【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

雲のうしろにはいつも太陽が輝いている。
Behind the clouds is the sun always shining.

上記の文は倒置文で、

元の文は
The sun is always shining behind the clouds.

という現在進行形の文でしょうか。

しかし、太陽の運動は半永久的なものなので、

The sun rises in the east.

という表現のように、
進行形にせずに普通の形にするべきではないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「彼は朝食前にいつもジョギングしている」


He is always jogging before breakfast.
これは日本語から来る誤りです。

He usually jogs before breakfast.
日本語の「いつも」はあいまいですが,always は(ほぼ)100%を表しますので,
多くの場合,usually「普通は」の方がいいです。

そして,日本語では習慣的動作を「~している」と言うことがありますが,
英語では単なる現在形です。

このような習慣的動作や,一般真理を現在形で表すのは,たんたんと事実を述べる場合です。

一方,He is always complaing about something.
「彼はいつも何かに愚痴をこぼしている」のように,
進行形+ always で「いつも~ばかりしている」という表現があります。

本当に always ではなくてもよく,話者の驚きやいらだちを表す誇張的な表現です。

この「してばかりいる」は目の前でその行為が行われているかのように進行形で表します。

驚きやいらだちが典型的ですが,
The Rhine is always pouring its waters into the sea.
「ライン川はたえず海に水を注ぎ込んでいる」のような,自然への驚嘆の念を表すこともできます。

Behind the clouds is the sun always shining.
は確かに倒置であり,「雲が出ているその裏では実は」という感情が
is always shining という表現に現れています。

倒置によってこの感情がより明確に現われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答を読ませていただいた後、改めて調べましたら、
進行形はしばしばalwaysを伴い非難を表すとのことは知っていたのですが、
必ずしも非難とは限らないんですね。

お礼日時:2011/07/03 05:33

倒置文のBehind the clouds is the sun always shining.を元に戻すと、



There is the sun always shining behind the clouds.

になるのかも知れません。
分詞のshiningをそのまま生かしていますので、現在進行形と無関係になります。
普通、there isの文に定冠詞+名詞(例:*There is the book.)が続くことはありませんが、太陽系での太陽はthe sunと決まっていますのでthere is the sunで大丈夫の筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう解釈も十分可能ですね。
二通りの解釈を頭に入れておこうと思います。

お礼日時:2011/07/03 05:36

>上記の文は倒置文で、元の文は~


その認識で結構です。

>進行形にせずに普通の形にするべきではないのでしょうか。
結論から言うと、Behind the clouds is the sun always shining. は何の問題も無いです。
文脈にもよりますが、私の率直な判断で言えば、現在形を使うより、現在分詞を使う方が文として優れているとさえ思います。

これは文法(grammar)の問題ではなく、文体(style)の範疇に属する問題です。
ある形が正しいか正しくないか、ではなく、文として、どちらが優れているか、の問題です。
現在形と現在分詞の違いについては、前の方の回答の通りですが、さらに例を挙げるなら、

例えば、百科事典などで、太陽の性質を述べる文でしたら、

The sun rises in the east.

のように現在形を用いて何の問題も無いでしょうが、件の文は、倒置になっていることから判断して、
説明文などではなく、何らかの散文の抜粋ではなかろうかと思います。

であれば、現在分詞を使って書く方が、文として、より「生き生き」とした描写になります。
(現在分詞は、今、眼前で躍動している、というリアル感を効果的に出せます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>これは文法(grammar)の問題ではなく、文体(style)の範疇に属する問題です。

改めて読んでみると納得できます。
現在形は無機質で硬いイメージがありますが、
現在進行形にすると躍動感あふれるイメージを持ちます。

お礼日時:2011/07/03 05:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング