私の彼は東京にある某大で博士研究員をしています。化学が専門です。現在は職場の周囲の方にも恵まれ、十分なお給料をいただいています。

ただ、本人から、「僕は助手や助教授や教授になる人間ではありません、翻訳を将来したいです」と言っていて、翻訳会社のHPのトライアルを何回か挑戦しましたが、よい結果が得られません。

翻訳業は未経験者です。TOEICは990点で、英語力はあると思いますし、専門知識も化学やIT系でしたら、あると思います。

土日等の空いている時間に、在宅で翻訳のお仕事を得て、経歴に加えられるようにしたいのです。

翻訳の学校に土日に通ったり、TRADOSというソフトを購入して、操作方法を習得したり、等しないとやはり難しいものなのでしょうか?

フルタイムでできると記入しないと、難しいものなのでしょうか?

アドバイス宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まだ若く、TOEIC 990点、しかも専門知識OKなら引く手あまただと思いますけどね。


文系出身で理系の翻訳をやっている私からしたら羨ましい限りです。

Traodosなんかは誰でもすぐに出来るようになります。ですからTrados が使えるというのは別にさほど大きなアピールにはならないと思いますが、「使えます」とした方が有利なのは事実。

ただ・・・フルタイムで出来ないというのはネックになるとは思います。
翻訳会社は即戦力になる人を求めていますので、時間的な制限のある人ですとなかなか仕事が行かないのです。

本気で翻訳者として食べて生きたいのなら、まず翻訳会社に勤務する事が先決でしょう。
そこでコネクションを開き、信頼を得ればコンスタントに仕事をもらえるようになります。
チェッカーならばすぐに雇ってもらえると思いますよ。

あいた時間、好きな時に手軽にちょこっとバイト気分で、と言うほど技術翻訳は甘くはなく、翻訳会社も自分の会社の専属でやってくれるほどの意気込みの人じゃないとそうそう仕事を回してはくれません。

また、IT翻訳は特に単価が低いですので、せっかく化学の知識もお持ちですから医薬翻訳の勉強をした方が将来的にはいいようにも思えます。

それと、英日翻訳をされるのなら日本語能力は大事ですが、英日より日英の方がずっと単価も高く医薬翻訳では日英が主流です。日本語能力ももちろん大事ですが、文芸じゃないのですし、日本語よりもやはり英語、そして日英の出来る人は強いです。
    • good
    • 1

私は以前、実務翻訳の会社におりました。


その経験から、Gas-manさんに同感です。翻訳学校もトラドスも、必須ではないと思います。

トライアル審査では、特に日本語力が重視されていました。
「翻訳のテクニックとか業界の決まりごとは努力次第で覚えられるが、一度身についた文章感覚は一生変わらない」というのが会社の信念だったからです。

トライアルを読んで「この人は文章センスがある」と感じたら、未経験者や、翻訳学校に全く行っていない人にも、小さい仕事を頼んでみました。それで大丈夫そうなら、仕事を増やしていきます。(もちろん、英語力と専門分野があることが前提ですが、ご本人はこの点を十分クリアなさっていますね)

経験の有無をどれくらい重視するかは、翻訳会社によって、あるいは分野によって、かなり違うと思います。化学のことはわかりませんが・・・IT分野の場合、Tradosを使える経験者はとても有利です。

週末などに副業として翻訳をしている方にも、ときどき発注していました。翻訳会社にとってはフルタイム翻訳者のほうがありがたいですが、高い専門知識があって翻訳のセンスもある方というのは、週末や夜だけでも貴重な戦力なのです。

Good luck!
    • good
    • 1

IT関連の翻訳業をやっている者です。



実務翻訳の場合、英語力、日本語力、専門知識が前提として必要となりますが、博士研究員とのことですから、これらは問題なさそうですね。

次に、ほとんどの場合、「経験」が問われます。

翻訳会社を通した実務翻訳の場合は
受注 → 翻訳会社(前処理) → 翻訳者(翻訳) → チェッカー(チェック) → 翻訳会社(後処理) → 納品
という大まかな作業の流れがあり、この流れをある程度把握していることが望ましいのに加え、業界に独特の作法(訳語・文体など)もあるため、「実務経験2年以上」といった条件が付くのです。

この流れを把握して経験を積むためにも、翻訳会社に入社するのが翻訳者になる一番の近道とも言われています。

また、トライアルについては、担当者の方々も忙しいので実務経験がないというだけで落とされる可能性もあります。


未経験から翻訳者になりたいのであれば、派遣社員として翻訳会社内でのチェッカーの仕事から始めると良いのではないでしょうか。

おそらく現状より収入も下がると思いますが(時給1500円~2000円程度です)、英語力も専門知識もあるのですから、1年以内に独立して仕事をもらえる可能性もあると思います。(ご本人を直接存じ上げないので断言はできませんが)

翻訳業は他の多くの職業と同様に大変な面もありますが、能力次第で「食べていける」職業です。ただ、初期はどうしても収入が不安定になりますから、その辺も十分に考えて挑戦されるとよいかと思います。


なお、ご質問の、
「翻訳の学校」は、行っても構いませんが、必須ではないでしょう。(私は通ったことがありません)
「トラドス」については、いきなり買ってもとまどうかもしれません。翻訳会社内で仕事をしながら覚えていくのが良いと思います。
    • good
    • 1

以前、仕事の関係で、ベテランの同時通訳者の方に話を聞く機会があったのですが、「通訳・翻訳の世界で一番重要なのは日本語の表現力だ」と仰っていました。

「英語が理解できること」と、「翻訳ができる」ことは違うのではないでしょうか?
まあ、学術論文の域であれば、少々乱暴な訳でも、同業者なら理解できることはあっても、一般人向けの翻訳となれば、「分かりやすい日本語」であることが必要だと思います。
翻訳の学校に通うなり、一般向けの本を読むなりして、表現力を身につけることをおすすめします。
    • good
    • 0

部外漢です。


 もしかして、自分を売り込む「営業ノウハウ」や、コネクションをつかまえる「コミュニケーション」や、翻訳の需要をとらえる「アンテナ」は必要ではありませんか?
 専門知識すぎて、翻訳の「需要」が少ないかもしれないのですが、
「翻訳の需要がある」と思われる書物や論文を探し出したり、
英訳もつけた論文を作成したい研究者を探すなど、独自のルートを作っていけば、どうでしょうか。
 英語版のホームページの需要なんかもありそうなんですが、「需要」があるところにたどり着かないと。。。
 翻訳の学校で、「コネクション」が構築できるならいいのですが。

 友人に英語ではないのですが、何人かで協力して、メインの仕事以外に、翻訳して出版していました。詳しくはわからないのですが、翻訳の需要があって、出版をコーディネイトする人がいるのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qgottaを翻訳してください I gotta love that I can't chase このg

gottaを翻訳してください
I gotta love that I can't chase
このgottaとはどういう意味ですか?
gottaは 〜しなければならない と訳すそうですがこの場合は愛を手に入れなければならないでしょうか??

Aベストアンサー

I have got to → I've got to
He has got to → He's got to
と短縮化されるのが普通です。

表記は一緒でも、この両者では省略されている中身に違いがあります。
I've gotta (got to) wait for you alone
たった一人で君を待たなきゃならない。

I've gotta (got a) love that I can't chase
(これは)追いかけることすら叶わない愛なんだ。

何れにせよ have got to/have gotta
と来たら、過去形でも完了形でもなく、ただの現在形と理解することです。

http://genius.com/Bridge-to-grace-everything-lyrics

https://www.youtube.com/watch?v=MOBUWO6r3lk

Q翻訳トライアルの採点基準

翻訳会社のトライアルの採点でA+,A-,B++,B+,B-,C++,C+,C-,(だと思うのですが)等の採点基準とA,B..をもらえる受験者は全体の何パーセントを占めるのでしょうか?(会社によって違うと思いますが、登録されるのはやはりA以上で数パーセントに過ぎないでしょうか)

Aベストアンサー

こんにちは。
私は以前翻訳会社で常駐で働いていたこともありますし、現在も関連分野のトライアルの採点の依頼を受けることもあります。

paniniさんの質問を見て、思わず首をひねってしまいました。これは、どういうところから仕入れた情報ですか。翻訳会社はそれぞれ独立した企業ですし、当然採点基準はそれぞれ独自のものです。大手の翻訳会社の中には、書いていらっしゃるような採点基準で採点しているところもあるのかもしれませんが、一般的には、採点の基準になるのは、その訳文が「使えるかどうか」ということで、「使えない」となれば、それ以上の等級分けはしないのではないでしょうか。登録されるのが、何パーセントかという問題についても、それぞれの会社によって違い、翻訳関係のムックなどにかかれている合格率についても、最初から何パーセントの合格率ということを決めてしまうわけではなく、結果として何パーセント位が合格しているということを示すにすぎないのではないでしょうか。

paniniさんが翻訳者志望の方なのだとしたら、貴方の質問に書かれているような、採点基準や合格率などを気にするのは意味のないことです。要は、作成した訳文が現場できちんと役割を果せる水準になっているかということなのですから。

こんにちは。
私は以前翻訳会社で常駐で働いていたこともありますし、現在も関連分野のトライアルの採点の依頼を受けることもあります。

paniniさんの質問を見て、思わず首をひねってしまいました。これは、どういうところから仕入れた情報ですか。翻訳会社はそれぞれ独立した企業ですし、当然採点基準はそれぞれ独自のものです。大手の翻訳会社の中には、書いていらっしゃるような採点基準で採点しているところもあるのかもしれませんが、一般的には、採点の基準になるのは、その訳文が「使えるかどうか」と...続きを読む

Q翻訳伸長因子EF-Pて何ですか?

翻訳伸長因子EF-Tu EF-Gと言うのは聞いたことがありますが,翻訳伸長因子EF-Pて何でしょう。簡単に解説お願いします。

出所は,下記URLです。tRNAと立体構造が殆ど同じタンパク質(翻訳伸長因子EF-P)????

遺伝子翻訳システムの重要なタンパク質の分子構造を解明  理化学研究所
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2004/040622/index.html

Aベストアンサー

PNASのpdf版を読めないので、とりあえずabstractのURLを張っておきます。

アブストよると、EF-Pはribosomal peptidyltransferase活性を促進し、細菌に保存され、細胞の生存に必須な因子のようです。

参考URL:http://www.pnas.org/cgi/content/abstract/0308667101v1

Q翻訳ソフトが翻訳者の代役と成り得るのでしょうか……?

昨今は、英語⇔日本語翻訳ソフトの性能も
良くなってきたようですが
企業内などでは、どの程度普及しているのでしょうか。

翻訳の下請けに出す代わりに
翻訳ソフトを活用する機会などが
増えているようなことは、実際あるのでしょうか。

宜しければ、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

僕はまったく英語ができません。
しかし、どうしても英語の文書を読まざるを得ない場面、英語の文書を書かざるを得ない場面に遭遇することが最近出始めました。
特に読むほうにおいては、自分が読めればそれでいいため、下請けに出すなどという大それた概念はありません。そのため翻訳ソフトを使っています。
自宅にいるときは自宅のパソコンに翻訳ソフトがついているのでそれを愛用しています。会社にいるときには会社のパソコンにそのようなものがないため、WEB上の翻訳サービスを利用しています。

Qドイツ語のご堪能な方、翻訳をお願い致します。

ドイツ語のご堪能な方、以下文の翻訳をお願い致します。


Versand nach nach Japan ist möglich aber sehr teuer. Tarif für ein Paket bis 10kg mit DHL 57,00 EURO!


たまにご好意で、翻訳ソフト(googleなど)で翻訳したものをご回答としていただきますが、当方も翻訳ソフトを使って分からないものをご質問させていただいております。

なんとなくニュアンスはわかるのですが、正確に意味が知りたいのでご堪能な方ご教示いただければ幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本への発送は可能ですが非常に高い。10キロまでの荷物一つの料金をDHLで送ると57ユーロ。

※ 57,00 : 日本式の書き方では 57.00
※ DHL: ドイツの物流会社
※ nach は一つのはずです
※ 第二文は動詞がないので意訳。「DHLによる10キロまでの荷物一つにかかる料金(は)57.00ユーロ(である)」。57,00 の前に ist を補うつもりで。

Q大学教授・助教授・講師

大学で教鞭をとるのに必要な資格を知りたいと思っています。
高卒から会社員などを経てその実績で学校法人の非常勤講師をして7年以上たちますが、今度は大学で教鞭をとりたいと思っています。
学校法人で講師を7年以上経験すると、専任教員になれると依然聞いたことがあるのですが、そのあたりの仕組みを教えていただけませんか?
また、専門学校の講師の経験のみで大学で講師などにはなれるのでしょうか?
とても知りたいと思っています。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

よく学会誌に募集が載っていますよ。
専門の学会誌を購読しては?
公募が建前になっているから、実際のところは内内定していても募集はされています。

学位を持っていなくても助教授になった人を知っています。でも学位なしで教授は無理っぽいですね。
勤めながら学位を取る場合もそれなりにあるようです。

>学校法人で講師を7年以上経験すると、専任教員になれる
私は聞いたことありませんが、そのような学校もあるのかもしれません。期限付きで教員を募集している大学もありますものね。

>専門学校の講師の経験のみで大学で講師などにはなれるのでしょうか?
論文や実績があればなれるでしょう。それとツテもあるといいですね。

Q翻訳ソフトの比較

日本語→英語 および 英語→日本語の翻訳について、できれば公平な立場から、各種の翻訳ソフトウェアの優劣を比較したサイトないし記事をご存知でしたら、お知らせください。

できれば、パソコンに要求されるハードとソフトの仕様も表示しているとありがたいのですが。

なお私は、現在、ハードはIBM ThinkPadのCPU1.6GHz,メモリ256MB、ハードディスク40GBなどのもので、ソフトはWindows XPとMS-Office 2002を使っています。

Aベストアンサー

このサイトはお薦めできます。
英和・和英の各ソフト毎に同じ例文の翻訳させ、結果に得点をつけて集計しています。評価のところのExcelのファイルをDLすると翻訳結果と得点を自分で確認できます。評価基準が明確ですので、結果はかなり公正と思われます。
ここのサイトで紹介しているソフトのほとんどは販売者へリンクが張られており便利です。リンク先でパソコンに要求されるスペックがわかるようです。

私はこのサイトにお世話になり、ATLASプロフェッショナルを購入しました。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/oto3/

Q翻訳者・通訳者の専門知識

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。
英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。
大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。
語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも
英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。
また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。
しかし、調べるうちに翻訳・通訳の場合、例えば医療関係などの深い専門知識が必要とされる、と知りました。
翻訳・通訳の勉強や仕事をしていく中で、その際に必要な他の専門分野の知識を得ていくことも勿論できるとは思うのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。語学が好きという理由で、翻訳・通訳の道を目指すのは甘いでしょうか。
また、英語以外で(得に少数言語で)これから需要が高まる言語はありますか。
中国語、韓国語が重要視されているようですが、堪能な方がたくさんおられると思います。
少数言語で翻訳者・通訳者が少ないが、これから重宝されるだろうという言語があれば教えてください。
宜しくお願い致します。

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。
英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。
大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。
語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも
英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。
また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。
しかし、調べるうちに翻訳・通...続きを読む

Aベストアンサー

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。
翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。

(1)産業翻訳(ビジネス翻訳)
(2)文芸翻訳
(3)映像翻訳

(1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。

(2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また、当然訳文に対する文芸的な要求も出てきます。

(3)は、(2)で挙げた項目に加えて耳の良さが要求されます。

いずれにせよ、大変な職業だと思います。ただし、外国語に苦痛を感じず日本語も得意なのであれば、非常に向いているのではありませんか。

それから心得ていていただきたいのは、翻訳者は肉体労働です。翻訳の仕事は一般的に、「何ページ訳したから何円」という物量換算です。質にお金をもらえるのは、極一部の有名翻訳者だけです。

翻訳だけで暮らすには、相当な苦労が伴いますよ。

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。
翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。

(1)産業翻訳(ビジネス翻訳)
(2)文芸翻訳
(3)映像翻訳

(1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。

(2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また...続きを読む

Q英語版の香港さいと(郵便局)の翻訳おねがいします

http://www.hongkongpost.com/eng/postage/index.htm

上記の香港郵便局のサイトです。翻訳というよりか調べてほしいです。

香港からアメリカのテキサス州に国際通常書留で
300gで送った場合の料金、

400gで送った場合の料金、

500gで送った場合の料金、

600gで送った場合の料金、

をそれぞれ教えてください。多くて申しわけございませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

300gで送った場合の料金、 140HK$

400gで送った場合の料金、 140HK$

500gで送った場合の料金、 140HK$

600gで送った場合の料金、 192HK$

以上は Speedpost (特快便)で、香港からアメリカ合衆国(本土各地)へ 送る document の場合です。「書留」に相当する範疇はありませんでした。

QTRADOS独学の教材

翻訳者になりたいのですが、どうしてもその分野とTRADOS経験者に仕事がいってしまい、お仕事の紹介にまで至りません(現在求職中で、派遣会社に登録している状態)。

いまは購入までは無理なので、TRADOSの無料お試し30日間&公式HPから動画が観れる、過去のオンラインセミナーを利用して、独学で勉強しようかと思うのですが、それ以外におすすめの教材、HPはありますか?

Aベストアンサー

回答者 #1です。追記です。

翻訳者の技量を見るためには、翻訳会社ごとに、独自の試験やトライアルを課しています。

あくまでも、私は、IT関連企業に所属していたので、テクニカルライティングの技量を求めらましました。そして、外部のフリーランスの翻訳者の方にも、テクニカルライティングの技量や、コンピューターサイエンスの背景知識を求めることが、多かったです。

今後、契約される翻訳会社によって、求められる背景知識や、それに相応しい翻訳能力は、かなり違ってくるはずです。よって、テクニカルライティングは、優先順位の一番ではありません。まずは、翻訳会社ごとに、特化している分野を調べられて、御自身の得意分野と相性の良い会社と契約されることを目標にされるといいと思います。

もちろん、質問者さんが悩んでおられるTRADOSの習得も重要だと思います。

繰り返しになりますが、「翻訳会社ごとに、独自の試験やトライアル」に、その翻訳会社の個性が表れます。そこから、翻訳業の足掛かりをつかまれると良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報