人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

息子の友人(23歳)の話です。

息子の友人は、大手A新聞の店舗で新聞配達のバイトをしています。
先日、前かご満杯に積んであった新聞が、きちんと詰められていなかったせいか
バイクに乗っている最中に一気に顔めがけて飛んできて、転倒してしまったそうです。
幸い、擦り傷・打撲程度で、たいした怪我にならずすんだのですが
バイクの方はかなりダメージを受け修理に出しているそうです。

事故が発生してから、すぐに店舗には連絡を入れたのですが
配達を出来る人がすべてではらっていたため、配達をする時間がかなりおそくなり
その間お客さんから何件も問い合わせの電話が入り、店側は対応に追われたという事です。
その日は病院に行ったという事なので、配達はしなかったそうなのですが
次の日から休まず配達をしているそうです。

今、バイクの修理代弁済を求められているそうです。
そして、店舗に迷惑をかけたという理由で、先月末ににもらえるはずの
給料をもらえなかったそうです。

私は仕事中の事故なのだから、病院代だって本来は店側が出すべきだと思うし
ましてバイクの弁済や給料差し押さえはおかしいでしょ、と彼に言ったのですが
彼自身も、自分で店長に、弁済するのなら給料をもらえないというのはおかしいのではないかと
言ってみたそうですが、取り合ってくれないどころか、もう大人なんだから常識で考えれば
わかるだろう!逆に叱られてしまったそうです。

私の常識では、店長の言っていることが非常識に感じるのですが
実はあたりまえのことなのでしょうか。

ちなみに、彼は他県から東京にきて一人暮らしなので、親や親戚に頼れないと
言っています。

ご意見よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>今、バイクの修理代弁済を求められているそうです。


そして、店舗に迷惑をかけたという理由で、先月末ににもらえるはずの給料をもらえなかったそうです。

給料は払う。修理代は息子さんの友人の損害賠償責任の負担割合(話合いで決着がつかなければ店側が裁判でもするしかありません)を別途払わせる。これが“常識”です。

賃金不払いについては、所轄の労働基準監督署に行けばアドバイスされます。払われずに最悪「申告」に至ると労働基準監督署が介入(労基法違反の行政指導)して来ます。監督署に申告すると居辛くなるかも知れません(法律上は不利益取扱い禁止です)。

2~3割負担するぐらいで話合いで解決するといいのですが。そうそう治療費は本当は労災(ただ)だった筈です。

ご参考

労働基準法第104条(監督機関に対する申告)(1)
事業場に、この法律又はこの法律に基いて発する命令に違反する事実がある場合においては、労働者は、その事実を行政官庁又は労働基準監督官に申告することができる。

同(2)  
使用者は、前項の申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない。
    • good
    • 0

雇用契約書に、賠償関係が書かれていても、給料には関係ありません。



給料は、労働対価ですから支払われるのが当然です。
また、賠償でも差し引く額は労働基準法で決められていますから、全額抑えるのは違法行為です。

バイクは、転倒するのは仕方がありませんが、修理費用は分割でも問題はありません。
店長の常識が、法律違反ですから労働基準監督署へ相談と苦情を言うべきでしょう。
    • good
    • 0

給料は給料で支払われるべきですよ。


その上で損害賠償です。
(バイクと配達遅延による損害)
訳も分からず相殺して不払いは違法です。
やはり監督官庁(労基)へ一度相談された方がいいかと思います。
    • good
    • 0

はじめまして、よろしくお願い致します。



>きちんと詰められていなかったせいか

原因がきちんと・・・ですね。
そして、労働契約の内容にもよります。会社に迷惑をかけたら賠償責任を取ると
記載してあると思います。

会社が一番いたいのは、お客さまへ新聞を時間どうりに配達できなく
契約をおじゃんにしてしまうことです。(信用を失うこと・・・次回の契約が不利)

すなわち、自分の不注意で起こした事故ですからバイクの修理代や会社への損害賠償(いままでの
給料)を支払うことが常識です。なので、真剣に仕事をしないといけないのです。
もし、人でも引いてしまったら交通刑務所へです。

会社の店長が決めたことなので、覆すことは非常に困難です。

ご参考まで。
    • good
    • 0

労働基準監督署に相談してください。



給与はなにがあっても支払われるべきです。

勤務中の事故は労災です。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社用車で事故。修理代は自腹じゃなきゃダメですか?

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでした。
今までにも何回か誰かしら事故を起こしていましたが、誰もお金を請求されていませんでした。
ただ、私はこれで会社の車を傷つけたのは3回目なので、しょうがないのかな・・・とも思います。
が、先月正社員からパートになり、時給800円で働いているので、
5万以上の請求が来ると、一カ月の給料がほぼなくなります。
子供も預けて働いているので、かなり金銭的に厳しいです。

私が悪いとは思うのですが、やはり払わなければいけないのでしょうか?
うちの会社は狭いところにあるため、頻繁に事故をしており、他の人は請求されていないのに、私だけ?という思いが抑えれません・・・・。

皆様のご意見おねがいします。

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでし...続きを読む

Aベストアンサー

それは業務中の事故ですね。
そして、その業務は上司の命令によるものですね。
だとしたらあなたは一銭も払う必要はありません。
会社はその時の為に保険をかけています。
これは車以外の会社の設備でも同じことです。
会社はこうした余計な出費を防ぎたければ、本来は運転者の技能認定を行なう、技能訓練を行なう、事故を起こしやすい箇所の改善を行なうなどの義務があります。

正論ではこうなるのですが、あなたのお勤め先は中小企業であなたはパートですよね。
だったら辞めてくれ、ということになりかねませんから、やんわりと上記のようなことを言って、同時に少しだけ罰金を払うということで収めてもらったらどうでしょうか?

Qアルバイト中の事故による損害賠償について

私は10ヶ月前からアルバイト契約(雇用保険のみ加入)で運転手をしています。

先日、交差点内で追突事故を起こしてしまいました。責任は私の過失で言い訳のしようもありませんが損害賠償について疑問があります。

私の雇用については少し複雑で、所属会社(給料を貰っている会社)のトラックは運転しておらず仕事自体を貰っている会社(ここでは親会社としておきましょう)のトラックを運転中に事故を起こしました。
ちなみに親会社は私が所属会社に正雇用されていると思っている様です。(契約時にアルバイトである事を伏せて置くように言われています)

現段階では親会社のトラックを運転していたことで、そのトラックの保険を使って相手方に慰謝料等の賠償が行われるものと思われますがトラックは私の所属会社が修理費を負担する様です。

私自身現在は、事故後トラックの乗務は禁止となり今は自宅待機している状態です。

私的には自分に過失責任がある以上アルバイトを解雇されるのは仕方ない事だと考えていますが問題は私自身に賠償責任がどれだけ発生するのかが心配です。

恐らく近日中には雇用契約や賠償についての話し合いがあると思いますが賠償責任も取り上げられることと想定できます。

つきましては、責任を負うべき割合など事例でも結構ですので教えて頂けると幸いです。

話があってからの質問でも良かったのですが心配でしかたがないので・・・

宜しくご教授下さいます様お願い致します。

私は10ヶ月前からアルバイト契約(雇用保険のみ加入)で運転手をしています。

先日、交差点内で追突事故を起こしてしまいました。責任は私の過失で言い訳のしようもありませんが損害賠償について疑問があります。

私の雇用については少し複雑で、所属会社(給料を貰っている会社)のトラックは運転しておらず仕事自体を貰っている会社(ここでは親会社としておきましょう)のトラックを運転中に事故を起こしました。
ちなみに親会社は私が所属会社に正雇用されていると思っている様です。(契約時にアルバイトである事...続きを読む

Aベストアンサー

ANo1さんの判例とは、
「石油等の輸送及び販売を業とする使用者が、業務上タンクローリーを運転中の被用者の惹起した自動車事故により、直接損害を被り、かつ、第三者に対する損害賠償義務を履行したことに基づき損害を被った場合において、使用者が業務上車両を多数保有しながら対物賠償責任保険及び車両保険に加入せず、また、右事故は被用者が特命により臨時的に乗務中生じたものであり、被用者の勤務成績は普通以上である等判示の事実関係のもとでは、使用者は、信義則上、右損害のうち四分の一を限度として、被用者に対し、賠償及び求償を請求しうるにすぎない。」(最高裁第1小法廷昭和51年7月8日判決)
だと思います。

この事例では、(1)会社が対物賠償保険に加入しておらず、賠償金は全額会社が負担、(2)運転者は普段は小型トラック乗務員であったが、事故当時は特別な指示を受け、タンクローリーを運転していた。(3)勤務成績は普通以上で、その成績に見合った給与が支給されていた
という事情があります。

判例では個別の事情がどのように斟酌されているか注意しないと、誤った判断に陥ります。

民法715条第1項で使用者責任が規定されていますが、同条第3項では「使用者または監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない」とあります。
求償権の行使とは、信号無視などかなりの重過失が認められる場合に、会社が第三者に賠償した後、当の従業員にその賠償額を請求することです。

しかしながら、会社が支払った賠償額全額を従業員に負担させることまで認められるわけではなく、先の判例は、それを判示したものではあります。もっとも、必ずしも会社の求償権が4分の1までに制限されるものでもなく、車両管理規程が整備され、安全運転管理が徹底されていたかという点などが勘案されます。
使用者としては、従業員に対して車両だけに限らず業務全般の安全管理やその指導を行う責任があり、その責任を尽くしても発生が避けられなかった事故については、使用者責任が免責されますが、過去の判例で使用者責任が免責されたことはほとんどありません。

質問者様のケースは、正社員でないにもかかわらず、正社員を装って、取引先の社用車の運転を主たる業務としていたわけですから、勤務先が安全運転管理を徹底していたとは思えません。
勤務先としてもそのあたりは理解しているでしょうから、質問者様の解雇理由に賠償問題を出してくる程度でしょう。
もし、具体的な賠償金の請求があった場合は、10~20%が質問者様の負担上限と思われますので、その線で交渉するか、弁護士にご相談される方がよいでしょう。

参考までに、仮に質問者様が賠償することになった場合であっても、アルバイトとはいえ、従業員の給与から勤務先が天引きすることはできません(労働基準法24条の全額払いの原則に抵触)ので注意が必要です。

ANo1さんの判例とは、
「石油等の輸送及び販売を業とする使用者が、業務上タンクローリーを運転中の被用者の惹起した自動車事故により、直接損害を被り、かつ、第三者に対する損害賠償義務を履行したことに基づき損害を被った場合において、使用者が業務上車両を多数保有しながら対物賠償責任保険及び車両保険に加入せず、また、右事故は被用者が特命により臨時的に乗務中生じたものであり、被用者の勤務成績は普通以上である等判示の事実関係のもとでは、使用者は、信義則上、右損害のうち四分の一を限度として、...続きを読む


人気Q&Aランキング