは
女性に対して失礼な勘違いだってことは憶えておいた方が良いですよ。

>一般人でも綺麗にしてる方は常に綺麗にしているんですね。

これも美容に対する価値観の問題で個人差が大きいですが
背中の産毛まで処理している人は相当手慣れていると言うか......
気合い入ってるなあと思いますね。

No2です
コメントありがとうございました。

>スムーズにエッチになる率も高いということですかね。
>その分エッチな子が多かったりするんですかね?

「胸が大きい女性は皆エッチ好きだ」
というのは男性が陥りがちな勘違いです。
実際はそういう女性とそうでない女性と極端に分かれてます。
若い頃から自分の身体を武器にする女性もいますが
(風俗の女性はそういうタイプでしょうね)
大きな胸がコンプレックスで内向的な女性も相当数います。
私の周りの巨乳女性は殆どそうですね。真面目で清楚...続きを読む

Q女性ホルモン摂取を中止。元に戻りたいです。

男性です。3年ほど前に、美容目的で飲んだ安いプラセンタサプリで、肌が綺麗になり、腰が細くなりました。それで興味が進んで女性ホルモンのピルを飲みました。週に1粒など、本当に抑えめに飲んでいましたが、大変影響があり、さらに腰が細く肌がきれいになりました。

 ですが、失ったものが多く、後悔しています。・・・音楽に感じなくなる。短期記憶力・思考力が極端に落ちる。頭痛。他人への愛情喪失。言葉の組立てがおかしくなる。等です。それらが悪循環を起して、人間関係も悪くなりました。

 やめて1年が経ちましたが、3割くらい戻って、回復が進まなくなりました。市販の男性ホルモンを塗ってみたりしましたが、翌日はむしろ女性化してしまいます。

 そこで、この状態から回復を進める方法をご相談したいのです。

 今考えているのは、個人輸入の男性ホルモンをとる(セルノスジェルなど。)ことです。女性ホルモンであれだけ影響があるのだからと。ただ、ホルモンの怖さを知ってしまったので、病院に行く方がベターだとも思っています。しかし、その場合、どういった病院に行くべきでしょうか。

 大変お恥ずかしい質問ですが、私にとっては大問題で、真剣に質問をしています。
 ヒントになりそうな事、何でも結構です。よろしくお願い致します。

男性です。3年ほど前に、美容目的で飲んだ安いプラセンタサプリで、肌が綺麗になり、腰が細くなりました。それで興味が進んで女性ホルモンのピルを飲みました。週に1粒など、本当に抑えめに飲んでいましたが、大変影響があり、さらに腰が細く肌がきれいになりました。

 ですが、失ったものが多く、後悔しています。・・・音楽に感じなくなる。短期記憶力・思考力が極端に落ちる。頭痛。他人への愛情喪失。言葉の組立てがおかしくなる。等です。それらが悪循環を起して、人間関係も悪くなりました。

 やめて1年...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも医学的にいえばホルモンバランスがおかしくなることで様々な不定愁訴が出ることは知られてもそのメカニズムまでが判明したわけではありません。
つまり、質問者さんが訴える症状が女性ホルモンを摂取したことによるものであるとする医学的根拠はないと思うのですよ。そりゃ、質問者さんからすればそれ以外原因は考えられないのでしょうが、しかし女性ホルモンの何がどこにどう作用してそういうことになってしまったのかという説明は不可能だと思います。
ということは、例えば女性ホルモンのなんという成分がどこの細胞にどのように影響を与えたかというのが分からない以上、打つ手はないということだと思います。

こういうことだと思いますよ。水の中に赤色を入れたら水が赤く染まってしまった。じゃあ、赤の反対色はなんだと調べたら緑だと分かったので、水の中に緑を入れたら元の透明に戻るのかといったらそういう話じゃないでしょ。

だいたい、性ホルモンて安易に使っちゃいけないんですよ。ドーピングってご存知でしょう?あれがなぜあんなに厳しく禁じられているかというと、別に使ったら卑怯だからという単純な問題じゃないんですよ。
ドーピングには性ホルモンに関する薬物が多いんです。で、それを使ってしまったばかりに例えば女性の選手が髭が生えてきたりとかそういう問題が発生したんですね。じゃあそういう髭が生えちゃった女性選手が女性ホルモンを取ったら元に戻ったかというと、戻らないんです。メジャーリーグのスラッガーとしてスター選手だったホセ・カンセコはドーピングを使っていたのできんたまがとんでもなく小さくなったそうです。なんでもそれはドーピングの副作用なんだとか。他にもうつ病になったり感情がコントロールできなくなったり、中には自分の感情がコントロールできずに自殺してしまった元スポーツ選手もいます。
そのくらいリスクが高いので、性同一性障害の人でもホルモン注射ってお医者さんも断る人も少なくないそうですし、やってくれるお医者さんも「リスクが高い」とすごく慎重になるそうです。

お医者さんはどこがいいんでしょうね。おそらく性同一性障害の専門医なんかが性ホルモンには詳しいとは思いますが、とりあえず近所の医者に行って相談して専門医の紹介状を書いてもらうことでしょうね。

だいたいピルなんて男性が普通の手段で手に入れようとしても病院で医者が処方箋なんか絶対書いてくれないはずですけどね。性の壁って想像以上に簡単に越えられるものではないですよ。近年日本でも性転換を認めるようになりましたけど、精神科医の診断を受けたり、二重三重の審査を経てようやく認められるくらい厳しいのです。なぜそんなに厳しいのかというと、例えば男性にとってきんたまを失うことはそれだけ体に重大な影響を与えるからです。
今さら何を言っても手遅れだけど、一線を簡単に越えすぎです。「ダイエットにいいといわれて覚せい剤を使ったらやめられなくなりました。どうすればいいでしょう?」くらいのご質問ですよ。

そもそも医学的にいえばホルモンバランスがおかしくなることで様々な不定愁訴が出ることは知られてもそのメカニズムまでが判明したわけではありません。
つまり、質問者さんが訴える症状が女性ホルモンを摂取したことによるものであるとする医学的根拠はないと思うのですよ。そりゃ、質問者さんからすればそれ以外原因は考えられないのでしょうが、しかし女性ホルモンの何がどこにどう作用してそういうことになってしまったのかという説明は不可能だと思います。
ということは、例えば女性ホルモンのなんという成...続きを読む


人気Q&Aランキング