ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

下記のサイトで英語の発音について学んでいたのですが、これによると、英単語は基本1文字ずつ発音するそうなのです。英語の発音はそのようなものなのですか?

URL:http://dad.cside.com/kyosokhon_V3/ky0sokuhon.htm …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音声学的には,1音節の中で子音から母音へ,母音から子音へと移行していく過程があり,つまり1文字ずつ別々に発音されるのでありません。



よく日本人が英語の発音を指導するときに,たとえば dad の最初の d には母音がついているけれど2つめの d は子音だけで発音する,という言い方をしますがこれは間違いです。2つめの d は子音だけではなく母音がくっついているのです。ただし前に。

音響的に見ると d から a への移行における変化を時間軸で逆にしたのとほぼ同じ変化が a から d への移行で現れます。つまり dad は1つの,これ以上分けられない音節であり,これを da + d と分けてしまうのは,子音+母音でひとまとまりという日本語的な発音の発想から脱却できていないのです。

ただ,一般に英語の子音は日本語より強く発音されるので,子音と母音を別々であるかのように意識して発音させることはそれを狙っているのかもしれません。しかしやはり音節単位で発音すべきだということは重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、音節が発音の基本なのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/01 15:59

英語に限らず,日本語でも,細かくは音素というものに分かれていて,


「カ」という音は /k/ という子音と /a/ という母音に分かれています。

実際にはこの子音+母音で /ka/ という一まとまりの音と意識されます。
このような母音を中心として,子音が前後(日本語では前のみ)についた
一かたまりを「音節」と言います。

日本語ではこのかたまりを五十音として「仮名」を作ってしまっているので,
「カ」が /k//a/ と2つの音素に分かれているということを意識することはありません。

book という英語であれば /buk/ という発音記号で表され,
/u/ という母音を中心に /b/ と /k/ という2つの子音が前後についた
一音節ということになります。

/k/ という子音は「ク」すなわち /ku/ とは違って,子音 /k/ のみです。
仮名で表記する日本語に対し,アルファベットを用いる英語では -k というスペルで
子音のみということがわかります。

音節が仮名という表記になってしまっている日本語,
音節を細かく母音と子音に分けた音素がアルファベットとして感じられる英語。

日本語ではローマ字で ka と書いて初めてこの音の区別が意識されます。
日本人が英語を正しく発音できない理由の一つにこのような表記の違いがあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A


人気Q&Aランキング