【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私の趣味のひとつに磯での生物採集、飼育があります。

2cm程のカゴカキダイや、カエルウオや、オヤビッチャなど採集した魚を、自宅の水槽で飼育しています。

先日採集に行った時に3cm程のキタマクラを捕まえ持ち帰り水槽に入れました。

最初は他の魚のスピードに圧倒され餌も捕れなかったキタマクラですが、日が経つにつれて餌を取る知恵と技術を身につけたようで元気に育っていました。


しかしながら、ある日突然キタマクラが水槽の底の方で動けなくなっていました。呼吸はしています。

よく見ると胸鰭がなくなっていました。

さらに翌日ついにはキタマクラの姿が見えなくなっていました。

それに加え謎の肉塊が水槽を漂い、他の魚がそれをつついていました。

ここで質問なのですが、毒をもつキタマクラが捕食されることってあるのですか?

ちなみに水槽に入っている魚は

カゴカキダイ
カエルウオ
オヤビッチャ
メジナみたいなやつ(スカエース?)
小さいカニ、ヤドカリ、エビ

です。
水槽のどこを探しても見あたらず捕食されたとしか考えられません。
どなたか知恵を貸して頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

フグは本来、無毒の生物です。


主に好物の貝類(ナマコ、ウミウシ含む)を捕食することにより、貝毒(マリントキシン)を体内で猛毒のテトラドトキシンに替え、体内に溜め込む生物です。

貝毒は、海水中に生息する渦鞭毛藻などの有毒プランクトンを捕食した貝やナマコ、ウミウシが体内に自然に毒を蓄えたもの。
牡蠣などは貝毒を有しますが、人間は大量に食べない限り、危険性はありません。

キタマクラは、貝毒から作ったテトラドトキシンを皮膚、肝臓、腸に溜め込むフグです。
肉と卵巣には毒がないため有識者が捌けばおいしく食べられますが、皮膚の毒が特に強く、多くの都道府県で食べることは禁止されています。

キタマクラを捕食した混泳魚たちに異変がないようならば、採取した個体は3cm程とまだ小型なため、強い毒を有していなかった(弱毒または、ほとんど無毒)ものだと思われます。

余談ながら、、、
キタマクラの名前の由来は「食べると北枕で寝かされる」からだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では私が採集したキタマクラはまだ毒をそこまで蓄積していない段階だったのですね…

ちなみにキタマクラと思われる肉塊をつついていたカゴカキダイが2匹ほど☆になっていました(^_^;

勉強になりました!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/01 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアオリイカ(新子)を水槽で飼うには?

先日アオリイカの子供(新子)をエギで釣り、自宅の水槽で飼おうと
持って帰って来たのですが、最初は墨を吐く事も無く、大丈夫そうだったのですが、
残念ながら最終的には墨を吐いて水が真っ黒になって死んでしまいました。
海水も全て新しくし、ろ過装置も掃除し、水温を調整するクーラーまで用意して
水槽内に入れる時は水温差で弱らない様に注意して入れたりと、細心の注意をはらいながら、
万全の体制で臨んだのですが、ダメでした・・・。
ちなみに水槽は80Lサイズで他には何も生き物を入れていないので、大きさ的には問題ないと思います。
実は何とかして青物の飲ませ釣りに使ってやろうと水槽で数日だけで良いので飼いたいと思っています。
これまでアオリイカを飼った経験の有る方、何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

飼った事はありませんが
イカ類は水中にアンモニアを放出していて
水槽で飼うとそれが原因で死ぬそうです。
神経細胞の研究で飼っている所も何種類かのアンモニア除去装置を使っても
うまくいかず
アンモニアを分解できるバクテリアを水槽の砂で培養して成功したそうです。

料理屋などでは水槽に大量の海水を供給して生かしているようですが
数日の為に何トンもの海水を用意するのは難しいでしょう。

このHPでは
きれいな海水と適度な水流と書いています。
アオリは餌をちゃんとやれば多少水が汚くても死なないとも書かれていますが
餌を切らすとすぐに死ぬと。
http://q.goods.officelive.com/contactus.aspx

アオリイカ1ヶ月飼育
透明な水槽も体当たりして駄目みたいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=NjaHAF0uykc

これも激突防止と餌付けが重要って
http://plaza.rakuten.co.jp/aoriken/diary/200501200000/

とここまで見ると
暗幕等で囲って
激突しないようにして新鮮な餌を与え続けることができれば
それほど高度なろ過装置がなくてもいけそうですが。
これだと水質悪化には敏感と
http://sea.natureside.org/cgi-bin/bb_diary_breeding/view9.cgi
やってる人達も結構失敗が先行しているので
簡単ではないようですね。
暗幕で囲って再チャレンジしてみてはどうでしょうか。

飼った事はありませんが
イカ類は水中にアンモニアを放出していて
水槽で飼うとそれが原因で死ぬそうです。
神経細胞の研究で飼っている所も何種類かのアンモニア除去装置を使っても
うまくいかず
アンモニアを分解できるバクテリアを水槽の砂で培養して成功したそうです。

料理屋などでは水槽に大量の海水を供給して生かしているようですが
数日の為に何トンもの海水を用意するのは難しいでしょう。

このHPでは
きれいな海水と適度な水流と書いています。
アオリは餌をちゃんとやれば多少水が汚くても死なない...続きを読む


人気Q&Aランキング