人それぞれ好みも違えば価値観も違いますが、この現代においてもgooの待ち受けキャラクターに選ばれたりする鉄腕アトム。リアルタイムで見られたかたはご存知と思いますが、その後に出てきたアニメの方が子供たちに支持されていたように思います。どなたか不当に評価が高い鉄腕アトムの再評価をしてください。そしてついでに、もっと評価を上げるべきキャラクターを当時の子供たちの目線で推薦していただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アトム、ドラえもん、エブァ、ポケモン、ジブリものでも無いです。



これだけ多様化が進んだら、
もう国民的キャラクターなんてもの自体が存在しないでしょう。

時代や世代と共に評価されるキャラクターも変わるので、
「○○世代の人気キャラクターは」とかの注釈が必要だと思います。


おしりの機関銃で悪党をバンバン撃ち殺していたアトムも
アメリカ進出の際には、捕まえて縛り上げる程度にモデルチェンジしました。
ロボットなのでそんなことはいくらでも設定出来ますが、
生き残りをかけてアトムも必死なんですね。

ヒーロー、ヒロインに引き寄せられていた時代は終わり、
ニッチなニーズに好まれるキャラクター創りへと変遷した現在、
子どもに薦めたいキャラクターは無くなってしまいました。

この回答への補足

とりあえず、トップの画面をgooに設定すると、アトムがやたらと出てくるので少々うんざりします。私の個人的に好きだったキャラクターは、たしか目玉オヤジだったように思いますが、古い事なので忘れました。

補足日時:2011/07/03 02:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当時の子供たちの目線で、と注釈を入れています。私はここ40年以上アニメは見ておりませんが、言いたいのは、大して価値のないものを差別的えこひいき的にあつかうことに、違和感を感じるということです。

お礼日時:2011/07/02 03:27

どのあたりが不当に評価が高いと思うのか書いてほしいですね。



それと「リアルタイムで見た」の「リアルタイム」が、
冒険漫画人形劇・鉄腕アトムなのか実写版なのかアニメ第1作目なのか2作目なのか、アストロボーイ・鉄腕アトムのどれなのか明確にしていただかないと。
2009年のハリウッド版ATOMもあります。

漫画にしてもどの連載作品かで年代も違います。
少年版か漫画少年版か、TVシリーズ続編のサンケイ新聞版など。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問には理解も答えようともせず、因縁をつけるだけといったかたが、必ずおります。そういったかたには、評価点を入れる気になりません。回答は量よりも質を重んじてください。

お礼日時:2011/07/01 08:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの石たちは違うもの?

いろんな力のあるカラーストーンのお店で
誕生日から守護石を割り出してもらいました。
それがトルコ石と水晶でした。
今までターコイズとトルコ石は同じものと思って
いたのですが違う種類の石なのでしょうか?
それとも大きさや取れた産地、石肌の模様によって
呼び方を2種類に区別されているだけなのでしょうか?
また、クリスタルと水晶も違うものなのでしょうか?

これらの守護石を使って身に付けるアイテムを手作りしよう
と思うので厳密なことを教えてもらいたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日本語で呼ぶか、原産地で呼ばれる様に呼ぶかでも変わってくるようです。水晶に至っては、色で名前が変わったりもしてくるし・・・。とりあえず、↓をどうぞ。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/gravel/455810/

Q条件は同じなのにどうして評価が違う?(趣味)

先日私自身の趣味を周りが認めてくれないと言う件で質問させていただいたところ、いくつか「子供を預けて、夜遊びに出かけるという点が良くないのではないか」と言う回答を頂きました(ちなみに趣味とはライヴ鑑賞です)。

そこで一つの疑問が起こりましたので新しく質問させていただきます。

「子持ちの母親が」「夜に家をあける」「子供は連れて行けないので誰かに預ける」と言った趣味はライヴに限らずあると思います。
前の質問で例に挙げさせていただいたのが「ママさんバレー」なのですが、これは小学校などの体育館を借りて夜間練習を行う場合も多いです。勿論子供は連れて行けないでしょう。
他にも趣味の習い事の教室などは、時間割の都合で夜間授業しかやってない物も多いでしょう。そしてやはり基本的に習い事は子連れで行く物ではないですよね。

ライヴはスポーツでも習い事でもないから、と言う事であれば、では見に行く音楽の対象がクラシック、オペラなどでしたらどうなんでしょう?どちらもよほどの企画でない限り子連れで行く物ではありません。でも「趣味はオペラ鑑賞です。月に最低1回は見に行くようにしてますし、時には本場ヨーロッパまで鑑賞に出かけることもあります」と言えば聞こえがいいのに「趣味はロックコンサートに行く事です。○○が好きなので時には東京まで見に行きます」と言えば眉をひそめる人の方が多いでしょう。
(音楽をジャンルで分けるのはまだ良いですが、一定のジャンルの音楽を軽視する事は本当の音楽好きならばしないことでしょう)

どうしても「条件的には同じなのに、評価が違う」という点が理解出来ません。どうか私に「同じ条件なのにどうしてこちらは良くて、こちらは悪いのか」と言う理由を聞かせてください。身の回りで反対する人たちに聞いても「年齢」のことを言うだけです。イマイチ説得力に欠けます。

先日私自身の趣味を周りが認めてくれないと言う件で質問させていただいたところ、いくつか「子供を預けて、夜遊びに出かけるという点が良くないのではないか」と言う回答を頂きました(ちなみに趣味とはライヴ鑑賞です)。

そこで一つの疑問が起こりましたので新しく質問させていただきます。

「子持ちの母親が」「夜に家をあける」「子供は連れて行けないので誰かに預ける」と言った趣味はライヴに限らずあると思います。
前の質問で例に挙げさせていただいたのが「ママさんバレー」なのですが、これは小...続きを読む

Aベストアンサー

m2_mさんが例に挙げられた事柄を見てみると
良い:バレーボール・クラシック・オペラ
悪い:ロック
となっています。
ここにこそ理由が隠れていると思うのです。良い例は全て学校の授業で習うことばかりです。悪い例は学校で禁止するところもある事柄ですね。だからロックはダメだという認識が生まれるのです。子供の頃に植え付けられた価値観というのは、なかなか変わりませんから、「理由はよくわからないけどロックは悪いもの」と言い聞かされて育った人たちは、説得力がありませんが反対します。「ロックもいいじゃない」という人は特に反応しません。
周りの意見は、とかく悪い意見が耳に残るものです。しかし、ロックコンサートとクラシック系の観客動員数を考えると、ロック愛好者の人数というのは決して少数ではないでしょう。「眉をひそめる人の方が多い」というのは周囲の方たちがそうなのであって、絶対に多いとは思えないのです。趣味は「家族も含めて周囲に迷惑を掛けない」という鉄則を守ってさえいれば、自信を持って大丈夫です。
むずがるのを承知で子供を連れてコンサートに行く親よりは、子供をキチンと預けていく方がよほど正しい行為と思います。

m2_mさんが例に挙げられた事柄を見てみると
良い:バレーボール・クラシック・オペラ
悪い:ロック
となっています。
ここにこそ理由が隠れていると思うのです。良い例は全て学校の授業で習うことばかりです。悪い例は学校で禁止するところもある事柄ですね。だからロックはダメだという認識が生まれるのです。子供の頃に植え付けられた価値観というのは、なかなか変わりませんから、「理由はよくわからないけどロックは悪いもの」と言い聞かされて育った人たちは、説得力がありませんが反対します。「ロック...続きを読む

Q不細工でも自己評価が違う原因

 不細工でも自己評価が悲観的な人と悲観しない人の差がありますが、その差ってどこで生まれるんでしょうか?

Aベストアンサー

事実は悩んでも仕方がないといういさぎよさじゃないかな?
私は顔で競争する女子を見ると、なんか違うなって思います
私自身、相手を顔なんかでは好きになりません
「あ、かっこいいな。」とか「可愛いな。」で終わってしまいます。

だって、顔だけで全部評価するなら、努力や成長って要らないじゃないですか

顔がキレイな人より、私は前に進もうとしている人の方といっしょにいたいです

もちろん、両方そろっていた方が素敵ですが

私は友達や恋人が好きになれば、どんな顔だろうが体型だろうが、気にした事はありません

ただ、肥満体型の人は、性格的に神経質な人が多いので、遠慮させていただいています
私の人生の経験上、関わるとろくな目に遭わない人たちだったからです

Q白人たちの東洋系の人たちの差別について

アメリカの人種差別は有名ですが、ヨーロッパにも「白人優位主義」者
みたいな団体がいると聞いたことありますが、今でもそういう人間は
かなりいるのでしょうか?
それと彼らは、東洋系の人種を見ると襲ってきたり、暴行など加えたり
するものなんでしょうか?
子供ではないけど、話しかけても単なる無視する程度ではなさそうな・・・。

Aベストアンサー

kyiisc10さま、はじめまして。

日本から一歩出ると「日本人」ということがいつでも付いて回ります。
たとえそれは同じアジア圏であっても同じですね。
台北で泊まったホテルは「ハイアット」でした。ここで朝食を取りましたが、ここでは完璧に白人とその他の方々の案内される場所が違っておりました。
幸い私は英語が話せたので英語のほうが簡単だったので、そのように案内を頼んだら(外見もちょっと日本人風ではないので)見事に「白人」のいるテーブル地域へ案内されました。
また、去年ロンドンに旅行に行きました。
ロンドンはいろんなところから旅行に来てる人が多く、特にヨーロッパからの旅行者が多かったりします。
差別のひとつは「言葉」にあります。
言葉が話せないというハンディが「こいつは違う」となり、
「ろくに言葉も話せないのに....」ということも実はあるのでした。
きちんとした言葉を話すと相手も「なんだ話せるんじゃないか」となり、少しは警戒心が緩んでくるというものです。
一概に人種差別ということを外見だけでの判断ではなく、そういったコミュニケーションが出来ない、意思の疎通が出来ないといことでも加味されるような気がします。
小さなエレベーターの中で、白人と我家族が一緒になったときも、
「Hello」と声をかけるだけで気まずい雰囲気は吹っ飛びました。
最後は「Have a good day」と締めくくれば彼らも恐怖心はなくなります。そうなれば差別という言葉はある程度消えますよ。
つまりは「言葉が通じない」「意思が分からない」このことの恐怖もきっと加味してるのではないかと思います。

なので全部あるともいえないし、全部ないとも言えません。
日本で暮らしている外国の方々も、うまくコミュニケートして、
地元の方と仲良くしてるケースも多々あります。
海外では多分日本に居る外国の方よりも「個人主義」なので
気にしないこともあるとは存じますが、一概に全てがとは経験上言いにくいですね。

やはり何よりもコミュニケートすることで、海外での被害とかを回避できたらもっといい世界になるのではと思います。
回答にはなっていませんけれど、経験でお話させていただきました。

=^・^=

kyiisc10さま、はじめまして。

日本から一歩出ると「日本人」ということがいつでも付いて回ります。
たとえそれは同じアジア圏であっても同じですね。
台北で泊まったホテルは「ハイアット」でした。ここで朝食を取りましたが、ここでは完璧に白人とその他の方々の案内される場所が違っておりました。
幸い私は英語が話せたので英語のほうが簡単だったので、そのように案内を頼んだら(外見もちょっと日本人風ではないので)見事に「白人」のいるテーブル地域へ案内されました。
また、去年ロンドンに旅行...続きを読む

Q子供たちのスプーン曲げについて。昔、ユリ・ゲラーのTVを見て、子供たち

子供たちのスプーン曲げについて。昔、ユリ・ゲラーのTVを見て、子供たちがスプーン曲げをして家族が目撃した、という報告がよくありました。本当に嘘をつくはずもないと信じられる方からも報告があります。 子供は腕力もないし、マジックも知らないはずなのに、どうして曲げることができたと思いますか?

Aベストアンサー

 実はコツをつかめば大した力が無くても曲げることが可能であるというし、たまたまコツを発見した子供が全国で数十人単位でいても不思議ではない。当時の超能力ブームはかなりのものでしたから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報