現在木造3階建ての家を建築中です。あと1ヶ月半くらいで完成です。
フラット35sの省エネ4等級です。基礎と土台の間に気密パッキンを全て回して(外周部と浴室部分)
床と壁と天井に断熱材を入れて省エネ4等級をとっているそうです。(窓もLOWEの窓)
気密パッキンを使うと床下の通気は大丈夫なのでしょうか?
今更なんですけど、ちょっと心配になったので質問しました。どうぞ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

住宅の床下の断熱は主に2種類あります


一つは基礎の換気をして床下に断熱をする方法 これは通常のキソパッキンや通風口などで換気します
もう一つは基礎を気密パッキンなどで気密状態にして基礎の外周部を断熱する方法
性能表示の温熱等級ではこの2種類しかありません
考え方としては外気に接する部分は全て断熱するのが基本です
(基礎は内側に施工して外気に接するとは言いにくいですが)
もしかして浴室部分と玄関などの土間部分のみ気密パッキンを使用して土間床等(床の無い部分)の断熱の緩和処置をしたのではないでしょうか?
施行業者さんが勘違いしてるかもしれませんのでどこにどんな施工をしているのか4等級を取得した
図面と申請書類などで確認してもらってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
先日設計の方に確認したところ浴室と土間部分に気密パッキンの使用になっているとのことで基礎断熱ではないようです。フラット35sの使用が全て気密パッキンなのかと思っていました。
私の聞き違いかもしれませんので工務店に確認してもらっているところです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/05 09:41

土台で気密にして、基礎断熱じゃない・・・?


そういうの見たことないです。

基礎断熱してあれば床下の空気も室内の空気ともに換気すればよいですが、
床下断熱じゃ床下の通気を室内とつなげるわけにはいかないし。

躯体内換気なら外断熱の内側で換気しているかも知れないけど、、この方法じゃ断熱が換気経路で切れるからできないなあ。。。。
私も聞きたいです。業者さんに質問してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
設計の方に確認したところ、浴室と土間部分のみに気密パッキンを使用しているそうです。
私の勘違いかもしれません。念のため業者へ確認してもらいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/05 15:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造住宅の屋上断熱で断熱材を省略できますか?

木造2階建てにフラットルーフの屋上をつくりました。
構造床は24mmの根太レス、その上に垂木と9mm厚のパネコートで70分の1程度の勾配をつけました。
2重床の間は、40mm~100mmの空気層ができ、発泡系の断熱材も入れていません。
空気の伝導率は、スタイロなどより良いのではと考え、あとは小さな換気ファンで夏のみ排気します。(冬は密閉)

こうすれば、外気温に24mmのネダレスが接しているのと同じですが、この床が機密性があれば、外壁などとほぼ同じ条件になり、天井内で内断熱を充分すれば壁とのバランスから充分と思うのですが、いかがでしょうか?

住宅メーカーで屋根断熱材(外断熱だけで)を100mmも施工しているのは過剰ではないかと思うんです。2重床(屋根)にして換気すれば断熱材は空気でいい!!って間違いでしょうか?
断熱材を入れても、真空にするわけではないから室内側は即外気温になるのではないか・・・と

真夏と真冬で問題点あったら教えて下さい。
ちなみに地域は温暖な関東です。

Aベストアンサー

>小屋裏空間に比べ数十分の一の容積しかない2重床の合間の空気を
>有圧換気扇で換気したら、外気温近くに常になるのでは・・・

正確には、シミュレーションなりで、算出しないと出ないと思います。
しかしながら、
例えば、換気扇のついた小さな物置に、炎天下、入ってみたことを想像すれば、外気温度より、相当高いことが容易に想像出来るかと思われます。
小屋裏の容積より小さくとも、受ける熱エネルギーは同じですし、圧力損失で換気風量も減ります。
換気扇で外気温度に近くしようと思ったら、半端でない(実現不可能な)換気電力が必要となることでしょう。

シミュレーションでなく、手計算する場合、次の中段あたりが参考になるかもしれません(正しいのかは分かりませんが)
http://www.ii-ie.com/main/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=425

ちなみに、松下の屋根裏換気システムの測定結果ですが、この程度の換気では、差は極小です。
http://national.jp/kanki/yaneura/b02.htm

小屋裏温度のシミュレーションですが、こちらの11-1や13もご覧ください。
http://www.njkk.co.jp/product/roof_ventilation/pdf/kutaipannfu.pdf
効率の良い棟換気で相当大きな換気量をとっても、小屋裏温度は50℃くらいなっています。

>小屋裏空間に比べ数十分の一の容積しかない2重床の合間の空気を
>有圧換気扇で換気したら、外気温近くに常になるのでは・・・

正確には、シミュレーションなりで、算出しないと出ないと思います。
しかしながら、
例えば、換気扇のついた小さな物置に、炎天下、入ってみたことを想像すれば、外気温度より、相当高いことが容易に想像出来るかと思われます。
小屋裏の容積より小さくとも、受ける熱エネルギーは同じですし、圧力損失で換気風量も減ります。
換気扇で外気温度に近くしようと思ったら、半...続きを読む

Q家の床下、土台工事について

実家が今年で築25年になるのですが、色々と不具合が出てきたため、専門業者に頼んで修理しようということになりました。

主に問題だと考えられる症状は、
・台所や廊下の床がたわむ(特定の箇所だけ、足で体重をかけると、重さでそこが引っ込むのが分かる。床が抜けるのではないかと不安になることも)
・土台及び内壁にひびが入っている(土台は家を2分割するように一本のみ、内壁は吹き抜けと2階にそれぞれ一か所ずつ)
と、いう具合です。

そこで質問なのですが、
1)工事内容はどのようなものになるでしょうか?例えば家をジャッキアップして土台を作りなおす等、相当大がかりになるでしょうか?
2)工事期間は、どのくらいになるでしょうか?
3)工事中も、仮設住宅等に移り住むことなく、その家に住み続けることは可能でしょうか?

実物を見て頂かないと正確なところは判らないのは確かだと思いますし、業者に聞けば判るじゃないかと言われればそれまでなのですが、これまで体験したことのないもので今から不安なので、こうして質問をさせていただきました。
あくまで一般的な例で良いので、ご教授願います。

よろしくお願いいたします。

実家が今年で築25年になるのですが、色々と不具合が出てきたため、専門業者に頼んで修理しようということになりました。

主に問題だと考えられる症状は、
・台所や廊下の床がたわむ(特定の箇所だけ、足で体重をかけると、重さでそこが引っ込むのが分かる。床が抜けるのではないかと不安になることも)
・土台及び内壁にひびが入っている(土台は家を2分割するように一本のみ、内壁は吹き抜けと2階にそれぞれ一か所ずつ)
と、いう具合です。

そこで質問なのですが、
1)工事内容はどのようなもの...続きを読む

Aベストアンサー

基礎コンクリート?のひびについては判りません。
個人的には一本のみということですから大したことはないと思いますがひびの規模と影響についてはプロに見てもらってください。

床のたわみは普通です。
25年でしたら普通より長持ちしたかも。
床は合板だと思いますが合板は古くなってくると積層部分が剥離して強度が非常に落ちてきます。
ムクの材料だと経年劣化に対して多少強いのですがやはり強度は落ちます。
安く仕上げるには今の床板の上にそのままもう一枚床板を張ってしまいます。
敷居などの段差がフラットになり使いやすくなるかもしれませんね。
この場合リフォームは1日で充分でしょう。

現状で廊下や敷居部分がフラットですと床を重ね張りできないので一度床板を外し根太から補強となります。
作業規模によりますが1~3日ではないでしょうか?

Q床下 土台の水じみの対処法は?

昨日、床下の点検でテラスからの水漏れで床下土台等に水が回っているのが判り、テラスの修理と土台の処理をすることになりました。
床下は、チャコールペイントで下地処理、下塗り。上塗りをする事になりましたが、だいたい一m2いくら位かかるものでしょうか?
我が家に来た業者の方は、40m2で130万位と言うのですが・・・
詳しい方おりましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

排水のコーキングが取れて漏れていたなら
そこを直せば、水漏れが止まるのではないでしょうか?
床下に付いたシミは特に気にする必要がありますか?
↑ただ少し汚くなったレベルです。
靴裏についた土程度かと・・・
床下自体、誇りなどで真っ黒だと思いますが。

柱に着いた垢は、どの程度か分かりませんが、影響がなさそうな洗剤等で掃除してみて下さい。取れない場合は
ペーパーで軽く研磨して全体に保護ワックスやクリヤー
等も考えられます。最終手段です。
土台は束子でこすって下さい。水洗いでもOKかと。
チャコールペイントのHP覗いてみて下さい。
確かに床下などに塗り、湿気対策等はありますが
防水性などは無いに等しいです。
あくまで、湿気対策等の炭がもたらすという効果を
塗料にしただけです。なら炭を床下にばら撒いてもいいのでは?
仮に、床下を塗るのに程度の良い職人に越した事ありませんが小学生でも出来るレベルで十分です。
誰も見ない部分、しっかり塗ればいいだけの話です。
少し垂れようが(職人が垂らしても)誰にも分かりません
汚くなるのが(床下にもぐる作業が)イヤでなければ
何のこともありません。
私ならコーキング数百円(ガンも100円ショップ)
かチューブタイプ数百円で工事終了!
下にも書きましたが材料代、人工(1~2)儲け+α
で130万で納得できますか?
多くとっても10万が相場か・・・でもやりません。
だったら炭ばら撒きます。

しかもNO3でも言われているように聞いた事ありません
新築時に施工はたまに聞きますが。

というか、サイディング工事した時に当然コーキングしたわけでそれがダメで今回のような結果になったのでは?
コーキングが取れたのが原因でその他ならまだしも
逆にクレームでしょこの件は。保障期間などにもよりますけど。
おそらく水漏れしたから湿気があるのでこれ塗りましょう
という安易なことであって、
私なら原因を作ったそちらが
そのぐらいの対応しろの方が筋が通ります。
コーキング一本の補修工事が130万まで化けるとは・・・

ご参考までに。

排水のコーキングが取れて漏れていたなら
そこを直せば、水漏れが止まるのではないでしょうか?
床下に付いたシミは特に気にする必要がありますか?
↑ただ少し汚くなったレベルです。
靴裏についた土程度かと・・・
床下自体、誇りなどで真っ黒だと思いますが。

柱に着いた垢は、どの程度か分かりませんが、影響がなさそうな洗剤等で掃除してみて下さい。取れない場合は
ペーパーで軽く研磨して全体に保護ワックスやクリヤー
等も考えられます。最終手段です。
土台は束子でこすって下さい。水洗いでも...続きを読む

Q高気密高断熱の家

高気密高断熱の新居(2×4・24時間換気)を検討してます。
高気密高断熱って、普通の木造と比べてどうですか?
よく保温性の良い魔法瓶のような、と言いますが
そんなに違うのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、普通の木造と比べて・・・何と比べるかによって違いますが、今現在、古い木造住宅かアパートに住んでおられたら、今より格段に断熱性は良くなります。

断熱について、できるだけわかりやすく話すと、熱の伝達方法には『伝導』『対流』『放射』と3つの方法があり、その3つを防ぐことが『断熱』です。
伝導とは、分かりやすく言えば熱いものの上に金属を置いておくと、金属も熱くなりますよね。物体は移動せずに熱エネルギーだけが伝わることです。金属は熱伝導率が高いというわけです。
これを熱伝導率が低い物質(断熱材)を入れることを断熱するということです
対流とは、やかんのお湯を沸かす時、下から火であぶります。すると暖められた水は上に上がり、上の冷たい水が下に落ちてきます。それを繰り返すことで、水全体が、温まります。
空気も対流しますので、空気の対流を遮断することも、断熱材の役目です。
あと放射ですが、分かりやすく言えば、太陽の熱で地球が温められます。太陽から地球までは、伝導も対流もしない真空状態なのにです。
これも放射を遮断するのが断熱材の役割ですね。

さて、空気って断熱性能が高いって知ってました?
対流や放射さえしなければ、熱伝導率は断熱材より低い(断熱性が良い)んです。
これを利用したのがペアガラスです。
ガラスとガラスの間に空気を閉じ込め(実際には空気より断熱性の良いガス)て対流をふせぎ、紫外線カットガラスで放射を防ぎます。

だんだん話がそれてきましたが、質問者様のところは発泡ウレタンでしたよね。発泡ウレタンというのは、ウレタンの中に発泡したガスを閉じ込めて対流を防いでいるのでグラスウールなどより断熱性能は優れています。現在使われてる断熱材の中では、トップクラスだと思います。

あと、発泡ウレタンにはボード状に加工したものを柱の外側に貼る外断熱方式と現場にて内部(家の外壁と内壁の間)に液状のものを吹き付ける充填方式とがあります。
質問者様の家がどちらか分かりませんが。
どちらにしても現在の現在の断熱方法の中では素材はトップクラスだと思いますよ。(質問者様の家を建てられる大工さんや工事業者の施工の技術は分かりませんが・・・)

ちなみに素人の雑学程度なので、間違ってるところがあったらご容赦&他の回答者様からのご指摘よろしくお願いします。

まず、普通の木造と比べて・・・何と比べるかによって違いますが、今現在、古い木造住宅かアパートに住んでおられたら、今より格段に断熱性は良くなります。

断熱について、できるだけわかりやすく話すと、熱の伝達方法には『伝導』『対流』『放射』と3つの方法があり、その3つを防ぐことが『断熱』です。
伝導とは、分かりやすく言えば熱いものの上に金属を置いておくと、金属も熱くなりますよね。物体は移動せずに熱エネルギーだけが伝わることです。金属は熱伝導率が高いというわけです。
これを熱伝導率...続きを読む

Q高断熱、高気密住宅

私の家は高断熱、高気密の軽量鉄骨、プレハブの工業住宅です。工場で外壁に、断熱材を取り付けて、現場に運ばれてきます。壁の断熱材は高性能グラスウ-ル厚さ72mm,16kg品です。床下はポリスチレンフォーム厚さ62mmが使われています。
ところが、家の南西側に建物が無いせいか、風がある日、夏、冬はスイッチ、コンセントから、普通に風が出ていました。冬は換気扇の近くの間仕切り壁のスイッチからは強い風が出て、外壁側のコンセントからも冷たい風が出て側では寝られませんでした。1階、2階の関係なく出ていました。
スイッチ、コンセントに暴風カバーを取り付けてからは、室内には風が出なくなりました。しかし 断熱材と石膏ボードの間に空気層が3.2mmあります。この中に床下の風が入っていたと思います。床下換気口をふさぐと風の出るのが弱くなりましたから。
これが事実なら、壁の断熱材の意味がないのではないですか? 暖房してもなかなか、暖かくなりません。

床下の空気が壁の中に入っているか、調べる方法はありますか?教えてください。お願いします。
外断熱工法ではありません。

私の家は高断熱、高気密の軽量鉄骨、プレハブの工業住宅です。工場で外壁に、断熱材を取り付けて、現場に運ばれてきます。壁の断熱材は高性能グラスウ-ル厚さ72mm,16kg品です。床下はポリスチレンフォーム厚さ62mmが使われています。
ところが、家の南西側に建物が無いせいか、風がある日、夏、冬はスイッチ、コンセントから、普通に風が出ていました。冬は換気扇の近くの間仕切り壁のスイッチからは強い風が出て、外壁側のコンセントからも冷たい風が出て側では寝られませんでした。1階、2階の関...続きを読む

Aベストアンサー

>床下の空気が壁の中に入っているか、調べる方法はありますか?
コンセント類から風が漏れてくるのが一番の証拠ですね。それ以上どんな証拠を見つけられたいのでしょう。特に「床下の空気」と特定される必要があるのでしょうか。それならば実際上かなり困難だと思います。

壁断熱材がグラスウールの72ミリ16kg、床断熱材がポリスチレンフォーム62ミリ、(天井断熱材の仕様は?)なら普通レベルの断熱材よりは比較的上質と思います。壁の中の構造もけっこう色々ありますので使った断熱材だけに注目する訳にも行きませんけれど。

しかし断熱を効果的にするには上等の材料を使えば良いと言い切れるものではありません。と言いますか、大事なのは断熱工事の施工精度(作業員あるいは監督者の意識のレベル)の方です。注意深く作業するならありきたりの断熱材を使ってもかなりの効果が出るものです。

又、防風コンセントを使って風が入らないようにしても壁の断熱効果そのものの向上は見込めません。さらに床下換気口を塞ぐのは湿気の多い日本ではご法度です。ところが壁の換気扇からの冷えはある程度目をつぶらざるを得ません。熱交換タイプの換気扇は値段も違いますから仕様書に書いてなければ使われることはないでしょう。高気密の概念が取り入れられた結果として部屋の換気が問題にされ、たくさん換気扇を使うようになった最近ではなお更簡略な換気扇が使われます。考えてみれば妙な事ですね。

>これが事実なら、壁の断熱材の意味がないのではないですか? 
そうですね、高気密高断熱を謳った工業製品としての住宅を購入されたのなら施工上の欠陥があると言わざるを得ないのではないでしょうか。監督する立場のものが大工職と電気工事者の連携プレーの指揮を取り損なったか、断熱材施工者(大工職のケースが多いですが)が未熟だったか、通常ならそのような原因が考えられます。

ここはメーカーに立ち会って貰い実情を把握して貰った上でいつどのように解決するのかを相談されては如何でしょうか。 繰り返しになりますが、家は使う材料や構造もさることながら施工レベルがむしろ大変重要です。

その工事の程度が良くわかりませんが、メーカーの対応にどうしても納得出来ないようなら、出来たらそのHMの了解を得ながら消費者センターなどの公的な見解もお話し合いの材料として使われたら如何でしょうか、このサイトでの回答を根拠にされる訳にも行かないでしょうから。

望ましい結果が出ますように。

>床下の空気が壁の中に入っているか、調べる方法はありますか?
コンセント類から風が漏れてくるのが一番の証拠ですね。それ以上どんな証拠を見つけられたいのでしょう。特に「床下の空気」と特定される必要があるのでしょうか。それならば実際上かなり困難だと思います。

壁断熱材がグラスウールの72ミリ16kg、床断熱材がポリスチレンフォーム62ミリ、(天井断熱材の仕様は?)なら普通レベルの断熱材よりは比較的上質と思います。壁の中の構造もけっこう色々ありますので使った断熱材だけに注目する訳にも行...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報