人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

国際学会でランチョンセミナーを行う際、不特定多数(数量は300程度を予定しています)に
記念品(扇子)を配布する予定です。
事前にEMSで会場へ送りたいのですが、その際送り状にそのまま「Japanese Sensu」と
書いたら個人輸出に間違われ留め置かれないものかと心配ですので、
”学会で配布する記念品(扇子)”と送り状に記載したいと考えています。

この場合は"giveaways" "small gifts""souvenirs"どれが適当でしょうか。
あるいはより適当な英語がありますでしょうか?

A 回答 (2件)

どれでもOKだと思います。

むしろその用途(学会で配付すること)をきちんと明記しておくことが大事だと思います。

[例]
Giveaways to be distributed to the participants of XXXX International Conference.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速教えて頂き有難うございました。
確実に受け取れるようにしたいと思ったもので、こちらで質問させて頂きました。

用途の明記についてもアドバイス頂き助かりました。

お礼日時:2011/07/01 14:37

「記念品」としては"a memento"や"a momento"を使うことが多いようです。

複数形は"-s""-es"の両方の形が」あります。日本人はすぐ"memorial"を形容詞として使うことがあるようですが、これは(英)米人にとっては「死んだ人の記念的なもの」を連想するらしく使わない方がよいと以前ネイティブからアドバイスを受けたことがあります。

辞書でお確かめになってお使いください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅先で買ってきたお菓子はsouvenirでしょうか

こんばんは。ふたつの言語の単語同士が一対一で対応していることは稀だと思いますが、我々はともすると辞書で引いた結果から一対一で対応しているかのように考えがちです。souvenirという言葉を辞書で引いて考えたのですが、我々が普通に信じているように、おみやげ=souvenir という対応は正しいでしょうか。

辞書でsouvenirを引くと、

http://dictionary.reference.com/browse/souvenir

●通常小さくて比較的安価なもので、訪問先やできごとを思い出すものとして人にあげたり、手元に置いたり、購入するもの
●記憶のしるし

というような語義が出ていて、どちらかというと、記念品といった意味のように考えられます。この意味からは、自分で持っていてもsouvenirのように思えますが、食べてしまうものは外れるように思われます。つまり、

(a)観光地で買って自分で持っているキーホルダー
(b)観光地で買って帰ってから誰かにあげるキーホルダー
(c)観光地で買ってきて自分で食べるお菓子
(d)観光地で買ってきて誰かにあげるお菓子

のうち、(a)(b)はsouvenirでも、(c)(d)は違うだろうという気がします。

旅先で買ってきて職場の人に渡す「白い恋人」「赤福」「辛子明太子」をsouvenirと言ってよいでしょうか?いけないとすれば何か別の単語や表現があるでしょうか?

こんばんは。ふたつの言語の単語同士が一対一で対応していることは稀だと思いますが、我々はともすると辞書で引いた結果から一対一で対応しているかのように考えがちです。souvenirという言葉を辞書で引いて考えたのですが、我々が普通に信じているように、おみやげ=souvenir という対応は正しいでしょうか。

辞書でsouvenirを引くと、

http://dictionary.reference.com/browse/souvenir

●通常小さくて比較的安価なもので、訪問先やできごとを思い出すものとして人にあげたり、手元に置いたり、購入す...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この単語は、旅行や出来事などの記念品、あるいは(自分のための)お土産と言うことになり、日本のように旅行などで人にあげるためにわざわざ買うと言う習慣がないので、人のために買ったお土産はこの単語には含まれていないのです。

そして、辞書にはgivenと言う表現がされいかにも人のために買ったもの、と言う風に辞書の説明を解釈してしまいそうですが、これは、記念品としてあげる、と言う意味でのgivenであり、日本語のお土産を上げると言う意味ではない事を知っておいてください。イベントの主催者側があげる、と言う事です。

お土産を上げると言う習慣がないのですから、お土産と言う意味では使わない、と言うことになるのです。 あげるのであればpresentとなり、あげるときは、It's for you.となるわけです。 This is a souvenir for youと言う表現はしないわけです。 (ただ日本痛の人でこのお土産と言う表現を知っており、日本ではsouvenirと言う訳が使われていると知っていれば使う可能性はありますね。 あくまでも「お土産をあげるという風習からの英語表現」となります)

何かを思い出させるもの、そしてそれが旅行とかイベントなどに対してのものと言う解釈で使われるわけですね。

よって、中国に行ったときに中国とはまったく関係のない人のもあげるお土産はSouvenirにはならなくただのプレゼントになるわけです。

ですから、食べるものでも、自分のために、そしてそれによって旅行などを思い出させるものであればSouvenirといえないことはないとネイティブは理解するでしょうね。 しかし、母国では入手できな現地の食べ物で「帰ってからも食べられるように買ったもの」は果たしてSouvenirと言えるかと言うと疑問です。

しかし私のように中国のある一つ銘柄のお茶にいい思いでがあるので、少なくなってきたら、それを買ってきて飲みながらそれを思い出す、と言うのであればSouvenirなんだと人に言ってもちゃんと理解してくれるでしょうね。 お土産と言う日本語のフィーリングとは違うものです。

せっかく語源の事が書かれていますので補足しますね。 これは、もっとよく知っている人がこのカテにはいますが、フランス語からとラテン語から来ていると言うのが常識とされています。 語源に居身があるのでしたら、ラテン語と言う部分も知識として覚えておいてください。 もしかしたらフランス語の方はラテン語から借りたのかもしれませんね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この単語は、旅行や出来事などの記念品、あるいは(自分のための)お土産と言うことになり、日本のように旅行などで人にあげるためにわざわざ買うと言う習慣がないので、人のために買ったお土産はこの単語には含まれていないのです。

そして、辞書にはgivenと言う表現がされいかにも人のために買ったもの、と言う風に辞書の説明を解釈してしまいそうですが、これは、記念品としてあげる、と言う意味でのgivenであり、日本語のお土産を上...続きを読む


人気Q&Aランキング