歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

今日病院でゾラデックス皮下注射を打ちました 毎月やっています 比較的痛い注射ですが動いてしまうほどではありません しかし今日はお腹の奥を突かれたような痛みが走り飛び上がってしまいました。 看護師さんの注射の角度は45度くらいはあったと思います 筋肉にあたった、もしくは刺さったのではないかと思ったのですが 看護師さんを疑う様なこと聞けなくて そのまま帰りましたが もし筋肉に注射されていたらどうなるかご存知の方、教えて下さい すごく不安です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

泌尿器科医です


ゾラデックスの本体は棒状の塊なのでそのまま筋肉に入ることはないでしょう
現在痛みや腫れなどがなければ大丈夫だと思いますよ
太い針なので当たり所が悪いとかなり痛いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます! 今日ずっと不安な気持ちで過ごしていましたが教えて頂けて良かったです。
ようやく安心できました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2011/07/01 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリュープリンとゾラデックスの違いって?

子宮内膜症でゾラデックスという注射で
生理を止めて、三ヶ月になります。

ただ、なぜか時々お腹がしくしく痛くなったり、
熱が出たりします。(先々月は生理も止まらず激腹痛で、熱も38度にもなりました。先月は止まりましたが、熱は同時期に37度5分まで上がりました。別に風邪などひいていないのですが・・・)

だいたい、この病気の人に伺うと、リュープリンという名前の薬を注射されるようですが、
私はゾラデックスというのを使用されています。

両者は何か違うのでしょうか。
私の身体にはゾラデックスは合わないのかなとか
思っていますが、どうなのでしょう?

Aベストアンサー

 私も子宮内膜症で、リュープリンの注射をしています。
リュープリンもゾラデックスも偽閉経療法で排卵と生理を止める薬です。
この薬を使って、最初の2~4週間はフレアーアップ現象といって、
女性ホルモンが大量に分泌されて、病気が悪化する可能性のある
時期があるということです。生理が止まらなかったり、激痛があったのは、
この現象があったのかもしれませんね。
私もこの時期に出血があって、なぜ生理を止める注射をしたのに・・・?
と不安になりましたが、これはよくあることだそうです。
 
 薬にも合う合わないがあると思うので、ゾラデックスが
合わないようなら、他にスプレキュアやピル、漢方など、
いろいろあるので、お医者さんに相談してみてはいかがですか?
 

 

Qリュープリン注射と副作用に苦しんでいます。良きアドバイスを!

子宮内膜症の治療で、リュープリン注射を打っていますが、三回目の注射をした直後から、それまでにない副作用に悩んでいます。
まず、手足が冷たく、身体中から、異常な発汗があります。
また日によって、朝起きると死にたいくらい落ち込んでしまう時があり、布団から出られません。
比較的気分のいい時もあり、そういう時は全然何とも無いのですが、ちょっとした事で泣きたくなり、その場にしゃがみ込んでしばらく動けなくなってしまったり…。
はっきりいって、辛いです。
どうかリュープリン注射に詳しい方、このような状態になった場合、ただの副作用として片付けるべきか、またリュープリンを打つのはやめた方がいいのか、などアドバイスいただけたら嬉しく思います。
経験者の方もいらっしゃいましたら、何でもいいので、お話伺えますか。。
どうぞよろしくお願い致します。。

Aベストアンサー

NO3です。
体調いかがですか?
>リュープリンの効果や、打ち終わった後の、身体の状態など、教えて貰えますか。。
私は子宮筋腫でのリュープリン投与だったので参考になるかどうか分かりませんが…。
私の場合一回目の投与から生理も止まってしまいました。
二回目を打ってしばらくしてから眠くて連続して3,4時間しか起きていられない時が有りました。
でもその症状も二週間程でなくなり、三回目の注射を打ったらもっと酷くなるのだろう…と思ってたのですが、その後その様な症状は出ませんでした。
先生は副作用だと言ってましたが実際なんだったのか良く分かりません。
なので楽観的に考えれば、質問者さんの症状もずっと続くかどうかは分からない。とも言えるのですが…。
ただ、眠いだけの私とは違い相当辛そうなのできちんと先生に相談した方が良いと思います。
>説明を求めると不機嫌になるタイプの先生なので
との事ですが、きちんと説明してくれないお医者さんでは今後も治療は続く中、辛いのでは?と思います。他のお医者さんを探した方が良いかも知れません。
電話で聞いた時の当直の先生の対応なども、不安な患者に対して心無い対応だな…と思いました。
すでに治療途中ですので今の病院から診療情報を貰えれば一番良いと思いますが言い辛い(もらい辛い)様でしたら口頭での説明でも大丈夫だと思います。
私も最初の病院は先生がきちんと説明してくれなかったので病院を変えました。お医者さんとの相性は大きいと思います。きちんと説明も無くなんか不安だな…不親切だな…と思いながら治療していくより、変えて正解!と思いました。

NO3です。
体調いかがですか?
>リュープリンの効果や、打ち終わった後の、身体の状態など、教えて貰えますか。。
私は子宮筋腫でのリュープリン投与だったので参考になるかどうか分かりませんが…。
私の場合一回目の投与から生理も止まってしまいました。
二回目を打ってしばらくしてから眠くて連続して3,4時間しか起きていられない時が有りました。
でもその症状も二週間程でなくなり、三回目の注射を打ったらもっと酷くなるのだろう…と思ってたのですが、その後その様な症状は出ませんでした。
先生は...続きを読む

Q子宮筋腫 リュープリン注射の副作用について

子宮筋腫 リュープリン注射のご経験のある方、効果や副作用について教えてください

子宮筋腫ができている者です。

現在、鉄剤を飲んでいても貧血であることもあり、また、筋腫を取り除きやすいように小さくするために、リュープリンという注射をすることになっています。


先生には、次の生理がはじまった頃に一回目の注射をしましよう、ただ、今まで以上に出血がひどいかもしれない、更年期の症状が出ることもあります、、、と言われました。

リュープリンを何回かうって、三カ月か四か月したら子宮鏡下手術で、粘膜下の筋腫を取り除いていただく予定です。


とろこが実は、急だったのですが、4月頭から正社員でフルタイムの仕事が決まりました。
資格をとったり、大変な思いをしながら一年以上転職活動をしてきてやっと決まった仕事なので、ぜひ体の不調を越えて、正規雇用(三カ月は試用期間)をしていただけるよう、頑張りたく思っています。

そこで困ったのが、ちょうど入社予定の4月の頭が、次回の生理の予定であり、第一回目の注射の予定なのです。

こちらでみなさんの質問をいくつか読ませていただいたりもしてわかったのは、かなり出血がひどい方もいらっしゃるようですよね。


入社早々に、もしかしたら下着やスカートも汚してしまうくらいのひどい出血になったりしたら、と思うと、気が気ではありませんし、
こじんまりした少人数の職場なので、何回もトイレに駆け込んだりすると、みなさんにばれてしまうような環境です。

リュープリン、延期したほうがいいでしょうか?


一度延期して、時間の生理がゴールデンウィークの前くらいの予定なので、そこで注射をしていただき、夏休みの頃に手術・・・、とそんなふうにできればいいなあと勝手に思っています。
もちろん、そんなにうまく運ばないことも覚悟の上ですが。。。

先生の診察は今週末で、週が明けたら出勤がはじまるので、週末の診察で相談して決めねばなりません


リュープリンの注射をしたことのある方、効果や副作用について、教えていただけますか?

ちなみに現在の私は、粘膜下に直径4センチくらいの大きめの筋腫(その他の場所にもあることがわかりましたが)ができていて、生理のたびに出血が多く、夜用のナプキンが一時間か二時間でいっぱいになってしまうくらい出血することもあり、だらだらした少量の出血を含め10日間ほど続くこともあります。
しんどいなあ、疲れやすくなってるなあと思ってきたのも、ずっと貧血だったせいのようです。


時間がないので、困っています。

どうか、よろしくお願いいたします。

子宮筋腫 リュープリン注射のご経験のある方、効果や副作用について教えてください

子宮筋腫ができている者です。

現在、鉄剤を飲んでいても貧血であることもあり、また、筋腫を取り除きやすいように小さくするために、リュープリンという注射をすることになっています。


先生には、次の生理がはじまった頃に一回目の注射をしましよう、ただ、今まで以上に出血がひどいかもしれない、更年期の症状が出ることもあります、、、と言われました。

リュープリンを何回かうって、三カ月か四か月したら子宮鏡下手術...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!46歳主婦です。約2年前、8cmの粘膜下筋腫でリュープリンを注射しました。4週間ごとの注射を計6回しました。この注射をうつと生理がとまり結果的に貧血が改善されるし筋腫も小さくなるとのことでしたが4回うっても生理は止まることなくいつもと変わらず大量でした。(夜用パンツタイプのナプキンが一晩もたずシーツにレジャーシートを敷いていました)5回目からようやく効きはじめ出血が少なくなりました。この間、副作用として更年期障害の症状がでやすいとききましたが特に体調に変化は感じられませんでした。6回の注射が終了後に腹腔鏡手術で筋腫を子宮ごと摘出しました。入院期間は4泊5日で退院後も2週間足らずでほぼ日常生活にもどれました。(私は2人の子もち主婦なのでね)
子宮鏡手術ならもっと短期間の入院でできるみたいですよね?
注射の開始時期はお医者様に事情を話し相談してみたらいかがですか?まだ経過観察できる状態なら先に延ばせるかもしれないし、早めに開始したほうが良いなら自分の体のために従ったほうが良いかと思います。自身の体験からリュープリンの効き目は人それぞれで辛い副作用がでる場合、そうでもない場合などあり、注射してみないとわからないのかもしれません。ただ気持ちのもちかたで感じ方が大きく変わるので多少体調が優れないときもリュープリンの影響だと思わず、大丈夫と気にしなければいくらか気が休まります。参考になれば嬉しいです。

こんにちは!46歳主婦です。約2年前、8cmの粘膜下筋腫でリュープリンを注射しました。4週間ごとの注射を計6回しました。この注射をうつと生理がとまり結果的に貧血が改善されるし筋腫も小さくなるとのことでしたが4回うっても生理は止まることなくいつもと変わらず大量でした。(夜用パンツタイプのナプキンが一晩もたずシーツにレジャーシートを敷いていました)5回目からようやく効きはじめ出血が少なくなりました。この間、副作用として更年期障害の症状がでやすいとききましたが特に体調に変化は感じられませ...続きを読む

Q乳がんのしこりの大きさと悪性度に関係がありますか?

54歳になる母が乳がんになりました。
初診(画像・触診・穿刺)ではステージ2だという話でした。
しこりの大きさは約2.5センチで自覚症状は乳首のへこみとしこりです。
しかし、今日主治医に詳しい話を聞いたところ、しこりの大きさは約3.8センチでその横にもう一つ1.5センチのしこりがあり、その2つがエコー画像で見る限りつながっているので、ステージ3だといわれました。
CTなどのくわしい画像検査はまだ結果がでていないのに、どうして初診とこんなに所見が変わってしまうのでしょうか?
しこりが大きいということは、深刻度も数倍になると思うのですが、大きさと悪性度の関係について教えてください。
あとリンパ節への転移ですが、最初は感じられないと言われたのに、今日は少し脇のリンパに触れるので転移の可能性が大きいといわれました。転移していたら、全身に遠隔転移している可能性が大だと思うのですが・・・
もうどうしてよいのかわからないです。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するというのは、乳腺に腫瘍ができやすいのかもしれませんが、乳腺の腫瘍ができやすいからといって、別の部位に癌ができやすい、あるいは転移を起こしやすいということはありません。乳癌とほかの癌は、とりあえず別のものと考えていいでしょう。もう一方の側で再発しても、やはり手術によって完治します。実際、乳癌を多く手術している病院では、両側乳房摘出などはめずらしいことではなく、経過も良好な人が多いです。また、腋の下のリンパ節に転移しているからといって、全身に転移しているかはわかりません。一般に、腋の下にはリンパ節が20個近くあります。そのリンパ節を一つ一つ輪切りにして顕微鏡で見て、転移しているリンパ節の数で全身転移を予想します。一概にはいえませんが、転移しているリンパ節10個以下の転移なら、全身転移の可能性は少ないと思います。もちろん、ゼロとは言い切れませんが。全身への転移というのは、もしあったとしてもわからないことが多く、あとになってからわかる、というのが現状です。もし将来全身への遠隔転移があった場合、もうすでに小さな癌の赤ちゃんともいうべきものが転移巣では存在しています。(現在の医学では、それを見つけることはできません)その将来を予想するものとして腋の下のリンパ節を切り取って調べるのです。

乳癌の場合、生命に危険が及ぶ場合はどういう時かといいますと、stage4、つまり全身に転移している場合です。この場合どうするかというと、まず癌細胞に女性ホルモンレセプターというものがあるかどうかを調べます。女性ホルモンレセプターというものが存在すれば、ホルモン療法という効果が高く副作用の少ない治療法が選択できます。また、そのほかに、タキソテール、CEFなどという薬を使った治療法があり、これも副作用があるものの治療成績はよいです。

というように、乳癌は、簡単にいって8割もの人が治っている病気です。手術ができれば多くの人が助かっています。確かに、乳房全摘は女性にとってデリケートで深刻な問題です。私のように文章が拙いものでは「乳房を切れ切れ」と書いていて、少し無神経ではないかとお感じになるかと思うのですが、いいたいことは
・悪性度は生命予後に直結しないということ
・乳腺に腫瘍ができやすいだけであって、ほかの部位にできやすいとは限らないということ
・従って乳腺さえとってしまえば再発は起こらないということ
・反対側に腫瘍ができる可能性はあっても手術の回数は増えますが同じように治すことができるということ
・手術ができるということは予後のよい部類であること
(手術によって治すことができる!)
・手術ができなくても、全身に転移していても、打つ手はまだあるということ
・実際に手術をしてリンパ節をとるまでは全身への遠隔転移について確実なことは言い切れないこと

以上です。悪性度と転移について、わかっていただけたでしょうか?不安を和らげる内容とは言い難いかもしれませんが、知識、理性が支えになってくれることをお祈りいたします。

乳癌は、確かに悪性でないことに越したことはありませんが、悪性度が高いこと自体は問題がありません。悪性度というのは、いわば癌細胞の顔つき、個性のようなもので、乳癌に関しては悪性度の高さが生命予後の悪さにつながるというわけではありません。全身転移がないという前提であれば、手術で腫瘍と腋の下のリンパ節をとってしまえば完治します。2カ所に発生したとのことですが、それもとってしまえば問題はないはずです。乳房全摘をした場合には、摘出した側の再発はありません。確かに2カ所発生するという...続きを読む

Q乳がん治療のタモキシフェン服用中止について

54歳の母が去年乳がんを患い、無事治療は終了したのですが乳がん細胞を増殖しやすいエストロゲンを受容する鍵穴が多い体質であることが分かり、現在母はタモキシフェンを服用しております。

しかし副作用によるホットフラッシュや喉の痛み、血が逆流するような状態に毎日悩まされ、抵抗力がないため風邪を引くと肺炎を引き起こすまで悪化するというあまりに辛い状況が続くので今後数年間服用する不安に本人も精神的に参ってきているようです。

私自身もこのタモキシフェンが乳がん再発防止に効果的であることは理解できているのですが、その分子宮ガンになるリスクが高まることが心配です。

母としては服用を中止し、健康食品でカバーしたいとのことですが、そのことによって楽になる分乳がん再発への不安があり、このまま子宮ガンのリスクには目をつぶり、服用を続けたほうがよいのか家族で非常に悩んでいます。

どちらの方がよいかアドバイスをいただけませんでしょうか?

そしてこのタモキシフェンに癌が他部位(骨や肺など)に転移するのを防ぐ効能はあるのでしょうか?

宜しければそちらもあわせてご解答頂けたらと思います。
何卒宜しくお願いします。

54歳の母が去年乳がんを患い、無事治療は終了したのですが乳がん細胞を増殖しやすいエストロゲンを受容する鍵穴が多い体質であることが分かり、現在母はタモキシフェンを服用しております。

しかし副作用によるホットフラッシュや喉の痛み、血が逆流するような状態に毎日悩まされ、抵抗力がないため風邪を引くと肺炎を引き起こすまで悪化するというあまりに辛い状況が続くので今後数年間服用する不安に本人も精神的に参ってきているようです。

私自身もこのタモキシフェンが乳がん再発防止に効果的であるこ...続きを読む

Aベストアンサー

米国で栄養士をしています。タモキシフェンの使用は米国でも賛否両論です。確かに乳がん自体の再発(特に右乳房から左乳房、その逆といった再発)は防ぐ率が高い(保証はどこにもない)のは確かのようですが、反対に子宮がん、卵巣癌の発病を誘発するという統計もあります。

タモキシフェン使用の是非は個人の選択ですから、もう少し薬自体の探索をなさるといいかと思います。

健康食品は薬ではありませんが、医学に携わる研究者が栄養学と医学を統合して治療に利用するための研究は米国でも、日本でも盛んに行われています。2001年にJournal of Oncology 誌に掲載された研究ではQuercetin というフラボノイドの一種が乳がんのガン細胞成長を抑制するのにかなり有効(タモキシフェンより)であるという結果が出ています。Quercetin (クエセティン)は癌治療に利用する場合、米国では一日に1500 - 4500 mg という多量摂取が通常は勧められます。

薬やサプリメントの他に、食事(単糖類、精製食品、腐敗した油の食物らを避け、新鮮な魚、緑黄色野菜ー特に青葉野菜を多く摂取、便秘を無くす努力は必要ですが、下剤使用は避けてください、腸を荒らすだけでなく、すべての栄養吸収を妨害します)に気をくばり、有酸素運動をすること。運動が無理な場合でも、吸って,吐いてをそれぞれ6秒ずつかけて行う深呼吸、歩行から始めて、運動へ結びつけること。「美白」などと言わずに、適度な日光浴をする(日光浴は逆に抗がん作用があるという逆説が最近、認められました)こと。

最後に医師との連携した治療は大切です。ただし、自分の体は自分で守る、と心から信じることが重要な鍵を握っています。来年の今頃は「あんなこともあったわね、でもよい経験だった」と笑っているんだ、と強くイメージすることなども非常に大切です。冗談みたいなことを言っている、とおっしゃるかもしれませんが、これは大切です。

お母さん思いのあなたのようなお子さんがいるのですから、必ず大丈夫だ、よい方向に向かえるのではないでしょうか。頑張ってください。

参考URL:http://www.naturalrearing.com/J_In_Learning/NutritionSupplements/QUERCETIN.html

米国で栄養士をしています。タモキシフェンの使用は米国でも賛否両論です。確かに乳がん自体の再発(特に右乳房から左乳房、その逆といった再発)は防ぐ率が高い(保証はどこにもない)のは確かのようですが、反対に子宮がん、卵巣癌の発病を誘発するという統計もあります。

タモキシフェン使用の是非は個人の選択ですから、もう少し薬自体の探索をなさるといいかと思います。

健康食品は薬ではありませんが、医学に携わる研究者が栄養学と医学を統合して治療に利用するための研究は米国でも、日本でも盛ん...続きを読む

Q乳癌の手術後、抗がん剤は必ずやるのですか?

母が乳癌で明日手術です。
一応、1センチのものが1個と言われてます

早期の部類に入るそうです。
明日の結果がでないと何ともわかりませんが、浸潤、非浸潤などありますよね。

結果がスゴイ軽いものであった場合でも抗がん剤は投与するんでしょうか?
つまり、手術をした人は100%抗がん剤を投与するのでしょうか?

その場合は髪も抜けるんですよね・・・
それが辛いのですが、でもそれをやれば軽いものであった場合、「完全に」治るのですよね??

質問が3,4つありますが、答えていただけると助かります

よろしくお願いします

Aベストアンサー

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく初期の場合、女性ホルモンをエサにして増えていくと言われています。取ったがんに、ホルモンレセプターがあるかどうかが、再発リスクがあるかどうかの判断に使われます。レセプターがない、ということは、エサがなくても増えていくがんである、ということで、リスクの高い部類に入ります。
また、周りの組織への浸潤度(脂肪や血管、リンパ管への浸潤)も高いかどうか、もちろん、リンパ節への転移なども調べます。さらに年齢、家族のがん罹患歴なども見ながら、総合的にその方のリスクの高さを考え、どのように今後治療していくかを決めていきます。
乳がんは、ごく小さいしこりであっても、周りの組織に浸潤している時点で「全身病」になります。非浸潤であれば身体の他の部分には細胞は飛んでいませんが、浸潤しているということは、がんの微少な細胞が全身に行っている可能性があると言うことなのです。ですので、他のリスクも考えながら、全身療法といわれる薬物療法を行うことが一般的です。ホルモンの感受性がある場合はホルモン療法を、ない場合は抗がん剤を、感受性があってもリスクが高い場合はその両方を、というように、その人その人で行う治療が違ってきます。
抗がん剤をとても怖がるお気持ちは分かりますが、がん患者にとって一番こわいのは「がんが再発する」ことです。それを防止するための治療なのだと信じて、みなさん投与されているのではないでしょうか。
脱毛は一時的なことです(私も経験者です)。ドラマでよく出てくるようなシーンは大げさと感じます。抗がん剤はそれほどこわいものではないと、私自身は思っています。
ただ、どのように今後治療をしていくのか、ひいてはどのように生きていきたいのかは、お母様自身がお決めになることです。抗がん剤の奏功率とQOLの低下を天秤にかけて、やはり抗がん剤はしない、と決める方もいらっしゃいます。ご自身が納得して治療ができるよう、資料を集めたり、いろいろな方にセカンドを聞いたりして、サポートしてさし上げてほしいと思います。
私自身が利用させてもらったサイトのURLを貼っておきますので、参考になさって下さい。

参考URL:http://www.v-next.jp/

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく...続きを読む


人気Q&Aランキング