位置情報で子どもの居場所をお知らせ

赤井英和 vs 亀田昭雄

何度か対戦が決まりかけながら流れてしまった当時の東西のスター対決。

実現していたらどちらに軍配が上がっていたでしょうか?

私は関西人で赤井ファンでしたが、正直、亀田と対戦していたら勝てなかったのではないかと思います。

三段論法が通用しないのはもちろんわかっていますが、亀田がブルース・カリーに挑戦していたらひょっとしたらチャンピオンになれたのではないかと思いますし、赤井がアーロン・プライアに挑戦していたら、2ラウンドくらいで倒されていたのではないかと…。

そもそもなぜ二人の対戦は実現しなかったのでしょうか?テレビ局の問題だけじゃないような気がしますが…。

A 回答 (1件)

こんにちは。


色々と事情があったと思います。
はっきりとしていることは、赤井が「世界を狙っているから亀田とやっても意味がない」と言っていたことです。下衆な見方をすれば赤井が逃げていたとも取れますが...
もうひとつは興行的なことです。世界タイトルがかからない日本人同士の対決になるので玄人しか興味がありません。ゆえに興行的に儲かりませんし、お互い負けるリスクが高いですね。赤井には人気がありテレビもついていましたので世界戦のレールは敷かれていました。世界タイトルマッチの前に実力者と戦う必要はありませんでした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング