歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

私が友達だと思っている相手が私のことを本当に友達だと思っているかどうかが知りたいです。
私はその人が友達として好きだし、その人に好かれるため、友達でいるためずっと努力をしてきました。
だから、相手の言う「友達だと思う」というのが社交辞令でなく本心であるかが知りたいと思っています。

プライベートで誘ったことは無いので、一度誘ってみて約束してくれれば安心して良いかなと思うのですがどうでしょう。

人が信じられないというより人との仲というものが信じられません。
しかし・・・そもそも人を試すなどという事をしてもいいものでしょうか。その行為こそが裏切りでしょうか。

A 回答 (3件)

試したくなる気持ちは分かります


私が思うに、本当の友達とは「困った時のそばにいてくれる人」
そのお友達がめんどくさがらず、悩みを聞いてくれて、真剣になったくれるのなら
その子は友達といえるのではないでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、そうなんですか。

お礼日時:2011/06/30 22:02

今の貴方の考え方って。


いかに自分を「スッキリ」させられるか?
「安心」させられるか、なんだよね?
別に貴方が求める基準に相手を照らし合わせて。
こうしてくれたら友達だ。
逆にこうしてくれなければ友達じゃないと。
判断するのは貴方次第なんだと思う。
貴方が勝手に安心したり、離れていくだけ。
一つ言えるのだとしたら、「正解」は無いんだよ。
そもそも貴方は人との仲というものが信じられません、という
足元に立って相手を受け止めている。
信じられないというのは。
相手と積み重ねていくコミュニケーションの中での
「手ごたえ」が不十分ですという事。
貴方の文頭の言葉にもあるじゃない?
私「は」こう思っている、私「は」精一杯やっていると。
貴方から相手へというベクトルが中心なんだよね?
相手がどう思っているのか知りたい。
相手にとって自分の存在がどういうものなのか知りたい。
知りたいからこそ。
貴方は相手と丁寧にコミュニケートしていく必要があるんじゃない?
お互いに「違い」のある人間。
考え方や感じ方、受け止め方は同じではないんだよね?
同じではない部分もある一方で、
感じ「合える」部分も沢山ある。
それを相手とのコミュニケーションの積み重ねの中で
いかにお互いに発見していけるのかどうか。
それが「友達」という手ごたえにも繋がって来るんじゃない?
今の貴方のスタンスは一歩引いている。
信じられませんという距離感から。
一応は相手を好きだし、相手の為にやる事はやっていますよと。
そういう向き合い方になっている。探り探りなんだよね?
でも貴方が創った距離感が。
相手から伝わるものを遠ざけているんだよ。
当然貴方から伝わるものもね。
丁寧な直のコミュニケーションの積み重ねの中で、
お互いに心地の良い「距離感」が生まれてくる。
その距離感の礎になるのは信頼関係であり、親密関係。
今貴方が相手を「試そう」としている、という事は。
まだ貴方と相手には。
試すだけの「距離感」が存在している、という事。
だから試さないと感じられないんだよ。
試さなくても感じられるからこそ。
お互いの存在が「近い」訳でしょ?
何故貴方は信じられない~という足元に踏ん張っているのか?
踏ん張ってしまうのか?
過去の喪失経験があるのか?失敗経験があるのか?
それは分からないけど。
まだプライベートで誘った事が無い関係。
それは誘うまでの流れや盛り上がりが生まれていないとも言えるんだよね?
いきなり試す、試さないから入らないで。
ある程度親しくなって来たのであれば。
じゃあもう少し発展性のある関係としても分かち合えるように。
いずれプライベートにも繋げていけるような
コミュニケーションの掘り下げ方も大切にしてみようと。
そういう「落ちついた」一歩があっても良いんじゃない?
信じられないのなら尚更。
形的な部分で拘ったり、判断するのではなくて。
丁寧な相手との意思疎通の中で「感じて」いけば良いじゃない?
何故今このタイミングで急ぐの?
元々友達、という存在感は無形のもの。
無形だからこそ柔軟性がある。
特別な親友にもなれるし、単なる表面的な友達になってしまう事もある。
それはお互い次第なんだよね?
相手と創る関係だから。
相手と創るコミュニケーションだから。
数学じゃないんだよ。
「証明」は無い。Q.E.D.は無い。
お互いに「活きている」関係なんだから。
もう少し肩の力を抜いて。
相手との繋がりを楽しまないと。
相手と創り上げていく関係を楽しまないと。
義務で繋がっている訳では無いんだからね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

スッキリさせられるかというのもありますし、次の対応策を考える上で細かく知らなければならないんですよ。
もしどうしても駄目なら新しい”友達”を作らないといけない。行動は早い方が良いです。

「私は努力しているんだ」というのは主観に過ぎないわけですが、ただいつも相手の機嫌を取ることをばかり考えているのですが、これも自分本位なのでしょうか。
不必要に距離を作っているつもりは無かったのですが、やはりコミニュケーションが足りないということでアドバイスを頂きました。

お礼日時:2011/06/30 22:23

私は、きっとあなたよりずいぶんと長く生きていると思いますが、私の人生の中で、とても信じられないような人をたくさん見てきた一方で、とても信じられないような素晴らしい人もたくさん見てきました。

(これは本当です。)

ですので、結論としては、人との仲というものは、とても素晴らしいものだとお伝えしたいと思います。


ただし、人間というのは本当に不完全なものですので、人との仲というものは素晴らしくはあっても、完全なものではないことも知っておいて欲しいとは思います。


あなた自身が完全ではないように、あなたの友人もまた、完全であることはあり得ません。

お互い不完全な者同士が、時にはお互いを認め合ったり、時には否定しあったり、不安定に揺れ動きながらも最後には、お互いを何となく求めてしまう、というのが本当の友人のような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は成人していますが若者です。

やっぱりある程度の覚悟は必要のようですね。

お礼日時:2011/06/30 22:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング