NHKの「おひさま」、現代の陽子を演じているのが若尾文子さんって、どう思いますか? 私は若尾さんの顔つきも喋り方も、どうも陽子イメージに合っていないように思えて、未だに違和感が消えません。

陽子は「太陽のような女性」な訳ですが、そもそも「太陽のような…」って? 脚本家は、どんなイメージの女性として陽子を描いているのか…

先日、朝日新聞の記事に、若い頃の陽子を演じる井上真央さんのインタビュー記事が載っていました。

『 ヒロイン「太陽の陽子」は「おひさまのような笑顔で周囲を明るく照らし続ける」役どころ。 その本質を「受け身」と表現する。 「朝ドラらしい元気で前向きな人は、(親友の)育子さんや真知子さんのように周りにたくさんいる。 陽子はその人たちと泣いたり笑ったり、喜んだり、悲しんだり。 珍しいですよね。 いい意味で太陽のイメージが変わりました」 』

↑これが、井上さんが解釈するところの陽子のイメージ。「太陽のような人」って、一般的には「底抜けに元気で明るく、積極的で…」という感じかもしれませんが、それは育子や真知子であって、陽子は積極的(能動的)というよりも、むしろ受動的。相手をあるがままに受け入れ、優しく包み込む…ということなのでしょう。

実際、このドラマの脚本家も、そういうイメージの女性として陽子を描いていると思います。そして、井上真央さんは、顔つきも声も優しくて可愛らしく、そんな陽子のイメージにピッタリ!

一方、若尾文子さんは? 若尾さんは美人だし、素敵な女優さんです。でも陽子のイメージに合うかというと…合わないと思うんです。顔つきにも、声・喋り方にも、相手を優しく包み込む柔和さというものがなく、気が強くてハキハキしてて、ちょっと皮肉屋のおばあさん…という感じ。どちらかというと、陽子ではなく、樋口可南子さん演じる徳子(陽子のお姑さん)のイメージに近いと思いませんか?(ちょっと違うかな?)

高齢になった陽子のイメージに近いのは、八千草薫さんとか吉永小百合さんとかではないでしょうか? (…吉永さんは、ちょっと若すぎるか)

皆さんは、「おひさま」の若尾文子さんについて、どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

嬉しいです!私も未だに全く同じ違和感があって、若尾さんが「語り」や登場される度「うぅ…」て感じでしたから。

井上真央ちゃんの顔つきも声も優しくて、ほんわかした癒される「陽子」から、何ででこのツンツンした人が後の陽子なの?って。。。話が面白いだけに残念。「~だったわぁ~」の気取った話し方も、陽子のイメージじゃないですよねぇ~。でも主人と子供はあまり気にしていないので、私1人で違和感抱えながらもやもやしておりました(笑) 若尾さんも確かにお綺麗な方ですが、ホント違う役で出て欲しかったですよね。お気持ちすごくわかります。 私には何故だか、あの若尾さんがゆる~い歌舞伎役者さんのように見えてしまうのです(涙)。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです!若尾さん演じる陽子の雰囲気を言葉で表現すると、「ツンツン」なんですよね。

おひさまのような暖かさで、周囲の人々を優しく癒す…というのが、「太陽の陽子」のイメージだと思うので、年をとってツンツンしたおばあさんになるのは変ですよね。(決して意地悪ばあさんという訳ではないんですけど)

もっと柔らかい雰囲気の女優さんに、可愛らしいおばあさんを演じてほしかったです・・・

回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/07/04 06:51

それを言うなら、幼少期の陽子と女学生以降の陽子とのあいだにも違和感がかなりありますが、若尾さんに関しては、少なくとも建前上は「これから若い陽子が、熟年のあの陽子に近づいていく物語」なのだと思います。

それを私は一応、楽しみに見ていますし、幸い、若尾さんのことも、井上さんことも、幼少期を演じた八木さんのことも私は好きなので、難なく付いていけています。

さて、なぜ好きか。それは皆さん、「底抜けに元気で明るく、積極的」ではないからです。ご質問が投稿されたのが6月30日ですが、その後、徳子が陽子に「男(陽子の父と兄)はダメだから、女が照らしてあげなきゃ。でも明るすぎてはいけない。ほんのり包み込むように」という主旨のセリフを言って、里帰りを勧めるシーンがありました。

このドラマが言う「太陽」とは、そういうものなのだと思うのです。勝手にぎらぎら光るヒマワリのようなまぶしすぎる存在ではなく、ほんわかとそこにいつも居て安心させてくれて、凛としている存在。陽子の母や祖母や、若尾さん扮する現代の陽子などは、まさしくそんな人です。そして井上さんの陽子は、まだ物語の中では発展途上なのだと思います。

それでも女学生時代に比べると、随分とキャピキャピ感がとれて、教師らしく堂々とした風情がうかがえるようになったと同時に、主婦代わりを務めてきただけあって、家事をしたり、教え子を抱き寄せた時などには、おかあさんのような落ち着きすら感じられました。

若尾版陽子のイメージについては、やはり凛としていて、とにかく自立している感じがします。そして、ちょっとのことでは動じない達観した感じがありますが、どこかかわいいです。元先生と言われれば、確かにそんな感じがしますし、井上版陽子よりは、徳子に非常に雰囲気が似ています。何しろ、和服をオシャレに着こなす人ですから。井上版陽子は先生としても店の嫁としてもヒヨッコですが、これから物語の中で、どんどん若尾版に近づいていくのだろうと私は思います。

八千草薫さんとか吉永小百合さんとか、いいですね。でも若尾さんの、ちょっとすっとぼけた感じや、ちょっぴり怖い感じが、元先生にありがちで役柄に似合っていますし、どこか勝気な反骨心が漂うのも、祖母、母、姑、そして何よりも、親友同盟の趣旨を受け継いでいると感じています。

余談ですが、私にとって「おひさま」の魅力は、いかにも朝ドラ向きの健康的な話を展開させながら、演じている役者さんが揃いも揃って、毒気とクセのある人ばかりだという点です。井上さんもどこかのインタビューで「本当の自分は暗い」というようなことをおっしゃっていましたが、炎天下の太陽ばかりではなく、朝日や夕陽も私は好きです。それにしても老後のタケオは似過ぎ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~

このドラマのいうところの“太陽のような女性”・・・『ほんわかとそこにいつも居て安心させてくれ』る女性というと、私の個人的な感覚では、柔和で癒し系なイメージの女性が思い浮かぶんですけど、

でも、ただ柔和で優しいだけでなく、『凛としていて、自立していて、ちょっとのことでは動じない達観した』女性をイメージするという感覚の方にとっては、若尾さんこそが陽子のイメージに相応しいのでしょうね。井上さんの陽子は、まだまだ発展途上…

脚本の岡田惠和さんも、そういう女性をイメージしているのであれば、井上さんの陽子は徐々に、若尾さんのような雰囲気の女性になっていくというストーリーなのかもしれませんね。

回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/07/08 18:04

私もあわないなぁ~とは思います、、、が、



若尾さん、綺麗!!

まぁ、ドラマですから。

それにしても、兵隊に行ってた茂樹兄さんや、武男君が、長髪なのは、、。

アノ時代、ほとんどが坊主なのに、、、。

俳優さん、さすがに坊主にはなれないのでしょうかねぇ~?

井上真央は、何歳までを演じるのでしょうかねぇ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば・・・兵隊さんが長髪なんて、上官にビンタされちゃいそう(笑)

陽子の旦那さんは坊主ですけどね。

回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/07/04 07:03

私も、若尾さんの雰囲気や話し方と陽子のイメージが合わないな~と思いながらみてました。


どちらかというと、お嬢様育ちの奥様、という感じ
ですね。

陽子のお祖母様役の渡辺美佐子さんの方が、雰囲気が似てるような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。徳子ではなく、陽子のおばあさんに似ていますね!

陽子は年を重ねて、自分の祖母に似てきたということでしょうか(笑)

回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/07/04 06:59

そもそも年齢が合ってません。

戦時中教師で結婚していたなら66年経って最低でも86歳でしょう。イメージもあってないし、性格も合ってないし・・・
でもまあドラマだから仕方ないです。
それよりもよくNHKが戦時中の苦い思い出を刻銘に伝えてくれました。たいへん興味深く毎日見ております。感謝です。
だから多少の不自然はぜーーんぶ許します。願わくば戦争や戦後を知らない若い世代が見て欲しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

80代後半の陽子を、70代後半の若尾さんが演じることについては、私的には許容範囲内です。実年齢より若く見える人、というのは珍しくないと思うので。

戦時中の様子は、よく描けていますよね。

陽子も教師として、あまり疑問を抱くこともなく軍事教育に加担してしまっていた…その点を誤魔化さずに描いていることには好感が持てます。

回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/07/04 06:38

 たとえば・・・戦前戦中とあんなにおひさまみたいだったヒロインが、戦後60年でどうしてあんなふうに変わっていったのか?何が彼女をそうさせた?



 なんて興味をドラマの後半で持てたら素敵ですよね?
そう思って楽しんでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これから陽子の性格が激変するような展開があるんでしょうかね~

回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/07/04 06:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q若尾文子という女優はいつ頃まで人気が大きかった人なのでしょうか

先日亡くなった黒川紀章さんの奥さんの若尾文子という女優さんは、いつごろまで人気のあった人なのでしょうか。
ウィキペディアの「若尾文子」の項目は見ましたが、いつごろまで人気の大きかったか等がよく分からないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

若尾文子が一番人気があったのは、
田宮二郎と共演の映画「不信のとき」という映画の頃ですね。
1968年の映画ですが、主演が若尾文子となっていましたが、
田宮二郎が抗議をして主演が田宮になりました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=142462

QNHK「おひさま」で

先週か先々週くらいの放送だったと思うのですが、
ラジオから音楽が流れていて、DJ(ラジオのアナウンサー?)が
最後に「飯田小太郎とオクトパスで、『よき人生を』でした」と
曲紹介をしているのが流れているシーンがありました。
多分、2~3回くらいそのようなシーンがチラリとあったように
思います。

が、ドラマの中では(陽子達がそれを聴いたのかどうかまでは
はっきりわからない感じのシーンでした)、誰もそのことには
まったく触れてなかったような気がします。

オクトパス(飯田先生)はミュージシャンか歌手にでも
なったのでしょうか?

そのこと(ラジオから曲が流れたこと)について
誰か何か触れたシーンというのは今までありましたか?

ドラマの中で特にハッキリした説明はないけど、
飯田先生はミュージシャンになって曲を出しましたよ…
と、さりげなく説明してるつもり?のシーンなのでしょうか。

その辺がよくわかりません。
何気にずっと気になっています。
私が見逃したシーンでもあったのでしょうか・・・?
あれはどういう風に理解したらいいのでしょう。
皆さんは不思議に思いませんでしたか?

先週か先々週くらいの放送だったと思うのですが、
ラジオから音楽が流れていて、DJ(ラジオのアナウンサー?)が
最後に「飯田小太郎とオクトパスで、『よき人生を』でした」と
曲紹介をしているのが流れているシーンがありました。
多分、2~3回くらいそのようなシーンがチラリとあったように
思います。

が、ドラマの中では(陽子達がそれを聴いたのかどうかまでは
はっきりわからない感じのシーンでした)、誰もそのことには
まったく触れてなかったような気がします。

オクトパス(飯田先生)はミュージシ...続きを読む

Aベストアンサー

劇中ではまったく説明されていませんが、そこがむしろ面白いと我が家では大ウケでした。

敵性語であった英語を本業に使っている人は、戦時中に厳しい状況を強いられました。ひるがえって戦後、進駐軍が入ってきて、英語が堪能な人たちは米軍関係の仕事で食いつなぐようになりました。ここまでは、まさしく飯田先生がその典型として劇中で描かれていましたよね。

一方で、終戦とともに一気に入ってきたアメリカ文化にあこがれて、米軍基地で雑用をして働いたり、それが高じてジャズ・ミュージシャンになった日本人は珍しくありません。ペギー葉山さん、フランク永井さんなどはほんの一例で、1970年代くらいまでは懐メロ番組やトーク番組にこうした方々がよく出演しては、当時の話をしてくれたものです。

とかくこうしたバンドは「(バンマスの姓名)&(英単語)」というバンド名を付けていました。飯田小太郎はまさしく、常に時代の波に良きにつけ悪しきにつけ翻弄されていたのですね。敢えてエピソードとして大々的に取り上げないのは、ユーモアを意識したのもあるのでしょうけれど、それだけ珍しくないことだという雰囲気を出したかったのでしょう。でも、ラジオはわざわざアップになっていたので、視聴者に対しては“気づいてくださいね”というメッセージを送っていたのだと思います。なお、「オクトパス」と「よき人生を」の伏線は、ご承知のとおりです。

余談ですが、『よき人生を』がラジオで盛んに流れていた頃の『おひさま』は、日常的な風景が坦々と続くだけで、ちょっと中だるみでしたよね。だからこそ、平和さと時の流れが自然とにじみでて、川原の再登場がインパクトを持ったのではないかと今は思います。

劇中ではまったく説明されていませんが、そこがむしろ面白いと我が家では大ウケでした。

敵性語であった英語を本業に使っている人は、戦時中に厳しい状況を強いられました。ひるがえって戦後、進駐軍が入ってきて、英語が堪能な人たちは米軍関係の仕事で食いつなぐようになりました。ここまでは、まさしく飯田先生がその典型として劇中で描かれていましたよね。

一方で、終戦とともに一気に入ってきたアメリカ文化にあこがれて、米軍基地で雑用をして働いたり、それが高じてジャズ・ミュージシャンになった日本...続きを読む

Q三浦綾子「氷点」が映画になったそうですが、どちらがいいですか? 若尾文子と、石原さとみと。

三浦綾子「氷点」が映画になったそうですが、どちらがいいですか?
若尾文子と、石原さとみと。

Aベストアンサー

映画は知りませんでしたが、テレビでやった、母親役が浅野ゆう子、娘役が石原さとみが良かったです。

QNHK「おひさま」にちょっと疑問

NHK「おひさま」を楽しく観ています。
しかし、ひとつだけ納得いかない部分があります。

斉藤由貴、若尾文子、伊藤ゆかりの3人が時々出てきますが、このシーンは要るのでしょうか?

井上真央、倉田ユカリ役の子のイメージから、だいぶ遠くてガッカリします。

Aベストアンサー

まぁ元々現代での陽子と房子の出会いがきっかけで、回想として語られている物語、
という設定なので、ちょこちょこ現代のシーンを挟まざるを得ないのでしょうね。

視聴者的にはなくても良いという気もしなくもないですが、
たまに当時の登場人物が現在どうなっているかが小出しに明かされるのが、少し楽しみな気もしないでもないです。

でも確かにイメージからはだいぶ遠いですね。。。

Q若尾文子と安藤忠雄は・・・

芸能に詳しいかたに質問です。若尾文子と安藤忠雄は夫婦ですか???もしも違うならお互いの相手のお名前を教えてほしいのです。わかるかた教えてください。

Aベストアンサー

若尾文子さんのご主人は、建築家の黒川紀章さんだったと思います。
安藤忠雄さんは、わかりません。
 

QNHKの朝ドラ「おひさま」についていくつか質問です

ドラマの合間合間に現代の陽子が出てくるシーンがあって
妙にテンションの高い主婦(斉藤由貴さん)が見ててちょっと
うっとうしいな~^^; とか思いつつ、毎日朝ドラ見ています。

質問なのですが、

1.最初のほうを見ていなかったのでよく分からないのですが
 東京の郊外?(違ってたらすいません)に住んでる主婦と
 現代の陽子(若尾文子さん)はそもそもどうやって知り合い
 陽子が昔話を語る流れになっているのでしょうか?

2.現代の陽子は今も安曇野にいるのでしょうか。
 途中でおじいちゃんになったタケオくんが出てきたので
 そうかな、と思うのですが、現代の洋子は何をしているのか等は
 今まで出てきましたか?
 (この先蕎麦屋に嫁ぐらしい、とドラマのHPで見たので
  今もその関連でお店を持っているのか、とか・・・)

3.これはついでの質問なのですが、毎日見てる方に
 ちょっとお聞きしたいです。

 個人的には、正直この2人(現代の陽子と主婦)のシーンはなくても・・・
 というかない方がいいように思えたりするのですが
 (なんとなくストーリーが進むのが遅いうえに、ちょこちょこ
 現代のこの2人のシーンが入って話が中断されてしまう感じで
 あまり好きではありません)
 皆さんは現代のシーンは好きですか?あった方が良いと思いますか?

ドラマの合間合間に現代の陽子が出てくるシーンがあって
妙にテンションの高い主婦(斉藤由貴さん)が見ててちょっと
うっとうしいな~^^; とか思いつつ、毎日朝ドラ見ています。

質問なのですが、

1.最初のほうを見ていなかったのでよく分からないのですが
 東京の郊外?(違ってたらすいません)に住んでる主婦と
 現代の陽子(若尾文子さん)はそもそもどうやって知り合い
 陽子が昔話を語る流れになっているのでしょうか?

2.現代の陽子は今も安曇野にいるのでしょうか。
 途中でおじいちゃんに...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

1.たしかドライブがてら安曇野に行ったところで、
  クルマが脱輪し、助けを求めたのがきっかけでした。
  店は休業中でしたが、招き入れてもらい、
  そこで昔話に付き合うことになった…という流れです。

2.1.のご質問の流れからして、現代の陽子がどこにいるかは、
  ご存知なのでは? あぁ、東京ではなく安曇野です。
  そうそう、房子は店に立ち寄ったところで、
  そばを振る舞われています。

3.最初見ていたのですが、最近は見なくなりました。
  やはり、現代のシーンはちょっと余計な感じがしたのも、
  見なくなった理由の1つのように思えます。
  房子の演技もドラマの流れの中で浮いているような気がするし。
  かといって、昭和初期の話でずっと展開するとなると、
  ドラマとしては重くなるのかもしれませんね。

NHKのHPで、最初のころのあらすじとか、登場人物とか
いろいろ紹介していますよ。
  

参考URL:http://www9.nhk.or.jp/ohisama/

Q「深キョン」と「若尾文子」

「深キョン」って、歯車が一本か二本はずれた「若尾文子」に似てませんか?

「深キョン」って、一皮剥けるんですかね?声が腹から出てないのかな?女優も発声が大切ですよね。顔がきれいでも、声に特徴がありすぎて駄目になっている女優っていうのがいますよね。

たとえば、仲間由紀恵などいい女優なんだけど・・・。どう思いますか?しかし若い時の「若尾文子」はすべてにおいて出来上がってましたね。

Aベストアンサー

変だとは言いませんが、深キョンの声は特徴的ですね。
友達の一人なら全く問題ありませんが、朝の目覚めにあの声はちょっと.....
こっちのやる気を失くさせる兵器なんですよ、きっと。

仲間由紀恵は、ブーな上に声ブスですね(´・ω・`)

Q最近、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」、「てっぱん」、大河ドラマ「龍馬伝」

最近、NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」、「てっぱん」、大河ドラマ「龍馬伝」の出演者を民放のCMでよく見かけるようになったと感じているのですが、たんなる気のせいでしょうか?

Aベストアンサー

同感です。
朝ドラや大河ドラマの主役はすぐコマーシャルに出るようになります。かなり前からそうなっていると思います。やはりNHKは別格なのでしょう。紅白は廃れましたが、あれは行き過ぎでした。いまは順当なところで収まっていると思います。

Q「おひさま」の若尾文子さんについて

NHKの「おひさま」、現代の陽子を演じているのが若尾文子さんって、どう思いますか? 私は若尾さんの顔つきも喋り方も、どうも陽子イメージに合っていないように思えて、未だに違和感が消えません。

陽子は「太陽のような女性」な訳ですが、そもそも「太陽のような…」って? 脚本家は、どんなイメージの女性として陽子を描いているのか…

先日、朝日新聞の記事に、若い頃の陽子を演じる井上真央さんのインタビュー記事が載っていました。

『 ヒロイン「太陽の陽子」は「おひさまのような笑顔で周囲を明るく照らし続ける」役どころ。 その本質を「受け身」と表現する。 「朝ドラらしい元気で前向きな人は、(親友の)育子さんや真知子さんのように周りにたくさんいる。 陽子はその人たちと泣いたり笑ったり、喜んだり、悲しんだり。 珍しいですよね。 いい意味で太陽のイメージが変わりました」 』

↑これが、井上さんが解釈するところの陽子のイメージ。「太陽のような人」って、一般的には「底抜けに元気で明るく、積極的で…」という感じかもしれませんが、それは育子や真知子であって、陽子は積極的(能動的)というよりも、むしろ受動的。相手をあるがままに受け入れ、優しく包み込む…ということなのでしょう。

実際、このドラマの脚本家も、そういうイメージの女性として陽子を描いていると思います。そして、井上真央さんは、顔つきも声も優しくて可愛らしく、そんな陽子のイメージにピッタリ!

一方、若尾文子さんは? 若尾さんは美人だし、素敵な女優さんです。でも陽子のイメージに合うかというと…合わないと思うんです。顔つきにも、声・喋り方にも、相手を優しく包み込む柔和さというものがなく、気が強くてハキハキしてて、ちょっと皮肉屋のおばあさん…という感じ。どちらかというと、陽子ではなく、樋口可南子さん演じる徳子(陽子のお姑さん)のイメージに近いと思いませんか?(ちょっと違うかな?)

高齢になった陽子のイメージに近いのは、八千草薫さんとか吉永小百合さんとかではないでしょうか? (…吉永さんは、ちょっと若すぎるか)

皆さんは、「おひさま」の若尾文子さんについて、どう思いますか?

NHKの「おひさま」、現代の陽子を演じているのが若尾文子さんって、どう思いますか? 私は若尾さんの顔つきも喋り方も、どうも陽子イメージに合っていないように思えて、未だに違和感が消えません。

陽子は「太陽のような女性」な訳ですが、そもそも「太陽のような…」って? 脚本家は、どんなイメージの女性として陽子を描いているのか…

先日、朝日新聞の記事に、若い頃の陽子を演じる井上真央さんのインタビュー記事が載っていました。

『 ヒロイン「太陽の陽子」は「おひさまのような笑顔で周囲を明るく照...続きを読む

Aベストアンサー

嬉しいです!私も未だに全く同じ違和感があって、若尾さんが「語り」や登場される度「うぅ…」て感じでしたから。井上真央ちゃんの顔つきも声も優しくて、ほんわかした癒される「陽子」から、何ででこのツンツンした人が後の陽子なの?って。。。話が面白いだけに残念。「~だったわぁ~」の気取った話し方も、陽子のイメージじゃないですよねぇ~。でも主人と子供はあまり気にしていないので、私1人で違和感抱えながらもやもやしておりました(笑) 若尾さんも確かにお綺麗な方ですが、ホント違う役で出て欲しかったですよね。お気持ちすごくわかります。 私には何故だか、あの若尾さんがゆる~い歌舞伎役者さんのように見えてしまうのです(涙)。。。

QNHKおひさま6月4日放送分

今日放送分の始まりの部分、蕎麦屋で酔った陽子が言ったセリフを教えてください。
最初の5分を見逃してしまい、お昼の再放送を見ようと思ったのですが、
再放送も最初の5分を見逃しました。
とても気になります。
お分かりの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

BSで一週間分放送したのを録画していました。

陽子
「あの わたし 私は 好きな人と一緒に
なりたいです。なりたいです。
好きな方のお嫁さんになりたいです。好きな
方と一緒に生きていきたいです。」

蕎麦屋の息子
「陽子さん ありがとうございます。お気持ちは
とてもうれしいです。だけど召集がきました。
一週間後には出征します。恐らく 生きては帰って
きません。ですから・・」

陽子
「私、お待ちしていてはいけませんか。
お願いします。たとえ、たとえあなたがお帰りに
なることができないんだとしても、私は
わたしはあなたのお嫁さんになりたいです。
おねがいします。お願いします、お願いします。」

息子
「陽子さん」

陽子はそのまま眠ってしまいました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報