【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今年の1月頃から歩くのに支障が出始めました。透析を15年やしているので当初は足の筋力不足と言われ、その次は動脈硬化の進行、そして腎臓特有の血管の石灰化、脳梗塞の後遺症とも言われました。MRIで腰の辺りにヘルニアのようなものがあるので手術をと言われていますが、整形の医師は透析をしているので手術しても完治の可能性は低い。と言われました。がある整形では神経が当たっているから切れば治るとも言われています。30数年単独で登山をしてきたので歩けないのは苦痛ではありますが、多くの知り合いはヘルニアで手術はあまり聞かない。今以上に悪くなったらと言われ手術をすべきかどうか悩んでいます。診察した医師の見解がそれぞれ異なるので。
ヘルニアの手術をした方。あるいは周りに手術をされた方が居られましたら、どのような状態なのか教えて頂ければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

動脈硬化 とは」に関するQ&A: 【ビール1日1缶は身体に良いというのはビール会社の宣伝?】 ビールを1日1缶飲むと 動脈硬化 狭心症

A 回答 (4件)

No.2です。

何度もすいません。


ヘルニアが自然治癒する理由は簡単に言えば、ヘルニア部分を白血球が異物と判断し食べてしまうからです。

同じ病名でも程度や発生部位、その他色々な要因が負雑に絡みますから、病名だけで手術の可否や成功率は一概に参考にはなりません。もちろん執刀医の技量だってありますしね。たとえ画像上ヘルニアが完治していても、腰には筋肉などがありますのでそれら周辺の軟部組織が炎症を起こし痛みが続くと言うのは十分考えられます。でも痛む感じが変わってきたりと何か変化に気付くと思います。

ちなみに大きな病院や手術実績の多い病院はどんな状態でもすぐ手術を勧めます。悪いとはいえませんが、切らなくても治る可能性を残しながら即その判断をするのは、私は少々乱暴な気がするのです。リハビリ科のある街の整形外科クリニックなども受診されてみてはいかがでしょうか。その際はできればMRIを借りていくといいでしょう。

お大事にされてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。治療方法を医師と相談してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/02 14:03

No.2です。

補足ありがとうございます。


>地元では医師の見解がヘルニア、坐骨神経痛とかいろいろな病名がつけられました。

坐骨神経痛とは、腰に原因疾患があり出現する症状名です。ですから病名ではなく風邪で言えばセキに当たるものです。 なので根本的な解決方法は原因によって異なります。病名としては腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、すべり症 などですが、特別骨など構造に異状がなくても、炎症が強く起こっていれば出る可能性はあります。ですから 「坐骨神経痛 = ヘルニア」 ではありません。

今現在投薬は行っていないのですか?貴方の状態ではまず保存療法をお考えになられたほうがよろしいかと思います。


お大事にどうぞ。
    • good
    • 0

>多くの知り合いはヘルニアで手術はあまり聞かない。



そんなことありませんずいぶん盛んに行われていますよ。


手術にもある程度適応になる目安があります。

・保存療法(薬やリハビリ)が全く効果がない
・筋肉が明らかに落ちてきた
・仕事や生活に差支えが出る
・耐え難い痛みがある

以上の場合は手術の検討をしてみても良いと思います。主治医とよく相談してみてください。排尿障害が出れば有無を言わさず即手術です。ただ手術は傷んだ椎間板を取ってしまうため、結果全体的なクッション性能は落ちてしまいます。腰痛が出やすくなったり、ヘルニアが別の箇所で起こる可能性は高くなります。

ヘルニアは自然治癒することが分かっていますので、まずは保存療法をお試しなってもいいと思います。投薬、整形外科のリハビリなどです。お薬は非ステロイド系消炎鎮痛剤やステロイド、ブロック注射など。電気や牽引などのリハビリは一回の効果がとても薄いので、回数を重ねることがもっとも大事です。最低でも週三回。出来れば毎日通いましょう。

痛いうちはコルセットも有効です。治療で痛みが無くなれば、コルセットを外し腹筋背筋を鍛え、ウォーキングなどをしましょう。

私は鍼も良いと思いますが、なぜか鍼に対しての期待が大きいのか、すぐに効果がないとやめてしまう人が多いです。電気や牽引など他のリハビリと同じようにすぐには効果はありません。(椎間板に異常があるので当然と言えば当然です) しかし、電気などよりは効果が続きますので、一週間一回程度でも効果が出ます。根気強く続けてみても良いと思います。


これらをしっかり続けてみても悪化するようなら手術を考えて見てはいかがでしょうか。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いろいろな方法があるのですね。来週に大学病院に行くので参考にさせていただきます。地元では医師の見解がヘルニア、坐骨神経痛とかいろいろな病名がつけられました。納得してからベストな選択をしようと思います。

お礼日時:2011/07/02 03:31

おはようございます、私自身ヘルニア(多分椎間板ヘルニアと思いますが)の手術をしたことはありませんが、ずいぶん昔の医師は手術で治ると言われしたけれど治らなかったという人は多いようです、また友達の奥様は悪くて手術の上手い医師と言われている病院でしたようですが治ったと聞いています、この様にして昔治ると言われて手術していたものが、最近は治らないと言われる病気も多いようです、またその反対の病気も多いのですが、後者のほうが医学の発達と、医療機器のの進歩、薬の画期的開発が速く作られるようになったからだと思いますが、ヘルニアは神経が飛び出し近辺に当たるために痛みを発症するのですが、当然切れば治るのです、また何もしなくても神経が元に収まる場合が多いとも言われます、ただ、長い時期我慢できないほど痛いのであれば元を断てば治るというのが理論です、しかし現実はそれを行っても痛みが治らないでも、MRIでみると治っている・・・どう解釈すればいいのかと戸惑います、そこで私は医師ではありませんが、ある本で意外な事実を読んだことがあります、漁師の若い男性がヘルニアと言われ手術したけど治らなく仕事も出来ずに数年病院に行ったり出たりの繰り返しで仕事もできなかったようです、その時或る麻酔科の女医の先生と会うきっかけがあり今はぺインティング治療で治るのだと聞き、本人は納得しなかったけど何度か悩んで受けたみたいです、それはどういう事かと言うと、脳はヘルニアの痛みを忘れていないため、実際にヘルニアは治っているにもかかわらず痛いと感じるそうなのです、そこで今は痛みを麻酔で抑えながら治療するという新しい治療が増えてきています、彼の場合は神経ブロックを2回/年(痛みが出始めたら次を打つ)を2年間続けた結果完治したと書かれていました、私も実際本人の手記を見たわけではないので何とも言えませんが、理屈は合っていると思います、最近は帯状疱疹は凄い痛みを伴いますが、後遺しようが出ないように、麻酔薬を打ちながら治療すると後遺症が少ないと言われています、脳っていつまでも痛みを忘れないのだという事を知り、それを脳に痛みを判らせない間に治療すれば結果治るのだと書かれていました、あなたの場合したほうがいい、しても治らない等とどの医師の言葉を聞けばいいのか悩む最悪の病院と言わざるを得ません、あなたの病気を治癒させるためにはいろんな専門医が集まって議論してあなたの治癒のためにどうするのかを決めていくのが医師だと思います、また、専門医でない石が聞いた話だろう話はしていけないことなのです、そして医師の考えがそれぞれ違うのは治癒しにくい病院と感じさせます、一度麻酔科専門の医師に相談されるかパソコンを御持ちの様ですから、麻酔科有名医師とか麻酔で治すヘルニア手術等々で検索してみてください、質問コーナーもあればそこでお聞きになればよいと思います、後はあなたが決めることだと感じます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。痛みならなんとか耐えられるのですが歩行が困難なのでヘルニアと診断された知人は自分のヘルニアとは違うようだと言うし、来週このあたりではもあもあ有名な大学病院の整形を受診しようと思っていますが腰とか足には自信があったので少し実体験などを聞いておこうとおもいまして。参考になりした。ありがとうございます。

お礼日時:2011/07/01 08:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング