ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

預託金返還訴訟の原告で、1審判決は全面勝訴しました。
判決は、請求額全額を認め、被告に遅延損害金の支払いを命じ、「この判決は仮に執行することができる」としています。
私の側の弁護士から「判決は全面勝訴ですが、打ち合わせをしたい」と電話がありました。
被告側の控訴期限はまだ先です。
こうした場合、どんなことを打ち合わせることが想定されますか。教えてください。
私の推量ですが、被告側から「遅延損害金を勘弁してほしい、と言ってきているが…」、あるいは「他言無用をお願いしたい、と言ってきている…」くらいしか思い当たりません。
裁判官は2つの和解案を提示。「分割で全額を支払う」案は被告が拒否し、「一括で減額」案は私、原告が拒否した経緯があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相手が控訴した時に



この判決は仮に執行することができる」としています。

この打ち合わせ・・・・

この回答への補足

皆さん、ありがとうございました。
結論的に申しますと、打ち合わせの最大のポイントは、遅延損害金を私が放棄して円満に解決を図る方向を目指すものでした。
強制執行に至らず、解決できる見通しになりました。
失礼ながら、ベストアンサーに該当する回答はございませんでしたが、
最初に回答くださった方にベストアンサーを差し上げます。

補足日時:2011/07/07 00:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
被告側は、控訴しても勝てないと読み、遅延損害金の額が増える結果になる控訴はしないだろうと私は考えています。
仮執行についての打ち合わせは、実際に相手側が控訴してからでも間に合うように思いますが、ご意見を念頭に置きます。

お礼日時:2011/06/30 23:10

>強制執行は話題の中心になるでしょうね。

その場合、私が支払う手数料はかなり高額になるのでしょうか。

不動産の差押ならば、裁判所に支払う予納金だけでも最低60万円です。
従って、弁護士に支払う金額は100万円は下らないと思います。
なお、動産の差押は、事実上していません。(ほとんどの家財道具は差押禁止となっているからです。)
債権の差押もありますが、債権の種類で手間も違いますので、手数料も変わると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変な高額なのに驚いています。

お礼日時:2011/07/02 15:49

「報酬を下さい。

」と言うことです。
更に、仮執行宣言があるので「強制執行しますか」です。
それならば、手数料は別なので〇〇万円支払って下さい。
と言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

報酬につきましては、契約で決まっています。相手側から当方の弁護士の口座に振り込まれ、報酬を差し引いた分が私の口座に入金されると理解しています。
確かに強制執行は話題の中心になるでしょうね。その場合、私が支払う手数料はかなり高額になるのでしょうか。

お礼日時:2011/07/01 22:11

一審が勝訴されたということですので報酬の話とか,仮に控訴された場合に控訴審をどうするかとか,強制執行するかどうか,その場合の着手金をどうするか,という打ち合わせが考えられると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
報酬は契約で決まっておりますので。強制執行については確かに打ち合わせの対象になりそうですね。
相手が控訴した場合は、その結果を待ちたいと思いますが、控訴しないで支払わない場合には速やかに強制執行ということになると思います。当然ですが。

お礼日時:2011/07/01 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング