『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

エンジンをかけ回転数が1000回転以上でATをDレンジにいれるとガクンとなり発信します。
エンジンが暖まり通常のアイドリング回転数ではガクンとした衝撃はありません。
又エンジンが暖まる前にガクンと成って発信しその後
シフトアップのときもガクンと衝撃があります。
これもエンジンが暖まり通常のアイドリック回転では
発生しません。
どなたか原因と対処方法の解る方教えて下さい。
車種はトヨタクラウンロイヤルサルーンG(MS137)
です。(平成4年式です。)
サスペンションはエアサスペンションです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは!


ATをDレンジに入れるとガクンとなるのが正常ですよ!何の心配も要りません。
でも、いつもと違った「ガクン」だと、ちょっと異常を疑った方が良いかも知れません。
PやNから、RやDに入れた場合、MT車で言う軽い半クラの状態になります。そのため、駆動輪(クラウン
の場合は後輪)に駆動力が伝達され、ガクンときます。
回転数が低いほど、このガクンは発生しにくいので、回転数が1000回転以上では発生して…と言うのが正常
ですよ!AT車では、少なからずどのクルマでも発生
するものです。クリープ現象の発生しないCVTでは発生しないはずです。

シフトアップの時のガクンと言う衝撃も、2→3速になると発生しないのではないでしょうか?
これは、1速と2速のギア比が、2速と3速に比べて、離れているためです。
特にニッサン車はこの衝撃が大きいです。
これは、エンジンが暖まると言うよりも、ATが暖まっていないためと考えて良いでしょう。エンジンは、
アイドリングして暖めることが出来ますが、ATはエンジンのようにアイドリング出来ないので、走り始め
てからしばらくは、あまり急加速をしない方が良いと言えます。
それ以外に「ガクン」が発生するのは、回転数の低いときの1→2速のシフトアップ時ですね。トルコンが
衝撃を吸収しきれずに、若干ですがガクンと発生しやすくなります。

また、エンジンが十分に暖まっていない状態では、エンジンを早く暖めるためにオーバードライブに入らな
いように制御されています。
従って、tikedaさんが問題視されているガクンは正常であり、ひどい衝撃がなければ問題ありません。

それから、PやNからDに入れたとき、エアサス車は普通のコイルバネ式サスよりもリアの車高が、下がり
やすいので、縁石や輪止めには注意して下さい。
たぶんクルマの取説書にも記載されているかと思います。自分が知ってるのはニッサンシーマだけですが。

ATでもそうですが、オイル管理をしっかりするだけでかなり違いが出てきます。
ATFやブレーキフルード、冷却水などは車検毎か2万キロ毎の交換がオススメです。
長い文章でしたが、少しでも参考になれば嬉しいです!では失礼します!
    • good
    • 3

普通だと思います。


ATFを交換する位じゃないでしょうか。
70000KMを超えてると、交換を嫌がりますよ。
ガタがくるのはある程度しょうがないでしょう。
    • good
    • 5

ATではエンジン回転が高い状態でNやPレンジからその他のレンジ(R・D・2・1など)にシフトする際にショックを感じるのは致し方ないことです。

ATではMTのクラッチのように完全にエンジンとトランスミッションを分離してしまう機構をもたないので、エンジンが回転中であればシフトをNやP以外に切り替えると、常に駆動輪に力が伝わってしまうのです。ATではMTのクラッチにあたる部分にトルクコンバーターと言う装置が取り付けられているのですが、この装置はエンジンの回転数とトランスミッション(タイヤにつながるギアの切り替え装置)の回転数の差が大きいほど大きな力を伝える(トルクの増幅作用と呼び、単なる流体継ぎ手とトルクコンバータが最も異なる点)という特性があります。したがってエンジンの回転が高くタイヤが止まっている状態では大きなトルクがシフト操作と同時に駆動輪にかかることになりショックがあるのです。ためしに、エンジンが十分温まった状態で、エンジンが冷えた状態と同じような回転数でシフトを操作してみると同じようなショック(ATの油温が上がっているので多少はショックが少ないかも)があるはずです。これらはエンジンの回転数が高いために起こる現象で特に異常なことではありません。

また、シフトチェンジの際のショックはATフルードの温度が低いために粘度が高くなるため、およびシフトチェンジの回転数が温度が低い状態では高めに設定(エンジンの暖気を早く済ませるため)されているためでしょう。

トルクコンバータを用いたATはその構造上、NやP以外では駆動力を完全に切ることができない上に、エンジン回転数と駆動軸の回転数の差が大きいほどエンジンの発生トルクを増大して駆動軸に伝える性質があるのでエンジン回転が高い状態で、シフト操作をするとショックが大きいのは仕方が無いことです。ちなみにATはこのトルクコンバーターのトルク増大作用のおかげで、発進加速などの性能が保たれているので、トルクコンバーターを使用することには十分な意味がありますので念のため。
    • good
    • 2

エンジン始動後すぐにDレンジに入れるとどのような車でもある程度衝撃はあります。


しかし、程度問題ですが。
暖まってから衝撃が無いと言うことはそんなに心配は無いかとは思いますが年式を見るともう10年前の車ですのである程度ヤレは出てきているとは思います。
内部のトルクコンバーターや油圧系統など機械的な面やATF(オートマチックオイル)の劣化などそろそろ車の疲れが出てくる頃ですね。

それらが原因で改善するにはもはやオーバーホールかミッション交換しか残っていませんね。

ATF交換も滅多に交換していなくて古い車ですと逆に調子を崩すことがあるので工場と相談してからおこなってください。

ただし、エンジンをかけてアイドリングが上がっている状態では車を走行させることはお勧め出来ませんので、出来るならアイドリングが下がってから走行することをお勧めします。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発進時のガクンという振動

エンジンを掛け少し待って、アクセルを踏んでもあまり動かず、「ガクンッ、ガクンッ」と振動があって走りだすといった感じです。(駐車場からRで出る時も、バックでまず「ガクン」、Dに入れてもまた「ガクン、ガクン」となります・・・。)

朝や仕事帰りに車を動かそうとしたらよくあって、また最近寒くなったのでエンジンがあたたらない内に走りだすのがいけないのでしょうか?
そういった振動を感じ始めたのはココ2週間くらいです。

車については何度か質問をさせてもらって、色々アドバイスを頂いて助かりました。
今回の振動についても何か考えられる事があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

新車で買って4700km走行ですね。
だったら吸気関係の方が可能性高いと思われます。
センサー類またはAACバルブの異常でないでしょうか?
次に考えられるのが水温センサーの異常です。
発進時にのみの現象ならこちらの方が可能性高いと思います。
ATの可能性もなきにしもあらずですが…
アクセル一定で踏んでてもガクガク発進する、DでもRでもなるからしてエンジンのほうだと思いますが。
新車又は保障付き中古で5000以下ならクレームで修理にもって行ってみてはいかがでしょうか?

Qオートマ車でギアチェンジ時のショック

お世話になっております。
もう一つ教えてください。

最近、私のオートマ車で
ギアアップ、ギアダウンする時のショックが気になるのですが

車種の特性は別として
ミッションオイルの劣化とは関係があるのでしょうか?
ミッションオイル交換である程度は解消されるものでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

他の回答者様の通り、それなりに走行距離がいってるならATF交換で改善すると思います。

そこで注意点が1つ。

10万kmとか無交換でドロドロなATFなら、交換してサラサラになると、端っこに溜まっていた鉄粉とかが一気にミッションに到達し最悪ATが壊れます。ATF交換前にディーラーで見て貰いアドバイスを受けて下さい。

ATFは常に綺麗な状態に保つ(3万キロぐらいで交換)か、ずーっと交換しないか、の2者択一と思っていると良いです。

ちなみに、私は車検ごとに全オイル交換をディーラーでやってます。

そうそう、社外オイルは良さそうだと思うでしょうが純正オイルを使って下さい。AT周りはデリケートなので設計の前提になっている純正のATFが一番です。もしエンジンオイルなら"何でもアリ"なんですけどね。

QDレンジで停止中の振動・・・他教えてください!

平成二年式・走行距離9万6千キロ・AT・FFの車についてです。Dレンジで停止中(信号など)ひどく振動します。ドッドッド・・・という感じで、エンジンの回転数もそれにあわせて上下しています。いつもこの症状が出るというわけではなく、走り始めの10分ぐらいにおこり、その後何ともなくなることが多いです。
アイドリング時の回転数は、Pで750、Dで500です。
振動の程度もまちまちです。NやPレンジでは振動は起こりません。修理屋で少しみてもらいましたが、年式と走行距離を考えると不具合は仕方がない。エンジンもばらついているし、直しだしたらきりがない・・・と言われました。
私は車に詳しくないため、それ以上つっこんで聞くことができなかったのですが、このまま乗り続けていても大丈夫でしょうか?
他に気になるのは、停止状態から徐々に加速していくときに、時速40キロ前後で必ず、うしろへ「ククッ」と引っ張られるような違和感(一瞬減速するため?)があります。
原因は何でしょうか?
大事な車なので、1・2年で廃車・・・というのではなく、できることならもう少し長く乗りたいと思っています。
整備・車検直後で、タイミングベルトなどは交換済みなので、支障なければしばらくこの状態で乗り、メドが立てば修理していく・・・という方向で考えています。
とりあえず、「振動」と「加速途中の減速?」についてとても気になるので、原因や対策など何でもよいのでアドバイスください。よろしくお願いいたします。

平成二年式・走行距離9万6千キロ・AT・FFの車についてです。Dレンジで停止中(信号など)ひどく振動します。ドッドッド・・・という感じで、エンジンの回転数もそれにあわせて上下しています。いつもこの症状が出るというわけではなく、走り始めの10分ぐらいにおこり、その後何ともなくなることが多いです。
アイドリング時の回転数は、Pで750、Dで500です。
振動の程度もまちまちです。NやPレンジでは振動は起こりません。修理屋で少しみてもらいましたが、年式と走行距離を考えると不具合は仕方がな...続きを読む

Aベストアンサー

過去に似たような症状の質問がありましたので そちらも参照ください。

実車を見てないのであくまでも推測ですが・・・
原因として考えられるのはエンジン、ミッションのマウントの劣化ですね。
これが原因であればマウント交換で振動はなくなると思います。
一度 修理屋ではなくディーラーで点検をしてもらってみてもいいと思いますよ。

それか・・・アイドリングを少し高くしたら案外すんなり直っちゃったりして(!?)

>時速40キロ前後で必ず、うしろへ「ククッ」と引っ張られるような違和感
>(一瞬減速するため?)があります。

一瞬減速してるとしたら前につっかっかるように
感じるんじゃないかと思うんですが・・
その時 エンジンの回転数も落ちてますか?
それとも逆に上がってますか?
回転数が落ちていたらエンジンか電気系統、上がっていたらミッション関連が
怪しいかもしれませんね。

13年経過した車両では原因となりうる部分も複数あるので
ディーラーでちゃんと点検してもらっておいた方がいいかと思います。

ATFについては#3さんもおっしゃってますが
96000キロまで無交換でしたらATFの交換はオススメしません。
多走行(6万キロくらい)無交換な状態でATF交換すると逆に不具合が出る事があります。
ディーラーでも断られるかと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=607300

過去に似たような症状の質問がありましたので そちらも参照ください。

実車を見てないのであくまでも推測ですが・・・
原因として考えられるのはエンジン、ミッションのマウントの劣化ですね。
これが原因であればマウント交換で振動はなくなると思います。
一度 修理屋ではなくディーラーで点検をしてもらってみてもいいと思いますよ。

それか・・・アイドリングを少し高くしたら案外すんなり直っちゃったりして(!?)

>時速40キロ前後で必ず、うしろへ「ククッ」と引っ張られるような違和感
>(...続きを読む

Q「Dレンジ」、「Rレンジ」に入れるとエンストする・・・

「Dレンジ」もしくは「Rレンジ」に入れるとエンジンが止まってしまうのですが、この症状をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。
本日、いきなりなってしまい、とりあえずはアクセルを吹かしながら、「Dレンジ」に入れて何とか帰ってきました。(近場でしたので)
走り出してしまえば変速等も問題なく走行できます。
DまたはRレンジでアイドリング中にブレーキを踏んでいるとエンジンが止まってしまう様です。
アイドリングの回転数は800rpm前後で正常の様であります。ちなみに平成7年のセフィーロです。
エンジンはVQ20DE。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分ISC(アイドルスピードコントロール)系の不具合でしょう。
D(R)にすると、トルコンの負荷がエンジンにかかってエンジンの回転が落ちようとしますが、ISCが働いて、N(P)より回転数は少し下がりますが安定するように制御されています。
ISC系が動作不良になるとそのままエンストしてしまうという典型的な症状です。
ATかもしれないという回答もありますので、見極める必要がありますね。
暖機が終わった状態で、Pレンジで(Nでもよいのですが安全のため)、ヘッドランプをハイビームで、同時にブレーキを踏みます。
つまり、電気負荷を一気に入れるということで、この瞬間エンストしそうになったり、エンストするとISC系の不具合と断定できます。
暖かい地方、時間でもしエアコン(クーラー)が入るならエアコンを入れた途端にエンストするでしょう。
多分、スロットルバルブやISCバルブの清掃で直ると思います。
年式から見て車屋さんに修理依頼される方がよいと思います。
正常に走行できるわけですから、ATではないでしょう。
このカテで「D、アイドル、エンスト」で調べると同様の不具合が出てきます。

多分ISC(アイドルスピードコントロール)系の不具合でしょう。
D(R)にすると、トルコンの負荷がエンジンにかかってエンジンの回転が落ちようとしますが、ISCが働いて、N(P)より回転数は少し下がりますが安定するように制御されています。
ISC系が動作不良になるとそのままエンストしてしまうという典型的な症状です。
ATかもしれないという回答もありますので、見極める必要がありますね。
暖機が終わった状態で、Pレンジで(Nでもよいのですが安全のため)、ヘッドランプをハイビーム...続きを読む

Q停止時のDレンジでの振動・騒音の原因は?

ホンダのアクティバン(AT)を、1年半前に中古で購入しました(現在約6万Km)。
冷間時、Dレンジに入れたまま普通に停止しても、振動・騒音は許容範囲なのですが、

完全暖気後(約10分以上走行)、Dレンジに入れたまま普通に停止すると、不快な振動・騒音が起こります。
この停止時の振動・騒音以外は、問題なく変速しますし、車が動くと振動・騒音はピタリと止みますし、エンジンも好調です。

この車種特有のものでしょうか? 
また、何か不具合を起こしている部品が有るのでしょうか?

Aベストアンサー

エンジンマウントなどの劣化が主な原因です。
エンジンは振動するのでゴム製のマウントで固定されています。
そのマウントの劣化で振動の吸収が悪くなっています。
何処のメーカーでも起こります。
Nレンジに入れれば収まると思います。

冷寒時のアイドリングの時は回転数が高いので振動が減ります。(コマと同じで高速回転時は軸が振れません)

直したいのであればマウント交換が必要です。

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む

Q運転中アクセルを踏むとガクッとする・・

もう古い車なのでガタがきても当たり前なのでしょうが、アベニールのH4年式、走行距離8万キロです。
最近、走行中アクセルを踏むとガクッと少し前につんのめる感じになるので、どなたかどの部品を直せば良いか判る方いますか?前はクーラーを付けるとなっていたので、クーラーのせいにしていましたが、最近はエアコンを付けていなくても、なる時があります。男性と違いオートバックスとかに行っても難しい専門用語を言われると結局良く判らなくて帰ってきてしまいます。

Aベストアンサー

専門家ではないのではっきりとはいえませんが、

吸気系やインジェクションあたりもあやしいのでは

エンジンはガソリンを霧状にして火をつけます。

霧状にするときにガソリンを霧吹き機で箱の中に
飛ばして火をつけます。
(火をつけるのはプラグといわれるマッチ(ライタ-でも可)と思ってください。)

吸気系(フィルター)は空気中の埃やゴミなどを取り去るものです。
このフィルターが汚れていたりするとエンジンに十分に必要な空気が行かず、
燃焼に必要な空気が取り込めません。
きれいな空気を取り込めないために燃費が落ちたり、パワーが出なくなったりします。

インジェクションとはガソリンタンクからのガソリンと、
この取り込んできれいにした空気とを混ぜて霧状にしてくれる装置と思ってください。

よって対策としては、
フィルターを交換ないし清掃してもらい、
プラグを新しいものにしてもらうと良いのでは?

プラグもかぶったり(汚れたり)すると、火のつきが悪くなります。

あとガソリンタンクからのガソリンの中のゴミなどを
取り除いてくれるフィルタも見ておく必要があります。

でも、オートバックス等に持っていくよりは
まずは日産のディーラーに持っていって見てもらっては?
そこでどこが悪いかを聴いた上で、簡単なものならオートバックスとかイエローハット等の安い店で
直してもらいもっと難しいところなら
ディーラーにて修理されることをお勧めします。

専門家ではないのではっきりとはいえませんが、

吸気系やインジェクションあたりもあやしいのでは

エンジンはガソリンを霧状にして火をつけます。

霧状にするときにガソリンを霧吹き機で箱の中に
飛ばして火をつけます。
(火をつけるのはプラグといわれるマッチ(ライタ-でも可)と思ってください。)

吸気系(フィルター)は空気中の埃やゴミなどを取り去るものです。
このフィルターが汚れていたりするとエンジンに十分に必要な空気が行かず、
燃焼に必要な空気が取り込めません。
きれいな...続きを読む

Qオートマ車で突然のギア故障

どなたか教えてください。
17型 マジェスタ 3.0乗ってました。
突然の出来事でした。
先日、Dギアで普段通り走行中に、突然アクセルを踏んでも速度が40kぐらいにしか出ないようになり、それでも何とか家路に向かってたところ、まったく走らないようになってしまいました。Pに入れても、Dに入れても、Rに入れても同じで ニュートラル状態です。車屋さんに聞いてみたところ「ミッションが、いっちゃったんじゃないかなぁ」とのことでした。 ちなみに現走行距離数は、7万km程です。オイルのチェックはしましたが、適量でした。
車高は低いかもしれませんが、無茶な運転はしない方なのですが・・・ 
オートマミッションというのは、前触れもなく、突然壊れてしまう物なのですか?
それか何かの原因などで防御センサー作動し、ギアを入れても走らないのでしょうか?
どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>Pに入れても、Dに入れても、Rに入れても同じで ニュートラル状態です

年明け早々、ツイテないですね。
いきなり、どのレンジに入れても動かないとなると、いろいろ考えられるのですが、オートマフルードが痛んだまま乗っていて
細い穴にごみが詰まったとか?
この場合、m前触れなくどのギアーかが入らないとかのトラブルは有ります。

一応、クラッチがりますのでそれで滑ってるとか?(これは確立低いと思いますが)
http://www.just-at.com/slide/at/at11.jpg
こんな感じで細い管の中をフルードが動いて動力にしてるわけです。
これにごみが詰まったら、、、、、
想像つきますよね。  人間でいう脳梗塞みたいなものです。
おそらく、おとなしく乗っていようが、激しく乗っていようが関係はないと思います。

定期的に交換しておけば、このトラブルは防げます。
ただ、7万キロですので、ボチボチ  というのが本当の所ですが。。。

整備工場でご相談ください。
もし、AT本体での故障なら結構な金額がすると思います。
専門の業者でないと解らないと思います。
普段の足として、お使いでしょうしお早めに整備工場にご相談ください。

>Pに入れても、Dに入れても、Rに入れても同じで ニュートラル状態です

年明け早々、ツイテないですね。
いきなり、どのレンジに入れても動かないとなると、いろいろ考えられるのですが、オートマフルードが痛んだまま乗っていて
細い穴にごみが詰まったとか?
この場合、m前触れなくどのギアーかが入らないとかのトラブルは有ります。

一応、クラッチがりますのでそれで滑ってるとか?(これは確立低いと思いますが)
http://www.just-at.com/slide/at/at11.jpg
こんな感じで細い管の中をフルードが動いて動...続きを読む

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

QATの滑り、修理代はどの位でしょうか

H12年登録のステップワゴンです。
走行距離が185,000kmと多走行のため仕方ない面も有るのですが、ここ最近発進時や上り坂でATが滑って回転ばかり上がって上手く動力が伝わらなくなりました。

10万km時にATFを交換した経緯が有ったので、まずはATFを交換しましたが症状は改善しませんでした。
となるとリビルト修理か交換しかなさそうですが、一般的にどの位金額が掛かるのでしょうか。
20万円以上掛かるようでしたら、新車に乗り換えも検討したいと思っています。

Aベストアンサー

経験上でわかる範囲でしか金額しか言えませんが
ステップワゴンって、たしかFFですよね?
そしたら、最低限でも足回りをはずしてエンジンを下ろさないと
作業出来ない可能性が高いので、絶対に10万は超えると思います。
また、リビルドとなると必要な部品や組立工賃を考えても
20万円近くなる可能性は大きいです。

もちろん、車種によりエンジンを下ろさなくても作業できるように
してあるものもありますが、HONDAの車はその辺の評判はあまりよくないので
一度、業者に見積もりを出してもらうことをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング