ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

フィニッシュの形が安定せず悩んでます
フィニッシュの後は殆どが静止できず後ろに倒れそうになります
ショートアイアンはある程度安定してるのですがクラブが長くなるとフラつきます 動画を撮って見てみたのですが、正面から見るとインパクトからフィニッシュまで逆C字になりすぎてる気がします
左足も内側がめくれてます
上手く伝えられず申し訳ございません。説明が大ざっぱですのでアドバイスしにくいかとは思いますが断定的なアドバイスでなくて構いませんのでフィニッシュが安定しない原因と安定させるのにどんな練習が良いか教えて下さい。
ゴルフ歴は二年でスコアは100前後です。身長は小柄な男です。 宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

んー、そのスイングを想像するところ


いくつか考えられる原因があります。

まず、「感じの出しすぎ」というのがあります。
人のスイングを見てるとこんな風に振っているのではないか・・とおもって
そのとおりにやろうとすると、それがデフォルメされてしまう。
逆Cになるのもいわゆる「カッコつけるから」かもしれません。

もう一つ、
球を上げようとする意識が強い。
下から上にかち上げようとしていたり、すくい打ちしようと
していませんか。
2年でアベレージ100くらいの人がおかす一番多い勘違いです。
ボールはクラブがあげてくれます。
クラブにロフトが付いているのはそのためです。
すんなりヘッドが入ってくれば黙ってても球はあがります。

すくい打ちはインパクトでダフリにトップとまともに球に当たらないということもありますが、
ここではフィニッシュを問題視してますから
すくい打ちがフィニッシュに与える影響をお話しますと
クラブを当然上に上に振るようになります。
(球は下にあるのにうえいにむかってふってどーする!です)
すると、体の重心が上に浮き上がり体が伸びきり逆Cになりがちです。

もう一つ、スタンス幅が狭すぎ、ということもあるのではありませんか?
スタンスが狭いと体の回転が使えるし、体重移動も容易にできて
インパクトゾーンも長くなるのでいい面もあるのですがフィニッシュでぐらつく
ことはあります。
もう少しスタンス幅を広げてみてはいかがでしょう。

さらに考えられるのは
腰が伸びてしまう。特に振り出しからインパクトまでの間に右腰が前に出ていってしまう
のではないでしょうか。これもイメージがそういう風に振っていると思っているのでしょう。
勘違いです。

まず、構えをちぇっくしてみて下さい。
特に前傾ですが、「骨盤までを」一枚の板とイメージして
股関節を折って前傾します。
アベレージ100くらいの人の9割が骨盤の上の背骨を曲げて前傾してます。
これをまず直してください。
ビートたけしの「コマネチ!」の手の動きのところ、女性で言うビキニライン
が切れた状態になります。
このまま(切れた状態のまま)ダウンからインパクトまで行きます。
もちろん体重は左に移り腰は左に回っていきますから切れ具合が右と左では違ってきますが
「伸びない」ということについては切れた状態のままです。
簡単に言うと右腰が浮き上がらず前に出ない、ということです。

こうすればフィニッシュもきちんと取れると思います。

フィニッシュだけを直そうとしても絶対に治りません。
なぜならフィニッシュは能動ではなく受動だからです。
トップから、ダウンまでが能動ですがあとはその結果として
フィニッシュがあるだけです。
つまりフィニッシュが悪いということはその前のトップ、ダウンの体の使い方が
間違っているからです。

雑誌や、レッスン書などにフォロースルーやフィニッシュのことが
あーでもないこーでもないと書いてありますが
あんなのはその雑誌や本を売りたいがためのものであって、
なんだかんだ言ったところで、トップ、ダウン、インパクトで
すべてが決まってしまいます。
もっと言えば、トップから切り返した瞬間の体の動きですべてが決まります。
ですから、
フィニッシュを治そうと思うのなら
アドレス、トップ、トップからの切り返しの体の動き始めを何百回も何千回も
練習することです。
それができれば非常に美しいスイング、ひいては綺麗なフィニッシュが
とれることでしょう。

私ごとで恐縮ですが、私はそれをやりました。
鏡を飛球線後方と正面においてアドレス、トップ、切り替えしからダウンに入る時の腰の入れ方、
徹底的に練習しました。10回に一回だけそれで振ってみる。
練習場なら、10回に一回球を打ってみる、というやり方です。
もちろんそれだけではなく、アプローチやパターも練習しましたが
おかげであっという間にシングル入り。以後着々と進め今は片手以内です。
人は私のスイングを見て綺麗なスイングだねぇ、と言ってくれます。
きちっとフィニッシュが取れるからです。
それはトップと切り返しを大事にしているからです。

シングルの人でもきちんとフィニッシュが取れる人(フィニッシュのまま動かない、ということができる人)は少ないです。
しかしプロでフィニッシュが取れない人はいません。
そのくらい、最初の出だしが大事なのです。

是非、お試しください。あっという間に90なんて切れるようになってしまいます。

だいたい90なんてどうやったらたたくのかわからなくなります。
普通にやれば85回ならまわれるはずです。

もちろん素人ですからセカンドショットをはずすこともあります。
乗せて2パットでボギーです。

シングルでなくても9ホールあれば(まして白マークからなら)セカンドショット、は
3つは乗ります。つまりパーオンが3つ。これをパーとります。
3パットを一つしてもボギーです。
あとはボギーでいいんです。
セカンドはずして3オン、2パットでボギーでいいんです。
この中で一つくらいは寄せワンでのパーがあります。
すると5オーバーか6オーバー、
これをインとアウトでやれば82~85ならまわれます。

そんなに簡単じゃない!といいますが、
実はそこまではゴルフは非常に簡単です。
そこからが球を上げたり止めたり技も必要になってくるし、
トラブルからの解決能力も必要になってきます。

話が長くなって恐縮ですが、一人でも多くの人にうまくなってもらって
ゴルフを楽しんで欲しいので書かせてください。

少年野球ありますよね。
私、数年監督やってました。そこで気がついたことがあります。
小学生にカットプレーや、ダブルプレーを教えても結局点を取られてしまう
ということなんです。
ランナー1塁2塁、左中間を抜かれた!
レフトがボールをとりに行く、セカンドが迎えにいってカットに入る
念のためファーストもピッチャーマウンドの横あたりでさらに第2カットの予備に
入らせる、ショートは打者がセカンドまで来るのでセカンドベースに付かせる、
ピッチャーはキャッチャーのバックアップ。
内野手総動員で一点でも守ろうとそれぞれ動く。
何百回もこれを教えて練習ではそこそこ連携ができる。
でも、試合になると結局カットに入ったセカンドが無理してホームに投げる
大暴投、あるいはキャッチャーエラー、一点は仕方ないものの1塁ランナーまで入ってしまう。
2点を失いワンアウトも取れない。
オマケに打者が3塁までいってしまいピンチが続く(ここが大事!)。

ノーアウト、ランナー2、3塁、一点死守の
内野手は前進守備。
よし討ち取った!ショートゴロ!
バックホーム!!!!でキャッチャー、面をとってタッチプレーに備える
1点を守ろうとショートは目の色変えてキャッチャーに投げ込む。
オーシ!タイミングはアウトだ!と思った瞬間、大暴投。
結局一点を失い、さらに打ったランナーは2塁へ。
今度はセカンド!セカンド!の声が飛ぶ。
キャッチャー球を拾ってセカンドへ。これも大暴投。
ランナーは3塁へ。うっかりするとボールを拾った外野手が3塁に投げてこれも
エラー、はいもう一点!の3点が一遍にはいってしまう。
ということになることが結構ありました。
3塁で止まったとしても、アウトを一つも取れず、
ピンチが続く。

こんなことの繰り返し、ならば!と思い。
子供達に、どんなことがあっても内野手はファースト!
外野に飛んだらセカンドに戻す。そこからさきはプレーしない!
ということを徹底して教えました。
すると点は入れられてしまうものの大量点にはならず。
相手は今までのうちのチームと同じことをやってくれるので
大量点を取れて、楽勝。ということが多くなりました。

市の大会でいいとこ2回戦敗退だったのが
なんと優勝まで行ってしまった事があります。

なにがいいたいかというと
「基本だよ」ということが言いたいのです。
ラフに入っちゃった、残り190ヤード、少しでもまえにと無理して
5番ウッド、「いけね!」ちょろちょろ・・。まだ、150ヤード
残り。よーし7番で乗せるぞ!思い切ったが力んでシャンク。あわやOB。
足場の悪いところ結局出すだけ。あがればトリプルボギーかダブルパー。
これが典型的な100以上打つ人のゴルフです。

よりは、ピッチングで100Y打ってもう一回ピッチング、
もしくはP/Sで乗せればいいんです。

万が一乗らず、よらずでも4オン2パットのダブルボギーで収まります。

深いラフに入ったら、林の中に入ったら、クロスバンカーに入ったら
どれもこれもまずはフェアウェーに戻すんです。
まだ1打しかロスしていません。
フェアウェーからならそうそう大きなミスは生まれません。
これを戻さず、狙うからもう一回トラブルショットを、あるいはさらに大きなトラブルを
抱えることになってしまうのです。

残り200あったら、ピッチング2回でちゃんと乗るんです。
練習などほとんどしない、まして使えもしない5番ウッドなんかで
奇跡的な一打を期待し、極めて大雑把な計画で狙うからドツボにはまるんです。
残り40ヤードの難しいショットが残っちゃうんです。
これを手先で振ってトップしてグリーンの向こう側に。
極端な左足下がりの第4打になっちゃうんです。
これをトップして反対側のバンカーに・・・
無理だって! ただでさえ100打つ人が左足下がりからピンに寄るはずねーだろ!
と言いたくなります。

だから、ミスショットしたら必ず王道に戻すんです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
親身にアドバイスしていただき誠にありがとう御座います。
アドバイスして頂いた事の殆どに思い当たる節があり大変勉強になりました。
又、シングル手前までは実は簡単にいけるとのお言葉でなんだかとても視野が広がったような気がします。
もっとうまくなってもっとゴルフを楽しむ為にも、アドレス、トップ、切り返しからの腰の入れ方をしつこく練習しようと思いました。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 06:51

A7です。


直すところがいっぱいありそうですが、先ずアドレスの重心位置をチェックしてみて下さい。かかと寄りになっていませんか?
通常、人はくるぶしの真下から拇指丘あたりの範囲に重心があれば直立できます。ゴルフのアドレスでは土踏まずのちょっと拇指丘寄りが基本だと思います。例えば、ジャンプして着地する時、膝がちょっと曲がり、重心がその辺にくると思います。そして前傾しても重心が変わらないように注意してください。
いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすくアドバイスしてくださり誠にありがとう御座います。
重心位置への意識が薄かったように思います。教えていただいた通りチェックしてみたいと思います。ありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 14:27

“後ろ”とは右足側ですか?背中側ですか?


逆Cで左足内側がめくれるとは、頭が元の場所に残ったまま、腰が非常に左に動いてしまうということですか?

この回答への補足

分かり難い表現で申し訳御座いません。
後ろというのは自分でも正確な方向は分からないのですが、フィニッシュの後右足を一歩後退させないと倒れそうになります 方向で言うと背中側のような気がします。
足がめくれる時頭の位置は殆ど動いておらず腰も膝も左にいってるように思います。

補足日時:2011/07/02 08:20
    • good
    • 0

>フィニッシュで....


多分、アドレスからインパクトを通じて
左膝の余裕が無い=足の伸びすぎ
つまり、体の重心が高すぎと思われます

普段から左膝を軽く曲げた余裕があれば
インパクト以降の重心が崩れないと思います
石川プロやアメリカのプロ達の左膝を観察して
御自身のものと比較してみてください

参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
アドバイスしてくださった左膝の余裕、重心の高さを意識して練習してみます
又、プロの左膝もしっかり観察して自分と比べてみたいと思います。
貴重なアドバイスありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 08:08

ご本人のスウィングを拝見してませんので推測ですが


一言で言えば「振りすぎ」だと思います。

質問者様に限らないことですが、スウィングの問題では
型にとらわれがちな方が非常に多いです。
問題は、実は「頭の中」つまり本人の意識にあることが殆どです。
プロなどの写真と比べて、手はここまで上げる、肩がここまで回す、
足はこう、背中のシャツのシワはここまで捻る、と型を追ってしまう。
私も長いことそこに囚われていましたし、今でもそうなることがあります。

変えるべきなのは、「バックスウィングはこれで十分」と感じる意識です。
体の筋肉や関節のどこかに強い抵抗を感じるまで捻らないと足りないのではないか?
調子が悪いとそう思いがちですが、そんなことは問題じゃありません。
バランスを崩さない程度のスウィングの大きさの中で
体を有効に使って最大限のパワーをボールに伝えることこそが大切です。
ショートアイアンで出来ているのなら、長いクラブでも出来るはずです。
クラブが長ければ抵抗も大きくなりますから、振る強さはショートアイアン以上に
体が安定できる範囲で振らなくてはなりません。
「目一杯振らないと振った気がしない!」という意識から変えないと、
一時的に型を直しても何かの拍子にすぐに元に戻ってしまうでしょう。
安定するように足を踏ん張ってもおそらく効果はないし
ますます深みにはまってしまうのではないでしょうか。
これでは正しいスウィングに辿り着くのにとてつもなく遠回りを
することになります。

クラブに任せて、クラブに振られるような感覚が掴めてくれば、
自然にスウィングも大きくなってきます。
自分で大きくクラブを振ろうとすると、それはやりすぎです。
もしかしてこれかな?と感じられる頃には、90は軽く切れていると思います。

で、練習方法ですが、
7アイアンでも5アイアンでもいいので、70%の力で3球打ってみてください。
もし7アイアンで140ヤードが今の飛距離なら、140×70%=98ヤードを打ちます。
70%だとこんなものかな?という曖昧さでは、この場合ダメです。
きちんと98ヤード、それ以上飛んでしまったら失敗です。
次は80%、140×80%=112ヤードで3球です。
おそらく、ご自分が思うよりかなり小さいスウィングで十分なのではないでしょうか。
その後に100%で打ってみてください。
多分、今まで150%ぐらいで振っていたことに気づかれるのではないでしょうか。
そこに気づいた先に正しいスウィングの近道があると私は思います。
意識=成功体験 ですので、練習で良さそうだったら是非コースでも試してみて下さい。

長々失礼しました。
いつか実際にお会いする機会がありましたら、
その時はじっくりスウィング談義をお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
とても丁寧にアドバイスしてくださり誠にありがとう御座います。
ご指摘くださった通り、形にこだわり過ぎでどこかに張りを感じないと安心出来ない部分があったように思います。
今後はアドバイスしてくださった通りバランスを大事に考え、有効に力を伝えられるように練習しようと思います。
もし本当にお会い出来た時に恥ずかしくないように、もっとうまくなれるよう努力して参ります。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 08:01

スイング自体に問題がある可能性があるかもしれませんが、左足内側がめくれるということでしたら単純に足首が堅く(負けてる)バランスがとれないのが原因かもしれません。

ストレッチをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
腰や股関節のストレッチはやっていたのですが、足首のストレッチは全然頭にありませんでした。
貴重なアドバイスを下さりありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 07:19

単純にいえば、頭が残りすぎということでしょう。



フィニッシュで左足の内側がめくれるのは悪いことではありません。
但し、それは左足の外側で全体重を支えた結果ならいいのですが、右足に体重が残ってはいませんか?

基本的な発想は、軸を安定させるというのは、背骨を安定させることです。
背骨は背中側にあるので、お腹や顔はトップでは右側に移って、フィニッシュでは左側に動くのです。
その結果、トップでは右に体重が移ってフィニッシュでは体重が左に移ります。

練習方法は素振りでいいので、トップでの右足体重とフィニッシュでの左足体重を意識してスイングしてください。

感覚がつかめなければ、これも素振りでいいので、アドレスしてスイングしたら、フィニッシュで3秒静止して、そこからもう1回巻き戻すようにトップを作り、素振りをします。これを数回繰り返すといいと思います。
それでも感覚がわからない場合は、上記と同様の素振りをクラブを2本持って行います。
フィニッシュで体重が左にないと巻き戻すようにトップには戻れないはずです。

それで感覚が掴めたら、トップとフィニッシュだけを意識して球を打ちます。
球にちゃんと当たらないかもしれませんが、そのうちに球には当たるようになるので、当たらなくていいので、トップとフィニッシュだけを意識して打ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
わかりやすくアドバイスしてくださりありがとう御座います。確かに体重移動への意識が薄かったように思います。
アドバイスしてくださった練習を取り入れながらしっかり感覚を掴んでいこうと思います。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 07:13

「振りすぎ」と「スウェー」が原因かと。



プロはフルスイングの7割くらいで振る、とよく言います。
でも、ここ一番!で飛ばす時や深いラフから脱出する時など
100%以上で振るとプロでもフィニッシュは崩れていますよね。
(プロの場合はそれでも球はコントロールしているわけですが)
まずは、体勢を崩さず振れる自分のMAXがどの程度か知ること。
実際に球を打つときは、その7~8割で打つのがフルショットです。
たぶんですが、今あなたがハーフショットと思っているくらいが
実はMAXの7~8割だとイメージして間違いないと思います。


逆C字になるということは
インパクト以降で腰・ひざのスウェーが原因でしょう。
本来は左腰は背骨を軸に反時計方向に捻転しますが、
回転せずに、飛球線方向にスライドしているのでしょう。


◎ひざのスウェー

左足の内側がめくれてしまうのは
左ひざが流れてしまっているのが原因ですから
試しに左足をヒールアップして練習してみては?
トップで左かかとをヒールアップして、
ダウン~インパクト に合わせて左かかとを
地面にぶつけるイメージ(上から下へドン!)で
振ってみると、左ひざが割れない感覚が分かります。


◎腰のスウェー

ショートアイアンで構いませんので、
フィニッシュで左足一本で立つ練習ですかね。
トップで左足を浮かして、右足体重にして
左足に体重を移しながらインパクト、右足を浮かす。
左足一本でフィニッシュできればOKです。
※足を浮かすのはほんの数センチでいいです。

「振りすぎ」ると絶対に当たりません。
腰・ひざが「スウェー」すると当たりません。
どんなに体重移動してもインパクトできるのは1点なので
背骨を軸に捻転しないと空振りしてしまうはずです。
やってみるとスイングの流れを理解しやすいドリルです。
よければお試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。
とてもわかりやすくアドバイスしてくださり誠にありがとう御座います。
腰のスウェーは気にしていましたが、膝のスウェーには全然意識がなく大変勉強になりました。
アドバイスしてくださった練習を早速試してみようと思います。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2011/07/02 07:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボールが高く上がりすぎる

現在30歳でゴルフ暦5年です。と言っても月に1,2日練習場でコースに出るのは年、2,3回とほとんどプレーできていないようなプレーヤーです。始めた当初某有名プロの主催しているゴルフスクールに数ヶ月通っていました。最近特に気になり始めたのですがボールがものすごく高く上がりすぎることです。ドライバー、アイアンに関わらずボールの打球が高いです。打感が良くとも打球が高く、逆に打感が悪くトップ目に行ったかなと思った際に、ちょうど良い高さの打球になります。てんぷらと言うわけではないので飛距離は出るのですが高すぎると風の影響をもろに受けてしまうので、もう少し低めの打球にしたいと思っています。
1.ボールが高く上がる理由は主にどの様なものがあるでしょうか?
2.ボールを低めに飛ばすにはどの様なうち方をすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

1. ボールの高さが変わるのは基本的には4点です。

2. ひとつ目はクラブの特性です。シャフトが硬いか柔らかいか?
 (柔らかい方が高く)
先調子か手元調子か?(先調子が高く)
ヘッドがきいてるかきいていないか?(先が軽いが高い)
ロフト角が大きいか小さいか(数値が大きいほうが高く)

3. 二つ目はアドレスでのボールの位置です。
正しいスイングができていれば、右に置くと上がりやすいです。
(但しスイングによります)

4. 三つ目はスイング軌道の最下点をどこに設定しているか?
最下点の位置設定を左に設定すれば高くなります。
(但しスイングによります)

5. 四つ目はリリースするタイミングです。
切り返しで作った溜めをどのタイミングでほどくか(解放)?
解放するタイミングが遅ければ高くなります。

基本的にはこの4点の起因が絡み合って高さが変わります。
ですが、クラブの特性で極端に変わることは少ないです。

たぶんあなたは良いスイングがある程度できていると思われます。
それは、すべてのクラブでボールが高く上がるという点です。

ほとんどのビギナーやアベレージゴルファーは球を高くあげようと
思っても上げれないのが現状です。
これは正しいスイングができていないのが理由です。

気付かれていないようですが、高く上げることができていれば、
低くすることは簡単なんです。

大きく変わるのは、やはりスイングとボールの位置です。

ほとんどのアベレージゴルファーの球筋は低すぎます。
9番アイアンで7番アイアンの高さの球筋を打っているかたばかりです。
この事に気づいていないゴルファーがほとんどです。

プロの7番アイアンのショットをすぐ後ろから見た方なら分かると
思いますが、え~~こんなに高く上がっていくんだ!
7番ってこんなに球が伸びていくの?と必ず思います。


まずはボールの位置とスイングチェックを行ってください。

ご活躍を期待しています。

1. ボールの高さが変わるのは基本的には4点です。

2. ひとつ目はクラブの特性です。シャフトが硬いか柔らかいか?
 (柔らかい方が高く)
先調子か手元調子か?(先調子が高く)
ヘッドがきいてるかきいていないか?(先が軽いが高い)
ロフト角が大きいか小さいか(数値が大きいほうが高く)

3. 二つ目はアドレスでのボールの位置です。
正しいスイングができていれば、右に置くと上がりやすいです。
(但しスイングによります)

4. 三つ目はスイング軌道の最下点をどこに設定しているか?
最下...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Qゴルフでシングルとはどういう意味ですか

ゴルフでシングルですという人がいますが、どういう意味ですか?
初心者です。

Aベストアンサー

ハンディキャップ
が一桁の人のことを言います。

だからといって二桁の人を「ダブル」とは言いません。

では、ハンディキャップ(俗にハンディといわれています)
とはな~に?
ということになります。

ゴルフのゲーム方法はご存知でしょうか?
一般的に言いますと
一つのゴルフ場に1番から18番まで18個のホールがあります。
一つ一つのホールは「ティーショット」という第1打を打ってからカップ(穴)に入るまでの基準打数が決まっています。
この基準打数を「パー」といいます。
1番ホールパー4とか言うのがそれです。

基準打数とは「熟練したプレーヤー」がカップにボールが入るまでに
必要とする打数です。単なるプレーヤーではなく「熟練した」がつきます。平均的プロと考えれば良いでしょう。
平たく言うと、一般プロが何回で入れられるか、というものです。

これを合計すると一コース(1~18番まで)でだいたい72回となります。
へたっぴは各ホールでボギー(基準打数より1打多い)だとか
ダブルボギー(2打多い)などたたきますので
合計すると90回も簡単に打ってしまいます。

簡単に言うと、
この人の腕前は頑張っても90回ですから
熟練した人と比べると18回も多いわけです。
これをハンディといいます。
(正確には何度もコースを回ってその平均を出して・・どうのこうのと
難しい計算がありますが簡単に言えばそういうことです)

その人が実力でプレーして一コースあたり、平均して72回より何打多く打ってしまうかがハンディです。

で、ゴルフがどのくらい難しいかというと
アベレージゴルファー(平均的にまぁまぁゴルフをやっていて
よく知ってるよ)という人がハンディで14~25くらいです。
月一(月に一回、年10回~12回)ゴルファなどはこの典型です。
まぁそれでも初心者から見れば結構上手かもしれません。

もちろんプロはハンディがありません。
テレビで見ていると5アンダーとか言ってるでしょ。
あれは72回より5回も少なくプレーしてきた人です。
したがってハンディがたとえ1という人でもハンディがあるという
ことはアマチュアの人です。

で、へたっぴはハンディで25以上の人です。
ゴルフ好きでも結構たくさんいますよ、そんな人。
30を超えるような人は初心者といっても良いかもしれません。
ほんとの初心者は120、130回とハンディが付かないほど多く打っちゃいます。

さていよいよシングルですが
シングルというとハンディが一桁ですから
少なくとも82回以内でラウンドしてくるような人です。
これはかなり上手です。相当やってないとこうはなりません。
年間、そうですねー・・30回~50回はやる人かな・・。

同じシングルでも「片手シングル」という人もいます。
こういう人たちはもっと上手で、週に最低でも一回、シーズン中(春や秋)は週2回~3回はゴルフやってる人です。
それも十年以上そういう生活をしてきてる人たちです。
金も暇もある人じゃないとこうはなれません。

このまえ、ハンディ2の人と一緒にプレーしたのですが
そのとき、週に3回くらいはやってるんでしょ?
といったらしかられちゃいました、
「冗談じゃないよ!週5回だ!」といってましたから
相当なもんです。
ここまでくると、家庭と友人関係を犠牲にしている人も人もいます。

しかし、一方で家庭もちゃんとやっている人はゴルフ仲間からは
尊敬されます。

なぜかというと、
シングル、それも片手シングル(トップアマといいます)になるにはゴルフに費やす時間が半端ではありません。
練習だけでなくコースにも年間百回近くあるいはそれ以上出ています。
中には200ラウンドする人もいます。
それだけゴルフができるということは金もなくてはなりません。
ということは仕事が順調だということです。しかもその仕事を
きちんとこなしているからこそ金が入ってくるわけです。
遊びほうけているわけはないと周りの人は考えます。
仕事が忙しくてもゴルフやるわけですから、それなりに仕事に渡りをつけてやってるわけです。
だいたいそういう人は会社のオーナー社長や自営業の人が多いですが
部下や、同僚、付き合い先とうまくやってるからこそできるわけです。
また、奥さん(家族)とも渡りをつけてくるわけですから
結構なやり手で人格的にも優れていると外からは思われます。

逆に学生のトップアマなんぞ何の尊敬にも値しません。
仕事もせず、家庭も持たず、親のすねかじって好きなだけゴルフやってるんですからハンディがシングルになるのは当たり前の話です。
難しいことでも何でもありません。ですのでなんら尊敬に値しません。

他に仕事を持ってしかもそれをこなして右肩上がりで稼いで、
家庭を持って円満で、その環境でのトップアマになるわけでですからそりゃたいしたもんなんです。

だいたい会社をつぶすような社長というのはハンディ8止まりです。
ちょうどそのくらいになるとそれまで遊んできたツケが回ってきて
会社の運営をないがしろにし、部下の信用のなくし、家庭の崩壊寸前
になりますから精神的にも参ってきて、そこでだいたい会社つぶしてしまいます。
そこから先は金もなくなりゴルフができないようになり、たまたま金が入ったときにやってももう実力はハンディ18くらいになっちゃってます。

上記からいえることは
シングルのハンディの人はいるがほんとにゴルフがうまい!
といえるのは5以下ということになります。
もちろん6~9の人だってうまいのですが
シングルとしては半端です。

もしあなたも5以下のシングルを目指すのなら
最低年間100回のラウンドができる環境づくりを
しなければなりませんので、ゴルフの練習より先に
それを作ってください。

以上、ゴルフシングル講座でした。

ハンディキャップ
が一桁の人のことを言います。

だからといって二桁の人を「ダブル」とは言いません。

では、ハンディキャップ(俗にハンディといわれています)
とはな~に?
ということになります。

ゴルフのゲーム方法はご存知でしょうか?
一般的に言いますと
一つのゴルフ場に1番から18番まで18個のホールがあります。
一つ一つのホールは「ティーショット」という第1打を打ってからカップ(穴)に入るまでの基準打数が決まっています。
この基準打数を「パー」といいます。
1番ホールパー...続きを読む

Qゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済

ゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済むのか?

ゴルフスイングで、「グリップはゆるく、手首・腕・肩は力まずにスイングしろ」と、
色々な所で教えられ、頭では嫌というほど分かっているいるのですが、
どうしても、できません。力んでしまうのです。

さらにボールを前にすると、前述の身体の各部位が力むのに加え、
ボールを当てに行くようなスイングになってしまいます。
これも治りません。

ボールがない素振りなどでは、比較的スムーズにスイングできていると思うのですが、
一体どうすれば本当に解決できるのでしょうか?

たまに「よし、だったら力を抜いてスイングしよう。グリップもゆるくしよう。当てにいくのをやめよう」と思いボールを打っても、結果全然飛ばなかったり当たりもダメだったりして、
マイナスの経験しか蓄積されていないので、「やはり力をある程度入れなければダメなんだ・・」と思ってしまうフシもあります。

真剣に悩んでいます。メンタル面なのか技術面なのか・・。
いい方法があればお教えください。

Aベストアンサー

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上、アドレスからテークバック部分、トップオブスイングあたりまでボールを「見ている」状態ですからなおさらです。「力を抜け」くらいの意識でちょうどいい力加減になり「やすい」からそう言うということです。動かしたいところの力の抜きすぎは人の欲という観点から行けばほとんどあり得ない話とも言えるんですよ。

では、ゴルフスイングで一番よく動く部分はどこでしょうか?「腕・手」ですよね。フルショットでは180度以上どころか200度以上回転します。そんな動かしたい部分に力を入れるということはバカ重い車軸を軽自動車に入れるようなものです。動きにくいことこの上ないでしょうね。それと同じですよ。ただ、エンジン部分に当たる部位は動きの中で力を作り出す必要がありますから、動いて力が入る結果になります。(足の場合と背中の場合があります。その人の体つきや幼少からの筋肉の使い方による筋肉構造によって最適なスイング方法は異なります)スイングの軸は当然フラフラすればボールはまともに当たりません。
グリップを考えてみましょう。グリップしてクラブの支点となる部分はクラブヘッドから一番遠い部分になりますよね。その方が大きな円を描きやすいし、大きな円をイメージしやすいはずです。だから、左手3本と言うということです。ちなみに自分は左小指しか意識にないですが、小指関節と薬指・中指の関節の連動性が天然でいいようで、左3本では力み過ぎになってしまうからそうしているということです。万人の基本を自分の体を考えてそうなるように方法論をカスタマイズして自分の基準を作っただけの話です。

当てに行くのをやめる...それはいい方法だと思いますよ。その部分だけは継続はした方がいいでしょう。自分はゴルフ始めたての頃、こう考えました。「当てに行って小手先スイングするより、体(全身)を使って空振りする方がよっぽどマシ」って。他のスポーツ経験があり、体を使わなければマトモにボールは飛ばないことを体で体得していたからそう考えられたんですが、その方がいい方向に行きやすいかと思います。大枠を先に作って、上達のたびに段々細かくなる微調整を継続させればいいと考えたということです。その微調整こそが練習でしょう。今でも自分は初心者にはそう言います。但し、微調整前だと激しく下にズレているとクラブを折る可能性もあります。実際自分はクラブ破損に関しては前科2犯です。

技術でもメンタルでもないと思います。まずは探究心を持って考えてみましょうよ。

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上...続きを読む

Q絶対右肩が下がらない練習方法

前述で「アイアンが卓球のカット打ちのようになる。」と悩んでいた者です。
原因は右肩が下がることと気づきました。
(ビジネスゾーンでは大丈夫です。それ以上上げると振り下ろしで右肩が下がります。)
絶対右肩が下がらなず、背骨と垂直に回る練習方法又は器具ありますでしょうか。

Aベストアンサー

1. 一番の原因は
  バックスイングでクラブを横方向へ振り上げて
  ダウンスイングで横方向に振り下ろす部分です。

2. 両腕の力で横方向へクラブを振っているのが要因です。

3. ゴルフのスイングは腕の動きと体の動きの
  二つの動きで構成されています。

4. 正しいスイングを身につける第一歩は腕の動きを
  頭の中で正しく理解することです。
  
  これを理解しておかないと、最初から間違った方向に
  進んでしまい、上達を遅らせることになってしまいます。

  基本的なスイングのメカニズムを最初に理解していると
  安定したスイングが早く身に付きます。

5. 両腕と手首、それとクラブは縦の動きです
  「腕やクラブは横に振ればいい」と考えるのは
  間違いなんですね

6. 腰と肩の動きは背筋に対して直角(90度)の横方向の動きです。

7. この「縦の動き」と「横の動き」が相まって、
  正しいスイングプレーンと正しいスイング軌道が形成されます。

8. 但し腕の力を使って無理やり動かしたり、
  スイング始動からすぐに縦の動きをしてしまうと
  正しい方向へクラブは上がりません。

9. 縦理論でもう一つ大事なことは、トップとフィニッシュ
  以外の部分ではスイング中、
  “体の中心から左右に手の位置が殆どズレない”ことです。
  これも縦理論の解釈の一部分となります。

このことが理解できなくて、間違った方向へクラブを振る為に
上達が出来ないゴルファーが非常に多いです。

とても大事な考え方であり、とても大切な理論なんです

ハンディーが5以下のシングルプレイヤーは
この事を理解されています。

ご活躍を期待しています。

1. 一番の原因は
  バックスイングでクラブを横方向へ振り上げて
  ダウンスイングで横方向に振り下ろす部分です。

2. 両腕の力で横方向へクラブを振っているのが要因です。

3. ゴルフのスイングは腕の動きと体の動きの
  二つの動きで構成されています。

4. 正しいスイングを身につける第一歩は腕の動きを
  頭の中で正しく理解することです。
  
  これを理解しておかないと、最初から間違った方向に
  進んでしまい、上達を遅らせることになってしまいます。

  基本的...続きを読む

Q間違ってますか?テイクバックでの始動は腰からで、手は何もしない。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、トップ、シャンクもろもろが出なくなって、とにかく方向性が劇的によくなった。
(2)自然とインサイドにクラブが上がるため、スライスを克服できて、ドロー回転で飛距離が伸びた。
(3)テークバックが非常に単純になるので、再現性が高く、1球目からナイスショットがでる。
上記の利点を実感しているので、これは変えたくないのですが、1ヶ月ほど前に、久しぶりにレッスンプロに見てもらったところ、「バックスイングは、肩を45度くらいまわしてから腰を回し始める。グリップは体から遠ざけるように外側に大きく動かす」
と指導を受けました。
多分それが、世界共通の良いスイングなのでしょうが、全く安定しなくなり、ドライバーは右や左で使い物にならなく、アイアンもダフリはじめ、スライスして、コースにいけるような状態ではなくなりました。
やはり、これから先、長く上達するためには、変えたほうが良いのでしょうか?
練習量は多いほうで、まだ若いので、将来は競技会などにも出たいと考えております。
ヘッドスピード47位 スコア90台です。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得しています。
つまりどちらでもいいと言うことです。

同じように、
肩から回す人、
腰から動かす人、
あるいは足首からスタートする人、
もちろん、クラブヘッドから動かす人、がいます。
岡本綾子なんかヘッドから動かす人ですね。

では、ホントに回しているのか?といえば回しているのではなく
右腰をちょっとだけ引いて、スイングスタートのきっかけにしている人も、俺は腰からスタートする!と言う表現をしますが
それを聞いた人は、「腰から回すんだってよ」になってしまいます。

理屈としては、スイングは上下の回転差を使うのですから
土台は止めておかなければ「ねじる」ということはできません。
スタンスは動きませんよね。
完全に止まってます。始動でつま先が動く人はいません。

腰から下も本来できるだけ動かさず、上体をひねった方が
ひねりと言う意味では力がたくわえられます。
(力がたまる、ということはあえて力を要れずとも
戻すだけで十分なパワーがあるということです。)
消しゴムですね。下を止めておいて上をねじれば
戻る力は強いです。
こんちくしょう!とばかりに力入れて打たなくても
スッとリリースしてやるだけでビュンと振れます。

腰も上体も右を向いてしまったのではひねったのは足首
あるいはひざという事になりますが、骨格上それは無理です。
ひざがねじれるわけがありませんから腰も方も同じ方を向く人は
足の付け根(股関節)を前後にずらしているだけとなります。

箸をイメージしてみてください。
箸の先端を3cmくらい開いて大根を刺してみてください。
大根を上にしてこの大根を回そうとおもたっらそれぞれの接点を
前後にずらすだけですよね。
ねじれていませんね。

消しゴムをひねるのにどこを持ってひねるのが一番楽ですかね?
そう!一番上を持って(土台から一番遠いところ)を持ってひねると
楽ですね。

では「ひねる・ねじる」と言うとき、カラダのどこが一番ねじれているのでしょう?

腰ですかね?(骨格をイメージして下さい)
腰はねじれませんね。なぜかと言うと
腰には骨盤がついています。骨盤をねじるなんてことできるわけがありませんよね。

では、肩?
肩には肩甲骨やその下には肋骨がついてますからここをねじること
もやはりできません。

ねじれているところは骨が一本でしかもねじれる
構造になっているはずです。
それってどこ?
骨盤の上から肋骨がついている下までの背骨です。
人間のカラダがねじれるのはこの部分しかありません。

この間は背骨一本だけしかありません。
ねじれているところはこの背骨なのです。

さてねじれている場所はわかりました。
では、どうやってねじるの?といえば上を動かす以外にありません。
つまり肩です。
肩を回そうとしない限り背骨のフリーな部分がねじれることはありません。
下を完全に止めて肩だけ回していくと限界がきます。
腰も回さず、肩だけだと90度までは行きません。
したがってバランスよく手も上がりません。
バランスよく、手を上まで上げるにはどうしても
肩を90度に回さなければなりません。
そこで、先ほどの箸の先の大根です。
足の付け根を前後にずらすのです(これを外から見ると腰を回しているように見えるだけ)

腰はなるべく動かさないようにして(消しゴムの原理)
肩を回していくと45度くらいしか回りません。
(今、背骨のフリーなところがねじれています)
しかし、90度まで回さないと手が上がらないため
そこまで回そうとすると、それにつられて股関節が前後にずれ
肩を回す手伝いをします。
この時の股関節のずれが「腰を切る」と言う表現です。
腰を切るのではなく肩を90度回そうとすると自然と切れるのです。

と言うわけで、回りくどくなりましたが

順番は下を一切動かさず、まず肩を回していく
肩だけでは限界に来たとき腰がそれについて回っていく
のです。
これが原理原則、道理と言うのもです。

この腰と肩のずれは人間普通45度くらいです。
ですので見た目は肩90度、腰が45度回っているように見えるわけです。
腰を動かさず、90度ねじれる人がいれば
腰なんか動かす必要はありません。

したがって、「回す」のであれば肩からがおおかたの正解です。

しかし、冒頭に書いたとおり人それぞれですから
先に腰を切って45度を作っておいてそこから90度肩を回しても
かまいません。そのほうが打ちやすければ。

しかし腰は回すのではなく(骨格上回りません)
股関節をずれしているだけですから
勘違いしないでください。

タダ、ちょっといわせてもらうと、
打ちやすいとはいっても、
変則的であることは間違いありません。

クラブで言うなら、
まず、真上に上げといてそこから右に回していくのと同じですね。
同じ形になるのですが先に最後のことをやってしまおう
と言うことですから。

美しく、流れるようなスイングは
必ずといっていいほど、土台から遠いところから始動し、戻りは
土台に近いところから行ています。

岡本綾子はクラブヘッドから動きます。一番遠いところからです。
クラブヘッドが動いて肩が回りはじめ肩が限界に近づくと腰が連動して
動きトップを迎えます。
切り返しは右足を踏みこみ(蹴り)左に体重を乗せつつ腰を元に戻してくるとそれにつられて、肩、クラブの順でおりてきます。

よく左からスタート!とかいいますが、
そんなことができるはずがありません。
右に体重移動しているのですから
左側は力入らないはずです。
左足を下ろすことはできますが左に体重を乗せていくには
右足を踏まなければなりません。
左を踏み込むにはまず右足を使って左に体重を寄せるわけです。
無意識にやってますから「左スタート!」と言う表現になってしまいます。
実は右足で左に寄せてます。

さて、ゴルフが難しいのはここからです。

骨格と筋肉の使い方は道理として
「上からまわし、下から戻す」のですが
そのきっかけはまた別の話です。

必ずしもきっかけと回し始めるところは違います。

私の友人にトーナメントで名前は出たことありませんが
ツアープロがいます。
こいつはスタートのとき、右腰の出っ張ったところを
ピクっと右後ろに引きます。少し回しているようにも見えます。
これは見た目には腰から回しているように見えますが
実は単なるスイングの始動のきっかけであって、本人は
上から順番に回しています。

まさしく遼くんもきっかけであって、腰を回すことなど一切考えていないはずです。
あー言う人たちは、スイングが体にしみこんでますから
きっかけを与えるだけでスムースに上から順番に回っていきます。

超スローで見ると、右腰がわずかに動きますがほんとのスタートは
クラブヘッドです。
岡本綾子はクラブヘッドが大きく先行するだけの話で
タイガーであろうが、その辺のツアープロであろうが
100人が100人ともわずかに早くクラブヘッドからスタートします。

そりゃそうですよね、先に方を回したのでは
シャフトが反対側に傾きます。
ヘッドを引きずってくるようなあげ方をする人は一人もいません。
必ずヘッドの方が先に行きます。

正面からタイガーウッズを見ると
構えたときは左腕とクラブがグリップのところでわずかに
折れ「く」の字に見えます。スタート直後には左腕とシャフトがまっすぐになってます。
ヘッドがひざの高さに来たときはもう逆「く」の字に見えます。

ヘッドからスタートしてるからです。
つまり、構えたときに手の甲がわずかに外に曲がっているのを
スタートと同時に腕と手の甲がまっすぐになるということです。

ですので厳密に言えばスタートは「手首」と言うことになります。
手首をまっすぐにすることからはじめれば
同時に動くのはクラブヘッドと言うことになります。


といろいろ書きましたが、
ゴルフの上達は理屈ではありません。

なにが一番ゴルフを上達させるかって
「プライオリティー(優先順位)」です。

生活の中におけるゴルフのプライオリティーを上げれば
ゴルフは間違いなくうまくなります。

酒飲む時間あったら素振り、
家でごろごろしてる時間あったらパターの練習。
テレビ見ながらでもグリップの確認。

シングル(3以下)になろうと思ったら仕事よりゴルフ!
カーちゃんを質屋に出すくらいになれば
間違いなくプロになれます。

ゴルフだけは情熱と根気です。
プライオリティーが上がれば必然的に練習時間も多くなりますから
確実にうまくなります。

逆を言えば、どんなに頭の中であーでもないコーでもない
理屈をこねたところでそれだけでは絶対にうまくなりません。

考えてうまくなれるんだったら、前の晩寝ずに考えたプロが優勝します。
考えたってスコアが良くなるわけではありません。
打って打って打ちまくるのです。
その中から自分のスイングをつかむんです。
ある程度まではレッスンやプロの指導も必要でしょうが
80を切り始めたらもう技術的なことは自分で探すのです。

プロの助言は精神的なことや、戦略的なことくらいです。
昔、そろそろ引退か?と言うようなプロに技術的なことを
聞いたことがあります。
この人はマスターズまで出た事のある人です。
一緒にラウンドした時、この人が下り斜面のグリーンに向かって
左傾斜のところから打ってピピッと止めてびっくりしたことがありました。
どうやって打ったの?と聞いたら、
「どうやって?かぁ~・・・そーだなー5万発打ってから打ったら
止まったんだよ」といってました。

つまりは、教えたってお前にデキっこねーだろ!
つべこべ言う前に練習しろ!と言うことだったんですね。

練習練習また練習!
頑張ってください。

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得...続きを読む

Qなぜコースに出ると打てなくなるのでしょうか?

5ヶ月ゴルフをして打ち放題ではドライバーもアイアンもパターもビシッと狙ったところに打てるようになりました。
しかしコースへ出るとアイアンは飛ばないし、距離感がわからないし、シャンクするし、トップかダフるしもう恥ずかしいです。パターは3パットばかりでした。
それどころかドライバーはティーアップするので打ち放題と同じ条件のはずですが、自分の狙った方向に飛ばないし、スライス病が出るし、もう頭真っ白です。。。
わかったことは、コースは完全にフラットな場所はないということです。それが練習と違うので対応できなかったのだと思います。みんなに見られてガチガチで力が入っていたのもあります。
それにしても何でコースに出ると打てなくなるのかまだ理解できていません。
スコアが80の人と一緒でしたが、なんであんなにきっちりと打てるのか謎でした。
コースで練習どおりに打てている方は秘訣を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

さすが他の回答者の皆様は
質問に回答するだけあって
的を得た正解がほとんどのような気がします。

確かに練習場と本番は違いますよ。
細々は書きませんが
他の回答者様たちの言う内容の通りだと思います。

あと、5か月のゴルファー様とのことで
他の方の回答でナルホドな、と読ませていただいたものが、

私もおそらくそうだったのでしょうが
5か月くらいですと、いくら練習場でうまくいっても
「過信しないこと」、これ大事だと思います。

端的な言い方になって申し訳ございませんが
ゴルフは「練習場で打てる人」が上手いのではないのです。
コースに出て「あがってナンボ」の方が上手いのであって
私も自戒の念を込めてですが
そこらへんはお互い誤解しないようにしましょう。

あとは「慣れ」でしょうね。

関係ないかもしれませんが
私もコンペだなんだですとスコアが愕然と落ちますが
プライベートで回ると一気にスコアが豹変して良くなります。
心理的な部分もあるのでしょうね。

「練習場」と「コース」の違いも似たようなものだと思いますが。

お互い頑張りましょう!!!

Qフィニッシュ時 左足で立ててない。

どの様なイメージで左足に乗って行けばいいのでしょうか?
左足だけで立てるほど乗れていないのです。

今のスイングのイメージは
始動からスウェーせずスムーズにトップまで行き、
シャフトがしなったかなぁ?と思った瞬間に、
右ひじと右腰を合わせたまま回って行きます。
ビハインドザボールを意識して、その場で回ろうとしています。
左腰が左膝を追い越さないようにしています。
クラブヘッドが球を弾いた直後、右手の平をターゲット方向へ向ける様に
左肩へクラブを担いで行き、振られていくクラブと両腕とに引かれるように
左足に乗って行きます。

でもあまり乗れてない。
出球は軽いスライス。疲れて来ると左に真っ直ぐ出ます。
レッスンプロは「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」と言いますが、
大スウェーさせないと歩き出せませんし、
ビハインドザボールでいられないと思ってしまいます。

私のどこをどうすれば良いのでしょうか?
レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」を
別の言葉にすればいいのでしょうか?
このあたり良く分からないのです。
ご回答宜しくお願い致します。

ゴルフ暦2年半 その間レッスンプロに週一回ずっと教わっています。
ハンディ23 中年ゴルファー
軽量非力です。ドライバーで200ヤード 9Iで100ydの飛距離です。

どの様なイメージで左足に乗って行けばいいのでしょうか?
左足だけで立てるほど乗れていないのです。

今のスイングのイメージは
始動からスウェーせずスムーズにトップまで行き、
シャフトがしなったかなぁ?と思った瞬間に、
右ひじと右腰を合わせたまま回って行きます。
ビハインドザボールを意識して、その場で回ろうとしています。
左腰が左膝を追い越さないようにしています。
クラブヘッドが球を弾いた直後、右手の平をターゲット方向へ向ける様に
左肩へクラブを担いで行き、振られていくクラブと両腕と...続きを読む

Aベストアンサー

”ビハインドザボールを意識して、その場で回ろうとしています”
このイメージを変えると、改善されると思われます。
トップでは重心は右足寄りに移動しています。そこから”ビハインドザボール”ということは、頭を動かさないで、”その場で”ということは重心移動をせずに、ダウンスイングに入っていくわけですから、それ以降の体重移動は疎外され、フィニッシュで、体重が左足に乗りきらないのは道理です。
切り返しは頭は動かしませんが、体はダウンの方向に動かし始めるのが基本ですので、その辺の身体の動かし方とそのイメージをコーチと相談されるのは、いかがでしょうか?

Qヘッドが手元を追い越す感覚?

アイアンやユーティリティはさほど曲がらないのですが、
ドライバーが高確率でプッシュぎみにスライスします。。。

細かい原因は色々とあるかと思いますが、
大きな原因はハンドファーストになり過ぎて
インパクトで手が左脚の左に出てしまって、
フェースが開いたままインパクトしていることかと。

これだとフェースも開いたままですが、
ヘッドも走らず飛距離も出ません。

頭では分かっていて直そうとしているのですが、
体の開きを抑えて、リストを縦に使おうと意識したりリリースを早めにしようと意識すると、ヒッカケてしまったり
右足前インパクトをイメージすると、ダフりぎみになってしまったり…

ダウンスイングでヘッドが手を追い越す感覚が
どうも上手くつかめません。。。。。

何かオススメの練習方法があれば教えて下さい!
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「ヘッドを走らせる」と思うとヘッドは走りません。
 禅問答のような感じがしますが、別にそうではありません。ヘッドを走らせるために使う体の動きというのは、手首などを意識すると出来なくなってしまうのです。

 解決方法としては「超クローズスタンスで練習」と「ダウンスイング時に左肩を前に出す意識」、右手をもっと前へ」が有効だと思います。
 「超クローズスタンスで練習」は構えた状態から左足は足半分だけ前に、右足は足半分だけ後に移動します。左右で足1個分の差ができますがそれで打つ練習をしてみてください。大抵はこれだけで左側の壁が分かります。分かるようになったら、普通の状態でもその意識を残すとしっかりしたボールが打てるようになります。
 「ダウンスイング時に左肩を前に出す意識」も左の壁の意識の形成になります。普通ボールを打つ時は体の回転を意識するあまり、左肩を後(回転を促進するような動き)を意識します。しかし、多くの場合肩の開きのせいでフェースが閉じ切る前にインパクトを迎えてしまいます。インパクトを遅らせれば綺麗なボールが打てるようになります。

 「右手をもっと前へ」は通常クラブを握っている時右手と左手は接しています。その状態から右手だけをヘッドに近いほうにして両手の間に間隔を作ります。出来れば間隔は握りこぶし1つ分、違和感が多ければ半分位開けてください。そしてスイングすると「右手が大きく動く感覚」と「左手の詰まる間隔」が得られると思います。手首をこねることなくフェースターンができます。自動車のハンドルと同じで肩やひじの動きでも回転はできます(ハンドルを回すときに手首をこねる人はいませんよね?)

 また意識的な部分が問題の人が多いので書きますが、ボールを打てから3秒間はボールがあった位置を見る練習をしてください。多くの方は体全体、肩に原因がありますが、それと同じくらい「頭の残し」が原因な人も多いです。自分の打ったボールの行方が気になって早めに頭を飛球方向に向けてしまうのが原因で「練習場はいいけど本番は…」の場合はほとんどがこれが原因です。練習場では大して追わないボールの行方を本番では一生懸命追うのでスライスいやすくなります(もちろん練習場でもその癖があればスライスします)。

 上に挙げたドリルつ3と、頭残しの意識をまずは一つづつお試しになって、それでも上手くいかないときは組み合わせて使ってみてください。

「ヘッドを走らせる」と思うとヘッドは走りません。
 禅問答のような感じがしますが、別にそうではありません。ヘッドを走らせるために使う体の動きというのは、手首などを意識すると出来なくなってしまうのです。

 解決方法としては「超クローズスタンスで練習」と「ダウンスイング時に左肩を前に出す意識」、右手をもっと前へ」が有効だと思います。
 「超クローズスタンスで練習」は構えた状態から左足は足半分だけ前に、右足は足半分だけ後に移動します。左右で足1個分の差ができますがそれで打つ練習をし...続きを読む


人気Q&Aランキング