ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

【原発問題】 「原発にテポドンを撃ってきたら?」→「着弾があっても、堅固な格納容器と思ってる」 関電、変わらぬ“安全神話”強弁

 東京電力福島第1原発の事故収束が見通せない中、28日の東京電力に続き、関西電力の株主総会が
29日に大阪市内で開かれた。7月から15%節電を求めている関電でも、経営陣は「原子力は必要な
電源」との立場を強調。株主からの「北朝鮮が原発に対してテポドンを撃ってきたらどうするか」との
問いに対しても、自信満々に「着弾があっても、堅固な立派な格納容器と思っている」と答えた。
これには識者も「バカげた返答だ」と批判。電力会社と市民との意識のズレが露呈した形となった。

 関電の総会には、過去最多の2008年を700人以上上回る2244人の株主が出席した。会場外の
炎天下にも負けない熱気の中、関電経営陣は「原子力を“中心とした”最適な電源構成を構築する」と、
原発事業の拡大の意向さえ示唆。「脱原発」とかけ離れた感覚に、文字通りの“爆弾発言”が浴びせられた。

 「北朝鮮が原発に対してテポドンを撃ってきたらどうしますか。その対策を教えて下さい」―男性株主の
質問に、原発事業の担当役員である豊松秀己常務取締役(57)が答弁に立った。「テロ対策は、侵入が
あれば治安機関に通報する。大規模テロには対策本部を設置し、テポドンの場合は国民保護対策本部を
作って国と対応する」その上で「仮に着弾があっても、堅固な立派な格納容器と思っている」と言い放った。
関電の原子炉11基は日本海に面する福井県内にあるが、弾道ミサイルの標的になっても「大丈夫」との
強弁だった。

 根拠は不明だが、自信満々の“安全保障宣言”。原子力発電に長年警告を発してきた京大原子炉実験所の
小出裕章助教(61)は、この発言を大いに疑問視。「仮に格納容器が壊れなくても、配管1本が壊れる
だけで炉心溶融(メルトダウン)が起こりえる。格納容器が大丈夫だからというのは、もともと成り立たない
バカげた返答」と、関電の見解を一蹴した。
(続く)

▽スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110629- …

本当に原発にミサイルが当たっても大丈夫なのかな?
戦争やテロから日本の原発を守るのは大丈夫なのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 元陸上自衛官です。



 テポドンは命中精度が低いので原発に直接命中する確率は低いでしょう。また今のところ北朝鮮にテポドンに搭載できるような小型の核弾頭を開発する技術もありません。

 しかし北朝鮮はハッタリをかますのが得意な国です。もし「・・・されたら、テポドンで日本の原発を攻撃する」と言われたら日本政府はどう対応するのでしょう。

 自衛隊の装備でテポドンを迎撃できる可能性があるのは海上自衛隊のイージス艦に搭載されているSM-3   http://ja.wikipedia.org/wiki/RIM-161%E3%82%B9%E3 …
 と航空自衛隊のPAC-3  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88% …   だけです。

 湾岸戦争でスカッドミサイルを迎撃するためパトリオットPAC-2が使われましたが、wikiに書かれているように命中率は高くなく、スカッドより落下速度の速いテポドンをPAC-2で迎撃するのは無理でしょう。

 もし北朝鮮に挑発されたらイージス艦を日本海に派遣することくらいしか打つ手が無いのではなかろうか。

 それよりも憂慮すべきは、日本の原発は突然の空からの攻撃に対し殆んど無防備だということです。

 航空自衛隊には主要都市の防空を行う「高射隊」と航空自衛隊基地を防空する「基地防空隊」という高射部隊があります。

 陸上自衛隊にも主要都市を防空する「高射群」と味方地上部隊を防空する「師団高射」があります。

 「高射隊」も「高射群」も平時において対空監視をしており、短時間で対空戦闘可能な状態にあります。

 しかし防空できるのは主要都市だけです。過疎地に建設された多くの日本の原発は、航空および陸上自衛隊の高射部隊の防空圏の外にあります。

 9.11テロのようなことが起きれば航空自衛隊の戦闘機をスクランブルさせるしか原発を防空する手段はないでしょう。

 軍隊というのは仮想敵国の弱点を徹底的に研究するものです。福島第一原発事故によって、原子炉を冷却できない状態にすれば、一日もしないうちにメルトダウンするということが暴露されてしまいました。

 原子力発電所の存在は日本の防衛において大きな足枷になることでしょう。

 原子炉の格納容器の鋼鉄の厚さは2~3センチ程度らしいですね。太平洋戦争時の日本の戦車の装甲並みです。それを堅固というのか東京電力は。

 私が日本を攻撃する立場なら「もんじゅ」を攻撃しますね。

 国防という観点から原子力発電所のあり方を考える人が少なすぎるのが今の日本の現実なのでしょう。

 
    • good
    • 0

大丈夫なわけがない。


原発は「緊急系統は故障しない。どんなときも作動する」という前提になっています。
挙句が今回の騒ぎです。
    • good
    • 0

原発にテポドン打ったら日本が終わる代わりに


北朝鮮もふるぼっこされて終わるわけで。

放射能まみれにされた世界中が黙ってるわけないわな。


馬鹿げた質問に対して馬鹿げた回答を返しただけにしか見えない。
    • good
    • 0

 


質問者も、東電も平時の安全と有事の安全をごっちゃにしてるから議論がかみ合わない。
町内会の会合などで「安全な町にするために10m置きに街灯を付けよう」なんて話をする
先の津波の時は山に駆け上がり「ここまでくれば安全だ」と眼下で津波に流される車や家を見ながら話してる。

平時の安全とは道が暗いとか不審者がいるとか、想像の危機を回避するのが安全なんです。
有事の安全とは身体の安全が守れればよい。

だから、テポドンが原発に打ち込まれた時は逃げる方法が整ってれば「安全」なんですよ。
あの質問者は津波の真っ只中で酒を飲みながら津波のニュースをテレビで見れる家を望んでるバカです。
 
    • good
    • 0

>本当に原発にミサイルが当たっても大丈夫なのかな?


大丈夫なわけないですよ。
昔、イスラエルがイラクの原子炉(フランス製)を、F-16とばして通常爆弾を使って爆撃したことありますから。

でも、その株主総会での質問も馬鹿馬鹿しいですよね。
核ミサイルで爆撃されることを仮定して、そのときに原子炉が壊れることを心配したってしょうがないでしょう。
嫌がらせの質問ですよ。
関電ももっと機知にとんだ答をすればよかったのに。
    • good
    • 0

 


東電が安全だと言う根拠を書きます
東電にある原発は軽水炉型といい、核分裂を継続するために水を使ってます。
核分裂で発生する中性子は速度が速すぎて核分裂を続けるのが困難です、そこで中性子の速度を遅くする減速材が必要になります、その減速材が水です。

減速材・・・言葉が悪いですね、「減速」の文字があるので何かを抑える様な気分になりますが、核分裂に関しては「分裂を促す」材料です。

極端な言い方をすれば水があるから核分裂が続く....
メルトダウンすれば水が無くなる---->核分裂が減る
メルトダウンすれば燃料が炉の金属や建物のコンクリートと混ざるので---->核燃料が薄まる

核燃料が薄まり、核分裂が減る、だから安全、・・・・これが技術者(東電)の考え
 
    • good
    • 0

>本当に原発にミサイルが当たっても大丈夫なのかな?



 大丈夫なわけがない
 ただ、元々テボドンは核搭載を想定しているからね
  どっちみち放射能は拡散する
 ただ、その前に今のテボドンは命中率が悪いので当たりませんがw
 今のテボドンの命中率の誤差って東京都庁狙って、東京都内に当たるのか心配なぐらいの
 命中率です。確率的にマズあたりません


>戦争やテロから日本の原発を守るのは大丈夫なのかな?
 不可能
  ただ戦争で原発を狙うって国はありませんよ?
 戦争の場合鉄則として
  1.敵の目を奪う(レーダ施設の破壊)
  2.制空権の確保
  3.制海権の確保
 ですから、福島に当てたところで人的被害はあるけど、軍事的なダメージを与えられません。これを狙うのはそもそも勝算のない戦争を仕掛ける国くらいなもんです
 日本だと北朝鮮くらい
  でも北には命中できる技術がない。
 それに北朝鮮からだと、福島より近い日本海の福井原発狙うでしょうし
  議論するのなら関西電力『美浜発電所』ですよね?
   福島を議論する意味がわからん

 でもそもそも本質として原発やめて、その足らない電気はどーすんの?
危険なのも確か、反対するのも理解できる
 でもその代わり代替案を出さないのは無責任

 質問するほうも 回答する方も馬鹿丸出しの記事に見えます
    • good
    • 0

日本の自衛隊は世界でもトップクラスです。


発車同時(若しくはもっと前)に、すぐ行動し始めて、海上に打ち落とすことができるそうです。

日本を守ってくれるのは自衛隊だけでしょうが、そのトップは首相ですから何とも言えませんね…


もし、万が一、自衛隊が負けてテポドンが原発に直撃したら、保たないでしょう。
    • good
    • 0

 


今回、地震翌日にはメルトダウンしてたのに、東電と政府は「直ちに危険な状況ではない」と繰り返しました。
テポドンでも原爆でも、9.11の様に飛行機が直撃しても、「直ちに危険な状況ではない」と言うでしょう。
それが彼らの判断です。
夏の紫外線にあたると危険と思いUVカットの長袖を着てる人と、海岸で日光浴してる人と、考え方の違いは同じ。

東電と政府はメルトダウンしても放射性物質が漏れても安全だと思ってるんです。

ただし、メルトダウンは最悪な状態では無いですよ、最悪な状態とはメルトダウン寸前の核分裂が猛烈に起こってる状態です、メルトダウンすれば核分裂は減ります。
  
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング