【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

先日(6/27)の夕方に自転車同士の事接触事故をおこしました。
内容は私が細い路地(停止線なし信号なし)から大通りにでる際に相手(横断歩道あり信号なし)
が右側からでてきて、お互い避けきれず相手が私の自転車の後輪側面にぶつかり停止しました。
私は無傷で自転車後輪が変形だけ。相手はぶつかった時にハンドルがお腹にぶつかり軽い打撲。
右足を捻挫、合わせて全治10日間のケガでした。  


その場で警察、救急車を呼び相手は病院で診察後警察で調書。私も調書を受け、人身事故で処理しあとはお互いの話し合いで終わらせるよう警察に言われその日はおわりました。  
 
後日相手から電話があり、救急車、診察代等の支払いを私がしました。(費用の7割負担)
その後相手が労災を使うので、のちに私に労災から連絡がありますと電話がありました。 
 


ここからが質問なのですが、この労災は相手が望んでるわけでなく、会社が労災にすると言ってるそうなのです。相手は今回の事故で3日間休んだだけです。4日目以上からしか労災から給与が支給されないと思ってるので、会社側が労災にしようとしてる意図がわかりません。


長文とわかりづらい説明でもうしわけありませんが、どなたかわかる方がおりましたら、ご教授願います。ちなみに示談はすんでおりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

だめです。


大変お互い迷惑が掛かることになるでしょうが
相手との口約束で一切を行うことは既に出来ません。
http://www.asunaro-as.net/service/jiko.html

>示談の意味が私が間違ってると思います。
>あくまで示談が成立してないという意味です。
>ただ治療費にかんしてはとりあえず相手に負担をかけたくないのですぐ支払いました。
それは誠意を見せるという点で間違いではないですが
ちゃんと領収書なり貰っていますか?
払った払わないが始まることが目に見えます…
 
>過失7割というのも、相手が役所で聞いたらそんなもんだと聞いたそうで言ってきました。
>私は全額支払いを伝えたのですが、相手も落ち度があると言って受け取りませんでした。
>なので私も自転車修理代は請求する気はありません。
これも貴方が勝手に思っていることで
相手も解らないのでそんな物ですが、
労災はそうは言ってきません。=過失割合を確定させろ!ときます。

>書面等はいっさい行っておりません。相手との信用問題だけで終わらせるつもりです。
>仮に労災から請求があったとしたら、一度渡した治療費はお返しすると相手も言ってますので。 
ですから、
過失割合による「医療費負担」が必要になります。
仮に過失割合が7:3で確定でよいのであれば
それをもって書面で示談書を作成してください。
http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/jidann.html

それをもって、相手の「医療費・交通費」の残り3割は労災が補償してくれます。
だから>労災にした方が良い
となりますよね?
最終的に相手は出費0とすることが出来るわけです。

休業補償は会社が行うかどうかは微妙ですが、
相手から要求があった場合、加害者側が過失割合に応じて支払う義務があります。
労災はおっしゃるとおり保証してくれません。3日間ですから。
・・・まあ迷惑掛けたくないのであれば、
さいしょから貴方が休業補償を出せば済むことですが。

ちなみに、示談というのは
その過失割合に基づいて、お互いの被害総額をつきあわせて、
支払う金額を確定させる作業です。
労災を使用する事になりますので信用問題で済ますことは出来ません。

最初に述べたように、
事故の過失としては、8割以上貴方が悪いと思われます
http://www.k3.dion.ne.jp/~nyantoro/jiko.html#you …
それを相殺して7割負担とするのは間違いではない所だと思われますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすい回答、本当にありがとうございました!
今回あ全て私の責任と自覚してますので、あとは相手のいうことに従おうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/05 21:13

・・・わけ解りません。


>示談は済んでいない
のに、
>相手の治療費7割負担
すでに7割過失で確定しているのでしょうか?
とうぜん通勤途中の事故ですので
日数にかかわらず労災適用されるケースが多いでしょう。

http://jikoinfo.e-advice.net/faq2.html

会社側?いいえ。
会社で申請する物ではなくあくまで当事者が申告する物です。
示談が済んでいないのは
・完済していないが事故過失割合については決まっている
・過失割合も確定していない
いずれかの意味になります。
後者だと、相手も3割負担?ということで、
自分の3割分、貴方の3割分の負担を
労災によって補填するだけですので
他意はないでしょう?
2重取り?ということにはほとんどなりませんよ????

ちゃんと
>7割支払った
が、書面による過失割合決定であることを祈ります
じゃないと、後ほど書面により過失認定が増えた場合、
さらに治療費が要求されることになります。

・・・というか、事故状況を鑑みると
どう見ても貴方の過失が8割以上ですけどね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。今回の件は私もよくわからず、色々と自分なりに調べたのですがまだまだ勉強不足だったようで、訳の解らない質問をして申しわけありません。  


示談の意味が私が間違ってると思います。あくまで示談が成立してないという意味です。
ただ治療費にかんしてはとりあえず相手に負担をかけたくないのですぐ支払いました。
 
過失7割というのも、相手が役所で聞いたらそんなもんだと聞いたそうで言ってきました。
私は全額支払いを伝えたのですが、相手も落ち度があると言って受け取りませんでした。
なので私も自転車修理代は請求する気はありません。

書面等はいっさい行っておりません。相手との信用問題だけで終わらせるつもりです。
仮に労災から請求があったとしたら、一度渡した治療費はお返しすると相手も言ってますので。 


会社側から労災をというのは、多分会社側がこの件を労災にしたほうが良いと言われて、良くわからないまま労災の手続きを始めたようです。相手も労災についてまったくわからないそうです。ただ私に迷惑をかけたくないと言ってました。 


ただ3日間休んだ場合は会社側が給与支給ですよね?そこがわかりません。通勤途中の場合は違うのでしょうか?

お礼日時:2011/07/02 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車同士の事故・労災からの請求への対応などについて

始めまして、どうぞよろしくお願いします。

先日、自転車同士で川沿い一方通行 幅3~5m制限速度30K、
左側に歩道あり、信号付き横断歩道にてこちら青信号を直進約時速15Km 相手赤信号を横断、速度ゆっくり。ライトは
こちら点灯、相手方無灯火、時間帯は夜。
結果、当方は軽症。自転車から継続的な異音発生。
相手方、歯を3本折る。という事故を起こしました。
相手方の治療には通勤災害として労災(公務員なので地方公務員災害補償基金?)をお使いになると思います。そして第三者行為災害として届けますので後日当方に治療費の請求が来ると思います。私としましては相手方には十分な補償を。しかし、お見舞金以外の当方の現金の支出はできる限り抑えたいというのが正直な所です。

1.過失割合の予想をお願いしたいです。
2.万が一、過失割合が0:10などになっても相手方は十分な補償を労災から受けれるのでしょうか?
3.労災からの請求が来た時に過失割合に不服が会った場合それを受け入れる必要はないはずですが、その後はどうなるのでしょうか?当事者同士の示談は労災が禁じているので簡易裁判所などで過失割合を争うことに?
4.労災からの請求額を相殺する目的でこちら側の被害、自転車の修理や怪我の診察代などを要求するのは意味がありますか?単純に相手に請求が行くだけなら本意ではありません。

自転車での事故は初めてで戸惑っております。乱文、長文読みにくいかとは思いますが、回答の方どうぞよろしくお願いします。

始めまして、どうぞよろしくお願いします。

先日、自転車同士で川沿い一方通行 幅3~5m制限速度30K、
左側に歩道あり、信号付き横断歩道にてこちら青信号を直進約時速15Km 相手赤信号を横断、速度ゆっくり。ライトは
こちら点灯、相手方無灯火、時間帯は夜。
結果、当方は軽症。自転車から継続的な異音発生。
相手方、歯を3本折る。という事故を起こしました。
相手方の治療には通勤災害として労災(公務員なので地方公務員災害補償基金?)をお使いになると思います。そして第三者行為災害として届けま...続きを読む

Aベストアンサー

1、交通事故の判例の本などへの記載は主に車対車、バイク、自転車、歩行者です。
なぜなら最近になって自転車対自転車は増えたが以前は非常に稀だった事と自転車同士(自転車対歩行者)の事故だと賠償保険に入っていない場合がほとんどなので裁判しても費用対効果を考えると裁判所しないケースがほとんどです。積み重ねの少ない判例は細かな事情がわからない限り判例を参考にしても意味が余りありません。
どうしてもなら車対自転車の過失割合を参考にご自由に過失割合をお決めください。
真性の合意ならそれが正しい過失割合です。
2、重大な過失の可能性高いです。
警察等の事故資料、本人及び加害者への聴取を総合的に判断します。
3、故意又は重大な過失の場合労災は被災者と加害者に労災の支払った費用の範囲で求償することができると言うことです。
被災者に故意又は重大な過失があっても被災者のに是非補償したいのなら被災者の求償分をあなたが払うなりご自由に。
其の部分まで労災が口出しすべきものではありません。

Q通勤途中で自転車同士の事故にあい、労災と認定されたのですが書類が難解で

通勤途中で自転車同士の事故にあい、労災と認定されたのですが書類が難解で。
普段はバスの通勤が乗り遅れ、自転車で駅に向かっている途中に一時停止無視の飛び出し自転車と衝突して当方路面に激しく叩き付けられ救急車で運ばれました。
会社で確認してもらったところ、労災認定となり労災16-3様式を作成・提出するよう言われました。
相手の重過失傷害による事故で、既に事故届けは警察にて済ませてあります。
病院から貰った診断書も警察に提出済みです。
さて、いざ用紙を購入してきたら警察や医師でないと記入できない項目(印も)が沢山あり困惑中です。
これは警察や病院で記入してもらう必要のある用紙なのでしょうか?
会社の箇所は事業所内で記入してもらえそうですが。
初めてのケースで右往左往しております。
お教えを乞えれば助かるのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
16号の3に関する案内ページです。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040325-14.html
6ページが用紙の裏面の書き方例で、表面は5ページをご参考になさってください。
5ページは違う様式の書き方例なのですが、かなり共通だと思いますので。
病院の欄については、この用紙は会社の記入・捺印まで終わったら最終的に医療機関に出すものなので、未記入で出せば書いてもらえるかと思います。

警察の欄とおっしゃるのは、16号の3ではなく、第三者行為災害届のことでしょうか?

それはこちらです。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040324-10.html
12ページ以降が記入例となっています。

いずれにしても初めて記入する方には難解な書類で、何度か書いたことのある者にとっても、特に第三者行為災害届はわかりづらく、その都度ケースごとに労働基準監督署に確認しながら書いたりするものです。
会社の方はあまり慣れていないと思いますので、直接労働基準監督署に聞かれてもいいかと思います。
会社を管轄する労働基準監督署は、会社に聞けば教えてもらえると思います。
あるいは会社のある都道府県の労働局(例えば横浜の会社なら神奈川労働局)をネットで検索して、労災担当部署に質問してもいいかと思います。

大けがをされたとのことお大事になさってください。

こんにちは。
16号の3に関する案内ページです。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040325-14.html
6ページが用紙の裏面の書き方例で、表面は5ページをご参考になさってください。
5ページは違う様式の書き方例なのですが、かなり共通だと思いますので。
病院の欄については、この用紙は会社の記入・捺印まで終わったら最終的に医療機関に出すものなので、未記入で出せば書いてもらえるかと思います。

警察の欄とおっしゃるのは、16号の3ではなく、第三者行為災害届のことで...続きを読む

Q自転車同士接触事故

先ほど自転車同士の事故を起こしてしまいました。私が下り坂から降りてきて、40~50代の女性が曲がってきましたが、私の前方不注意で気付かず私が相手の方の自転車に突っ込んで?相手の方は倒れてしまいました。すぐに駆け寄り声をかけましたが、聞き取れず、再度すみません、怪我はありませんか、などと声をかけましたが、そのまま去って行ってしまいました。このような状況はどうしたらいいのでしょうか。私は高校生です。連絡先も交換していません。

Aベストアンサー

今回は、何もしなくていいです。

今後は、

1.自転車保険、生活賠償保険に加入しておく(保護者に加入してもらう)。月に500円程度です。高くはないでしょう。
事故を起こすと、億単位の賠償にもなりかねませんし。

2、相手が特定できる場合、自分や相手がケガをした、自転車が壊れた、といったときは、必ず警察に連絡、事故証明をもらって、保険屋に連絡。
(事故証明が無いと保険が使えないのと、相手が性質の悪いのだと恐喝されかねませんから、それの予防です)

が一番です。

Q自転車同士の事故で加害者になってしまいました…

はじめまして!
自転車事故について検索していましたところ、こちらのサイトでとても参考になる事例が沢山あり、今困っている事の打開策が無いものかと相談させて頂きます。
なにぶん初めての事でどうすればよいのか困っております。
宜しくお願い致します。

夕方、畑の横のアスファルトの5m程の私道を自転車に乗って走行中、前かごに入ったカバンの口が開いていたのが気になって直そうとカバンを引っ張ったところ、よろけて、斜め左前を走っていた、70歳代の仕事からの帰宅途中のおばあさんの自転車の右斜め後方の側面に突っ込んでしまいました。
おばあさんは、自転車ごと左側に倒れて、畑の横のコンクリートで出来た側溝に腰を強打。大腿骨の上部の部分を骨折し、手術はせずに骨がつくのを待つということで1ヶ月の入院ということになりました。
治療の方は、痛み止め位でこれといった事はしないで、リハビリをするということでした。

謝罪をしてとりあえずその場では口頭で、治療費、入院費、諸経費など、私の方がお支払いするという話になりました。

事故から一週間たって、今日、似たような自動車と自転車との事故の案件を参考に、この90%位はお願いしたいと金額を提示されました。
以下が、その参考資料です。
__________________________________________________
乗用車 対 自転車の交通事故での似た様な案件の資料

第一腰椎圧迫骨折
入院日数:28日   約10ヶ月後に示談

治療費    235,560
入院雑費    28,000(1000×28日)
装具       22,490
休業補償   1,081,600(5200×208日)事故から症状固定日まで
傷害慰謝料  557,600
後遺障害逸失利益・慰謝料 3,310,000(後遺傷害等級11級7号の場合)

合計金額  5,235,250

この90%くらいは保障して欲しい。との事でした。

5,235,250×90%=4,711,725

___________________________________________________
あくまでも参考の金額ということでしたが、示談ですので、ほぼこれに近い金額を請求されるのではないかと思います。
当方は、43歳独身で時給900円のパートタイマーです。
保険は全て調べてみましたが、賠償に対応するものは無く、全てを自力でまかなわなくてはいけない状況です。
労災を使用すると当方に健康保険を使わない100%の金額が労災の方より請求されるとききましたので、労災は使用しないでくださいとお願いしました。
多額のため、その場での返事は避けましたが、この金額は妥当なものなのでしょうか?
非は私の方にあるので、なんとも言えませんが、思っていた以上に多額の金額で、全てお支払いするのはとても無理……(泣)

お怪我された被害者の方には、出来る限りの事をして差し上げたいのですが、当方も生活していかねばなりません。
出来るだけ円満に解決したいとは思い、お見舞いにも何度か伺っているのですが…
何かよい打開策はないものでしょうか?
どなたかよいお知恵をお貸しいただけませんでしょうか?
宜しくお願い致します!!

はじめまして!
自転車事故について検索していましたところ、こちらのサイトでとても参考になる事例が沢山あり、今困っている事の打開策が無いものかと相談させて頂きます。
なにぶん初めての事でどうすればよいのか困っております。
宜しくお願い致します。

夕方、畑の横のアスファルトの5m程の私道を自転車に乗って走行中、前かごに入ったカバンの口が開いていたのが気になって直そうとカバンを引っ張ったところ、よろけて、斜め左前を走っていた、70歳代の仕事からの帰宅途中のおばあさんの自転車の右...続きを読む

Aベストアンサー

私はほぼ妥当だと考えます。
治療費についてはみなさん高額に感じるのですが、それは普段、健康保険から7割負担されており、自分で払っているのは3割のため、こういった計算では10割のため高く感じますが、逆に3割で計算しなおすと妥当ということに気づくはずです。
今回はざっと治療費が30万円ですから、3割ですと9万円です。
28日の入院治療でこの金額は安いといえるでしょう。

賠償の大きなウエイトを占める後遺障害についてはこの辺は"料金表"があるはずです。
私は後遺症の方は専門ではないので相当性については言及しませんが、少なくても提示内容を見たところ、素人が闇雲に言っている印象でも無いと感じます。
おそらく弁護士に相談しているでしょう。
と、すると不当に吹っかけているとも思えません。

今回の件は非常にナーバスな案件です。
それはあなた自身の重過失であり賠償義務は免れそうにもなく、あまり内容で反発すると「反省が無い」として相手も態度を硬化されるでしょう。
方向性としては誠意尽くしたが、実際問題収入的に難しいとして相手に理解を求めていくしか無いでしょうね。
ただ、相手が弁護士を入れていない状況でこっちから入れるとまた硬化の原因ともなります。

ひとまず、額も額ですので弁護士に金額の相当性と今後の対策を相談されることをお勧めします。
弁護士の一般法律相談は30分5250円です。
お近くの弁護士協会や、法テラスで聞いてみてください。

私はほぼ妥当だと考えます。
治療費についてはみなさん高額に感じるのですが、それは普段、健康保険から7割負担されており、自分で払っているのは3割のため、こういった計算では10割のため高く感じますが、逆に3割で計算しなおすと妥当ということに気づくはずです。
今回はざっと治療費が30万円ですから、3割ですと9万円です。
28日の入院治療でこの金額は安いといえるでしょう。

賠償の大きなウエイトを占める後遺障害についてはこの辺は"料金表"があるはずです。
私は後遺症の方は専門ではな...続きを読む

Q「自転車」同士の衝突事故は「交通事故」ではない??

友人の女性が、自転車同士の事故を起こしました。

【状況】
大通りから一本入った、住宅地内の交差点。
友人(女性)が、一時停止せずに10km/h位で交差点に進入。主道を30~40km/h程度で走ってきた相手(男性)のクロスバイクが転倒。相手が激怒して収拾がつかず、警察と救急車を呼んだ。診断は1週間の打撲、相手方は治療費と、自転車を買い替える費用を請求。
友人には怪我なし。自転車に傷なし。衝突の衝撃は感じなかったが、相手が転倒したことからして、軽く当たったのだと思う、とのこと。
相手は当日中に、自分で(事故にあった)自転車で約10km先の自転車屋へ行き、新しい自転車とパーツ類を購入。事故時の自転車は友人にあげるので、乗るなり売るなりしてくれとのこと。(友人側の「自転車屋まで車で送る」との申し出は断った。)

【警察の対応】
現場に計6名の警察官が来た。炎天下の現場で1時間半、相手と警察官に怒鳴られて、友人は相手の顔も覚えていないとのこと。
★警察官に「自転車同士の事故は、交通事故にならない。傷害事件になるので、相手が告訴を取り下げない場合は検察に行くことになる。」と言われた。

警察署に移動した後、友人は事故の状況を一切説明させてもらえなかった。何か言おうとすると、「一時停止を怠った側が100%悪い。その事実は変えられない。」「黙って大人しくしていなさい。」「相手の言う通りにしないと、検察に行くことになるよ。」と言われた。
調書はすべて警察官が書き、間違えがなければサインするように言われた。虚偽は書いていなかったが、すべて友人の過失によるという前提で書かれていた。友人曰く、「ドラマで見る状況のようで、怖くなってその後はすべて『はい』としか言えなかった。」とのこと。
警察官に、相手の言う通り示談にするか、検察に行くか選べと言われ、示談として治療費と自転車の買い替え費用を支払うことにした。

【質問】
(1) 自転車同士の事故は交通事故として扱われない、というのは本当でしょうか。
(2) 一時停止無視とはいえ、過失100%があり得るのでしょうか。
(3) 警察が加害者に、示談を強く勧めるのは通常のことでしょうか。

友人の女性が、自転車同士の事故を起こしました。

【状況】
大通りから一本入った、住宅地内の交差点。
友人(女性)が、一時停止せずに10km/h位で交差点に進入。主道を30~40km/h程度で走ってきた相手(男性)のクロスバイクが転倒。相手が激怒して収拾がつかず、警察と救急車を呼んだ。診断は1週間の打撲、相手方は治療費と、自転車を買い替える費用を請求。
友人には怪我なし。自転車に傷なし。衝突の衝撃は感じなかったが、相手が転倒したことからして、軽く当たったのだと思う、とのこと。
相手は当日中に、...続きを読む

Aベストアンサー

> 自転車同士の事故は交通事故として扱われない、というのは本当でしょうか。

間違いなく交通事故です。相手がけがをした場合に問われる罪は、刑法209条の過失致傷罪です。(状況により211条の業務上過失致傷罪が適用されることもあります)
傷害罪(刑法204条)は相手をけがさせようという意思がないと成立しません。刑法犯は原則として故意犯が対象で、過失犯は条文に「過失により」「注意を怠り」といった文言が明記されている場合だけに限られます。(刑法38条)
過失致傷罪の起訴率は5%前後です。統計では平成21年に起訴された人は139人、不起訴は2,915人です。自転車同士の事故は21年中3,910件発生していますから、送致すらされていない事故も少なくないと推測されます。検察へ送致されたからといっても95%の確率で罰金なしというのが実態です。
(だからといって、自転車の無謀運転を擁護しているわけではありません)

また、平成22年中に警察へ届け出があった交通事故は72万5千件で、自転車運転者が関係した事故は15万1千件、うち自転車同士の事故は3,796件です。届け出があれば、警察は交通事故として処理しています。
政府統計局、平成22年中の交通事故の発生状況http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001070719
(PDFの31ページに掲載)

>警察の言う通りに、治療費と自転車の「買い替え」費用を支払うことにしたが、正しいか。

正しくありません。人的損害については、自転車には自賠責保険がありませんから、民法709条に基づき過失相殺が原則です。
また、物的損害については、原状回復費用、つまり修理費用が原則で、その費用が時価額を上回る場合は、時価額を損害額とします。判例では、納車後、わずか2時間で損害を受けた新車であっても、購入価格が時価額とは認められていません。(購入すると、評価額は下がる)
さらに、警察は示談解決をすすめるアドバイスはできても、どういう形で示談するかについて具体的な指示はできません。したがって、警察が指示したとしても、拘束力はありません。

正しい賠償は、(1)事故状況から双方の過失割合を決定する、(2)双方の損害額を確定させる、(1)(2)が合意できれば、相手の損害額に対し、自分の過失割合分を賠償するということになります。

過失割合は、道路の状況、道交法や標識標示による規制、速度などを勘案して決定します。
一方に一時停止区規制があれば規制がある側80%、ない方20%が基本割合です。
一方の道路が明らかに広い道路(幅員がおおむね2倍)であれば、狭い道路側70%、広い道路側30%が基本割合です。
ほぼ同幅員であれば、相手車を左手に見る側60%、右手に見る側40%が基本です。
また、相手自転車の速度は、一般的な自転車より相当高速度ですから、過失修正要素に採用できます。

人的損害額は、治療費のほか、休業損害、慰謝料となります。それぞれの認定基準は、自賠責保険支払基準を目安に考えれば十分です。
物的損害額は、前述したとおり、修理費用か時価のいずれか低いほうとなります。修理するかどうかは、所有者の自由ですが、修理しない場合は修理相当額または時価額を損害額とすればよく、賠償義務者が新車を賠償し、古い自転車を引き取る義務はありません。

> 自転車同士の事故は交通事故として扱われない、というのは本当でしょうか。

間違いなく交通事故です。相手がけがをした場合に問われる罪は、刑法209条の過失致傷罪です。(状況により211条の業務上過失致傷罪が適用されることもあります)
傷害罪(刑法204条)は相手をけがさせようという意思がないと成立しません。刑法犯は原則として故意犯が対象で、過失犯は条文に「過失により」「注意を怠り」といった文言が明記されている場合だけに限られます。(刑法38条)
過失致傷罪の起訴率は5%前後です。統計では...続きを読む

Q自転車通勤は労災が落ちない!?

宜しくお願いします。

今日、派遣会社から仕事を紹介されました。
自転車通勤ができる距離で交通費が掛からないので魅力なのですが派遣先は自転車通勤OKだが派遣会社としては自転車通勤をしても良いが事故にあった時に労災が落ちないと言われました(*_*)。

以前から良く声を掛けて頂いている大手の派遣会社です。
今までは電車通勤でしたが最寄り駅までは自転車で通勤していました。
今回自転車は労災が落ちないと言われたのですが、そうすると最寄り駅までの自転車も、もし事故や怪我をした時に労災が落ちなかった事になったのか!?と不思議に思いました。

今回、自転車通勤できる会社は違う派遣会社の方が多く皆さん自転車通勤をしていて労災は落ちるそうです。派遣会社によって、このような差があるのでしょうか?
労災は労働規準監督署が決めるものと聞いた事があるのですが派遣会社が言うように落ちないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

すでに十分な回答が出ているとは思いますが、少しだけ書かせていただきます。

労災保険の労災事故の届出は、原則勤務先から行うものとなります。
従業員数など規模の大きい会社では、労災時尾子の割合が多くなると保険料が増えることにつながる場合があると聞いたことがあります。

そのため、労災事故を隠そうとするような会社も多いのです。
さらには、自転車などを軽視するような会社の場合には、法令上、保険制度上では労災とすべきものであっても、それをあからさまに認めてしまうと、届出が多くなり、面倒だという気持ちもあるのかもしれませんね。

会社がどのように決めても、法令で定められている労災保険の制度です。その制度より下回るような運用は認められません。ただ、勤務先と今からけんかしてもしょうがないでしょう。もしも、自転車通勤でけがをしたら、その時に改めて勤務先へ相談を行い、対応してもらえないなどという場合にのみ、労働基準監督署で相談されるとよいでしょう。

最後になりますが、通勤途中や勤務中の怪我を勤務先が労災として認めないからと言って、健康保険による治療を受けるなどということは、健康保険の制度上にも違反し、労災で対応すべきものと判断されれば、健康保険の団体から健康保険側が負担したものを請求されたり、医療機関に支払われないことによりあなたへ直接請求をされる可能性もあるでしょう。
ですので、可能であれば、自転車での事故もカバーするような保険に加入し、大きな事故に備えつつ、労災認定などの手続きや会社との交渉のための期間を稼ぐこともあなたのリスクを軽くすることができます。

すでに十分な回答が出ているとは思いますが、少しだけ書かせていただきます。

労災保険の労災事故の届出は、原則勤務先から行うものとなります。
従業員数など規模の大きい会社では、労災時尾子の割合が多くなると保険料が増えることにつながる場合があると聞いたことがあります。

そのため、労災事故を隠そうとするような会社も多いのです。
さらには、自転車などを軽視するような会社の場合には、法令上、保険制度上では労災とすべきものであっても、それをあからさまに認めてしまうと、届出が多くなり、面倒...続きを読む

Q自転車(無保険)で相手を転倒させた場合での慰謝料

約2週間前に、息子(18歳高校1年)が、自転車に乗って歩道を通行中に、店舗から出てきた50才の女性とぶつかり
女性は転倒し、怪我(ひじを二針縫う)(頭部に軽い裂傷)をされました。

女性は、近くの高校の事務員として就業中だったため、労災扱いにされます
その3日後に、女性のご主人が話合いを持ちたいと言うこととなり、2回目の話合いの場で、「今、現在も頭痛がし、首が痛く、顔の頬にアザがある」ためそれについて慰謝料をもらえないか?という話です。

私は、「じゃあ、金額を請求してもらえないか?」と持ちかけたところ「請求したらその金額を全額支払ってもらえるのか?アザを消すため整形手術で100万掛かったら払ってもらえるのか?」と突っ込みが入りました。その場では回答ができないのでまた検討して連絡すると分かれました。

私もどのぐらいの金額を支払えば妥当かわからず、知り合いを通じて弁護士に相談し20万でいいと思うとの回答をもらいました。それ以上要求してくるなら、アザが残る根拠(診断書等)を提出してもらう必要があるとの話でもありました。

先方にその金額を伝えると、自分が考えていた金額と開きがあるので、もう少し考えてくれとの返事。
私は、「それならば、そちらが希望なさる金額と申し訳ないけど根拠をいただけませんか?」と伝えると
相手は逆上し、「女房の顔の写真でも送るぞ!」とか「なんで20万なら根拠はいらんのか!」と。

私は、弁護士に相談したことを伝えました。そうすると、また、さらにヒートアップし、「お前が弁護士を立てるというなら、こっちも立てて裁判するか!うちは、何度もそういうのは経験しとるぞ!費用が掛かるのをお前はしっとるんか!」「ややこしい話にしやがって。」
またこっちも考えて電話すると切られました。

その10分後、電話があり、「どうせ弁護士にこう言われたら、ああ言えと言われたままを俺に言うとるんだろ!」と訳の分からない事を言ってきました。
結局いくら払えば納得してもらえるのか?と聞くと「金額言ってもええんか!」を何故か慎重な返事で
50万だと言って、もう一度、検討してみろと言う話で終わりました。

この先、弁護士に相談した方がよいのか?それともせずに50万払って終わりにしたらよいのか?
相手は自営の土木建築業を経営されている社長です。

早く終わらせたい思いもあるし、悔しい思いもあります。よきアドバイスを頂けたらと存じます。

約2週間前に、息子(18歳高校1年)が、自転車に乗って歩道を通行中に、店舗から出てきた50才の女性とぶつかり
女性は転倒し、怪我(ひじを二針縫う)(頭部に軽い裂傷)をされました。

女性は、近くの高校の事務員として就業中だったため、労災扱いにされます
その3日後に、女性のご主人が話合いを持ちたいと言うこととなり、2回目の話合いの場で、「今、現在も頭痛がし、首が痛く、顔の頬にアザがある」ためそれについて慰謝料をもらえないか?という話です。

私は、「じゃあ、金額を請求してもらえな...続きを読む

Aベストアンサー

まず保険に入っていないか確認しましたか?
あなたの自動車保険や、火災保険とかにオプションで家族の自転車事故に対応できるオプションがついていることがけっこうあります。
入っていたら、いまさらですが相談しましょう。

向こうがきちんと金額を言わないのは、向こうもきちんとした根拠がないわけで、根拠がないのに金額を言うと恐喝ととられかねないのでいわないのです。
金額は慎重に判断してください。

「知り合いを通じて弁護士に相談し」というのは、結局きちんと料金を支払って相談したわけではないですよね。
相談したわけではないので、いわない方がよかったと思います。

向こうは裁判になれているというのはある程度本当でしょう。
支払いとか契約内容とかでもめて裁判になったことが何度かありそうな雰囲気ですから。
ただし、この件は裁判にすればたいした金額にならないと思っているので、裁判にはしたくないと思っているはずです。

ここまでこじれてしまっていては、私なら次のようにします。

お詫びの気持ちはきちんと伝えて、お金については文書によるきちんとした請求がなければ支払えないと突っぱねて、文書が来たら弁護士にきちんと相談します。
あまりにも恫喝してくるようなら、録音しておいて警察です。

50万円はちょっと高いですね。
仮に50万円を支払うとして、どんな名目で支払うのか、どんな文書をもらうのか、まだまだ考えることはあります。
例えば「精神的苦痛について50万円支払います」なんて名目だったら、あとから手術代とか請求されそうな人ですよ。

「裁判になったらいやだなぁ」「なんとか穏便に」「早く終わらせたい」なんて思っていたら相手の思うつぼです。
交通事故に関する書籍を読んだり、裁判に関する一般的な本を読んだりして勉強して、「裁判になってもいい」と覚悟を決めましょう。

まず保険に入っていないか確認しましたか?
あなたの自動車保険や、火災保険とかにオプションで家族の自転車事故に対応できるオプションがついていることがけっこうあります。
入っていたら、いまさらですが相談しましょう。

向こうがきちんと金額を言わないのは、向こうもきちんとした根拠がないわけで、根拠がないのに金額を言うと恐喝ととられかねないのでいわないのです。
金額は慎重に判断してください。

「知り合いを通じて弁護士に相談し」というのは、結局きちんと料金を支払って相談したわけではないで...続きを読む

Q自転車同士の事故(どこまで払う?)過失割合

友人(女性)が自転車同士の事故の加害者になりました。

幹線道路の歩道を走行中、すれ違いざまにぶつかり、友人は無傷。
相手の女性は全治1か月の骨折しました。

友人は感情的には被害者にできるだけのことはしてあげたいと言っているのですが、個人賠償責任保険等に加入しておらず、賠償金の支払い能力もあまりありません。

被害者から医療費や移動のための交通費等の支払いを要求されているようなのですが、私は過失相殺の必要があると思っています。
しかし、被害者は自分の過失は認めていないようで示談が行き詰まっています。
賠償金の支払い能力のない友人が、罪悪感から全部払うと言い出しかねず、友人として心配しています。

事故状況は
日中。
自転車通行可の歩道。
友人は左側の歩道の建物側を走行。
接触地点の歩道上道路側に障害物(街路樹)があり、障害物をよけた被害者と接触。
お互いのスピードに関しては友人曰く、「(相手が)結構なスピードで来るなぁとは思った」とは言うものの、「自分も予定があったので、自覚はないがスピードが出ていたかも」と曖昧。
ハンドル同士は通過し、肘に強く当たったので、振り返ったところ相手が倒れていた。
友人はよろけてもおらず、本人、自転車とも無傷。
相手は全治1ヵ月の肩の骨折と、自転車のギアチェンジ部が折れ、服も破れた。

今現在提出された領収証は、これまでの骨折の治療費、病院への交通費、介護者の交通費等。
今後の治療費、自転車の修理代や服の代金も要求される見込み。
被害者は仕事はしていないようなので休業補償等は発生しないと思われ。

友人は「相手側に障害物があったので、(相手が)スピードを落とすだろうと思っていた」と自身の過失も認めています。

過失割合だとどの程度になりますか?
また、介護者の交通費も請求対象になるものでしょうか?

友人(女性)が自転車同士の事故の加害者になりました。

幹線道路の歩道を走行中、すれ違いざまにぶつかり、友人は無傷。
相手の女性は全治1か月の骨折しました。

友人は感情的には被害者にできるだけのことはしてあげたいと言っているのですが、個人賠償責任保険等に加入しておらず、賠償金の支払い能力もあまりありません。

被害者から医療費や移動のための交通費等の支払いを要求されているようなのですが、私は過失相殺の必要があると思っています。
しかし、被害者は自分の過失は認めていないよ...続きを読む

Aベストアンサー

ここで過失割合のアドバイスをしたところで、双方の意見に食い違いが出たり、交渉ごとがスムーズに運ぶとは思われません。
早急に弁護士等に仲裁を依頼するように働きかけたほうが良いと思います。

※個人的には歩道内での対面通行同士の事故ですから、50:50からスタートだと思います。

Q自転車同士の事故の慰謝料(加害者側です)

先日、自転車同士の事故を起こしてしまいました。
赤信号で交差点に進入したところ、青信号で進んできた自転車が接触して転倒。乗っていた方が全治10日の打撲を負いました。
今回の事故でかかった治療費、自転車の修理費、自転車に乗れないからとのことで通勤にバスを使った交通費などすべて(1万円強)を相手方に支払う以外、慰謝料はどのくらい払えばよいでしょうか。
通院は1回、仕事は休んでいないそうなので、4200円×2×1日=8400円程度でよいのでしょうか。
この事故で使えるような保険に入っておらず、自分で交渉するので相場など教えていただければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自賠責の算定基準がおっしゃるとおりに4200円×通院日数×二倍、となっているのでそれを基準に提示するのがよいかと思います。相手が「自賠責基準じゃなくて弁護士基準で払え」といってこないことを祈るばかりですね。いってきたら、「その基準でとおっしゃるなら弁護士さんを立ててください。弁護士さんから請求されれば弁護士基準で支払います」というしかないと思います。
時々「10万円払え」みたいなことをいってくる人がいますが、そういわれたら「その10万円というのはどういった根拠の数字でしょうか。根拠があるものなら支払いますが、根拠がないものなら支払えません」といえばいいです。というか、むしろそういう相手の方が結果としては楽です。そういわれたら相手に黙って通話を録音しましょう。そのうち相手は興奮してきて「いいから払え!」などといってくるのでそうなったら脅迫罪、恐喝罪で刑事告訴できますので俄然こっち有利です。向こうから「そんなことをしたらこっちも刑事告訴するぞ」といわれたら、「どうぞお好きなように。私も同じことをするだけです」といえます。
具体的な金額を言わずにひたすら「誠意を見せろ」というのも同じです。「誠意とはなんですか。私は私なりに誠意を見せているつもりです。お金を払えってことですか」といって、後は同じ。誠意を見せろの繰り返しでも恐喝未遂は成立します。

こういったときに使えるのは個人賠償責任保険ですが、損害保険なら割と何にでもつけることが可能です。一番多いのは火災保険で、一般的には住宅総合保険に加入しているならほとんど付帯されていると思うのですが・・・。他には傷害保険などについている場合もありますし(自転車保険なら必ずついています)、自動車保険の特約でついていたり、場合によってはクレジットカードについている場合もあります。
今回は相手がまともな人っぽいですが、自転車って基本的には貧乏人の乗り物なので本当に気を付けたほうがいいですよ。無職が乗る自転車がいちばん危険です。残念ながら外見で無職かどうかは分かりませんからね。今回の教訓を胸になにがしかの個人賠償責任保険に加入しておくことをすすめますよ。お金を払うことより、相手との交渉がキツいでしょ。年間千円かそこいらの保険料と思えば安いものです。
あと非常に面倒くさいですが、示談書は交わしておいたほうがいいですよ。言いづらいですけどね。「個人間でそんなものを交わすのか?」といわれますが、今後のトラブルを防ぐためにも交わしておいたほうがいいですよ。保険会社ならそこらへんをぬかりなく全部やってくれるのですけどね。

あとよくある誤解ですが、今回は民事の補償です。民事でちゃんと責任を取ったから刑事責任が逃れられるわけではないのでそこはわきまえておく必要があります。例えば飲酒運転で事故を起こしたとして、壊した物やケガした人の補償をちゃんとしたら飲酒運転がチャラになるかというとそういうわけではないでしょ。だから最悪の場合、治療費などの補償をちゃんとしたのに相手から刑事告訴される、って可能性はあります。
・・・でもね、今回の事故、事故直後に警察を呼んでないでしょ。だからはっきりいって質問者さんがしらんぷりしても逃れられるのですよ。警察も相手側から「1ヶ月前の事故なんですけど、今から事故の届け出をしたいです」といわれても、「今頃おせーよ。受理しません」といわれてしまいますし、「じゃあ実況検分をするから相手と一緒に警察署にきてください」といわれるのですが、その相手からの呼び出しを「仕事が忙しい」とかいって無視できちゃうのですよ。大抵相手が警察に「相手(質問者さんのこと)が応じてくれないので警察から出頭するように命じてください」とお願いするのですが、警察は「そもそも事故直後に届け出をしていないのだから事故が本当にあったかどうか警察は把握していない。それなのに相手に出頭は命じられない。本人同士で話し合ってきてください」となるのです。

自賠責の算定基準がおっしゃるとおりに4200円×通院日数×二倍、となっているのでそれを基準に提示するのがよいかと思います。相手が「自賠責基準じゃなくて弁護士基準で払え」といってこないことを祈るばかりですね。いってきたら、「その基準でとおっしゃるなら弁護士さんを立ててください。弁護士さんから請求されれば弁護士基準で支払います」というしかないと思います。
時々「10万円払え」みたいなことをいってくる人がいますが、そういわれたら「その10万円というのはどういった根拠の数字でしょうか。根拠が...続きを読む

Q自転車同士の事故、示談交渉で困っています

 半年ほど前に自転車同士の事故を起してしまいました。
今回の事故に適用される保険に加入していなかった
(TSマーク付帯保険には加入)ために、
相手方と直接交渉することになったので相談させて下さい。 

 ある川沿いのサイクリングロードを走行中、
前方の歩行者を追い越した直後に、
向こうから来た自転車(女性)を避ける為にブレーキを
かけたところ、こちらの自転車がスリップしてしまい、
相手の斜め前から滑るように突っ込んでしまいました。
 傍にいた親切な方がすぐ救急車を呼んでくださり、
相手の方(この時は旦那様も一緒)と共に病院へ行き診察、
そこで警察にも来てもらい事故処理もしました。
 幸い診察後の様子や、医者の話から
相手方には大きな怪我もなかったようなのですが(こちらは
左手甲を骨折)、後日改めて診察を受けたいとのことでしたので、
その日の診療費を支払うともに後日かかるであろう費用に
ついても支払う旨を伝えました。また、相手の自転車に関しても
点検して壊れているようなら(こちらの自転車はほぼ無傷)
修理代を支払う旨も伝えました。
一週間ほど後には相手の家にお見舞いに行き、何かあれば
連絡を下さいと重ねてお伝えしました。  

 その後半年ほど何も連絡はなかったのですがある日突然、
相手の旦那様から「後遺症が残ったので補償して
欲しい、告訴期限も近いので場合によっては訴訟も考えている」
との電話があり、会って話すことになりました。  
 相手方が言うには両手の親指を曲げると痛みがあり、事故後は
月1回ほど病院に通い湿布薬などをもらっているが治らない、
これが後遺症等級の14級にあたるから75万+通院費が欲しい。
また事故以来怖くて自転車に乗れなくなったので自転車を
買値で引き取って欲しいとのことでした。その日は相手の言い分
を聞くだけにして、後日返答することにしました。

 いきなりこういった話になり多少驚くと共に、相手に対して
かなり不信感を抱いてしまったため、ネットや書籍で調べ、
専門家の意見も仰ぎ、2回目の話し合いにおいて

1.治療期間の診断書、領収書などの書類の提示をお願いする
2.後遺症と事故との因果関係の証明をお願いする
3.自転車の引き取りには応じられない

以上をお伝えし、「形としてはこちらに非がある話なので
支払うべきものに関しては支払うつもりでいるのですが、
そうでないものにまで支払うつもりはありません。ですから
それを確認するためにも1と2の要求を満たしてもらいたい」
とお願いしました。
 しかし相手方には納得してもらえず、誠意がない、
(お金を)払う気がないからそんなことを言っているんだとか、
診断書などは個人情報だから提示できないとか、
後遺症を証明する方法が分からないとか、
それらの取得にお金がかかるから嫌だとか、
自転車は買値で絶対引き取ってもらえるはずだとか、
こちらが告訴すればあなた犯罪者になるんですよなどと言われ、
結局ほとんど話し合いにならずに相手方が警察に行き、
刑事告訴(慰謝料云々ならば民事だと思うのですが?)
するということになってしまいました。そして翌日警察
から連絡があり、後日現場検証をすることになっています。 

 こういった経験が初めてなので、正直少し参っています。
警察への対応や今後の相手への対応に関して、
アドバイスや助言がいただければとてもありがたく思います。
長文になってしまいましたが、よろしくお願いします。

 半年ほど前に自転車同士の事故を起してしまいました。
今回の事故に適用される保険に加入していなかった
(TSマーク付帯保険には加入)ために、
相手方と直接交渉することになったので相談させて下さい。 

 ある川沿いのサイクリングロードを走行中、
前方の歩行者を追い越した直後に、
向こうから来た自転車(女性)を避ける為にブレーキを
かけたところ、こちらの自転車がスリップしてしまい、
相手の斜め前から滑るように突っ込んでしまいました。
 傍にいた親切な方がすぐ救急車を呼んでくださり、
相手...続きを読む

Aベストアンサー

1.治療期間の診断書、領収書などの書類の提示をお願いする
これは、訴訟になっても請求側(相手)が証明しないとならない名目です。
治療経過・診察証明・支払い証明(領収書)を請求してください。

2.後遺症と事故との因果関係の証明をお願いする
後遺症は、認定医の診断が無ければ通用しませんので、その診断と診断書を要求して応じない場合は相談者は認めないで拒否してください。

3.自転車の引き取りには応じられない
事故以来怖いから、引き取れというのでしたら「破損での廃車」ではありませんから「無料でなら引き取りますが、買い取る正当な理由がありませんから認められません」で拒否してください。

 しかし相手方には納得してもらえず、誠意がない、
(お金を)払う気がないからそんなことを言っているんだとか、
診断書などは個人情報だから提示できないとか、
後遺症を証明する方法が分からないとか、
それらの取得にお金がかかるから嫌だとか、
自転車は買値で絶対引き取ってもらえるはずだとか、
こちらが告訴すればあなた犯罪者になるんですよなどと言われ、
結局ほとんど話し合いにならずに相手方が警察に行き、
刑事告訴(慰謝料云々ならば民事だと思うのですが?)
するということになってしまいました。そして翌日警察
から連絡があり、後日現場検証をすることになっています

上記内容ですが、相手は何も証明をしていません。
訴訟でも、相手が請求の裁判を起こした場合「原告立証責任」というのがあり、証拠(診断書・通院証明等)で証明しないと認められません。
また、治療費請求では診断書は「個人情報」に該当しませんから、証明無き請求には一切応じることはできませんと強く弾いてください。

警察には、人身事故で届けがされているので現場検証ということになりますが、多分相手は何も補償されていないといいますから、相談者さんは「治療費もきちんとした領収書や診断書が提示されないのに払えません」と捜査員には正論で弁明してください。
また、破損していない自転車を「怖いから」と言う理由で購入金額で買い取ることはできませんし、新車でもない自転車の買取は減価償却の面からも訴訟でも認められません。
事実、その怪我が当該事故で発生したのかも疑わしく、通院の詳細も聞かされず半年も経ってから治療費だの通院費の請求も納得できない内容ばかりです。
今迄に、1回でも通院経過や請求があれば判りますが、正直この人身事故は納得できません。

上記内容で、警察官には強く言ってください。

1.治療期間の診断書、領収書などの書類の提示をお願いする
これは、訴訟になっても請求側(相手)が証明しないとならない名目です。
治療経過・診察証明・支払い証明(領収書)を請求してください。

2.後遺症と事故との因果関係の証明をお願いする
後遺症は、認定医の診断が無ければ通用しませんので、その診断と診断書を要求して応じない場合は相談者は認めないで拒否してください。

3.自転車の引き取りには応じられない
事故以来怖いから、引き取れというのでしたら「破損での廃車」ではありませんから...続きを読む


人気Q&Aランキング