【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

水産試験場からの発表によりますと、「アブラツノザメの卵」を混ぜた餌だけが【鰻の完全養殖】の為に有効性を発揮してくれているそうですが、何故なのでしょうか。

A 回答 (2件)

科学的な根拠による明確な理由があるわけではありません。



考え得る、ありとあらゆる餌を、ありとあらゆる加工を施して試したら、人工的に糊状態に潰した「アブラツノザメの卵」だけに食性を示した。
(無加工の「アブラツノザメの卵」には食性を示さず。)
本当に、偶然です。

しかし、「アブラツノザメの卵」だけでは、消化器が未発達なレプトケファルスは、必要な栄養素を吸収できず、未成長のまま死亡する。
そこで、「アブラツノザメの卵」に魚粉と各種ビタミン類を添加して与えてみたところ、現段階で0.1%程度の低い確率ながらウナギの成体にまで成長させることに成功した。

実際のところ、マリアナ海溝から日本へ遡上するレプトケファルスが何を食べているのか?
未だに解明されていません。

この回答への補足

詳しい説明を下さり、有り難う御座います。

勉強になりました。

補足日時:2011/07/02 00:40
    • good
    • 0

わからないとしか言えないでしょう。

だって野生で何食っているかがわかっていないんですから。
野生で卵を持った個体が見つかっていないので産卵場所もあそこらへんにあるらしい程度しかわかっていませんし。

幼生を用意していろいろ食べさせたらこれだけ食べたという状態だそうで…。

この回答への補足

有り難う御座います。

良く分かりました。

補足日時:2011/07/02 00:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング