ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

訳あって、ローン特約を使って土地の契約を白紙に戻したい(手付金を没収されずに)のですが、どなたかアドバイス頂けないでしょうか。

訳は長くなるので割愛させていただきます。すみません。


実は、購入予定の土地と、その隣の土地とに越境物があるんですが、これは私の負担で撤去してほしいと契約の時に言われました。(土地を値下げした分はこの費用に当ててくれという事でしたので私は了承しました。)

不動産屋が作成した、物件状況等報告書という用紙にその事(越境物があるという事)が記載されているのですが、ローンの申請をしている銀行から
家を建てる際に必ず撤去するという覚書を書いて提出してもらえないと審査が進められないと言われ、不動産屋が

1.甲(隣の家)がリフォーム等を行う場合にはこの越境物を甲の負担で取り除きます。
2.乙(私)が家を建てる時には、この越境物は乙の負担で取り除きます。
3.1.2の場合共に、取り除くためにお互いの土地に入ることを認めます。

といった内容の覚書を作成し、すでに隣の住民から署名・捺印をもらってきました。

後は私の署名・捺印を押して提出するだけなのですが
最初にも書いたとおり、何とかして手付金が戻ってくるよう白紙撤回したいのです。

銀行とのやり取りは不動産屋にまかせてしまっていて
銀行の担当者とは直接話してはいないのですが
そんな覚書は書けないと提出を拒めばローンの審査は降りなかったという事になり、ローン特約の期間内であれば
白紙撤回できるのでしょうか?

友人に相談したところ、契約の時に越境物は私の負担で撤去する事を了承しているので、今回の内容の覚書を書かないのは意味がわからない。→故意に(不正に)ローンの審査が通らないようにしたととられ、ローン特約の対象外になるのでは?という事を言われ、確かにその通りかも…という感じもしています。

なお、契約書のローン特約の文面としては下記の通りです。

◆融資利用の特約による解除(有)
契約解除期日 7月6日
1.買主は売買代金に関して、後記「D-2金銭の貸借のあっせん」欄記載の融資を利用する場合、同欄記載の融資承認取得期日までに、融資の全部もしくは一部について、承認が得られないとき、または否決されたとき、買主は売主に対し、上記契約解除期日までであれば、売買契約を解除する事ができます。
2.前項により売買契約が解除されたとき、売主は買主に対し、受領済みの金員を無利息にて速やかに返還します。

とあり

D-2
金融機関 ●●銀行 金額△△円 金利未定 借入期間35年
融資承認取得期日 6月30日まで

・融資の全部・または一部の金額につき承認が得られないとき、または否認されたときの措置は、前記「◆融資利用の特約による解除」の通りです。

となっております。

今日の段階で、覚書の提出を拒んでいるので
ローンの承認はおりておりません。
D-2の融資承認取得期日の6月30日までにローンの承認が得られていない(まだ審査中)なので
白紙撤回できるのでしょうか?
それとも、審査中ではなく完全に「否認」されたという形にしないと白紙撤回はできないのでしょうか。

長文で申し訳ありませんが、期日がさしせまっている中、白紙撤回できる最後のチャンスだと思い書き込ませていただきました。

どなたか良いアドバイスを頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

元業者営業です



実に的確且、常識的なアドバイスですね。ご友人。
業界の経験がお有りなんでしょうかね。

で、あるなら納得ですが「全くの素人さん」なら、ホントよく勉強されていますね。

ローン特約とは「融資の承認を得る為に最大限の努力をしたにも関わらず、承認が得られなかった場合」のみ対象になります。

今回、貴方の考えている事は「対象外」どころか、下手したら「違約」の対象です。

よかったですね。素晴らしいご友人がいて。
    • good
    • 0

相談された友人の言うとおり。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Qローン特約の延長に応じてもらえないで困っています。

ローン特約の延長に応じてもらえないで困っています。
ローン特約の期限が3日後にせまっています。
いろいろと物件が難しい条件だったので、ローンをくむのに苦労したのですが、何とかローンが通りそうな状態にあります。しかし、期限まで審査OKが間に合うのは不可能であるため、10日ほど前から仲介業者にローン特約の期限の延長をお願いしていますが、「売主には話しをしています」の一点張りで、延長についての回答をもらっていません。この場合、ローンが通らなかった時は、ローン特約の期限が過ぎていることを理由に白紙解約でるかどうか、教えて頂けますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元業者営業です

「ローン特約で解約したくない」という事ですかね?

まず「ローン特約」は「定められた期限までに融資の承認が得られなかった場合、白紙解約になる」特約です。
なので、このままの状態で期限が過ぎますと「白紙解約」になります。
「ローンが通りそう」というような曖昧な状態では「通っていない」と同じ。

後はもうひたすら売主にお願いして期限の延長を承諾してもらうしかありません。
ただし、その分売主にも「他に新たな買主と契約できない」というリスクがありますので、簡単には応じてくれないでしょう。
特に他に引き合いがあるような物件なら尚更。
逆に言えば「不人気物件」や「売主が出来るだけ早期に現金化したい物件」なら一週間くらいは延長に応じてくれるかもしれません。

それでもダメなら「残念ながら縁がなかった」という事です。

Qローン特約の期日

住宅ローンの本審査の承認がおりたのですが
ローン特約の期日には銀行からの回答が得られず、解除の申し出をしました
翌日、時間が遅くて期日までに書類が出せなかったと言って、前日の日付で承認の通知が出ました
ファックスの日付は翌日です
仲介業者は解約できないと言っています

物件はほしいと思うのですが
仲介業者が故意に誤情報を披露して契約を勧めようとしたりしたので
(契約解除になったら印紙代は税務署で返金されるとか
 引き渡し日を実際よりはやくできるかのように言ったり)
なんだかもう解約したいなあという気持ちになってます

上記のように、実際ローン承認の回答があったのは期日すぎてからだけど
書面で期日内になっている場合
書類が出なかったというやりとりも、解除の申し出もメールで記録に残っていて
銀行の担当から期日に出せなかったお詫びの電話もあったのですが

ローン特約で白紙解除はできないのですか?

Aベストアンサー

業者がローンに介入しており、業者から期日当日結果が得られない旨の連絡があったならば、
ローン条項適用による解除のの意思表示をした段階で買主からの解除の通告はされたものと解釈されます。よって条文は適用になるでしょう。
これとは逆に、翌朝ローンが通らないからと解除を申し出ても、期日到来後で一切適用にならないからです。
業者が期日到来以前に銀行へ確認し、間に合わないようであれば期日の延期等売主買主双方へ説明し承諾させておけば避けられた事案ですし、業者の落ち度です。
しかし売主には責めがありません。ローンを利用するのは買主の事由で関係ありませんので。
実務としてすんなり白紙解除出来るか?わかりませんが適用要件は満たしていると思われます。

あくまで私見ですから、都道府県の宅建免許監督課へ電話等で聞いてみてください。

でもローンが借り入れ出来れば間違いなく買いますよ、という契約を締結したのですよ。売主も業者から借り入れ出来る方ですからと信用させられて、念のためとローン条項を付帯して買主の手付金を保全したのです。
契約書に記載した内容で借り入れ出来るにも関わらず、回答が1日遅れたからと言って、白紙解除では売主が納得されないでしょう。
誰だって買主の気が変わったとしか、思えません。
ローン不調時の損失が無いように設けた特約であり、やっぱり欲しくなくなったからと乱用出来るものではありません。
売主が気の毒です。

業者がローンに介入しており、業者から期日当日結果が得られない旨の連絡があったならば、
ローン条項適用による解除のの意思表示をした段階で買主からの解除の通告はされたものと解釈されます。よって条文は適用になるでしょう。
これとは逆に、翌朝ローンが通らないからと解除を申し出ても、期日到来後で一切適用にならないからです。
業者が期日到来以前に銀行へ確認し、間に合わないようであれば期日の延期等売主買主双方へ説明し承諾させておけば避けられた事案ですし、業者の落ち度です。
しかし売主に...続きを読む

Q騙されたような気分です(買付申込書のこと)

長いこと物件探しをして、ようやく間取り・立地ともに気に入った中古物件にめぐり合えました。
しかし我が家の予算では高かったのでそう伝えると、不動産屋は「気に入ったなら、買付申込書を提出してみてください。まずは優先権をキープしないと他に売れてしまうかもしれませんよ」と言うのでその場で買付申込書に希望金額を記入して提出しました。
その日は日曜で先方の不動産屋が休みだと言うことで、翌日月曜に返事が来ました。
内容はウチの希望金額までは届きませんでしたが、若干の値引きなら応じると言うものでした。
そして不動産屋からは「ウチが申し込み1番ですから安心です」と言われました。
金額的には厳しかったものの、とても気に入っていたので購入の意思を伝え、木曜日に手付金を持って不動産屋に契約しに行く約束をしました。
ところが火曜日にいきなり、他のひとが現金で買った。もう契約したので私たちには売れないと言う連絡が来ました。
こちらの担当不動産屋の言い分としては、「こんなことはヤクザなやり方で、ウチも被害者だ。とは言え、法律的には問題無いので仕方無い」と言うことです。
他の不動産屋でも買付申込書を出した順に交渉(契約)の優先順位が決まると説明されていましたし、
過去に気に入った他の物件の時も、他に交渉中のひとがいるのでその人の結果が出てから、と言う理由で内見すら待たされた物件もありました。
そのためこの習慣は不動産業界的に「通っている」ものだと思っていましたが、今回の件でネットなどで調べると、私たちと同じ目にあったひとも多くいること(そして泣き寝入り)がわかりました。
一方、こちらの考え通り「申し込みが入ったら結果が出るまで他への販売活動を止める」と言う不動産屋・情報サイトも多くあり…。

不動産屋のみなさん、このようなことは良くあることですか?
こんな場合こちらは泣き寝入りですか?こちらの担当不動産屋に責任追及はできないのでしょうか?
こちらとしては、他の物件を見送って決めた物件で、そちらの方も他に売れてしまいました。
またゼロからのスタートになります。
「他の可能性は捨てて、この物件だけを前向きに検討します」と言う意思表示で買付申込書を書きました。
不動産屋にも、真剣に気に入った物件だけにしてくれ、と言われていましたし…。
この買付申込書の扱いがこのように適当なものなら、ちょっとでも気に入ったら物件なら何でも申し込みをして
複数を同時に交渉して、大量キャンセルしても良いってことでしょうか?
法律に触れないのなら、何やっても良いってことですよね?
今ちょっと悲しいのと怒りでいっぱいです。

長いこと物件探しをして、ようやく間取り・立地ともに気に入った中古物件にめぐり合えました。
しかし我が家の予算では高かったのでそう伝えると、不動産屋は「気に入ったなら、買付申込書を提出してみてください。まずは優先権をキープしないと他に売れてしまうかもしれませんよ」と言うのでその場で買付申込書に希望金額を記入して提出しました。
その日は日曜で先方の不動産屋が休みだと言うことで、翌日月曜に返事が来ました。
内容はウチの希望金額までは届きませんでしたが、若干の値引きなら応じると言...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。不動産業者です。
No1の回答者の方の言うとおりで、申し込みは本来ならば、質問者さんがおもっているとおりのものです。
そこは不動産業者のモラル的な問題なので、そこに罰則はありません。ですが、たまに、そういう業者様もいらっしゃることも、同じ不動産業を営むものとして、大変残念ですが、事実です。

質問者様側の不動産屋さんに過失は無いと思います。
その業者さんが新しいお客をつけたなら、話は別ですが、そうでないかぎり、なんのメリットも無いわけですから。
ただ、上記質問の通り非は無い!と、おっしゃっているならば、業者として残念ですね。非は無くとも、お客様にはそのようには通常はいいません。
質問者さんがお怒りになっているのも、開き直られたからじゃないでしょうか。

次回購入時は、出来るだけ早めに手付けをうつことをお勧めします。
ただ、物件選びは、慎重に行って下さい。手付けをうつということは、キャンセルの場合、解除側が、手付けの分だけ、支払う必要がありますから。

お客様なら、手付け放棄

業者なら、手付け倍返し(手付金分受領しているわけですから)

と、いうことになります。
本来は、申し込みは、物件を確保するためのものです。
ですが、このようなことがあっては、法的な手段が取れる方法として、知っておいて損はないかと思います。

申し込みを多数し、そこから選ぶ。となると、法的な処置はありませんが、不動産業界から嫌われることになります。
不動産業は横の繋がりが強いですから、多数申し込みを一部地域で行った場合、ばれる可能性もあります。そのときおそらく業者は相手にしないと思います。もしくは、手付けを勧めて来るでしょう。

質問者様の怒り悲しみはもっともで、正当なお怒りだと思います。
ただ、同業のものとして、そんな不動産屋ばかりでは無いということを、わかっていただきたいのです。
是非、信頼できる不動産屋を探してみてください。
信頼できる知人が信頼している業者なら、安心できるのではないでしょうか。

ちなみに、法的な手段は時間の無駄です。万が一、有能な弁護士によって、なんらかの請求が出来たところで、損はしても、得はしません。

大変に嫌な思いをされたとは思いますが、あきらめず、頑張って良い物件を探してみてください。逆に、そんなろくでもない業者の持っている土地ならば、色々な問題が後から、出るかもしれないと思ってみてはどうでしょうか。

良い物件が見つかると良いですね。

初めまして。不動産業者です。
No1の回答者の方の言うとおりで、申し込みは本来ならば、質問者さんがおもっているとおりのものです。
そこは不動産業者のモラル的な問題なので、そこに罰則はありません。ですが、たまに、そういう業者様もいらっしゃることも、同じ不動産業を営むものとして、大変残念ですが、事実です。

質問者様側の不動産屋さんに過失は無いと思います。
その業者さんが新しいお客をつけたなら、話は別ですが、そうでないかぎり、なんのメリットも無いわけですから。
ただ、上記質問の通...続きを読む

Q土地売買では確定測量しなければいけませんか?

親が以前に土地を買ったときに、隣地との境界がどこかということを確認しなかったようで、
売却したいと思って法務局に地積測量図を取りに行ってもありませんでした。

売却する際には、隣地の所有者に立会いしてもらう確定測量は必ずやるものでしょうか?
買主が了承すればやらなくてよいのでしょうが、市街化調整区域であり登記簿の面積もあまり信用ならないと法務局で教えてもらいました。
面積だけ確認なら現況測量でよいと聞きましたが、現状は境界標が全く見当たらないです。
これでは現況測量もできないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

業者してます。

>売却する際には、隣地の所有者に立会いしてもらう確定測量は必ずやるものでしょうか?
必ずやるものではありません。一般的な話として、「売主は買主に対して境界を明示する」とする契約書が多いと思います。杭や標があればそれがいいですし、無ければ隣地との塀を見れば概ね判断ができますよね。不動産業者が買う場合などには、後々の販売のために確定測量を条件としてくることもあります。

上に書いたように、杭等が見当たらなくても境界と推察できる塀などがあれば、それをもってとりあえずの現況測量はできるでしょう。農地などのように壁も何も無い場合には、トラブル防止のためにも結論として確定測量をやらざるを得ないでしょうね。

Q建売と注文住宅どっちがイイかな・・・

漠然とした質問なのですが、建売と注文住宅のメリット、デメリットが知りたいです。

建売のほうが若干安いような気がします。

私はコレといって変わった家にしたい訳ではないのですが、材料の質がやっすいのとかはイヤなんです・・・。

建売ってコスト削減のためにと聞いたことがあるのですが、そんなものばかりなんでしょうか?

分かる方や、建売に住まわれた方の意見よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

建売は完成品なのでその土地の上にその建物しかありません。間取りも仕様も選べません。(洋服ならプレタポルテ・吊るしみたいです)

売り建ては着工前の建売でキッチン・バス・洗面所・玄関ドア・クロスなど決まった中から選べたり、間取りも(設計)多少変えたりすることもできます。(イージーオーダ―ですかね)

建売業者の中には売り建てを「注文住宅です」なんて言う者もいます。

注文住宅は全てにおいて「オーダーメード」です。


建売は当然ローコストです。(若干どころではありません)

最近はレベルを上げてはきていますが、会社によってです。キッチンや洗面台その他を同じものを何台も(色や配置は違いますが)何軒分も使う事によって仕入れ単価を落としているのです。

また、設計図どおりで追加工事などもでないので時間もかかりません。

建売工事を行っている工務店に「建売と同じ仕様で」と言ったら普通の注文住宅より安くはできるでしょう。

但し、床材・キッチン・バス・洗面所・クロス・外壁・玄関ドアなど決まった中からしか形や色は選べませんけど。

最近は新興住宅地などでは大手の住宅メーカーが建売をしています。やはり見た目はいいですね(やはり高いですが)

建売住宅の設計は無駄を無くし、坪数以内に収める事で万人向けの設計ですが、面白みに欠けます。また、使い勝ってまではあまり考えないでしょう。

造作は職人さん次第なので一概には・・・
建売でも注文でも上手な人は上手で、下手は下手ですから。

昔から、「本当に満足する家は3回建てないと解らない」なんて事も言われますが、最近は個性派の設計士さんもいますので相性のいい人に当たればいい家ができますよ。

ちなみの私の親は大工で2回家を建て替えましたが、私は建売をやっている不動産会社で現場やお客さんとの打ち合わせをしていました。
始めの家は建売を買い、今は自分で間取りや仕様など考え設計士に頼み工務店に発注した家に住んでます。(やはり材料は違いますね)

棚ひとつでも、テレビの置き場所でも使い勝っては最高です。

建売は完成品なのでその土地の上にその建物しかありません。間取りも仕様も選べません。(洋服ならプレタポルテ・吊るしみたいです)

売り建ては着工前の建売でキッチン・バス・洗面所・玄関ドア・クロスなど決まった中から選べたり、間取りも(設計)多少変えたりすることもできます。(イージーオーダ―ですかね)

建売業者の中には売り建てを「注文住宅です」なんて言う者もいます。

注文住宅は全てにおいて「オーダーメード」です。


建売は当然ローコストです。(若干どころではありません)

...続きを読む

Qローン特約は提携ローンでしか使えないのでしょうか。

この度、マンションを購入することになりました。

不動産会社が進める提携ローンではなく、自分たちで選んだローンを組みたいと思っております。その旨を不動産会社に伝えたところ、提携ローンの場合、ローン特約があるが、提携外ローンだとローン特約をつけることができない。そのため、もし銀行の審査で却下されてしまった場合、手付金は戻ってこないのを認識しておいてくださいと不動産会社より言われてしまいました。

提携外ローンでローンを組む場合は、ローン特約が使えないのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産取引において、業者がローンの斡旋を行う場合、特約として重要事項説明が義務つけられていますが、自主ローンの場合特約にする義務が課せられていません。
ただし、自主ローンの場合特約をつけることができないとはなっていませんし、現在はむしろ自主ローンの場合でも特約をつけるように助言することが推奨されています。なお、特約として設定した場合は、重要事項説明の義務が生じます。

斡旋した場合、業者はローンの可否など判断しやすく、不成立になった場合の対応がしやすいので、トラブルを避けられますが、自主ローンの場合買い主の連絡ミスなどにより、ローン特約による解除期限を越したりして、ローン特約による解除ができなるというトラブルになることがよくあるそうです。

そのため、一部の業者では、自主ローンを避けるようです。

なお、ローン特約の設定がある場合の重要事項説明書記載事項は以下の通りです。

融資取扱金融機関、融資額、融資機関、利率、返済方法、保証料・ローン事務手数料、ローン不成立の時の措置

不成立の場合の措置としては、
ローン不成立の時期、ローン特約による解除期限、受領金の返済方法などが記載されます。

売り手・買い手の両者の合意により、自主ローンによる特約設定はできます。しかし、斡旋ローンの場合は業者がある程度工程管理をしてくれますが、自主ローンの場合あくまでその手続きは自己責任で行うという認識でいないと、不成立になった場合、せっかくの特約が行かせないこともありますので注意してください。

不動産取引において、業者がローンの斡旋を行う場合、特約として重要事項説明が義務つけられていますが、自主ローンの場合特約にする義務が課せられていません。
ただし、自主ローンの場合特約をつけることができないとはなっていませんし、現在はむしろ自主ローンの場合でも特約をつけるように助言することが推奨されています。なお、特約として設定した場合は、重要事項説明の義務が生じます。

斡旋した場合、業者はローンの可否など判断しやすく、不成立になった場合の対応がしやすいので、トラブルを避け...続きを読む

Q結局、ローン特約とは?

過去の回答履歴等を参考にしましたが、結局、ローン特約とは、次のように解釈してよろしいのでしょうか?
私が10月に、業者を通じてAさんに不動産を売却する契約を締結した。売買契約書では、ローンの実行期限が11月末日であると記載されている。
Aさんは、数行の銀行に住宅ローンの申込をしたが、なかなか銀行から融資OKの返事がこない。それでいつのまにか、売買契約の期限である11月を過ぎて、12月に突入した。いまだに銀行から融資OKの返事がこない。
以上のような状況の場合、既にローンの実行期限を過ぎてしまい、つまりローン特約期限を過ぎてしまっているから、もはや契約を白紙に戻すことはできず、私としてはAさんに、売買契約書記載の違約金を請求できる。
このように解釈したのですが、間違っていますでしょうか?
どなたか、ご存知な方、どうぞよろしくご指南下されば、大変幸いに存じます。

Aベストアンサー

約定通りにいけば、違約金は請求できます。
決済日を延長した契約の追加ですよね。
あくまでも最初の本契約の書類が元となってますから、
違約金やローン特約はそのまま設定されています。
ただ何度も申し上げますが、請求できるからといって
相手が払ってくれるとは限りません。
それに仲介業者がかなりいいかげんですね。
もう決済日の12月末日になりますが、実際どうされるのですか。何か連絡はありましたか。
少なくとも手付金に関しては返却の義務はないです。
もし仲介業者が買主側に立って違約金などもチャラにしようとしたら、しっかり抗議してください。
ただ、契約時と合意書作成時にきちんと内容を確認していなかった質問者さまにも落ち度はあると思います。

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む


人気Q&Aランキング