ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

環境:PRIMERGY TX100 S1 オンボードSATA(Embedded MegaRAID SATA) RAID10 2TBx4

オンボードRAID環境にCentOS5.xをインストールしたいのですが、
インストール時にRAIDドライバを検出せず、インストールすることができません。
ネットワークインストールです。(boot: linux nostorage nonet)
富士通がサイトで手順を公開しているので、そのままやっているのですができません。
途方に暮れています。手順としては下記のような感じです。

>>■1. 次のファイルを選択し、USB メモリにコピーします。
>>d:¥Linux¥DRV_UTY¥RHEL5I64¥INST_KIT¥megasr-13.11.0922.2009-1-002.x86_64.iso

→RAIDのドライバをUSBメモリにコピーして入れました。

>>■1.【F2】キーを押します。2. Driver Disk Source 画面にて、「/dev/sda1」が選択されていることを確認し、「OK」を選択します。
>>3. Select driver disk image 画面にて、
>>「megasr-13.11.0922.2009-1-002.x86_64.iso」を選択し「OK」を選択します。
>>4. ドライバ一覧が表示されるので、「LSI megasr Software RAID driver (megasr)」を選択し「OK」を選択します。
>>5. USB メモリを取り外します。

→ Select driver disk image 画面でファイルを選択するところまでは良いのですが、
ドライバ一覧に「LSI megasr Software RAID driver (megasr)」が見あたらず、
何度やっても出てきません。
CentOS5.6/5.5/5.4のネットワークインストールCDでそれぞれ試しましたが、
やはり何度やってもドライバ一覧には出てきません。

富士通の手順通りにやっているのにできないので困り果てています。
どなたか解決法をご存じの方、どうか力をお貸しいただけないでしょうか。m(_ _)m
2TB*4 RAID10だからいけないのでしょうか。でもRAID1でやっても結果は同じでした。
USBメモリがいけないのか。でもUSBメモリ二つ試したけど同じ結果でしたし、ほかのサーバーでは問題ありませんでした。

説明書:http://primeserver.fujitsu.com/primergy/manual/m …
インストールキット:http://www.fmworld.net/cgi-bin/drviasearch/drvia …
※インストールキットのRAIDドライバ(megasr-13.11.0922.2009-1-002.x86_64.iso)を使っています。

A 回答 (2件)

念のため確認ですが、インストールしようとしている CentOS 5.x が


32bit版(i386) ってことはないですかね。。。

この回答への補足

うーん。x86_64ですね。ありがとうございます。

補足日時:2011/07/03 19:17
    • good
    • 0

USBメモリ外すの早いわけではなくて?


ドライバー検索時に場所の指定など出来たと思いますが
それにはsda1を選択してますか?

この回答への補足

USBメモリはずっと指したままですね。sda1選択していますし、ファイル選択画面でドライバのファイルを選択するところまではいけるんですよね。その後なんか読み込んでる風な画面が一瞬出て、でも一覧にはドライバ名が出てこないという・・・。ありがとうございました。

補足日時:2011/07/03 15:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライブを認識せずにCentOSがインストールできない状況です。

ドライブを認識せずにCentOSがインストールできない状況です。
PowerEdgeR410にCentOS 5.4(64bit版)をインストールしようとすると、
パーティション設定時に
----
ドライブがみつかりませんでした。
エラー発生-新規ファイルシステム作成のための有効なデバイスが見つかりません。ハードウェアをチェックして、この問題の原因を調査してください。
----
というエラーが発生してインストールができない(インストール先のHDDが指定できない)状態になってしまうのですが、対処方法をご存じでしたら教示いただけますか。
テキストモードで
boot:linux all-generic-ide noapic nolapic irqpoll
としても同様です。
ハードディスクはPERC S300にてSAS HDD 3台でRAID5を組んでおり、BIOSレベルでは認識しています。

Aベストアンサー

SASコントローラが対応しているのか?
一応DELLのページ見てみるとRHELは対応しているみたいだけど互換のCentOSまでの説明は当たり前のようにないね。
まずはその対応状況だね。
CentOSが互換と言っても完全互換ではないことは理解しておかないとね。

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

Qtopコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について

topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。
CentOS5.4上で動作しているアプリケーションの使用メモリについて調査しています。
サーバのメモリ容量は512MBで、この上でスワップアウトしないようにアプリケーションの起動数(常駐)を調整しようとしています。

topコマンドでプロセスが使用している物理メモリ容量はRES項目を見れば良いことがわかっていますが、VIRT(仮想メモリの総量)とSWAP(スワップされたサイズ)が具体的に何を示しているのかがわからず、困っています。

topコマンドの出力結果は下の通りです。
この検証用サーバでは暫定的にパーティション設定でスワップ領域を作成していません。
しかしtopコマンドではVIRTとRESの数値は差異があり、SWAP項目も大きな値を示しているプロセスがあります。

スワップ領域が無いのではtopコマンドはVIRTとRESが同じになり、SWAPはゼロとなると予想していたのですがどうしてならないのですか?

top - 03:35:44 up 36 min, 3 users, load average: 0.13, 0.17, 0.20
Tasks: 90 total,  1 running, 89 sleeping,  0 stopped,  0 zombie
Cpu(s): 0.0%us, 1.3%sy, 0.0%ni, 98.0%id, 0.0%wa, 0.0%hi, 0.7%si, 0.0%st
Mem:  515340k total,  452152k used,  63188k free,  18132k buffers
Swap:    0k total,    0k used,    0k free,  347404k cached

 PID USER    PR NI VIRT RES SHR S %CPU %MEM  TIME+ SWAP COMMAND
 4602 tomcat  25  0 645m 28m 6996 S 0.0 5.8  0:04.12 616m java
 2227 root   34  19 25656 10m 2108 S 0.0 2.0  0:00.12 14m yum-updatesd
 1680 root   17  0 11580 9964 240 S 0.0 1.9  0:00.02 1616 restorecond
 1936 haldaemo 18  0 5472 3676 1688 S 0.0 0.7  0:01.20 1796 hald
 2499 root   18  0 10540 2916 1504 S 0.0 0.6  0:00.03 7624 httpd
 3672 root   15  0 10064 2888 2308 S 0.7 0.6  0:02.50 7176 sshd
 3927 root   20  0 9916 2880 2308 S 0.0 0.6  0:00.34 7036 sshd
 2054 root   18  0 10116 2328 1696 S 0.0 0.5  0:00.04 7788 cupsd
 2500 apache  25  0 10540 2088 640 S 0.0 0.4  0:00.00 8452 httpd

どうしてもズレるので画像を添付してます。

topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。
CentOS5.4上で動作しているアプリケーションの使用メモリについて調査しています。
サーバのメモリ容量は512MBで、この上でスワップアウトしないようにアプリケーションの起動数(常駐)を調整しようとしています。

topコマンドでプロセスが使用している物理メモリ容量はRES項目を見れば良いことがわかっていますが、VIRT(仮想メモリの総量)とSWAP(スワップされたサイズ)が具体的に何を示しているのかがわからず、困っています。
...続きを読む

Aベストアンサー

答えにたどり着く前に、若干長めの説明が必要です。

> topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。

 RESは、ご認識の通り、そのプロセスの物理メモリ使用量です。

 VIRTとして表示されている仮想メモリ総量とは、そのプロセスの
仮想アドレス空間の中で、有効となっているページの総量です。
これに計上されるのは、参考リンクの「仮想記憶の概念図」でカラフルに
描かれている「物理メモリ」や「スワップ」に対応するページのほか、
以下のようなものも含まれます。

・プロセスが確保したメモリのうち、まだ一回もアクセスして
 いない部分。
  ⇒アクセスしたときに初めて物理メモリが割り当てられ、
   RESにも計上されていきます。
  (javaのRESに比べてかなり大きいVIRTは、これによるものと
   思われます。大きなヒープサイズを指定していませんか?)

・プロセスが ファイルを仮想メモリ空間にmmap(2) したが、
 まだ一回もアクセスしていない部分。
  ⇒Linux(UNIX) には、あたかもメモリをアクセスするかのように
   ファイルを読み書きできる mmap(2) という機能があり、
   かなり多用されています。mmap直後のファイルは、
   VIRTには計上されますが、物理メモリには読み込まれずRESには計上
   されません。ファイルをmmapした仮想メモリ空間にアクセスした
   部分が、物理メモリに読み込まれRESに計上されます。

> スワップ領域が無いのではtopコマンドはVIRTとRESが同じになり、
> SWAPはゼロとなると予想していたのですがどうしてならないのですか?

実は、SWAPとして表示される数値は、単に VIRT と RES の差です。

VERT(仮想メモリ総量)の中には、物理メモリ(RES)やスワップ領域の
使用量だけなく上記で挙げたような仮想空間の部分の合計が含まれ
ますから、スワップ領域がゼロでも、上記で挙げたような空間が
SWAP として表れているのです。

個人的にはこの数値をSWAPと呼ぶのは、かなり不適切だと思いますが、
多くのLinuxディストリビューションのtopコマンドで表示される
SWAP欄は、そういう計算をしているということです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E8%A8%98%E6%86%B6

答えにたどり着く前に、若干長めの説明が必要です。

> topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。

 RESは、ご認識の通り、そのプロセスの物理メモリ使用量です。

 VIRTとして表示されている仮想メモリ総量とは、そのプロセスの
仮想アドレス空間の中で、有効となっているページの総量です。
これに計上されるのは、参考リンクの「仮想記憶の概念図」でカラフルに
描かれている「物理メモリ」や「スワップ」に対応するページのほか、
以下のようなものも含まれます...続きを読む

QWindows7のCドライブの領域を増やす方法

Cドライブの容量が直ぐにカツカツになってしまうので余っているDドライブの領域を持ってこようと思っています。(同じHDD)

コンピュータの管理から、ディスク管理にて、Dドライブのボリュームを縮小して、未割り当て40GBを作成しました。
そこで、Cドライブを右クリックして、「ボリュームの拡張」としたいのですが、選択できない状態となってます。
これは、拡張することは出来ないのでしょうか?

ちなみに、Cドライブの空き容量は、4.95/24.4GB です。

OS:Windows7 HomePremium SP1

Aベストアンサー

7のC:D:のサイズ変更はややこしいですよ。C:を拡張するにはC:に隣接した未割り当ての容量が必要です。D:を縮小した場合はD:の後ろに未割り当ての容量ができるのでそれをC:に結合することはできません。その操作は次のようになります。
1:D:を縮小してD:の後ろに未割り当ての容量を作り、そこにドライブを作ってフォーマットし、D:の中のデータをそちらへコピー。
2:D:を削除して未割り当ての容量を作る。
3:C:を拡張。

ということですので、サイズ変更ソフトを使ったほうがずっと楽ということになります。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html
D:を選択して左端を右へドラッグ>C:を選択して右へドラッグ>Applyを押す。これだけ。

ですが、その前にユーザー内の、「マイドキュメント」「ピクチャー」「ミュージック」「ビデオ」「デスクトップ」「ダウンロード」のターゲットをD:へ移しておきましょう。でないと、せっかくサイズ変更をしてもまたすぐにいっぱいになってしまいます。
http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=169&PID=8708-4506
D:ドライブに適当な名前のフォルダーを作る(私の場合は「キャビネット」)。そのフォルダーに6個のフォルダーを作る(私の場合は「まいどきゅめんと」「ぴくちゃー」「みゅーじっく」「びでお」「だうんろーど」「ですくとっぷ」)。後は上の説明書のように、マイドキュメントなどを右クリック>プロパティ>場所>移動 で対応するフォルダーを指定。

7のC:D:のサイズ変更はややこしいですよ。C:を拡張するにはC:に隣接した未割り当ての容量が必要です。D:を縮小した場合はD:の後ろに未割り当ての容量ができるのでそれをC:に結合することはできません。その操作は次のようになります。
1:D:を縮小してD:の後ろに未割り当ての容量を作り、そこにドライブを作ってフォーマットし、D:の中のデータをそちらへコピー。
2:D:を削除して未割り当ての容量を作る。
3:C:を拡張。

ということですので、サイズ変更ソフトを使ったほうがずっと楽ということになります。
http:...続きを読む

QCentOS6.4 フォーマット失敗する。

こんにちは、このたびはお世話になります。


CentOS6.4をサーバーにインストールする際に必ずフォーマットが失敗してしまいます。

発生タイミングとしては以下になります。
・言語設定→ホスト名設定→地域設定→root設定→インストールタイプ設定→エラー

インストールタイプは「すべての領域を使用する。」
「既存のLinuxシステムを入れ替える」どちらを選んでもエラーが表示されます。

エラーメッセージは以下になります。

デバイス /dev/mappaer/ddf1_MegaSR R1 #Op1をフォーマット中にエラーが発生しました。
invalid device specification

この後の画面に”anacondaインストーラが失敗しました”的なメッセージが表示されておりました。


お手数をおかけしますが、何かご存知の方が居られましたら情報をお願いします。

Aベストアンサー

http://www.lesstep.jp/wiki/index.php?PRIMERGY%20RX100%20S6%E3%81%A7RAID%E3%81%8C%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84
http://support.ts.fujitsu.com/Download/Index.asp?lng=COM

Primagyということなので、上記2番めのリンクからドライバを入手してください。

#1の回答の中に、「ドライバの読み込み」というリンクがありますのでそちらと合わせて参照してください。


人気Q&Aランキング