勉強のためVB.NETでビンゴゲームを作成しています。
がいったいどのくらいの確率なのかなときになりました。ので分かる方教えてくれませんか?
なお、これはPGの質問ではなく確率の質問と判断しましたのでこのカテゴリにしました。

-------------------
5マス×5マス(25マス)のビンゴカードがあります。

F(フリー)はランダムに3個まででます。(中央がFになるとは限りません)
2回目のボールでビンゴになる確率(ボール数は75個です)はどのくらいなんでしょうか?

※Fが1列に並ぶ可能性もあるとします。

例1
1、2、F、F、F

例2
2、F、3、F、F


Fが3個出る確率は25%(0個、1個、2個、3個)
※さらに細かいですが、Fの場所は乱数で決めていますので、ぶつかる可能性もあります(Fが2個の場合4%の確率で1つになってしまう)

もし並んで必要な番号が出る確率は、1/75*1/74
でいいのですよね?

さらに1列(ななめもビンゴとします)に並ばないといけませんよね?

すごくアホみたいな質問とは認知しています。でも知りたいので、お願いします。

できれば 計算式と意味を簡単に説明して下さるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#5です。


yoppiiさん

fushigichan さんの考え方でいくなら,

> F1,F2が重なるのは1/25
> F2,F3が重なるのは1/25
> F3,F1が重なるのは1/25

これらを単純に足すと,3つとも重なる確率が(1回ではなく)2回余分に足しこまれるので,
重ならない確率は,
 1 - (1/25) - (1/25) - (1/25) + (1/25)*(1/25) + (1/25)*(1/25) = 552/625
としなければならないと思います。

のところ、ご指摘のとおり1回少なく足していましたね!
ご訂正ありがとうございました。

hinebotさんもご検証いただき、ありがとうございます。

kenta_tanakaさん、#5の回答の

>ゆえに、フリーが3つ出ると決まった場合に
重ならずに印字される確率は
1-(1/25)-(1/25)-(1/25)+(1/25)*(1/25)=551/625

のところ
1-(1/25)-(1/25)-(1/25)+(1/25)*(1/25)+(1/25)*(1/25)=552/625
と訂正させてください。

それによって、下の確率を求める式も

(1/4)*(552/625)*(12/230)*(2/75)*(1/74)=552/132968750
=0.0004151

のように訂正させてくださいね。
一応たどり着けたみたいですね・・よかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様 ご回答ありがとうございました。
やはり確率はすごく低いようですね。
何度も回等等投稿していただきありがとうございます。
すいません。お礼が数行でして・・・・。では、

お礼日時:2003/10/28 22:02

再び、#2です。


>4の検証での計算結果は、どこか見落としがあるのだと思います。多分、下手に重複を無視したことが原因でしょう。

#5さんの回答を見直して、見落としが分かりました。
>フリーが2個の場合4%の確率で1個になってしまう
を無視してしまっているんですね。
つまり、
>なので、配置方法は全部で 2625通り
と単純に足し算しちゃいけないということ。

Fが3つ一列に並ぶ確率は
>12C1*5C3/25C3=12*10/2300=12/230 = 6/115
これに、Fが3つとも重ならない確率 552/625 をかけて
(6/115)*(552/625) = 3312/71875 ですね。
#5さんは、もろ#4で私が検証しようとした方法で計算してくれていた訳です。

なお、この値をみると
#1さんの答えは
(1/4)*(720/15625)*{(2/75)*(1/74)}

#5さんの答えは
(1/4)*(3312/71875)*{(2/75)*(1/74)}

で、一見違うように見えますがちゃんと約分すれば
720/15625 = 144/3125(= 0.04608)
3312/71875 = 144/3125(=0.04608)
で同じ値になることが分かります。

これで、私も一致しました。
    • good
    • 0

#2です。



#5さんへ
#6さんの指摘、
>重ならない確率は,
> 1 - (1/25) - (1/25) - (1/25) + (1/25)*(1/25) + (1/25)*(1/25) = 552/625
>としなければならないと思います。
は私も同感です。

#1(#6)さんと#5さんの計算結果が一致するということで、恐らくそれが正解でしょう。

従って、#4の検証での計算結果は、どこか見落としがあるのだと思います。多分、下手に重複を無視したことが原因でしょう。
できれば、何を見落としたのか納得のいく答えがでるまで、締め切らないでいただけるとありがたいのですが…。
    • good
    • 0

hinebot さん



> >F 3個の置き方の総数は,
> >25*25*25 = 15625 通り
> としているから、区別する必要があるということでしょうかね。ちょっと検証。

そうです。そこなんです。

fushigichan さん

フリーが3つのとき,重ならない確率は,
 (25/25)*(24/25)*(23/25) = 552/625
だと思います。

fushigichan さんの考え方でいくなら,

> F1,F2が重なるのは1/25
> F2,F3が重なるのは1/25
> F3,F1が重なるのは1/25

これらを単純に足すと,3つとも重なる確率が(1回ではなく)2回余分に足しこまれるので,
重ならない確率は,
 1 - (1/25) - (1/25) - (1/25) + (1/25)*(1/25) + (1/25)*(1/25) = 552/625
としなければならないと思います。

これで計算すると,fushigichan さんの計算結果と私の計算結果は一致します。
# 正しいかどうかは…?
    • good
    • 0

kenta_tanakaさん、こんにちは。


とても面白そうで、難しそうな問題ですね。

>F(フリー)はランダムに3個まででます。(中央がFになるとは限りません)

フリーというのは、ボールじゃなく、最初からカードに刷ってある
フリースペースのことですよね?
(そこは、ボールが出たものとして扱える)

まず、フリーが3個出る確率は、(1/4)です。

ところが、フリーが3個出た場合でも、重なるときもあるんですよね?
フリーが2個の場合4%の確率で1個になってしまう、というのは
フリーを2個分だすぞ、と機械が思ってても、重なる場所にフリーが印刷されてしまう可能性が4%ということですよね。
4%=1/25の確率で2つが1個になってしまう。これをどう考えたらいいのかが難しいのですが・・

フリーをF1,F2,F3とするとき、
F1,F2が重なるのは1/25
F2,F3が重なるのは1/25
F3,F1が重なるのは1/25
F1,F2,F3が重なるのは上で重複して数えてあるが(1/25)*(1/25)

ゆえに、フリーが3つ出ると決まった場合に
重ならずに印字される確率は
1-(1/25)-(1/25)-(1/25)+(1/25)*(1/25)=551/625

これで、フリーが3つ出ると決まった上に、3つの異なる場所にフリーが位置する確率は

(1/4)*(551/625)となる。


このフリーが異なる場所に3個出た、という事象が起こっている場合に、
5×5=25のスペースのうち、3つがフリーである場所のとり方は、

25C3とおり。

また、そのうち、たて5行、横5行、ナナメ2行の合計12行のうちから
1つの行にビンゴが並ぶので、12C1とおり。

並ぶ行を決めたら、あとは、その5つの並びのうち
どれがフリースペースなのかで5C3とおり。

12C1*5C3/25C3=12*10/2300=12/230

さらに、このときに、残りの2つのスペースには
残りの75個の玉から、2個選んで、その数字が入らないといけないので

(2/75)*(1/74)をかけます。

{12C1*5C3/25C3}*(2/75)*(1/74)=(12/230)*(2/75)*(1/74)

これと、そもそもフリーが異なる場所に3個でる確率をかけたのが求める答えで

(1/4)*(551/625)*(12/230)*(2/75)*(1/74)=551/132968750

となってしまいましたが・・・
これで合っているでしょうか。あほみたいではなく、非常に難し過ぎる問題でした。
    • good
    • 0

#2です。



>でも良く考えてみると,
>F1 F2 F3 □ □ と
>F2 F1 F3 □ □ とを区別しないとおかしいことに気づいたのです。

はたしてそうでしょうか?
フリーはフリーなので、わざわざF1,F2,F3と区別する必要があるのか?

と思ったのですが、最初に
>F 3個の置き方の総数は,
>25*25*25 = 15625 通り
としているから、区別する必要があるということでしょうかね。ちょっと検証。

F 3個が一列に並ぶ確率は、5P3が正しいとすれば
720/15625 = 144/3125 


一方、5C3の考え方で最初から考え直すと、
F 3個が1箇所にぶつかる場合のFの配置は 25C1 = 25通り
F 3個のうち2個がぶつかる、つまり2箇所に配置される場合は
25C2 = 300通り

F 3個がばらばら(つまり3箇所)に配置される場合は
25C3 = 2300通り
なので、配置方法は全部で 2625通り
よって、Fが一列に並ぶ確率は (12*5C3)/2625 = 120/2625
ということでしょうか。
でも、ハテ?
結果が違いますね…。
(もうちょっと、考えます。)
    • good
    • 0

#2 の hinebot さんのご指摘に関してです。



> で、列を1つ決めたら、そこにFが一列に並ぶためには5> マスから3マス選ぶことになるので、
> 5C3 = 10通り

私も初め 5C3 かと思いました。

でも良く考えてみると,
F1 F2 F3 □ □ と
F2 F1 F3 □ □ とを区別しないとおかしいことに気づいたのです。
いかがでしょうか?
    • good
    • 0

#1さんの方針でよいと思いますが、ちょっと間違っているような…。



補足を兼ねて。

>F 3個の置き方の総数は,
>25*25*25 = 15625 通り
Fは重なってもよい(ぶつかる可能性もあるとのことから)ので、25マスどこでもよいので、この式になります。

問題は次です。
>このうち一列に並ぶのは,
>(5+5+2)*5P3 = 720 通り

列は、縦5列、横5列、斜め2列の計12列あります。これが前半の(5+5+2) です。
で、列を1つ決めたら、そこにFが一列に並ぶためには5マスから3マス選ぶことになるので、
5C3 = 10通り
よって、(5+5+2)*5C3 = 120 通り
になると思うのですが。
(順列でなく組み合わせじゃないでしょうか?)

>残り二ますの数字が続けて出る確率は,
>(2/75) * (1/74) = 1/2775

質問者さんは、(1/75)*(1/74)とされましたが、最初は残り2マスのどちらの数字でも良いので、#1さんのおっしゃる通り、2/75になります。

最後にFが3個でる確率ですが、0~3個の中から個数を決めるのであれば、質問者さんのおっしゃる通り、25%(1/4)ですね。
なので、
(1/4)*(120/15625)*(1/2775)= 2/2890625

となりますが、もし、1回ずつFか否かを3回決めるのであれば、(1/2)*(1/2)*(1/2) = 1/8 となるので、

(1/8)*(120/15625)*(1/2775)= 1/2890625

となります。
    • good
    • 0

まず F が3個の場合にそれらが一列に並ぶ確率を考えます。



F 3個の置き方の総数は,
25*25*25 = 15625 通り

このうち一列に並ぶのは,
(5+5+2)*5P3 = 720 通り

よって求める確率は
720/15625 = 0.04608

F が3つ並んだので,残り二ますの数字が続けて出る確率は,
(2/75) * (1/74) = 1/2775

以上と,F が 3個の確率(0.25)を掛け合わせれば,
0.25 * 0.04608 * (1/2775) = 4.15e-6
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確率でグループ分け問題のコンビネーションの使い方について

15人をA組、B組、C組の各組5人ずつのグループに分ける時の場合の

数は、15C5・10C5通りですが、組の区別がない時は上記の数を3!で割

ると答えが求まります。

組み合わせのC(コンビネーション)はどういう特徴のためにA組B組のよ

うな、組の区別があるものしか答えが求められないのでしょか?

Aベストアンサー

質問者さんの疑問?は、コンビネーションの特徴が起因しているのではないと思います。#1さんのお話と同じなんだと思うんですが、うまく説明できるかな・・・。

この問題は、
1) 15人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 15C5
2) それをAグループとする   ・・・ ???
3) 10人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 10C5
4) それをBグループとする   ・・・ ???
5) 残った5人をCグループとする ・・・ 1通り

という手順で、グループに分ける場合の数は、上の1)、3)、5)を掛算して得られる。ここで、疑問の「組の区別がある/ない」は、1)、3)のコンビネーションによって発生しているのではなく、2)、4)、5)の「取り出した順に並べる」という手順にしたがって1)、3)、5)を「掛け合わせる」という計算によって発生しています。で、「場合の数を掛け合わせて得られる」のが順列ですよね。
通常、順列というと、例えば「1から9の数字から3つを順に選んで並べる」とすると、1つめの数字の選び方が9通り、2つめの選び方が8通り、3つめが7通りですから、順列は9×8×7。ですが、何か特別な条件をつけて、1つめの数字の選び方が5通り、2つめも5通り、3つめが4通りなどとなることも有り得るわけで、その場合の順列は5×5×4です。というように、「場合の数を掛け合わせていく」のが順列ですよね。この問題も、1つ目の選び方が15C5通り、2つ目の選び方が10C5通りで、3つ目の選び方が1通りだから、順列は15C5 × 10C5 × 1 なわけです。

ということで、コンビネーションの計算がグループを区別している原因なのではなく、(コンビネーションで)取り出した人のグループを並べたという順列の行為(場合の数を掛け合わせたという計算)が区別の原因です。

質問者さんの疑問?は、コンビネーションの特徴が起因しているのではないと思います。#1さんのお話と同じなんだと思うんですが、うまく説明できるかな・・・。

この問題は、
1) 15人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 15C5
2) それをAグループとする   ・・・ ???
3) 10人から5人を選び出す  ・・・ コンビネーション 10C5
4) それをBグループとする   ・・・ ???
5) 残った5人をCグループとする ・・・ 1通り

という手順で、グループに分...続きを読む

Q【問題】箱に2個の赤いボールとn-2個の白いボールが入っている。(n=

【問題】箱に2個の赤いボールとn-2個の白いボールが入っている。(n=3,4,5,・・・)
(1)略
(2)箱から3個のボールを取り出すとき、2個が白、1個が赤となる確率をP(n)とおく。このとき、P(n)={6(n-3)}/{n(n-1)}であることを証明せよ。ただし、どのボールも取り出される確率は等しいとする。
(3)P(n)-P(n+1)を求めよ。
(4)p(n)が最大になる確率を求めよ。

(2)からわかりません^^;
数学的帰納法を使おうとしてn=3のとき成り立つ。として、次にn=kのとき成り立つと仮定して、n=k+3のとき成り立つことを示そうとしたのですが。。。できません^^;

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。^^

(2)と(3)は、素直に計算しましょう。

(2) 「分母」と「分子」にわけておきます。
・ボールは全部で何個ありますか?そこから 3個を選ぶ組合せの数が「分母」です。
・「分子」は、n-2個から 2個の白、2個から 1個の赤が選ばれればよいわけで。

(3) (2)で答えはわかっているので、計算するのみです。

(4) (3)の結果を使います。
P(n+1)- P(n)とした方がわかりやすいと思いますが、これは「変化量」を表しています。
つまり、
・P(n+1)- P(n)> 0ならば増えている
・P(n+1)- P(n)> 0ならば減っている
ということを表します。

n≧ 3ということを考えれば、+-の符号を決める項は限定されてきます。

微分で符号が変わるところが極値になることと同じような考え方です。

Q条件付き確率の問題です。 赤玉7個、白玉3個が入った袋の中から、先ず2個を取り出し、元に戻さず続け

条件付き確率の問題です。

赤玉7個、白玉3個が入った袋の中から、先ず2個を取り出し、元に戻さず続けて1個取り出す時の、次の確率を求めなさい。

初めの2個がともに赤であった時、次の1個が白である確率。

C(コンビネーション)を使ったやり方で解説されているのですが、なぜコンビネーションなのかわかりません(^_^;)

解答は8C1分の3C1となっています。

Aベストアンサー

どうせ 1個しか取り出さないんだから, コンビネーションでもパーミュテーションでも同じことだよね.

Q数学の確率の問題です。 ●赤球2個と白球2個の合計4個の球と袋およびテーブルがあり、はじめは4個の球

数学の確率の問題です。
●赤球2個と白球2個の合計4個の球と袋およびテーブルがあり、はじめは4個の球がすべての袋の中に入っている。以外の「操作」を繰り返す。
「操作」→袋から球を1個取り出し、テーブルの上に置く。その結果、テーブルの上の赤球が2個になったときだけテーブルの上に置いてあるすべての球を袋に戻す。
(1)「操作」を3回繰り返した時点でテーブルの上に球が置かれていない確率を求めよ。
(2)「操作」を4回繰り返した時点でテーブルの上に球が置かれていない確率を求めよ。
(3)「操作」を9回繰り返した時点でテーブルの上に球が置かれていない確率を求めよ。

答えは(1)1/3 (2)19/36 (3)17/81 です。
解き方分かる方いたら教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

(1)1,2回目で赤と白が出て3回目が赤の場合です。
  ○:白 ●:赤として
 ①○●●
 ②●○● 

①1/2×2/3×1/2=1/6
②1/2×2/3×1/2=1/6
合わせて1/3。

(2)4回目に最後の赤を引くか,4回連続赤を引く場合。
 ①○○●●
 ②○●○●
 ③●○○●
 ④●●●●
 
 ①1/2×1/3=1/6
 ②1/2×2/3×1/2=1/6
 ③1/2×2/3×1/2=1/6
 ④1/2×1/3×1/2×1/3=1/36
 全部合わせて 19/36

 おっと,①~③は④を除いて(球を袋に戻すこともなく)4回目が赤なので,単純に1/2でいいね。

(3)9回目・・・面倒だな・・・と思ったら・・・
 テーブルの上に球が無いときは,初期から2回目,3回目,4回目の3パターン。
 9回目でテーブルに球が無くなればいいので,2,3,4を組み合わせて合計9になる
 パターンを考えればいい。

 合計9になるパターンは順不同で
 ①2,2,2,3
 ②2,3,4
 ③3,3,3

 ①1/6×1/6×1/6×1/3=1/648
 ②1/6×1/3×1/2=1/36
 ③1/3×1/3×1/3=1/27

 数字の出現順を考えれば
 ①は4通り (3回目でなくなるは出現順で4通り)
 ②は6通り (3!)
 ③は1通り 

 計算すると答えは合います。
 実は,私は②の1/36で引っかかりました。(2)の答え19/36を持ってきてはダメ。
 (2)の④の2個赤,2個赤の連続も含めているので,これは除外しないといけない。

(1)1,2回目で赤と白が出て3回目が赤の場合です。
  ○:白 ●:赤として
 ①○●●
 ②●○● 

①1/2×2/3×1/2=1/6
②1/2×2/3×1/2=1/6
合わせて1/3。

(2)4回目に最後の赤を引くか,4回連続赤を引く場合。
 ①○○●●
 ②○●○●
 ③●○○●
 ④●●●●
 
 ①1/2×1/3=1/6
 ②1/2×2/3×1/2=1/6
 ③1/2×2/3×1/2=1/6
 ④1/2×1/3×1/2×1/3=1/36
 全部合わせて 19/36

 おっと,①~③は④を除いて(球を袋に戻すこともなく)4回目が赤なので,単純に1/2でいいね。

(3)9回目・・・面倒だな・・・と思ったら・・・
 テーブルの上に...続きを読む

Q数A確率m個からn個を取り出す

こんにちは。

5個の玉(それぞれ1~5の数字が書かれています)があるとします。この中から同時に2個を選ぶ確率を教えてください。


すべての選び方は5C2通り、場合の数も5C2で、確率は1になってしまうんですが、そんなことないですよね・・・?
どこが違っていますか??

あと、5個の白玉から1個を無作為に選ぶときの確率を、上のようにコンビネーションを使って分数形で表すとどうなりますか?。(コンビネーションを使わないで表せば確率は、1/5になりますか?)


間違いを指摘して、正しい解答を教えていただきたいです。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

5個の玉から2個取り出す確率、と書くと条件がないため、確率は100%(どんな時も2個取れる)になります。

2個取り出す玉に条件をつけると確率は変化します。
例えば書いている数字の合計が5になる、1の玉が含まれる、取り出した合計が残ってる合計以上になる、などなど。

白玉1個を取り出す確率は5分の1ながら、こちらも明確な条件がなければ、結局はどれを引いても同じにしか見えません。1(5)分の1(5)となんら変わりのない結果となってしまいます。

Q30個のボール(赤6個、黒24個)から赤ボールの入る確率(組合せ)

組合せの計算方法について教えてください。
いま、箱(中身は見えません)の中に30個のボールが入っています
その箱の中を見ることは出来ませんけれど、赤玉が6個、黒玉が24個という内訳になっています
この箱から、1つずつボールを取り出して、新しく5つの箱に分けたい(入れなおしたい)です
まず1つ目を取り出して新規Box_Aに入れ、2つ目を取り出して新規Box_Bへ、同様に3つ目は
新規Box_Cへ、4つ目は新規Box_Dへ、5つ目は新規Box_Eへ、6つ目は新規Boxを一巡した
ので再び新規Box_Aへ…
という具合に新規Boxへと入れなおしていきますと、最終的に新規Box_A~Eに6個ずつの玉が
入ることになります

そこで、新規Box_Aの中の6個の玉の全てが赤玉になるのには、30C6=593,775通りのうちの
1通りなので593,775分の1の確率ということになると思いますが(この考え時点で違って
いたらご指摘ください)、新規Box_Aでなくても新規Box_BでもCでもDでもEでもいいから
赤玉6個が一か所にまとまっていればいいよという場合には、確率はどのようになります
でしょうか?

たぶん、組合せが593,775通りあるうち、新規Box_Aの中の6個全てが赤玉になるのは1通り、
同様に新規Box_Bの中の6個全てが赤玉になるのも1通り、新規Box_CもDもEも… と考えて
新規Box_A~Eのどこでもいいから赤玉が一か所にまとまっていればいいよという場合は
593,775分の5の確率ということになるのでしょうか?

その発展で、新規Box_AでもBでもCでもDでもEでもどこでもいいので赤玉3個が一か所に
まとまっていればいいよという場合には、確率はどのようになりますでしょうか?
赤玉6個のうち3個がまとまっていればいいので、新規Box_Aに赤玉3個、新規Box_Bに
赤玉3個という組合せもあると考えて、そこで詰まっております。

組合せの計算方法について教えてください。
いま、箱(中身は見えません)の中に30個のボールが入っています
その箱の中を見ることは出来ませんけれど、赤玉が6個、黒玉が24個という内訳になっています
この箱から、1つずつボールを取り出して、新しく5つの箱に分けたい(入れなおしたい)です
まず1つ目を取り出して新規Box_Aに入れ、2つ目を取り出して新規Box_Bへ、同様に3つ目は
新規Box_Cへ、4つ目は新規Box_Dへ、5つ目は新規Box_Eへ、6つ目は新規Boxを一巡した
ので再び新規Box_Aへ…
という具...続きを読む

Aベストアンサー

赤玉が4個以上ある場合も、「赤玉3個が一か所にまとまっている」とみなす場合、
新規Box_Aの中身が赤玉6個になる組み合わせは1通り(6C6*24C0)
新規Box_Aの中身が赤玉5個、黒玉1個になる組み合わせは、6C5*24C1
新規Box_Aの中身が赤玉4個、黒玉2個になる組み合わせは、6C4*24C2
新規Box_Aの中身が赤玉3個、黒玉3個になる組み合わせは、6C3*24C3
新規Box_A,B両方の中身が赤玉3個、黒玉3個になる組み合わせは、6C3*6C3
以上から、赤玉3個が一か所にまとまっている組み合わせは、
(6C6*24C0+6C5*24C1+6C4*24C2+6C3*24C3)*5C1-6C3*6C3*5C2
確率はこれを30C6で割った値です。

きっちり 3個入っていないといけない場合の確率は、上記の最後の部分だけでいいので、
(6C3*24C3*5C1-6C3*6C3*5C2) / 30C6

Q確率の問題で

確率の問題で「トランプ52枚から3枚引いて、そのうち2枚がハートの確率を求めよ」とあり、答えは
(13C2*39C1)/52C3=117/850ですが、
私は、
一回目ハート、2回目ハート、三回目その他=(13/52)*(12/51)*(39/50)
だと思いました。一回目がその他でも掛け算なので影響しないかと・・・
確率の問題のコンビネーションの使い方を教えてください。また私のような解き方で解く問題はどういったものでしょう?

Aベストアンサー

質問者さんの言われるのは順列です。
並び方を考えています。
1番、2番、3番がハート、ハート、その他に限定されると順列です。
入れ替えを許して
ハート、その他、ハート
その他、ハート、ハート
を同じものと考えると組み合わせとなります。

Q同じ正方形を組み合わせた縦2マス横4マスの長方形があります。この8個の

同じ正方形を組み合わせた縦2マス横4マスの長方形があります。この8個の正方形を赤と白で塗り分けるとき、点対称でも線対称でもない塗り方は何通りありますか

Aベストアンサー

対称形を考えないと全部で2^8=256通りの塗り方があります。

この256通りを次の3つのグループに分けます。
(1) 左右対称かつ上下対称(これは点対称でもある)----- 2^2=4通り
(2) 左右対称または上下対称または点対称、ただし(1)は除く----- (2^4-4)*3=36通り
(3) 上記以外----- 256-36-4=216通り

よって、点対称でも線対称でもない塗り方は、
4+36/2+216/4=76通り

Q数学 確率の問題

9枚のカードがあり、カードの表にはそれぞれ「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」「10」の数が書かれている。
また、裏にはすべて「1」が書かれている。
これらのカードを投げたときに、それぞれのカードの表が上側になる確率と裏が上側になる確率は、ともに1/2であるとする。
9枚のカードすべてを同時に投げて、各カードの上側に現れた数をすべて掛けあわせた値を得点とする。
次の問に答えよ。

(1)得点が8点になる確率を求めよ。
(2)得点が偶数になる確率を求めよ。
(3)得点が8の倍数になる確率を求めよ。

という問題でコンビネーションが使えない理由を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。
済みません。(3)の場合分けをミスりましたので、
以下の通り訂正します。ご迷惑をおかけしました。
(3)得点が8の倍数になる確率を求めよ。
(ア)「8」が表の全ての場合:確率=1/2
(イ)「8」「6」「10」が裏、「4」「2」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(ウ)「8」「2」「10」が裏、「4」「6」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(エ)「8」「6」「2」が裏、「4」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(オ)「8」「2」が裏、「4」「6」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(カ)「8」「6」が裏、「2」「4」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(キ)「8」「10」が裏、「2」「4」「6」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(ク)「8」「4」が裏、「2」「6」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
(ケ)「8」が裏、「2」「4」「6」「10」が表の場合
:確率=(1/2)^5
求める確率は以上の合計=(1/2)+8*(1/2)^5=24/32=3/4・・・答え

Q確率の加法定理の問題です。 八個の玉があり当たりが3つ、はずれが5つの時当たりが2個以上含まれる確率

確率の加法定理の問題です。
八個の玉があり当たりが3つ、はずれが5つの時当たりが2個以上含まれる確率
この時に先に当たりを二個選び残りの6個から1つ選んではいけないのはなぜでしょうか。
教えてください。
3C2・6C1/8C3

Aベストアンサー

その算出法だと、3個とも当たりとなる場合を余分(三重)に数えてしまうからです。

わかりやすくするために、ハズレを無視して書くと、
3個の当たりを a,b,c として
始めにそこから2個とり 3C2 (ab),(bc),(ac)
次に当たりをひくと 1C1 (ab)+c,(bc)+a,(ac)+b
なので、3個の当たりから3個の当たりをひく場合の数を3通りと計算しています。


人気Q&Aランキング