現代の子ども達って体は大きく成長しているにもかかわらず、体力は低下していますよね。それってゲームや生活様式の変化、外で遊ばなくなったのが原因ですが、今の子どもと昔の子ども達の考え方の違いってなんなんでしょうか?
なぜ現代の子どもは自然に興味がないのでしょうか?
教えてください!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 昔と今といきなり変わったわけではないですよね?


子どもが変わった以上に親が変わったと思います。
外で遊ぶ人数が徐々に減ってきたことと、子どもの少子化って問題も大きいでしょう。

 子どもはいつの時代でも子どもです。ただ、外で団体で縦割りで遊ばなくなっただけです。
親の生活様式が変わったのと同じように子どもも親の都合で変わったんですね。

 子どもの考え方が変わったのではなく、親の考え方が変わったんです。
そして今小学生の親の世代を40~30くらいに限定すると、たぶん親が子どもだった時代とも今と全く同じですね。変わったのは携帯やパソコンが増えたぐらいかな。

 例えばファミコンが出てきたのが1982年頃・・・40歳の人がちょうど11歳ぐらいでしょうか?
自分が遊んできたことを子どもにさせているだけですね。もちろんゲームの良し悪しは分かっているとは思います。

 なので、昔って言うのは1980年代でさえ30年も昔ですが、今の子供達と余りかわりはないと思います。


 
    • good
    • 0

こんばんは。



50年前は子供だったオジサンです。
そして、20歳代後半から30歳代前半の子供3人を持つ父親でもあります。

我が子達の子供時代(昭和50年代)を間近で見て来ましたが、同年代の子供達としか遊ばないのに驚きました。

私の子供時代(昭和30年代)は、近所の年長の子が年少の子を纏めて面倒見たものです。
その為、かなり危ない遊びも年長者に強いられました。
具体的には、大きな木に登ってロープを縛り付け、そのロープを使って木から木に飛び移ったり、屋根から飛び降りる度胸試しをしたり、川で水遊びをしながら泳ぎ方を教えてもらったりなどです。

また、夏休みは早朝から雑木林に行きカブトムシやクワガタなどの捕り方や小川で雑魚やザリガニの捕り方なども近所の年長者が年少者に教えてました。

ただ、危な過ぎる遊びもありました。
例えば、ヤスリをグラインダーで削ってドス(短刀)を作ったり、2B弾をバラシて火薬を集めて強力な爆弾を作ったりして指先を失ったり失明した子供もいました。

このように、団塊世代ぐらいの親は子供の頃にかなり危ない遊びを経験してるので、我が子達に危険な遊びをさせなかった事と、少子化になり子供が減ったので近所の子供達も少なくなった事で同級生同士で遊ばざる得なくなり、行動範囲が狭くなったようです。
更に、ファミコンを始めとするテレビゲームが流行り、屋内で遊ぶ機会が増えた事です。

因みに、我が子達は幼い頃からカブトムシやトンボ捕り、ザリガニや雑魚捕り等の大自然に親である私達夫婦がキャンプを楽しみながら触れさせたので逞しいほうですが、さすがに泳ぎ方はプールで教えたり火薬遊び等の危険な事はさせなかったですから、我々年代に比べると何となく「ひ弱」に感じます。

結局、日本の高度成長期に育ち、生活が豊かになって「手作りオモチャ」なんかは作らせず親が買い与えたり、服装も小綺麗になって「泥んこ遊び」をさせない親が増えてしまったからワイルドさがなくなってしまったのだと思います。

尚、私の孫達も大自然に触れさせる機会が多いので、中2の孫娘を始め平気で昆虫類や小動物を捕まえて来ますし、ゴキブリ程度は平気で叩き潰してますから普通の子より逞しいと思います。
    • good
    • 2

 


親がバカになったのが原因ですね
膝に擦り傷をしただけで遊びを制限し
紫外線を浴びないように長袖を着せ
池には柵をめぐらせ子供を排除し
公園でボール遊びや、かけっこをすると叱り
木に登ると危険だと叱り
……

子供が楽しいと思う事は全て親が禁止するのだから、子供が遊ぶわけ無い
 
    • good
    • 0

startkiaさんの仰る通り、遊びの中心がゲーム・屋内になってしまったのが一因です。

他にも色々ありますけども。羅列してみますが、

1)親の抗菌・抗菌と菌に対する異様な執着 = 私らが子供の頃は砂場で落とした飴玉でも公園の水道で洗って食べてました。それにチクロだのサッカリンだの、あと訳の分からない着色料を使った駄菓子類を平気で与えられて食べてましたから。だから菌に対する免疫が出来ているんですが、いつからか「抗菌抗菌」と叫ばれる様になってから、親が異常なまでに抗菌に執着し、外で遊ぶのもままならない状態になってしまいました(事実、私の兄嫁は子供の手に土でも付こうものなら、すぐ抗菌ペーパーで拭いていました)

2)自然自体が少なくなった = 昔は当たり前の様に見かけた「蛍」「蛙」「青大将」「オタマジャクシ」「川魚」「カブト虫」「蟻地獄」とか全く見かけなくなりました。カブト虫に到ってはホームセンターで手に入る始末。現代っ子はカブト虫は森の中の木にいるのではなくてホームセンターにいるのが当たり前と思っていたのがアンケートの半分以上を占めていた時期もありました

3)工夫して遊ぶという事を知らない = 最近、駄菓子屋がまた注目を集める様になりましたが、そこで売ってます子供心をくすぐる「紙と重しで作る戦闘機」とか「潜望鏡」とかがあっても、どう使えば良いのか分からないんです。私らの頃は、極端に言えば身の回りの物全てが工夫次第では玩具になりました。でも今はゲームソフトが氾濫し、そっちの方に頭を使っているものだから、何かあてがって「これで遊びなさい」と言ってもチンプンカンプンなんですね。


結局、バーチャルな世界だと、パソコンゲームでは見知らぬ人間とも仲良くなれる。一人でも遊べる。挙句は親までが夢中になってしまう場合もある。人間関係が希薄になる一方で少年による陰惨な殺人事件が起こる。原因は現実と非現実との境目が付かなくなったから。
    • good
    • 0

情報過多が原因ですね。

テレビ、ゲーム、パソコンなどが身近にありすぎて、外に出て自然に目を向ける暇がないのです。
興味ないわけじゃありません。恐竜やクワガタ、日食や月食そういった生物や自然に対しては今の子も大いに興味を示します。
昔はゲームもパソコンもありませんでしたから外で遊んで肌で自然を感じていました。ですから必然的に身体も丈夫になり、体力もつきました。今は自然に興味はあっても、テレビやパソコンでそれに触れるということですから、体力がつくはずがありませんね。そういうことが良いことなのかどうか、親の認識が重要ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに「クワガタってなに?」って思ったら
パソコンなどで簡単に調べられますもんね!!
適切な回答をありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今と昔の子供の違うところ

今の子供と昔(親の子供のころ)との違いで気づいたことを教えてください。 例えば目が悪い、すぐキレる、大人になった、体が弱いなど、こんな経験がないからまずい、こういう環境でこうなったといった答えだとうれしいです。すごく軽いこともお堅いことも歓迎です。

Aベストアンサー

昔は親だけでなく,近所のおじさんにもよく叱られたり殴られたりしてましたが,最近はそういう叱るおじさん自体を見なくなりましたね。
そのおかげで殴られる痛みや人に対する思いやりなどを勉強したのですが,そういう物が今の子供には欠けていると思います。
殴られる痛みが分からないから限度を越えてしまう。
大人として逆に嘆かわしいことだと思います。
今,八名信夫さんが出てるCMで「大人を逃げるな!」というのが有りますが,実際そのとおりだと思います。
ちょっと回答から離れましたが,結局子供は大人が育てるものなのに,大人が拒否してるから変な子供が増えていると思います。

Q「こども学」とはどういった学問のことですか? 提唱されたねらいなどがあったら教えてください…… また

「こども学」とはどういった学問のことですか?
提唱されたねらいなどがあったら教えてください……
また「こども学」について載ってるおすすめのサイトがありましたら教えて欲しいですm(__)m

Aベストアンサー

「子ども学」のもっとも大きな特色は、子どもに関わるあらゆるテーマを扱う学際性にあります。多様な分野の研究者の知見を集約しながら、総合的に子ども研究を進めていこうというのが「子ども学」の趣旨です。

ということらしいです。
詳しくは下記をご参照ください。
http://www.crn.or.jp/LABO/KODOMO/WHAT/01/

Q子供の今と昔について

現在と昔の子供の生活の違いについて調べています。昔はよくこんな遊びをした、とか体験談でも何でも良いのでお聞かせください!
調べる方法も良いのがあれば是非教えてください。

Aベストアンサー

◆資料は下記のようなものがあるようです。

「近代子ども史年表. 昭和・平成編」
下川耿史編
河出書房新社 2002.4
ISBN 4-309-22383-4
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975756026


「 子どもたちの昭和史 : 写真集 」
大月書店 1984.6


「昭和こども図鑑 : 20年代、30年代、40年代の昭和こども誌 」
奥成達文 ながたはるみ絵
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9974888387


「昭和子ども歳時記 」
中田幸平著  八坂書房
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975396402


「昭和の子ども遊びと暮らし : 東京下町覚え書き 」
青木正美著 本邦書籍   1990.5
ISBN 4-89329-079-7
4944円


「昭和のこども250景 」
すずきとし〔著〕  遠藤章弘編纂
朋興社 1995.11
ISBN 4-938512-12-2
1854円

◆体験談としては。
テレビゲームがまだない時代だったので、外遊びが中心でした。
家の周りでは「カンケリ」「石蹴り」。小学校の校庭で一番メジャーだった遊びは「ヒマワリ」と「ドッジボール」だったかな。

遊びは、「その場にあるもの、手に入りやすいもので」、が基本でした。
「カンケリ」に使用する空き缶は拾ってくるか、家から持ってきてたし。「石ケリ」の石も拾ってきてました。
「ヒマワリ」は地方によって呼び名が違うかもしれませんが。
地面に大きな丸を描き、その周囲に花びらに見立てた線を描きます。(ヒマワリというより、太陽のような感じに見えるかもしれません。)
2つのグループに分かれて、丸の方に捕まえるグループが入り、花びらを周回していくグループをタッチしてつかまえていくんです。
これもお金はかかってません。
「高鬼」も、高いところに逃げていくだけだし。
芝滑りのダンボールももらってきてたし。
草はらに生えているオオバコで力くらべとか。
トンボとりは網をつかわず、素手。もしくは、竹ぼうきで。

いろいろ思い出していくときりがないので、このへんで失礼します。
一ヶ月のお小遣いが300円の時代のお話です。

◆資料は下記のようなものがあるようです。

「近代子ども史年表. 昭和・平成編」
下川耿史編
河出書房新社 2002.4
ISBN 4-309-22383-4
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975756026


「 子どもたちの昭和史 : 写真集 」
大月書店 1984.6


「昭和こども図鑑 : 20年代、30年代、40年代の昭和こども誌 」
奥成達文 ながたはるみ絵
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9974888387


「昭和子ども歳時...続きを読む

Q昔の遊び と今の遊び 心身への影響

 昔の遊びと、今の遊び。
 心や運動機能の発達に及ぼす影響を調べています。

 幾つか調べてみたのですが、「昔はよかった」といった、情緒的なものが多くて困っています。
 もう少し、カタいサイト(科学的根拠)があればよいと思い、探しているのですが、なかなか見つかりません。

  ご存じの方がいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、科学的根拠を求める場合、筋道を立てて考える必要があります。

最初にやるべき事は、「昔の遊び」「今の遊び」の代表的なものとして、何をピックアップするかになります。
この時に「昔は良かった」などを結論とする恣意的なものが入り込まないように具体的な根拠が必要です。

また「遊び」という観点から「心や運動機能の発達に及ぼす影響」を調べるのは、非常に大きな問題があります。
それは「遊び」は「生活」の中の1部に過ぎないからです。

つまり、たとえば今は地域のクラブ(?)などでサッカーや野球などをやっている子供が、昔と比べれば多くいます。(特にある程度大きな都市ほど)
これはたぶん、遊びには属しないのでしょう。
学校での生活も昔とでは違います。
睡眠時間も違うかも知れません。
また、都会と田舎では年代が同じでも「遊び」が大きく違います。

「心や運動機能の発達に及ぼす影響」を述べるには「生活」そのすべてが影響します。
その中から「遊び」が与える影響がどの程度なのかを科学的に説明するのは、まず無理というものでしょう。
(「遊びの時間」に比例すると言うのなら、その根拠を説明しないといけないし)

このように書いては失礼かと思いますが、どうしても書かなければいけないと言うのならば(誰に対して説明するのかわかりませんが)難しい数式や難しい言葉を使えばかなり説得力が増しますので、そのようにするしかないと思います。

まず、科学的根拠を求める場合、筋道を立てて考える必要があります。

最初にやるべき事は、「昔の遊び」「今の遊び」の代表的なものとして、何をピックアップするかになります。
この時に「昔は良かった」などを結論とする恣意的なものが入り込まないように具体的な根拠が必要です。

また「遊び」という観点から「心や運動機能の発達に及ぼす影響」を調べるのは、非常に大きな問題があります。
それは「遊び」は「生活」の中の1部に過ぎないからです。

つまり、たとえば今は地域のクラブ(?)などでサッカーや野...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q最近の子供の良い点、悪い点

漠然とした質問で申し訳ありません
学校の宿題なのですが、ぜんぜん浮かびません
だれかヒントをお願いします
悪い点は最近我慢できない、キレやすい子供が多いかなと思います
良い点がまったく浮かびません
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

こんにちわ。30年前は子供だった人です。
>最近の子供 ということなので、昔の子供と比較したらということで。
今の子供に、昔の子供との比較をさせるというのは、なんだか酷な宿題ですね(笑)
誰かに聞かなきゃできないじゃないの。。聞くことが課題なのかな。

悪い点と言っても、我慢できない、キレやすい子供が多い・・・・という
ことはないと思います。昔はもう少しストレートでした。
腹が立ったら手が出たし、別に我慢らしいことはしませんでしたね。
強いて言うなら、いま、このように今言われているのは社会の許容力が
極端に狭くなっていて我慢を強いられるようになったから、相対的に
そのように言われるようになったのだと思います。

いい点→携帯、PCなど最新メディアを使いこなしているスキルの高さでしょうか。
ゲームもうまいし。知識は増えているように思います。

悪い点→外遊びなどが減っていて、多人数の遊びや身体を使った遊びができない。
コミュニケーション能力は確実に減っていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報