ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

力学のある問題の証明で困っております。

z(x,y)   zはx,yを変数に持つ関数(式は具体的には指定されていない)

x=rcosα-ssinα
y=rsinα+scosα  (αは定数)

の時

∂^2z/∂x^2+∂^2z/∂y^2 = ∂^2z/∂r^2+∂^2z/∂s^2 を証明せよ。 (^2は二階微分)
です。

全微分を駆使して証明するようなのですが、私のやり方では右辺を展開する途中で

∂^2z/(∂r∂x)cosα+∂^2z/(∂r∂y)sinα-∂^2z/(∂s∂x)sinα+∂^2z/(∂s∂y)cosα

が出てきました。(ここまで合ってればいいのですが・・・)
そうすると、sinαとcosαの係数にある微分記号の分母∂x,∂yが邪魔で、この先どう変形して良いのかわからず、左辺の式まで持っていけません。

どなたかわかりませんでしょうか? 

A 回答 (4件)

∂z/∂r=(∂x/∂r)(∂z/∂x)+(∂y/∂r)(∂z/∂y)


が成り立つというのは問題ないようですが、このzの部分はrとsの関数であれば何でもよくて、f=f(r,s)という関数について
∂f/∂r=(∂x/∂r)(∂f/∂x)+(∂y/∂r)(∂f/∂y)
という式も同様に成り立ちます。

特に、f(r,s)=∂z/∂r(=∂z/∂x・cosα+∂z/∂y・sinα) という関数でもよくて、そうすると
∂^2z/∂r^2=(∂x/∂r)(∂/∂x)(∂z/∂r)+(∂y/∂r)(∂/∂y)(∂z/∂r)
のように計算していくことができます。


さて、上にも書いたように
∂f/∂r=(∂x/∂r)(∂f/∂x)+(∂y/∂r)(∂f/∂y)
が任意の関数fで成り立ちますので、fを省略して、
∂/∂r=(∂x/∂r)(∂/∂x)+(∂y/∂r)(∂/∂y)
のように書いてもいいですよね。
で、∂x/∂r,∂y/∂rを具体的に計算したものが#2さんの
>∂/∂r = cosα∂/∂x + sinα ∂/∂y
ですね。何も省略して書かないで書く事にするのなら
∂f/∂r = cosα∂f/∂x + sinα ∂f/∂y
が任意の関数fで成り立つ、という事と同じ事を言っています。


なお、
∂f/∂r=(∂f/∂x)(∂x/∂r)+(∂f/∂y)(∂y/∂r)
の式(上の式とは積の順番が違う)でfを省略すると
∂/∂r=(∂/∂x)(∂x/∂r)+(∂/∂y)(∂y/∂r)
のようになりますが、このように書くことはできません。
このように書くと省略する前の式は
∂f/∂r=(∂/∂x)[(∂x/∂r)f]+(∂/∂y)[(∂y/∂r)f]
のように∂x/∂rもxで微分するという風に解釈する事になってしまうので。

この回答への補足

詳細な説明ありがとうございます。疑問点を確認します。

zとfは、r,sの関数であれば同じであるため、省略して表記できるが、実際には存在しているということでしょうか?

また
∂^2z/∂r^2=(∂x/∂r)(∂/∂x)(∂z/∂r)+(∂y/∂r)(∂/∂y)(∂z/∂r) 

をどうやって出したのかが、わかりませんでした。私がとくと

∂^2z/∂r^2=∂/∂r・(∂z/∂r)

になるようなきがします。↑は完全に分数と同じような扱いをしたため、おかしなやり方になってると思いますが、なぜこうは出来ないのでしょうか?

補足日時:2011/07/02 17:28
    • good
    • 0

>zとfは、r,sの関数であれば同じであるため、省略して表記できるが、実際には存在しているということでしょうか?


細かい事を抜きにすれば基本的にはそういう認識で良いです。


>∂^2z/∂r^2=(∂x/∂r)(∂/∂x)(∂z/∂r)+(∂y/∂r)(∂/∂y)(∂z/∂r) 
>をどうやって出したのかが、わかりませんでした。
∂f/∂r=(∂x/∂r)(∂f/∂x)+(∂y/∂r)(∂f/∂y)
にf=∂z/∂rを代入しただけです。∂(∂z/∂r)/∂xのような表記だと見にくいので、(∂/∂x)(∂z/∂r)のように書いています。

>∂^2z/∂r^2=∂/∂r・(∂z/∂r)
>になるようなきがします。
なるという事で正しいですよ。実際、上の式の左辺にf=∂z/∂rを代入すると(∂/∂r)(∂z/∂r)になりますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

多々の回答誠にありがとう御座いました。一応問題の解が一致するような書き方が出来ました。(あっているかどうかは解かりませんが・・・笑)

非常に参考になりました。また機会があれば、ご質問するかもしれません。ありがとう御座います。

お礼日時:2011/07/02 21:39

∂/∂r = cosα∂/∂x + sinα ∂/∂y などを使って変形したんですよね。


同じことを繰り返せばいいです。
∂^2/∂r∂x = ∂/∂r(∂/∂x) = cosα∂/∂x(∂/∂x) + sinα ∂/∂y(∂/∂x) = cosα ∂^2/∂x^2 + sinα ∂^2/∂y∂x
こんな感じのことを全ての項についてやれば出てくるはずです。

この回答への補足

対応感謝します。
別の回答に、自分で解いた過程を載せました。参考にしてください。
微分記号に慣れていないので、初歩的な返答になりますが、御了承下さい。

∂/∂r = cosα∂/∂x + sinα ∂/∂y

これは用いておらず、なぜこうなるのかわかりません。どの様な規則でこうなるのでしょうか?
また、zはどうされたのでしょうか?

補足日時:2011/07/02 08:55
    • good
    • 0

>∂^2z/(∂r∂x)cosα+∂^2z/(∂r∂y)sinα-∂^2z/(∂s∂x)sinα+∂^2z/(∂s∂y)cosα


の導出はいったいどうやったのでしょう?
どうやったとしても、それと同じことをやればいいだけだと思いますが、同じ事ができない理由が何かあるのですか?

この回答への補足

対応感謝します。自分は

∂^2z/∂r^2=∂/∂r・(∂z/∂r)

=∂/∂r・(∂z/∂x・∂x/∂r+∂z/∂y・∂y・∂r)

=∂/∂r・(∂z/∂x・cosα+∂z/∂y・sinα)

=∂^2z/(∂r∂x)・cosα+∂^2z/(∂r∂y)・sinα   (1)

∂^2z/∂r^2= ↑と同じやり方で

=-∂^2/(∂s∂x)・sinα+∂^2z/(∂s∂y)cosα    (2)

(1)+(2)=質問の式
です。

全微分に関して自分が用いた方法は
z(x,r), x(r,s), y(r,s) の時

∂z/∂r=∂z/∂x・∂x∂r+∂z/∂y・∂y/∂r
∂z/∂s=∂z/∂x・∂x∂s+∂z/∂y・∂y/∂s と置ける。

これのみです。

二階微分になってくると、微分記号の動きがよくわかりません。分数のように扱えると聞いてますが、実際分数ではないため、上記のように()で分けて計算できるのかどうかも、自分としては怪しい状態です。正しい解法を参考にしたいと考えております。

補足日時:2011/07/02 08:46
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング